allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

駅前美術館?シャウラガー

昨日に続きアートファン&建築好きの方に超お勧めの美術館のお話です。バーゼル地元の建築家ヘルツオーク&ド・ムーロンによるシャウラガー。こちらにはエマニュエル・ホフマン財団所蔵の作品が収納されていますが、いわゆる普通の美術館とはちと違います。だって年に4か月しか開いていないんですもの!ワタクシ、ドイツ語はからきしなんですが「lager」とは倉庫の意味らしく、つまり巨大な作品貯蔵庫と言った感じなんでしょうか?600点ものお宝は普段は一般公開されておらず、けれども研究目的の人たちには大きく門戸を開いているという、太っ腹なのか、見せ惜しみ?なんだかよくわかりません。。。でもここはほ~~んとに素晴らしい建物でした!しかもトラム停留所降りてその前。もう敷地内に停留所ってくらいのアクセスの良さ。迷おうにも迷えない。

お天気はも一つだったし巨大で写真に納まり切れず今一つなのが悔しい限り。

IMG_0637 (640x480)

アートバーゼルに合わせてなのかしら?普段公開されていない上層階にも展示があり空間を満喫することができました。展示の中でも圧巻は地下にあるRobert Goberの作品。これ地下にしか設置できない、、、なぜなら滝がゴ~~っと流れてきてマリア様の下に湧き水のようになっていて井戸のようなところから水面が見えて、、、はい、なんのことかさっぱりわかりませんね。写真不可のためご紹介できません。でもすっご~~~~かったてことです。すみません、私の文章力では表現不可能。ご興味ある方各自お調べくださいまし。

館内に入る時に渡されるバッジがカッコいいのです。

IMG_20150621_083146 (480x640)

はあ~、、、すごかった。。。

2015.06.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Exhibition

バイエラー財団美術館

皆様、お久しぶりです。とはいえ旅行中はマメにインスタグラムを上げていたのでそちらをご覧の方は道中のハイライト?をもうご存じかと、、、アートの旅明けはいつも「もういいです、アート。もうお腹いっぱいです、現代アート。」となるのが常ですが、今回もそうです。「もう胸焼けしそう。」

さて旅の目的はアートバーゼルとベネチアビエンナーレ見学の一人研修旅行。研修できたのか否かはさておきいろいろ考えることの多い旅となりました。今までなぜかタイミングを逃しており今回が初バーゼル。初めての街を訪れるのはもちろん少し不安もありますが(紛争地帯に足を踏み入れる訳でもなし)私の場合どちらかというとワクワク度の方が大きくなります。空港に降りたった途端原田マハ氏の「楽園のカンヴァス」を思い出したりなんかして。。。

バーゼルはとても小さな街で数時間過ごしただけですぐに一人でも動き回ることができます。なんたって強い味方はトラム!バーゼル市内のホテルに1泊以上すると公共交通機関に乗り放題のチケットがもらえるのです。もう一度言いましょう、乗り放題!!!最初の一回だけ反対方向に乗って間違ってしまったけど、すぐに慣れてス~イイスイいろんなところに行けちゃいます。地下鉄と違い外の風景を楽しめるのも良いですね。トラム大好き~~!!!

なにからお話していか分からないのでそんなトラムに乗って出かけた郊外にあるバイエラー財団美術館のご話から。緑に囲まれた素晴らしい環境の中に佇むバイエラー美術館はレンゾ・ピアノ氏の設計によるもの。アートファンのみならず建築好きの方にもたまりません!

IMG_0760 (640x480)

IMG_0773 (640x480)

こちらはギャラリーを経営していたバイエラー氏の個人コレクションを展示している美術館。どうぞギャラリー経営で財を成した方どんどんじゃかじゃかこんな美術館を建てちゃってください!でもって素晴らしいコレクションを見せちゃってください!

さて館内ではゴーギャンとマルレーネ・デュマス2つの展覧会が開催されていました。デュマス氏の作品て1,2点観ただけでも心が重~~~くなるのに展覧会ときたひにゃあ、もうドヨヨ~~~ンですよ、まったく。そんなデュマス氏の作品中ちょっと救われた感じのある作品をパチリ。

20150621_104721 (480x640)

ゴーギャン、デュマス作品の展示を抜けカルダー部屋を通り過ぎると(なぜだかカルダー展のみ撮影不可。)じゃじゃ~~ん私の大好きなタイプの作品がずらり!ミニマリズムの巨匠ロバート・ライマン氏の展示でありました。いくら好みが古いと言われようとなんと言われようと私はミニマリズムが大大大好きなのです。

IMG_20150621_105225 (480x640)

そしてこの作品を前に動けなくなってしまい不思議な体験をしたのです。ず~~と観ているうちに心の振動と作品から発せられる波数のようなものが完全に一致したような、、、ピタッと一緒になったような、、、シンクロしたような、、、きっと心から好きと思える作品に出会った時にそうなるのでしょうね。もちろん今までもそうだったんだけど、それを感覚的に意識したのは初めてだったかも、、、

その後午後にアートバーゼル会場で「オソロシク高いだろうけどこれ欲しい~~~~!」と持って帰ることができるならこの1点に選んだこちらの作品、、、、

20150621_123714 (480x640)

なんとこちらもライマン氏の作品でありました。そりゃ買えんわ、、、でも「私ってすごい!ぶれてない!ある意味見る目あるやん!」と悦に入ったりなんかして、、、

さて館内をめぐった後お庭を散歩。あいにくの小雨交じりのお天気でしたが、緑が一層映えてとても美しい。あ、なんか巨人が、、、

IMG_0771 (480x640)

IMG_20150621_111118 (480x640)

野外彫刻や併設されているレストランも全てが完璧な風景。

IMG_0762 (640x480)

遠くに目をやると放牧されている動物たちがのんびり草を食べておりました。なんかうちの近所の風景に似てる、、、

IMG_0774 (640x480)

なんだか1回目から久しぶりのブログに四苦八苦。ベネチアまでたどり着けるのだろうか、、、皆様のんびりお付き合いくださいませね。

2015.06.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

明日から、、、

しばらく”バーゼル・ベネチア アートの旅”に出かけてきます。

アートバーゼル、ベネチア・ビエンナーレと聞くだけでもうお腹いっぱい💦体力の限界に挑んでくるので帰ってからの怒涛の更新乞うご期待!旅行中はインスタグラムを上げる予定ですのでそちらも是非に♡

2015.06.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

やっとこさ決まりました

今更な感じでなんですが、少し前からヨガを始めました。なぜヨガなのか???今まで一番避けていたはずなのに、、、

そこに至るまではかなりの長い話になり、つらつら書いていくと着地点を見失いそうなんで先に書きました。でもってここで宣言するとやめられないからちょうどいいかと、、、

そしてなぜヨガだったのか???これかなりしょうもない話です。知りたいですか???ふふふ。

お暇な方のみ(何回も言いますがしょうもない話なんで)続きをどうぞ。。。


続きを読む

2015.06.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

東京で中川佳宣氏の展覧会が開かれています

インスタグラムを始めて以来ブログの更新頻度が少なくなっていてすみません💦けれどブログをご覧頂いていてそのままフォロワーになってくださる初めての方からもコメントを頂いたりするとすご~く嬉しいです♡ブログより距離が近い感じなのでコメントもさくっと入れることができますものね。是非フォローしてくださいね!!
奥村くみインスタグラムこちらです!

さて昨年のイベントでも作品を展示してくださり、楽しいアーティストトークまで届けてくれた中川佳宣氏の個展が東京のタグチファインアートで開催中です。今回は今月20日まで初期の作品、その後27日から新作が展示される2部制とユニークな展覧会。皆様お見逃しなく!私は来月行くことができるかな~て感じなので予告させて頂きました。なので何気に我が家の中川作品を今一度、、、

IMG_20150614_072323 (350x350)

ヴァンジのクリスティアーネ展も行かなきゃいけないし、原美術館のサイ・トンブリー展も私を呼んでいる!焦る~~~💦

2015.06.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

新平誠洙:window upset~アートコートギャラリー

今年のまだ半分も過ぎていませんが、なんと2015奥村大賞平面作品部門が早くも出てしまいました!2代目アルバイト金光男氏からバトンを渡された3代目アルバイト新平誠洙氏。3代目襲名(?)記念に新たな台車に新平号と名付けたのですが、ここのところ彼の出動はなく会う機会がありませんでした。そんな新平氏の初個展が昨日から始まったのです。

奥村大賞に輝いた作品はこちら!

IMG_20150609_161718 (480x640)

久しぶりに猛烈に欲しいと思った作品。かねてからソファの後ろに飾る若手作家の大きな作品を探しているのですが、この作品はその”リビングに飾るでかい絵大賞”までダブル受賞するところでありました。本当に買いかけたのです、、、本当に。ただでか過ぎる。でかい。。。だって162㎝角ですよ!床に置いたらそこで生活できるくらい。でも私はそんな大きさの作品をいささかスケールアウト気味に飾りたいという欲望をいつも抱えていて「もうえいやっといっちゃう?」てなったんですが、、、「ちょっと待って階段回られへん!」ということになり、、、我が家のリビングは2Fにあるためどうしたって階段を使い作品を運ばねばなりません。ピアノを搬入するときのようにクレーンで吊り下げる、、、いやそれでも掃き出し窓がないため搬入不可能。で、新平氏は言いました。キャンバスを外してくるくる丸めて運びましょうか???カーペットみたいに、はたまたヨガマットみたいに、、、ま、ね、そりゃ不可能じゃないけどさ、、、

これは今の彼の”限界のさらに向こう側級”の作品のようです。
ああ、、、欲しい。。。

さて展示風景に目をやってみましょう。

20150609_161759 (640x480)

20150609_161814 (640x480)

窓に映り込ん込み複数の像が重なり合う様、そして時間の経過をそのまま写し取ったようなシーン。そしてそれらを描いたキャンバス上に存在する蛍光色の垂直または斜めの線に注目してください。この線がとても深い意味を持っているのです。私はこの線にやられちゃったのかもしれません。(線の説明はギャラリースタッフに聞いてくださいね。ここでの説明は難しい。またしても投げやり、笑)

昨年卒展で観たビルエヴァンスの小さなシリーズも。。。線の場所、変わっていく表情に時間の移ろいを感じます。

IMG_20150609_161900 (480x640)

20150609_161833 (480x640)

ここには紹介していませんが新平氏は直視するのを避けてしまうような現実といったものをモチーフとして取り上げていることもあります。現代アートは綺麗なだけではなくその時代を切り取る鋭い視点、そして内面的な深い思考がベースに存在します。ただそれらをそのまま表現するのでは単なるエログロな作品になってしまい鑑賞者の心の深いところまで届かないと常々思っているのです。そういった事象を美しくかっこよく表現している方がより深く沁みわたり後にも記憶として残る、私は作品を観るときにいつもそう感じます。

奥村大賞に輝いた作品は重いテーマとはかけ離れ、光と影が印象的な超クールな作品です。皆様”奥村大賞作品”を観に是非足を運んでくださいね!会期は7月18日迄。7月4,5日に開催されるART OSAKAでもアートコートギャラリーのブースで作品が紹介されるようです。こちらも是非に!

2015.06.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

白の空間にアートが映えて、、、

今日もそれは素敵なお宅にアート達が嫁いでゆきました。こちらの客様を紹介してくださったのは私が尊敬する先輩コーディネーターM師匠。どこもかしこも奥様のセンスが光るこちらのお住まい、、、もう素敵すぎてウットリ。。。
まずは玄関ホール。ここにかなり大きなサイズの吉峯和美氏の作品を設置しました。もちろんアートが存在しなくても完璧なインテリアですが、アートが入ると空気は一変(毎回言ってる?ワタシ?だって本当なんだもん!笑)。空間の洗練度がさらにググッとアップします!
IMG_20150608_141442 (480x640)
これは展覧会で観た時「ぜったい私のお客様にお勧めしたい!」と強く思った作品なのです。なのですごく嬉しかった♡ちょっと近づいてみましょう。。。
20150608_141236 (640x480)
ふふ、ホールにある鏡に作品が映り込んで連作を飾っているみたいですね。
そしてもう一点の坪田昌之氏の作品は鳥肌が立っちゃうくらいカッコいいリビングへ。まるでこの空間のために作られたかのようにぴたりとはまりました。
20150608_141728 (480x640)
20150608_142100 (640x480)
モルテーニの家具、ルミナベッラの照明、そして奥に広がるユーロモビルのキッチン、、、(あ~書いているだけで涎が出そう、笑)それらをより固く結びつけるような役割をこの作品が果たしているかのよう。もう無かった壁が想像できません。
20150608_142117 (480x640)
余談ですがちらりと見えているアクセントクロスはエルメスのもの。
20150608_142107 (480x640)
お住まい同様、奥様もと~~っても素敵なエレガントマダム。インテリア、洋服、そしてアートに至るまで選ぶものはすべてその人にリンクしていると私は信じていますが今回もそれを実感。上品でシンプルな色使いにこだわられた奥様の審美眼には脱帽です。そんな奥様ですがとても気さくでお話が超楽しい!!!時折り大爆笑を交えながらのティータイムとなりました。こちらの京都の美しいお菓子はコーヒーにもぴったりで美味しく頂きました。
20150608_143344 (480x640)
では毎回のお約束、あの言葉で〆てみましょう。。。
LOVE & PEACE ア~~ンド ART!!!

2015.06.08 | | Art selection

心に残った言葉

アートの話ではありませんが、先日とても心に響きそしてとっておきたい言葉にTwitter上で出会ったのでご紹介しますね。

それは料理研究家の土井善晴氏のツイート。。。

「家庭料理は民藝なのです。毎日の食事(たべごと)が美しい暮らしと人を作ると信じます。だからしっかりお料理するといいことがたくさんあります。食べることより、お料理することが大切です。」

あ~なんて素晴らしいお言葉なんでしょう!毎日の献立を考えご飯を作ることは決して”ときめく”ことではありませんもの。(あ、毎日ときめいておられる方がいらしたら失礼!)”めんどくさい”とか”作りたくな~い”なんて気分になることはしょっちゅう。なのでこの土井先生のお言葉は墨でしたためキッチンに貼っておきたいくらい(笑)!

という訳で最近のインスタグラムから、、、ふふ、近くの直売所の野菜は本当に新鮮で安くてアーティチョークなんてこじゃれたものも売ってますのことよ。オリーブオイルでからっと上げた日にゃあ、、、美味しすぎる。。。

IMG_20150524_114250 (350x350)
IMG_20150524_124302 (350x350)
IMG_20150531_124100 (350x350)
IMG_20150531_180002 (350x350)

インスタグラムやブログっていうのもご飯作りのモチベーションを上げるには最適のツールかもしれません。沢村貞子氏が今の時代に生きていたなら毎日の献立ブログをアップしてらしたかも、なあんて時折想像することがあります。氏の献立日記は今のお料理ブログの走りみたいなもんですものね。

がんばろっと、ごはん作り。。。

2015.06.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Food

«  | ホーム |  »