allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

最近の乱読日記から

久しぶりの乱読日記シリーズ。今年の夏は少しばかり忙しく本を読むスピードも減速気味。面白そうと思った本も期待外れが多く間が空いてしまいました。(すでに多くの本がブックオフへ。)

ノーベル賞の時期が近づくと必ず出る話題「今年こそ村上春樹氏は選ばれるのか?」ご本人はどうでもいいって思っておられるのかしら?きっと。(なんとなくそんな風に思う。)この春、安西水丸氏が亡くなられましたね。村上春樹氏のエッセイと言えば安西氏の挿絵が頭に浮かぶくらい完璧なる組み合わせでした。あのとぼけた挿絵が見られないなんて私も含め多くのファンの方が寂しく思っていることでしょう。

P1070875 (263x350)P1070873 (263x350)
P1070877 (263x350)P1070878 (263x350)
P1070876 (263x350)P1070874 (263x350)
P1070880 (263x350)P1070879 (263x350)

夏に人に質問をするという行為の難しさについて考えさせられる出来事がありました。小林秀雄氏の学生との対話集はもちろん何十年も前の話をもとにまとめられているのだけれど、誰かに質問し答えを導くことの意味について改めて考えた1冊。

さてここ数か月本屋さんで平積みになっている三浦しをん氏の「仏果を得ず」は若手大夫の奮闘ぶりを描く文楽の物語です。ご存じの方も多くいらっしゃると思いますがこの本は「OSAKA BOOK PROJECT」に選ばれています。これは本の収益の一部を大阪の児童養護施設を通じて子供たちに本を寄贈するというプロジェクト。本も楽しくてあっと言う間に読めちゃいますのでご興味のある方は手に取ってみてくださいね。

先週の東京出張の際、往復の新幹線でちょうど読み終えたのが「ある奴隷少女に起こった出来事」。これは本当に面白い!あとがきに訳者がこの本に出合ったいきさつが紹介されていました。たまたま今の世界古典名作ランキングはどうなっているんだろうと検索した際に「ジェーン・エア」のすぐそばにちょこんと並んでいたのだとか。(ああ、、、「ジェーン・エア」を読んだのはいったいいつだったのだろう。。。)

読書の秋の始まりです。。。(アート同様私にとって通年ですけど、笑)

関連記事

2014.09.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

コメント

仏果を得ず、私もこの夏読みました!
面白くて面白くて続けて2回読みました。
春樹&水丸ペアも私の中では永遠に生き続けるでしょう。
奥村さんと好きなものがかぶるとすんごく嬉しいです♪

2014/09/30 (火) 16:17:57 | URL | まめ #KtOtvm9U [ 編集 ]

まめさん

私もこの本が出てからすぐに読んだんですがすごく面白いですよね~
三浦さんの本ていろんな職業の話があるけど徹底的に調べ上げてるところが驚きです。
田舎の林業の話とか、、、

そして私も思います!村上&安西ペアは永遠です!

2014/10/01 (水) 06:39:13 | URL | allier #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »