allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

着ることの風景

今シーズン「クロコ」と「グレコ」続きで心が荒んできたので久しぶりに「シロコ」の気分。(注:言うまでもなくクロコは全身黒ってこと。)先日パンツ2本、セーター1枚をユニクロのリサイクルボックスに入れて、同じくユニクロで白パンツ2本、白カシミヤセーター1枚を購入してプラマイゼロ、、、という訳で今日のテーマはホワイトです。

20150117_105604 (263x350) 20150117_120303 (263x350)
20150117_111124 (263x350) 20150117_113541 (263x350)
20150117_111403 (263x350) 20150117_115732 (263x350)
20150117_120243 (263x350) 20150117_114829 (263x350)

冬の白はやっぱり好きだな。そして奥村特注マロングラデはクロコの時もグレコの時もシロコの時も、いつだってぴったりのネイル色ね、、、ふふふ。

2015.01.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Fashion

着ることの風景

年末年始と言うこともありアート情報滞っておりますが、来週くらいからドバ~ッといきたいところです。そんな中隠れファンの多い(隠れないで~!)食べることの風景・着ることの風景シリーズが続きます。

2年ほど前にここでいつの間にか黒のタートルは全く似合わなくなったと書きましたが、また戻ってきました。歳を重ねると毎年自分に似合う色を更新せねばなりませんね。という訳で”基本形黒”と”はおりもの”の組み合わせなど、、、

オッサン靴+ベージュのコート
黒ブーツ+ファーベスト
コンバース+ダッフル

20150107_154321 (263x350)20150107_154233 (263x350)
20150107_153715 (263x350)20150107_161354 (263x350)
20150107_155031 (263x350)20150107_160142 (263x350)
20150107_161251 (263x350)20150107_160746 (263x350)
20150107_161156 (263x350)20150107_162157 (263x350)

ブラックにゴールドを持ってくると私の年齢からするとバブっちゃうので(笑)シルバーを組み合わせて。今のところのお約束ですが、これも年齢と共に変わるのかな、、、

年齢と言えば、、、今年はロングブーツよりショートブーツが流行ってるような気がするんだけど、寒くてオバチャンはそんなこと言ってられません。自分のこと”オバチャン”と呼ぶのは女を捨てることだなどと言われていたものですが、そんなこと百も承知。一周してもう平気で言えちゃう。「オバチャンは寒いのが一番堪えるんだよ、、、」(笑)。オッサン靴の時はもう靴下2枚重ねよ。流行よ、私の横をどうぞ通り過ぎていってくれ、、、

さてコンバースと一緒に写っているのは中に仕込んだインソール。前にもここでその話をしましたが、これを入れるとバランスうんと良くなります。お洒落には”大人の女の知恵”が必要ですのことよ、ぐふふ。


2015.01.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Fashion

着ることの風景~待ってたよ!プレセール編

急な冷え込みの続く中ぼちぼちプレセールも始まりましたね。ほぼ3か月ユニクロのヒートテックさえ買い足さず、靴下1足しか買わなかった自分を褒めてあげたい、、、と言う訳でこの数か月セールになったら買うものリストを頭の中でじっくり作成。その結果厳選して購入したのがグレーのフラノ生地スカートとピンストライプのメンズライクなコートの2点

今年らしいラインのスカートはセールまで我慢したかいがあり理想通りの一点をゲット!このタイプのスカートを私がはくには辛口テイストにしなければ気持ち悪い。なので皮ジャンやダウンベストに合わせて。靴はサイドゴアブーツかオヤジシューズを合わせよう。。。ちなみにこのブーツ軽く10年越え。なにやら流行っているらしいので引っぱり出してきました。

20141213_100253 (263x350)20141213_100844 (263x350)20141213_100126 (263x350)20141213_104351 (263x350)
20141213_104418 (263x350)20141213_104328 (263x350)

このコート本当に私らしい、、、徹底的に男っぽく着てみましょうかね。グレーのマフラーでさらにオッサンぽく、、、先シーズンのセールでなんとなく買ってしまった帽子もやっと登場。山吹色のリボンがアクセントになってちょっと嬉しい。

20141213_103402 (263x350)20141213_103720 (263x350)
20141213_101636 (263x350)20141213_104923 (263x350)

最後の写真はお誕生日にもらった手袋。ありがとね~Kちゃん!!

2014.12.13 | | コメント(1) | トラックバック(0) | Fashion

着ることの風景

宣言通り極力今あるものを着まわす生活続行中。コワイな~ダイエットで言うところのリバウンドが来そうで、、、でも幸いなことに(て言うかむしろ残念なんだけど)ここしばらく私の面倒を見てくれてた(しかもちっとも上客ではなかったのに)ストラスブルゴのOさんが、私なんぞが到底購入できないブランドショップへと転職してしまい、図らずも心穏やかな日々を過ごしております。

20141117_102115 (263x350)20141117_102236 (263x350)
20141118_130319 (263x350)20141118_130207 (263x350)
20141118_130908 (263x350)20141118_131102 (263x350)
20141106_151254 (350x263)20141118_131559 (263x350)

ネイルも秋冬仕様である奥村特注色”オクムラマロン”にチェンジ。イブ・クライン・ブルーみたいに色に名前つけてもらおう。(この店でしか通じないけど、、、)。私が絶大な信頼を置いているマニキュアリストのさっちゃんが雇われ店長(?)から一転、独立してお店を構えることになりました。そのお話は来週オープンしてから改めて。一番乗りで予約いれちゃったよ~ん!

さてクラッチバッグについて、、、いつも「このスタイルにクラッチだとバッチリなんだよな。」と思いつつ帰りに食料品売り場とかに寄ることを考えると結局持たないことが多いんだけど皆さんどうしてるのかしら?と思ってたらクラッチはやはり若い女性が持ってる率が高いですね。流行だからとーぜんながら。マダムがクラッチを持つのはきっとちょっとしたお出かけやちょっとした集まりとかちょっとしたパーティーなんでしょうか?ワタクシこの”ちょっとした”という微妙な表現をブティックとかで言われるとムッとします。「ちょっとしたパーティーとかにあると便利です~」とかなんとか、、、「ちょっとしたってどんなシチュエーションやねん。言うてみて!」と心の中で突っ込みますが、そんなこと言うと怖がれるのでもちろん言いませんけど、、、でも今度の連休には”ちょっとした”夜のお出かけがあるからクラッチ持っていこうかな。

2014.11.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Fashion

何度も観ちゃいます

昨夜wowwowで放映されていた「恋愛適齢期」。何度観てもダイアン・キートンのファッションと映画の中のインテリアが素敵すぎる。同じくナンシー・マイヤーズ監督の「ホリデイ」(ああ、この中でもキャメロン・ディアスがとびきりおしゃれだった!)とこの映画の2本には私の一番好きなファッションスタイルがギュギュっとつまっている気がして繰り返し観てもその都度ハッピーな気分になれます。これについては前にもお話したことがあるし、インテリアの素晴らしさについてもたくさんのブログで語られているからいいとして、10年以上前の映画なのに全くお洋服に古さを感じないあたりすごいなと改めて思ったのです。きっとどっちの映画もベーシックなお洋服が中心にコーディネートされているからなのでしょうね。で、このブログを書く前に監督の名前なんだっけとネットで検索したら”ナンシー・マイヤーズ監督のお母さんはインテリアデコレーターで、おばあさんはアンティーク・ショップを持ってた”という記事を見つけてしまいました。なるほど~映画の中での完璧なインテリアはそんな背景があるからなのね、と納得。(今更ですが、、、)そしてこれらの映画がストーリー以外でもたいそう魅力的なのは登場人物のファッションと住んでいるお家が見事にリンクしていることにあるのだとこれまた今更ながら納得した次第。

話は変わりますが私はごくたまに”この手の本”買ってしまいます。本当に魔が差したように、、、(笑)。

img_1 (240x350) 20141104_074928 (263x350) (2)

ほとんどの場合手元には残さずそのままBOOK OFF行の箱の中へ。今までで残ってるのはイネスの本くらいかな?でもこの本はアメリカでベストセラーらしく面白かったです。この”10着しか”てところにぐぐっと惹かれたわけなんだけど、決して断捨離系ではないんですね。

このブログを始めてから「もう買いません」「買っちゃった」を繰り返している私にとっては洋服を減らすことは永遠のテーマ。でもね、最近これは私に流れる2家系の血筋と思い開き直ることにしたんです。どっちにも着道楽がいるんだもん、仕方ない(笑)。そんな血が流れる自分を「買わない」ってことで戒めるのではなく「量が少ないほうがおしゃれでいられるんじゃないの?」とやんわり?なだめる?日々が続いていたところに出会った本なのです。

繰り返し言っていますが、ワードローブは海外に行くスーツケース一個分が私の理想。国内、海外問わず女性の割に荷物の少ないことで驚かれるんですが、その中でも一回も袖を通さなかった服があった、なんてこともしょっちゅう。結局のところ気に入って着ようと思う服はごくごく限られているってことなんですよね。と言う訳でとりあえずセールまではユニクロであろうとなんであろうと買わない生活を送ります。(アクセサリーや小物の類は別として。)消費という行動はやはりわくわくすることだからそれをあきらめるつもりは毛頭ありません。ただ2年前の私が行った”人生最大級の棚卸”の続きがまだあって、それを終えてないことに気づいてしまったのです。

服を減らす、ワードローブを整理するといった過程で、冒頭にお話しした一番好きなファッションが登場する映画をたまに観るのはとてもいいことかもしれません。どんな服が好きだったけ?と原点に返ることができるから。

とりあえずファッションと住まい(ここにはもちろんアートも含まれますが。)を完璧にリンクさせるにはあともう少し努力が必要。がんばろ!

2014.11.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Fashion

«  | ホーム |  »