fc2ブログ
2016/10/11

”お洒落な人”に私はなりたい!?

私のインスタをご覧頂いている方ならすでにお気づきの通り、洋服減りました。いつも同じようなカッコです。買うには少し買ってるんですが、どちらかというと必要に迫られて、といった感じ。たとえば秋のイベントにはさすがに去年と同じという訳にはいかないですしね。他は黒のパンツを買い替える、白のシャツを買い替える、そんな感じで3か月に一度ワードローブを見直し”買い足す”のではなく”買い替える”といった具合。さらにそれらをシーズン中に着倒す!着回す!いつも同じ格好ですけどなにか?と開き直る(笑)

ず~っと以前、パリのアンティークショップオーナーのそれはお洒落な「いかにもパリマダム」がインタビューの中で「洋服なんてほとんど買わないわ。しばらくぶりで必要に迫られ買ったのがこれ」的なコメントを発していたのを何かの雑誌で読んだことがあるけれど「そんなこと言いながらこんなお洒落なんて反則やわ!」と思ったことがあります。

時が経ち少し前にいつもとびきりお洒落な女性が「最近洋服を買うのがめんどくさくて仕方ない」と私に言った時「もう本当にそれすごいわかる~~~」と今度は共感を覚えました。私の場合はなんだか嚙み合わないショップスタッフとの会話にほとほと疲れちゃって「そちらの立場もわかる。だけど買う時は買うし、買わん時は買わんのよ。」と心の中でつぶやくことしきり。あ~ほんとめんどくさって感じなんです。なんでだろう、昔は洋服を買うのがあんなにときめくワクワクしたことだったのに。

で、最近つくづく悟ったこと。「お洒落な人」と「お洒落が好きな人」は根本的に違うんだって。できれば私は前者になりたい(笑)

「洋服そんなもの買わないわ」とか言いながら洒落てる人に私はなりたい。(宮沢賢治風に言ってみました。)

さて、今日の話はどこでアートと結びつくのか、、、結びつきません、、、(笑)

ただ洋服を減らし、新たな流行を追いかけるべく洋服を買うといった生活をしなくなると本当に心が解放されたという私の個人的なお話です。

ワタシはどっぷり日本人ですが、洋服に関してはグローバルスタンダードでいたいな~といつも思います。日本の中での流行って確実に存在するし、そのまま海外に出かけたらなんだか恥ずかしくなるってことってあるんですよね。

私の提案はインテリアとアートとファッションすべてをコーディネートすること。それって一石三鳥だし、ファッションだけやり過ぎちゃうってことがないから、バランス取れるんじゃないかなって。だってお洒落な人って間違いなくインテリアもアートのセレクトも素敵なんですもの。日本人特有のファッションだけ、アートだけ、ワインだけ、グルメだけ、だとやはりバランスが悪くなっちゃうと思いませんか???

ということは”お洒落な人”になるにはインテリアからってこと?つまりはアートも身近におきましょうってこと?

はい、無理やりアートと結びつけて〆てみました(笑)。

インスタグラムの#着ることの風景で検索すると私のここ最近の堅実なファッションライフが垣間見えます。以前からこのブログを読んでくださっていた方へ、、、「私もちょっとは賢くなりました。」とお伝えしたいと思います。

そんなこんなでインスタグラムも覗いてきてくださいね!

2016/10/09

アートとイコールの関係を築くには?

奥村アート塾にご参加いただいたある方が昨日言われたこと。

「ここに来なけばアートは美術館で観るものでまさか自分が買うなんて思ってもみなかった。そして買ってからは美術館でのアートの見方がまったく違うものになりました。」

そう、アートは美術館で観るだけではなく、自分で買うものでもあるのです。イベントが近づいているから言ってる訳ではありませんよ~(笑)このブログをご覧になってくださっている方なら私が年がら年中同じこと言ってるのよくご存じですよね!?

アートを自分で買ってこそやっとアートとイコールの関係ができるのだと思うのです。そうなったらこっちのもんです!美術館やアートのイベントでキレキレのエッジーな作品とだって臆することなく対峙できます。

よくわからない、ちょっぴり敷居の高い、すましこんだ、そんな印象を持つ現代アートとの距離をぐぐっと縮めるには買うことが一番。「いつかアートを買いたい」なんて言ってるうちにあっと言う間に年月は過ぎてしまいます。

器やお料理では最高レベルのセンスを発揮なさる方が現代アートを飾るということに無関心なケースはすごく多い気がします。なんてもったいない!でも思えばそんなマダム達が現代アートを探す場所ってのも日本にはない気もします。やはり敷居が存在するんですね。それはなんだろ、、、敷居の高さというより得体のしれない領域に入り込みたくないって感じかな(笑) 海外のアッパーマダムたちが現代アートのギャラリーにを普通に足を運ぶといったレベルまで一足飛びにいかないのはそこだと思います。

器や住まいへのこだわりから一歩踏み出して、さらにセンスを極めたいと思う方に最高に気持ちの良い空間で上質のアートを選ぶ機会になれば、、、イベントにはそんな私の想いが込められています。そして現代アートという未知なる領域に私をきっかけにエイッといらしてほしいな、とも。。。

私はインテリアコーディネーター時代はそれほど自分から働きかけて人に会いに行ったり話したりというひとではありませんでした。お客様だって営業さんが契約してきてくれて担当が決まる訳ですから完全に受け身です。さらに言えば意外に思われるかもしれないんですが、当時私はそんなに社交的な人間ではありませんでした。でもアートの仕事を始めてからそんな自分を変えなければ人脈を築くことはできないと、積極的に人と交わるよう涙ぐましい努力をしました。そうするうちに段々自分自身変わってきてちょっとでもビビッと自分の感性に触れる人があれば会ってみたい!話してみたい!と自然に思えるようになったんです。もしこのブログやインスタグラムで感性に触れる何かがあったら是非遊びにいらしてくださいね!毎年「ブログ見てます~」とか「インスタで知りました~」なんて初めての方に言われるとすごくすごく嬉しいのです。

「アートは誰から買うかがすごく重要だ」と誰かに言われたことがあります。私も「奥村さんから買いたい」「奥村さんのイベントで素敵なアートを見つけたの!」そんな風に言われるよう一層努力しなければと昨日の塾生さんの一言で思った次第。。。

皆さん、イベントでお待ちしてますね♡

*インスタグラムも是非覗いてみてくださいね!