allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように

生涯を通じ絶え間ない身体的苦痛に悩まされ続けたフリーダ・カーロ。けれどその名を聞くといつも頭に浮かぶのはメキシコの民族衣装を華やかに身にまとい髪に美しい花を飾った彼女の姿。彼女の遺品を撮影した石内都氏を追ったドキュメンタリー映画を観終わって、それらのコスチュームはフリーダのアイデンティティーを確立させるための”洋服”という概念を超えたものであったような気がしました。

IMG_20150918_165416 (500x500)

死後50年を経て遺品が封印を解かれ、その遺品を撮影するプロジェクトが立ち上がり、その撮影を依頼されたのが石内都氏。映画はフリーダが人生のほとんどを過ごしたブルー・ハウスで撮影が進んでいく様子を映し出しています。被写体になるのは美しくデコラティブな民族衣装だけではなく、コルセットや大量の医薬品など彼女の苦しみを想起させる身の回りの品々。当初私は淡々と制作過程が流れていくだけだと思っていたのですが、映画の中ではメキシコの民族衣装とメキシコ人女性たちとの関わりも紹介されています。そしてそれらを知ることによりフリーダのいささかツーマッチにも思えるいでたちを理解できるのです。

来週25~27日に開催される代官山フォトフェアでもその作品がメインイメージとして使われていますが、本当に美しいの一言!私も実際に作品を観るのが楽しみでなりません。映画もお勧めですのでお時間ある方是非に!

余談ですが映画では秋のイベントにご協力頂くサードギャラリーAYAの綾さんも登場なさっていてびっくり。今度「スクリーンデビューをおめでとう!」と言わなくでは、、、(笑)

関連記事

2015.09.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »