allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

Chez Kumi 始動!

私が長年フランス語を習っていたアレックス先生。先生がフランスに帰国する前に話した事についてここでも以前ちょっと触れたことがあります。私の長年の夢だった本の出版が決まり報告したところ「じゃあ、次の夢はなに?」と聞かれた事。

その時はとっさに出てこなかったんだけど、いろいろ考えているうちに「奥村セレクトのアートや食器、その他いろんなものを集めたエスパスが作りたい!」となぜか急に言葉になったのです。もちろんどこかに場所を借りてそんな空間を実現するにはお金だってかかります。まったくもって現実的ではない話。でももう私の頭の中ではバーチャルな空間ができてる訳で、今の時代場所を構えるだけがその手段ではありません。

そんな話をしながら先生が真剣にその試みの名前を考えてくれたんです。なんとなく私が「エスパス・ド・奥村?」なんて言ってみると「いやいや、ド・オクムラではドが強すぎ音的に美しくない」とさらに真剣味を増してきて突然先生に降りてきたのが”シェ・くみ”だったんです。「なんかシェがつくとレストランぽくない?」と尋ねたら全然大丈夫って。でもってシェをChezでくみはそのままで文字にするととても美しいと先生かなり”Chez くみ”押し!

そっか~”Chez くみ”か~なんて思ったものの、そのまま本づくりが始まり、秋のフェアといろんなことがやってきてこの計画、宙ぶらりんになってました。けれどいよいよ始動します!



まずは3月から「アートを飾ってインテリアセンスを磨く」単発レッスンを開講します。こちらはインテリアにアートを取り入れたいけれどそのきっかけを探している方やアートを効果的に飾りインテリアのセンスを磨きたい方対象の単発レッスンです。(プロの方対象ではありません)また詳細決まりましたらこちらでご案内しますね。

そんな訳で”Chez くみ”のロゴづくりをウエブデザイナーのまりちゃんに依頼。結局”Chez Kumi"になりましたが、アレックス先生が名付けてくれたありがた~い名前を使わせてもらうことにしました。

「ART NAKANOSHIMA」のロゴを昨年作ってもらった時、ロゴの重要性をあらためて知ったんですね。当初このフェアは私がアートの仕事を始めて10周年をお祝いしてのいわばお祭り的イベントでした。なのでちょっぴり「アートでおもてなし」のイメージも残しながらのちょい甘めなアートイベント。今回の東京でのイベントに少し似てたかもしれません。

でもその後イベントを継続することとなり、私自身もそれなりの覚悟を決めなければならなくなりました。いくら小さなアートイベントとはいえ運営していくには責任感を伴います。そんな中いつまでも甘めなイベントではダメだし、もっとスタイリッシュにカッコよく、そして女性だけを対象にしたものでなく男性にも来場してもらいたいと考えるようになったんです。偉そうですが海外のアートフェアの超小型版のような、、、(笑)

昨年作ってもらったこロゴはそんなアートフェアとしてのイメージがすごく出ていて、一目で気に入りました。

今回の”Chez Kumi”はのロゴではあえて甘さを残してもらっています。アートへの入り口がいきなり難解かつエッジの効いた現代アートだったらたぶん普通の女性はひいてしまうでしょう。いくらセンスのある女性でもです。まずはアートを衣食住のこだわりの延長として生活に取り入れる、そんなアートへの扉を開けるきっかけを”Chez Kumi"で見つけて欲しいと考えています。このロゴにはそんな想いも込められているのです。

そしていよいよアートを買うという段になれば奥村セレクトの素敵なアートが並ぶ「ART NAKANOSHIMA」にいらして、とびきりおしゃれな雰囲気を味わいつつお気に入りのアートを見つけほしいな~と思うのです。

生きてる限り、あ、この仕事を引退するまで私はず~っと現代アートがどうやったらもっと普通に浸透させていくかを考えてるんだろうな。いろんな人を巻き込みつつ。。。(笑)



関連記事

2018.01.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »