allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

Worldmaking”100年前の空”より~2kw gallery

小さいけれど見応えのある素敵な展覧会。なのに、、、すみません、、、私が最終日に出かけたせいで会期が昨日で終わってしまいました。

このグループ展は3人のアーティストが約100年前の作品を引用し制作された作品で構成されています。それぞれの元ネタ?とも言える作品への思いを伺いながらの鑑賞はとても楽しいものでした。

まずは中島麦氏のこちらから。引用しているのはモネの「睡蓮、朝」。にわかには結びつかなかったのだけれど観ているうちにだんだん中島氏のモネ作品の解釈というかレスペクトというか大好きぶりが伝わってきます。

004 (2)

側面から見ると光の7原色!大山崎美術館のモネ展示スペースにこの作品を展示したことが観てたいな~

005 (2)

こちらは速水御舟「洛北修学院村」を引用した林嘉一氏の作品です。いつもフワフワとした印象のある氏の作品の中に比較的しっかりと建物のモチーフが存在しているところが興味深い。

006 (2)

ミレーの「星空」を引用したのは岩名泰岳氏。氏のこの手の色の作品は初めて観たのでちょっと感動。岩名氏と話しながらの鑑賞でしたが、1人で観ていても恐らくこの絵の前で私は長い時間を過ごしていだろうな。とても好き、この作品。

007 (2)

3人がどんな打ち合わせを重ねこの展覧会に至ったのか、その様子を覘いてみたくなる、そんな心に残る小さな展覧会でした。

関連記事

2013.07.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Exhibition

コメント

わぁ~これ観に行きたかったんです!!(ART OSAKAの後に行くつもりだったんですがで長居してギャラリーが閉まってしまいました 涙)
とっても素敵です~~。。アップしていただいてありがとうございます(*^_^*)

2013/07/28 (日) 10:52:24 | URL | hanabi #tE21prRc [ 編集 ]

hanabiちゃん、残念!

あれ~てっきり見に行ったと思ってたわ!すごく素敵な展覧会でしたよ~会期終了後のブログ紹介になってしまい反省中。。。

2013/07/29 (月) 06:33:54 | URL | allier #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »