allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

まんまと買っちゃう、、、

大好きな場所を3つあげるとすれば(屋内限定)キッチン、美術館、本屋さん。

本屋さんにいる時は本当に幸せ。そして私の周りに本好きな友人たちがたくさんいることもすごく幸せ。。。でもいつも不思議に思うけど本が美味しそうに見える本屋さんと不味そうに見える本屋さんがあるのはなんでだろ???

さて発売前から話題沸騰だった”あの本”を発売当日に即買いし、今年の本屋大賞を受賞した”あの本”をまんまと買ってしまいました(笑)。

001 (2)

村上春樹氏新刊の装画にはモーリス・ルイスの作品が使われていることが、ツイッター上アートラバーズの間でなにかとつぶやかれていましたね。発売日の夜ソファで読みながら「日本中でいったい何人の人たちが私と同じようにこの本を読んでるんだろう」と想像したらなんか不思議な感じだった。。。

数日前に10周年を迎えた本屋大賞についての新聞記事を読みました。その成り立ちについてはもう皆さんご存じだと思いますが「なんで自分たちの面白いと思う本が芥川賞や直木賞に選ばれないんだろう?じゃあ自分たちで賞作っちゃえ!」てな感じだったらしい。もちろん10年のうちに理想とは離れていくところもあったとは思いますが、その心意気って「すごく好き!」て強く思います。

本だけじゃなく権威や儲け主義に加え今までの慣習といったものに縛られ、人々が本当に求めているものとはちょっと違うものが市場に出回ってるなんてことよくありますものね。

いつの日か私の”奥村大賞”(一年を通じて私がビビッときた現代アートに勝手に出してる賞)も
すご~いことに、、、フッフッフ。(妄想スイッチ、オン!)

さてエルメスのこんなのプレゼントされちゃいました。本のお伴TORATAですう。。。

004 (2)




関連記事

2013.04.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »