allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

新たな魅力に気づくとき

東京でのイベントでお嫁入りした作品の画像が続々と送られてきて嬉しい限りです!皆さん素敵なお写真だけでなく素晴らしい感想を寄せてくれるんですもの~~珠玉の言葉が私の中にどんどんストックされてきて「2冊目出したい!」とまたもや妄想スイッチが入りましたよ。。。

今回ご紹介するS様は実は昨年末メールのやり取りだけで作品を購入していただいていました。数年前に初めてメールをくださって、な、な、なんと一昨年のART NAKANOSHIMAにもいらしてくださってたそうなんです!しかもそれを知ったのはつい最近。聞けば「たくさんの方に囲まれてて忙しそうにしてらしたから声をかけることができなかった」だとか。この辺りやはり関西人と違いますね。関西人、近いし、グイグイいくし、ラテンだし、、、(笑) あ、ウソウソ、皆がそうじゃないですけどね。でもやっぱり私も関西人だから関西人同士だと声をかけやすいのかもしれないのかな~とは思います。そんな中にあって東京からいらした方はちょっと気おくれなさるのかしら?今年の秋は関東人、関西人関係なく皆さん、グイグイきてくださいよ~!

さて昨年S様にお決め頂いたのは吉岡千尋氏の小さなバラの作品でした。今回のイベントではセミナーにもご参加いただいてはじめましてのご挨拶。メールのやり取りはやはりその方のお人柄が出ますね。予想通り可愛くてお話した瞬間から大好き!って思っちゃう素敵な女性でした。

まずは吉岡作品の飾っている様子を画像で拝見して気になる点をお話しました。そして当日ビビッとこられた吉川民人氏の作品をどういう風に飾るかを検討。2点が同じ空間に存在するイメージが瞬時に頭に浮かんだのですが、私が提案した場所にはすでに昔からある作品が飾られてるとのこと。「じゃあ、その作品を別の場所に移して、掛け替えましょう!」とさらにご提案してみました。もしかするとS様はちょっぴり不安だったかも。だってその吉川作品はかなりの大きさだったから。。。でもぜったい2点が並ぶとすっごく素敵と確信してたんです。

IMG_4546 (375x500)

そして素敵な画像が届きました!具象的に描かれたバラモチーフの作品と白ベースの抽象画が絶妙なバランスなんです。

実は長年S様が狙ってられたのは岩名泰岳氏の作品でした。昨年お問い合わせいただいた時点ではご希望の作品はすでに売れており、かなりがっかりなさってたのですが、今回のイベントで念願の岩名作品も同時にお決めいただいたんです。

IMG_4542 (375x500)

ずっと欲しいと思ってらしたのはブルーの作品でしたが、お写真を拝見し結果としてこの色味の作品を選んでいただいて良かったと思いました。だってなんだかとてもすんなりここの住人になってるんですもの!そしてリビングや玄関ホールに飾られていた作品たちは階段を中心に他の場所に飾っていただきました。

送っていただいたメールの一部をご紹介させてくださいね。

”階段が一気にギャラリーっぽく?見えて、空間が華やいだ気がします!(階段に絵を複数飾るというのに憧れていたのです。)
家族とも、雰囲気が随分変わったね!と話していて、思わず階段を何度も行き来してしまいました。
私は最初設置した場所から掛け替えるという発想がなかったのですが、
もともと持っていた作品も随分違って見えるものなんですね・・目から鱗です。”

そうなんです!ここが一番と思う場所に飾っていても時折配置替えをしてみると、見慣れた作品も違って見えて新たな魅力を発見することもあるんです。そんな発見があるとアートと暮らすのがさらに楽しくなり、お手持ちのアートに惚れ直しますよ♡

そうだな、、、ずっと付き合ってる女性の髪形が変わって新鮮でどきっとする感じ???恋少なき女の私が、ことアートとなると恋愛話に例えることが多いのはなんでなんでしょうね。。。ホント不思議だわ。








2018.02.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

アートを軸にぶれないライフスタイルを確立

絵を届けることはその人の心の中にあるご本人でさえ気づいてない感情を揺り起こすことなのではないかと思います。特にファーストピースを決められて、画像と共に感想をいただいた時に強く感じます。

イベントでファーストピースを購入なさったY様からその様子と共にメールをいただき私は深く感動しました。初日にいらしてくれてお暮しのお部屋の画像を拝見しながらアート選びをお手伝いしたのですが、とても素敵なインテリア!けれどご本人は近々お引越しを検討されておられ、アート選びはそれ以降でもいいかしらと少しお迷いの様子でした。私はこうアドバイスしました。「Y様はすでにご自身の好きなインテリアのスタイルを確立しておられ、そのお暮らしぶりからもブレがないご様子。なのでお引越ししてもこの雰囲気のままなら今アートを選んでも問題ありません!」(断言、笑)

image1 (500x375)

お気に入りのポスターをアクセントにした素敵なお部屋。インテリア上級者です。けれどイベントで購入なさった大西伸明氏の版画作品に差し替えると、、、

image2 (500x375)

画像を見ただけでも雰囲気がずいぶん変わったことがわかります。いつもアートある時無い時を比較した画像を取り上げるのですが、ポスターとアートでもたらす空気感の違いを見るのも興味深いですね。

image5 (500x375)

そのポスターはベッドの上に移動。お気に入りのポスターはまだまだ楽しめます。

image3 - コピー (500x375)

今回のメールにも珠玉の言葉が数多くありました。一部をご紹介させてくださいね。


”こんにちは!作品はこれまでポスターを飾っていた場所に飾りました。ポスターからアートに掛け換えた途端、部屋の空気が変わったというか、しゅるっと新しい風が吹き抜けていくのが見えたような不思議な感覚に包まれました。”

中略。この間にある内容は私とY様との秘密。。。(笑)

”アートを入れた瞬間の感覚は、これからの私の導きになると感じています。”

いろんな迷いや価値観の揺らぎを日々生じることがあるでしょう。私自身、歳を重ねてもそんな気持ちになることがあります。けれどアートを軸に日々の生活を整えていくとそのブレの幅が小さくなります。

極力”日常ブレ幅”を小さくし、一本筋を通すことはライフルタイル確立にとても重要なこと。私からのアート提案が皆様のお役に立てるとしたらこんなに嬉しいことはありません。

Y様は新たな住人になったアートとどんな週末を過ごされるのかしら???

2018.02.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

たかちゃん先輩、珠玉の言葉をありがとう!

ここ最近お客さまへの納品時に「それがね~この間とっても良いお話があってね~。・・・なんだっけ?忘れた」ということが相次ぎました。もちろん話した内容のぼんやりした輪郭は覚えてるし、何を話題にしたかは覚えてますよ!

先日もビオワインとシャンパーニュのお店でカウンター越しにシャンパーニュへの対峙といったものが現代アートへのそれと非常に似ているところがあって大いに盛り上がったんですが、帰りの電車で「はて?その表現なんだったっけ?」となり自分でもぞっとしました。物忘れ?脳の老化?オソロシイことです。でもそれだけじゃないんですよね。ブログをまめに更新してた時ってそういう”ネタ”的なのぜったい忘れないようにしてたし、言葉に対しても敏感になろうとしてました。インスタでサクサクっと写真を挙げているうちにその訓練から遠ざかってたことに気が付き、そんなこともあってのブログ回帰なんです。

さて先日のイベントで今は東京に住む通称”ゆみ・たか先輩”が来てくれました。学生時代からず~っと仲良しのゆみちゃん先輩とたかちゃん先輩。今も変わらずつるんでるらしい(笑) そして大学時代と変わらずなんか2人の周りには優しくて温かなハッピーオーラが漂ってて「ワタシ、大学生の頃このお2人のこと本当に好きだったな~」と思い出したりなんかして。。。

さてその片割れ?たかちゃん先輩が沖見かれん作品をファーストピースに選んでくれました。



購入に至るまでののやり取りはこんな感じ。

たか「うちの玄関にこれいいかな~」

ゆみ「たかちゃん、これいいやん!ぴったり!」

たか「そうやねんけど~これくみちゃんに言ったらぜったい怒られるの思うねん」

くみ「なんですか?いったい今なに飾ってるんですか!?」

たか「マリメッコのファブリックパネル、、、

くみ「はい!?なんですて!マリメッコのファブリックパネルですて~!?

たか「いや、変えたいと思いつつ、、だいぶ昔に自分で作って飾ってなんかそのままで」

くみ「あかん、それはあかんわ、ありえへん!

誤解なきよう申し上げますがマリメッコの柄は素晴らしいデザインだし、私も大好きです。でもファブリックで作ったパネルはサブにはなってもメインは張れないんです。ましてや”アート”ではありません。本物のアートを飾るまでのサイズ感の確認やアートがすでにある場合インテリア小物としては華を添えてくれるかもしれませんが、やはりそこはほれ、アートを飾ってほしいとアートアドバイザーの端くれである私は思います。

という訳で後輩である私にえらく説教されてしまったたかちゃん先輩は作品が届いたらすぐにパネルは撤収すると誓ってくれたのです。そして画像と一緒に届いたメールを抜粋したものがこちら。。。

”おはようございます。
 昨日、待望のかれんさんの絵が届きました。
 とっても丁寧に包まれた箱から大切に扱われた絵を取り出すのが楽しみで楽しみで、、、。
 時間が流れるのがとても長~く感じた程☺️
 服を買うよりも何よりも久しぶりにウキウキした気分になれました。
 こんにちは~~って! まるで生きているかの様✨壁に飾ると周りのものがくすんで見えちゃって😰
 初めてのピース 、思わぬ出会い、くみちゃんに感謝です””

なんかこの表現キュンキュンしませんか?作品を取り出す時間が愛おしく長く感じるなんて!絵がこんにちは~~って!恥ずかしながら私はそんな風に思ったことなかったんです。せっかちだから。でもお客様はそんなお気持ちでわくわくしながら作品を取り出されてるんだと気づかされました。

お客様とのやり取りでは珠玉の言葉に出会えます。私にとって珠玉だと感じるのはアートを感覚で感じてくれて自然に発せられた言葉。最初に言ったようにそんな言葉を忘れないためブログがんばります!

余談ですが、ゆみ・たか先輩に「くみちゃんおもしろ~い!」て連発されたんですが、よくよく考えてみると大学時代はさほどおもしろいこと言う人じゃなかったんですよね。いつ変わったんだろ???


2018.01.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

ブログ復活宣言!?

インスタグラムの手軽さにかまけてブログをついつい放置してしまいがちな今日この頃。でもイベントやフェアでは多くの方から「ずっとブログを楽しみにしていました」と言っていただくこともあり、やはりここ(ブログ)を大切にしなければな~と時折猛省します。

東京のイベントでお目にかかった優しい笑顔が印象的な素敵女性Y様もそんなお一人でした。アスカーナから私が細々と綴っていたブログを東京で楽しみにしていてくれたなんて伺うと本当に初めてお目にかかった気がしません。特にそこにアートが存在していると知れば会った途端にハグしたくなっちゃいます。

私のブログでイングリット・ヴェーバー作品を知り、お好みにぴったりで購入なさっていたそうなんです。私のブログで見ていなかったらそんなアーティストがいることも知ることはなかったと言っていただき、自分の”好き”にこだわって好みのアートを発信してきて本当によかったと心から思いました。

そんなY様、イベント時にイングリット作品と同じ空間に飾るアートを探しておられたところ、横溝美由紀氏作品に目を止められました。「イングリット作品の横の壁にどうでしょうか?」と尋ねられ、私独自のアドバイスをさせていただきました。フレームのあるなしの話やちょっと伝わり難い内容になったのですが、すぐにご納得いただき購入を決めてくださいました。

そして昨日その様子がY様から届きました!まずは正面から、、、

IMG_0175 (500x375)

ちょっと斜めった角度から、、、

IMG_0173 (500x375)

クッションやらスタンドのシェードの色も壁にある2つのアートを引きたててくれています。

なんて素敵!!!

そしてとても嬉しく感動的なメールが届いたので一部だけご紹介させてくださいね。

   「 アートはどこでどうやって購入して良いのかも分からない。
    どんな絵を選んで良いのか分からない。そんなアート初心者の私が
    実際に購入し自分の部屋に飾るまでになったのは奥村さんのブログのお陰なのです。」

このメールがきっかけで今一度自分の思うことをブログできちんと文章にしていこうと誓いました。私のブログがアートへの扉を開けるきっかけになるのだとしたら、私の一番大切にしなければならないことは何なのか自明の理ですもの。

とか言いながらさぼってたら喝を入れてくださいね、皆様!

あ、それとY様にどういうアドバイスをしたか、私独自のアドバイスとは???それは企業秘密です、ふふふ。

2018.01.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art selection

初心に帰る

いつもフェア後には力尽きて原因不明の胃腸炎やらなにやらで(昨年は流行先取り?のインフルエンザにかかって寝込んだ)バッタリ倒れることが常でありました。ところが今年は納品ロードに加え、本の校正、色校チェック、その上東京からなげいれの横川志歩先生をお招きしてのイベントが続きもうワチャワチャ。倒れることすら許されない状況に、去年までの私に「甘えてるんじゃない!」と言ってやりたい、そんな気分でした。

でもそれぞれの仕事が大好きなアートと繋がっていること、そしてなによりお客様の嬉しいお顔を拝見することで大変さなど吹き飛ぶ感じなんです。もちろん本にまつわる作業は長年の夢(妄想?)実現までのあと一歩ということもあり大変さなど微塵も感じていません。

さて今年のフェアでもそれはたくさんの作品たちが素敵なお客様の元に嫁いでいきました。お届けする度にあの台風の2日間を思い出して「あんな悪天候の中いらしてくださって作品を決めてくださったんだ~」と今回は例年以上に感慨深いものがあります。

本来なら全作品を自身の手でお届したいところですが、なかなかそういう訳にもいかず、遠方だったり、フレームに入っていたり小さな作品で取付が比較的簡単なものに関しては送らせていただいています。皆さんからご自身で飾られている画像が届きそれを拝見するのもまた大きな喜びの一つ。皆さん、私のブログやインスタをご覧頂いているからでしょうか?いつもお話している飾り方のポイントなどきっちり抑えてセンス良く飾っておられます。

ご紹介が追いつかずインスタグラムで随時上げていっていますが、PCに送っていただいた画像がどういう訳か携帯に送れず(なぜだ?)一部こちらでもご紹介させていただきますね。

007 (500x375)

DSC_0078 (281x500)

いずれも今回のフェアで大人気だったレベッカ・ソルタ氏の作品です。レベッカ作品には思い入れがあります。私がアートを買うという未知の世界に足を踏み入れた頃にとても尊敬している石屋町ギャラリーの指山氏から買い求めたものなんです。もうかれこれ20年近く前のこと。実は自分がレベッカ作品を持っていることを忘れていたんです。

ところがインスタ上にフェアにも参加してもらったART OFFICE OZASAさんのレベッカ作品のポストが流れてきて「あれ~確か持ってた、私」と引っぱり出してきて改めて飾ってみたんですね。そうすると実に良いんです。聞けばレベッカ氏は今年英国のロイヤルアカデミーの学長に就任されたそう。そんなこんなで小笹さんとやり取りしているうちにフェアにレベッカ作品を出展してもらうことになりました。

彼女の作品の良さは品があって時代と関係なく良いものだとしみじみ思えること、さらには京都に滞在していたことからインスパイアされたであろう和の世界観をたたえていることで日本の住空間にものの見事にマッチすることなんです。そしてアートビギナーにもとても優しく語りかけてくれる作品です。もちろんいくつも作品をお持ちの方にとってもアートと暮らすことの原点を教えてくれるような、そんな作品でもあります。

初心者に分かりやすいというと軽んじがられる傾向があると思いますが、アートの世界に私たちを一番最初に導いてくれる作品はとても重要です。今回のフェアではレベッカ作品を通じ、初心に戻るというか、原点回帰というか、そんな境地に至った気がします。

レベッカ・ソルタ氏に感謝。。。

インスタグラムも是非フォローしてくださいね♡

2017.11.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

«  | ホーム |  »