allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

楽しい骨董の時間~草友舎にて

さて昨日の続きです。ユマニテのKさんから「お隣に骨董品屋さんができたの。見ていかない?」とのお誘い。昨日ここでご紹介の菅野氏と一緒に3人でワイワイと見学してきました。

20150129_155036 (480x640)

とても素敵なセレクトでかなり私のツボを刺激してきます。前にも書きましたが私はどちらかと言うと骨董品は苦手な方なんですが、良い気を発しているものであれば受け入れることはできるのです。

20150129_154916 (480x640)

20150129_154937 (480x640)

ね?とっても素敵でしょ??そしてこちらのお店、奈良からのお宝多し。オーナーが大の奈良好きで、ペットのネコちゃんも「なら」って名前なんですって!そしてKさん、菅野氏も「私も京都より奈良の方が好き~」となんと3人とも奈良派。いつも京都の陰に隠れひっそり存在している?奈良県民にとっては嬉しいお言葉を頂きましたわ。。。

20150129_154947 (480x640)

私の究極の目標は現代アートと骨董をコーディネートした空間を作ること。昨年美術史をちょっと勉強していたのもそのあたりに少しばかり関係があるのです。

20150129_155018 (480x640)

ひとしきり皆で盛り上がった後、こちらのオーナーが勤めていた完全予約制の敷居のうんと高い骨董屋さんにお邪魔してきました。その時の写真は公開できませんが、欲しいものいっぱい。着物と骨董にはまったら身の破滅よね。。。

でもこちらの草友舎さんはとってもお勧めなので皆様ぜひに!

2015.02.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Interior

インテリアブランドのアートメセナ???

日曜早朝に取材のため訪れた堺筋本町にあるユーロモービル。こちらは大正時代に建てられたレトロなビルにある素敵なイタリアのキッチンメーカーのショールームです。おそらくこのブログ読者の方の中にもご存じの方が多くおられるでしょう。その際に取材の内容とは別にとても素敵なお話を伺ったのでご紹介しますね。

リニューアルを終えたばかりの壁にあるアートが気になりちょっと質問してみたところ、毎年ユーロモービル本社では若いアーティストを1名選び支援しているそうなんです。日本にも彼らの作品が届きショールームに飾られるのだとか。なんて素敵な活動なんでしょう!インテリアのブランドがこのようなメセナ活動をしていることはあまり聞かないのでちょっと驚きました。(日本でもゼネコンや住宅メーカーが美術館や展覧会のスポンサーになっている例はあるけれど、、、ちょっと違う?)

20150125_100646 (480x640)

20150125_100639 (480x640)

ユーロモービルはデザイン、アート、スポーツを同じレベルの重要なものとしてとらえており、スポーツに関しても積極的にスポンサーになっているんだそうです。しかも応援しているのは決して派手な宣伝だけが目的になるようなビッグチームでないってところにさらに好感を覚えます。

ご存じのようにファッションの一流ブランドはこぞってアートのメセナを行っています。文化的な事業に積極的に関ることにより企業イメージを上げることが企業戦略なんでしょうが、そこには当然ながら純然たる文化の支援の意味も含まれているでしょう。

昨年Ginza Maison Hermesで長らく企画に携わってこられた方のお話を伺う機会がありました。数々の素晴らしい展覧会を企画なさっていただけあって、どのお話もとても印象的で興味深いものだったのでした。その中でも”エルメスというブランドにとって生活の中にアートが存在していることは当然のこと、というのが本社のトップの考え方”といった話が強烈に心に残りました。(ずいぶん話を端折っているのでもしかしてニュアンスが違っていたらごめんなさい💦)

アートと一番近いところにあるべきのインテリア。けれど10年前にこの仕事を始めたときからアートとインテリアの世界の間にある大きな壁にはずいぶんと悩まされてきました。今もその状態はあまり変わりません。どっちもが相手の世界を受け入れウインウインの関係にならないものでしょうか。。。

欧米での(毎回言ってますがこの表現もいい加減どうよ、て感じ。笑)ライフスタイルに普通に存在するアートという考え方が日本にもっと定着していくことを切に願います。

2015.01.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Interior

”カタヅケル”のお話

若い頃から私はずっと掃除、片付けが苦手と思っていました。でもIC時代に「自宅が整っていないコーディネーターに私なら仕事を依頼するだろうか?」そう問いかけてみたのです。答えはもちろん「Non!」。そのあたりから自分の周りを整えることをかなり意識するようになり、今ではちょっとでも物が出ていると落ち着かない人になってしまいました。旅行に一緒に行ったりすると実の母にまで「あなたはいちいちうるさい!」と評されます。歯ブラシの置き方が気に入らないとか、これは今使うの?使わないのならしまっておいて、とかその言動たるや小姑のごとく細かくて自分でも嫌になる。。。

えっと何が言いたいかというと”ある程度”の掃除・片付けの才能は”ある程度”の努力で身につくもんじゃないかなということなんです。”スーパー”お片付け上手で本まで出しちゃうような人は天性なのでしょうけれど。えっと、さらに何が言いたいかと言うと、今私はアートのアドバイスを仕事にしていて、その前にインテリアの相談を受けることも多々あって、皆さんに家が片付かないという悩みを訴えかけられることがすご~く多いんです。

で、私が一つ提案できるのは(これまだ打ち合わせで言ったことないから初めてここで言おう!)なにか一つだけでも一日のうちにリセットする場所を持ちましょうってこと。これは玄関を掃き清めることでもいいし、トイレでもいいし、そのリセット場所が少しずつ家の中に増えてくると気持ちの良いことこの上ない!そんな風に家の中で動き回っているとジムなんて行かなくても体型は必ず維持できます!(おそらく、、、)

我が家のリセット場所はまずはダイニング。朝食の後はとにもかくにもテーブルの上から一切を排除!写真にするとあまりに味気なかったので今日は特別に?キャンドルを置きましたが、、、毎朝これだけで本当に気持ちがいいんです。

201501210858357a3 (640x480)

きれいに整った住空間でアートを迎えて欲しいなといつも思います。だって作品は新たな家族の一員だから。作品納品はまさにお嫁入り。お嫁さん、もしくはお婿さんが家にやってくる時にぐっちゃぐちゃって状況はありえないでしょ?(笑)

さていくら溢れていてもある程度私が許すことができる数少ないものはグリーン。冬を越すために小さな鉢物が日当たりの良いキッチンの窓近くに集結中。そして家の各場所にこの時期配置されるハンドクリーム。こういうのは出てること前提でいわゆるジャケ買い。これキッチン配備用でカワイイくまさんに惹かれて買ったんだけど写ってないな、、、

20150121085741772 (263x350)  20150121085728ce9 (263x350)

ストイックになり過ぎず、でも毎日お家を整えましょう!!!

2015.01.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Interior

ちょうどいい感じに気にならない

リビング周りに小さなほうきがあるとテーブルを気が付いた時にささっと掃除できて便利ですよね。できればずっとテーブルに置いていても気にならないものがいい。でもなかなか見つからなくて、、、先日片づけ物をしていたら出てきたこちらを代用したところ、古びた感とツールとしてのシンプルさが気にならない感じでちょうどいいことに気づきました。デザイン事務所での丁稚奉公?時代からずっと苦楽を共にしてきた、んん~これは正式名をなんというんでしょう?製図版を掃除するやつ?(笑)もうツールとしては古(いにしえ)ですよね???

20150106071708 (263x350)20150106073340 (263x350)

テーブルの上に無造作に置いていても、キャンドルのストック用のバスケットに投げ入れても、まったく気にならない。木部の色も変わってきて、これは新しいものだと出せない味。気分を上げるため取っ手に結んだ某ブランドのリボンも同じく色あせて、、、私にとってインテリアで”気にならない”ことはとても重要。”気になる”ものが一つでもあるともう落着けないんです。困った人だね(苦笑)

2015.01.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Interior

あらら、セブンチェアが???

昨日はお客様とカーテンのショールーム巡り。アートをお考えでお問い合わせを頂く際に、お客様の中には「カーテンもなんとかしたい」そんな要望を持っておられる方も結構おられるんです。(新築の場合は別として)その場合”とりあえず住空間をリセット”という訳でカーテンの模様替えを先に済ませ、作品選びを始めることにしています。

さて打ち合わせが終わりマナトレーディングで見かけたアルネ・ヤコブセンのセブンチェア。あれあれ?張地がなんかユニーク。これらは私も大好きなフランスのテキスタイルブランド、エリティスの張地を使用したものなんです。通常見かけるセブンチェアとずいぶん表情が違いますね。

20141218_164715 (640x480)

今月27日まで東京・名古屋・大阪のマナトレーディングショールームで、そしてリパブリックオブフリッツハンセンソトアで特別展示、受注販売を行っているそうです。ご興味のある方は足をはこばれてはいかがでしょうか?

20141218_164908 (480x640)

2014.12.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Interior

«  | ホーム |  »