allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

高松次郎ミステリーズ~東京国立近代美術館

この日の東京は雨が降ったり時折太陽がのぞいたり、、、そんなお天気の中「高松次郎ミステリーズ」内覧会のため東京国立近代美術館へ。高松次郎氏と聞くと”ハプニング、ハイレッド・センター、影シリーズ、いろんなワードが浮かびます。けれどよほどの現代美術好きの人でなければ作家の背景、作品の変遷といったものについて詳しくご存じの方は少ないのは?かくいう私もそう。なんだか前衛的な(もちろん当時においてですが、、、)イメージが強くてどんな展覧会なのかちょっぴり緊張して展示空間へ。

20141201172958 (480x640)

制作の時期によってそれぞれの高松作品はまるで別の作家が生み出したような印象を受けることにまずは驚きます。今回の展覧会は制作時期を3つの時代に分け、それぞれを3人のキュレーターが担当し、その作品の謎に迫っていくというとても興味深い内容なんです。まさに展覧会タイトル通り「ミステリーズ」。高松次郎氏の謎を追いかけているうちにあっという間に展示を観終わってしまいます。影シリーズの謎に迫る”影ラボ”コーナーもあり仕掛けも満載といった感じ。(ちなみに照明協力が遠藤照明で、インテリア畑の私はなぜかそこに反応。)

そしてこの展覧会でも”持って帰るならこの1点”をちゃんと見つけましたのよん(笑)

同時開催の奈良原一高「王国」展もずしりとくる展覧会です。昭和30年代に修道院で撮影された作品の数々は胸に迫ってくるものがありました。高松次郎展と併せ”重め”の展覧会を楽しみたい方は是非に!

関連記事

2014.12.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »