allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

新たな魅力に気づくとき

東京でのイベントでお嫁入りした作品の画像が続々と送られてきて嬉しい限りです!皆さん素敵なお写真だけでなく素晴らしい感想を寄せてくれるんですもの~~珠玉の言葉が私の中にどんどんストックされてきて「2冊目出したい!」とまたもや妄想スイッチが入りましたよ。。。

今回ご紹介するS様は実は昨年末メールのやり取りだけで作品を購入していただいていました。数年前に初めてメールをくださって、な、な、なんと一昨年のART NAKANOSHIMAにもいらしてくださってたそうなんです!しかもそれを知ったのはつい最近。聞けば「たくさんの方に囲まれてて忙しそうにしてらしたから声をかけることができなかった」だとか。この辺りやはり関西人と違いますね。関西人、近いし、グイグイいくし、ラテンだし、、、(笑) あ、ウソウソ、皆がそうじゃないですけどね。でもやっぱり私も関西人だから関西人同士だと声をかけやすいのかもしれないのかな~とは思います。そんな中にあって東京からいらした方はちょっと気おくれなさるのかしら?今年の秋は関東人、関西人関係なく皆さん、グイグイきてくださいよ~!

さて昨年S様にお決め頂いたのは吉岡千尋氏の小さなバラの作品でした。今回のイベントではセミナーにもご参加いただいてはじめましてのご挨拶。メールのやり取りはやはりその方のお人柄が出ますね。予想通り可愛くてお話した瞬間から大好き!って思っちゃう素敵な女性でした。

まずは吉岡作品の飾っている様子を画像で拝見して気になる点をお話しました。そして当日ビビッとこられた吉川民人氏の作品をどういう風に飾るかを検討。2点が同じ空間に存在するイメージが瞬時に頭に浮かんだのですが、私が提案した場所にはすでに昔からある作品が飾られてるとのこと。「じゃあ、その作品を別の場所に移して、掛け替えましょう!」とさらにご提案してみました。もしかするとS様はちょっぴり不安だったかも。だってその吉川作品はかなりの大きさだったから。。。でもぜったい2点が並ぶとすっごく素敵と確信してたんです。

IMG_4546 (375x500)

そして素敵な画像が届きました!具象的に描かれたバラモチーフの作品と白ベースの抽象画が絶妙なバランスなんです。

実は長年S様が狙ってられたのは岩名泰岳氏の作品でした。昨年お問い合わせいただいた時点ではご希望の作品はすでに売れており、かなりがっかりなさってたのですが、今回のイベントで念願の岩名作品も同時にお決めいただいたんです。

IMG_4542 (375x500)

ずっと欲しいと思ってらしたのはブルーの作品でしたが、お写真を拝見し結果としてこの色味の作品を選んでいただいて良かったと思いました。だってなんだかとてもすんなりここの住人になってるんですもの!そしてリビングや玄関ホールに飾られていた作品たちは階段を中心に他の場所に飾っていただきました。

送っていただいたメールの一部をご紹介させてくださいね。

”階段が一気にギャラリーっぽく?見えて、空間が華やいだ気がします!(階段に絵を複数飾るというのに憧れていたのです。)
家族とも、雰囲気が随分変わったね!と話していて、思わず階段を何度も行き来してしまいました。
私は最初設置した場所から掛け替えるという発想がなかったのですが、
もともと持っていた作品も随分違って見えるものなんですね・・目から鱗です。”

そうなんです!ここが一番と思う場所に飾っていても時折配置替えをしてみると、見慣れた作品も違って見えて新たな魅力を発見することもあるんです。そんな発見があるとアートと暮らすのがさらに楽しくなり、お手持ちのアートに惚れ直しますよ♡

そうだな、、、ずっと付き合ってる女性の髪形が変わって新鮮でどきっとする感じ???恋少なき女の私が、ことアートとなると恋愛話に例えることが多いのはなんでなんでしょうね。。。ホント不思議だわ。








関連記事

2018.02.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »