allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

忠田愛個展ー櫂を漕ぐー 高島屋大阪店6階ギャラリーNEXT

今日はいつも私がここで取り上げているアートと少し違った感じの作品をご紹介させていただきますね。

忠田愛氏の描く作品は観る者の心にじんわり深~く沁みていきます。私はなせかキャンバスから彼女の言葉が浮き上がってくるような印象を受けるのです。詩情溢れる作品とでもいいましょうか。何年も前、初めて観た彼女の作品はとても大きく最初何が描かれているのかわかりませんでした。重なり合う線と落ち着いた土色がただただ美しく、ぼ~っと見とれていて、しばらくしてそこに横たわる老人が描かれていると気づいたときには本当に驚きました。そこにはまさしく「生と死」といったものが存在していたのです。

20150426_162309 (480x640)

そんな少し重い印象を持つ注田氏の作品ですが、今回はとても軽やかなモチーフが会場に溢れています。お話を伺うと滋賀の田舎に居を構え、毎日里山を駆け回るような生活をしているうちにいつの間にか”自然”を取り上げ描くようになられたのだとか。作品の前に立つと思わずにっこりしてしまいます。愛猫ちゃんの凛々しいお姿の作品も、、、(笑)

20150426_162413 (480x640)

20150426_162452 (480x640)

こちらの絵の中にあるフルーツが入った器はご主人様の稲富淳輔氏の作品。さりげなくご夫妻のコラボ作品のようですね。

20150426_162226 (480x640)


立体作品もいつくか展示されています。

20150426_162125 (480x640)

入口にある忠田氏のこの言葉もどうぞかみしめてくださいね。。。

20150426_162148 (480x640)

連休中お時間のある方どうぞおはこびくださいませ。会期は5月5日迄。

2015.04.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

またしてもおかわり鑑賞

昨日は"超京都 art kyoto 2015”の内覧会にお邪魔した後、京都国立近代美術館で開催されている「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより」に出かけました。実はこの展覧会すでに昨年東京で観ていたのですが、芸術新潮での氏のインタビューを読みアートに対する深い愛そして優しいまなざしといったものを改めて感じ、今一度京都での展示を観に行きたいと思っていたのです。

展示作品の素晴らしさはもちろんのこと、各ブースにあるキャプションもとても興味深く、貸し出されている作品が実際に氏の邸宅に飾られている写真も展示されています。こんなに素晴らしいコレクションと共に暮らし、それらが日常の風景になっているのかと思うと”羨ましい”などという言葉など軽すぎてなんの意味も持たないような気さえしてきます。そして「見せてくださって本当にありがとう!!!」と心から感謝したくなるのです。

昨日は平日とあり(他の京都の観光地はどうだかわかりませんが、、)美術館は空いていたのでマーク・ロスコ作品の前を5分間ほど陣取ることができました。ロスコ作品の前に立つといつも心が湧き上がり、その後静かな静寂が訪れ、そして涙が出てくるのです。真のアートとはこういうものだと毎回思います。

普段図録の類を買うことはないのですが(重いから、、、笑)キャプションの中にある言葉を忘れたくなかったのでエイッと購入。

20150425082447 (375x500)

皆様ぜひ足を運んでみてくださね。。。




2015.04.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

ドカッと大人買い!

ここ数日爽やかな陽気が続いていますね。でもなんていうか雨季の次に初夏がやってきたって感じで春はいったいどこにいったんでしょうね?年々春が短くなっているような気がします。

さてこの季節の大好きなお花といえばミラベル。先日野菜を買いに出かけた直販所で葱と一緒に買ってきました(笑)。なんと1束190円!!!もちろん2束の大人買いですわよ♡

IMG_20150423_151240 (300x300)

リビングテーブルにドカッと活けて、枝から落とした房はダイニングテーブルの上の水を張ったトレーに、そして水回りにも。。。

IMG_20150423_141937 (225x300) IMG_20150423_142609 (225x300)

しかし、190円て、、、ビバ!直販所!

2015.04.24 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

夢のミヒャエル・テンゲス空間!

ミヒャエル・テンゲス氏の作品がまたしても関西にお嫁入りしました♡嫁ぎ先はテンゲス作品関西初上陸を果たした記念すべきO様邸。そう!なんと今回セカンドテンゲスなんです!

同じ作家の作品とはいえ、かなり印象は違います。ファーストテンゲスはキャンバス、今回の支持体は紙なのです。先日の展覧会でもメインの場所を飾ったテンゲス氏の新たな展開を感じさせる素晴らしい作品。そして、、、これがか~~なり大きい!この”大きい子”ををすっかりO邸の住人になったファーストテンゲスのある空間に一緒に飾りこの上ない贅沢な空間を作ることになりました。

20150418142457 (640x480)

ふふ、右にちらりと見えているのが新たな住人です。こんな風にとても大きな作品をさりげなく壁に掛ける、、、そんなコーディネートを夢見ていましたがその想いがやっと現実となりました。

20150418142425 (480x640)

20150418143156 (480x640)

海外のインテリア洋書を見ているといささかスケールアウト気味のアートを飾ってる風景をよく見かけます。日本だとどうしても壁の大きさに対してこのくらいかな?なんていう制約を皆さんお持ちのようです。もちろんある程度の決まりごとはありますが、その都度ベストなバランスは違います。空間とアートの関係って一言では言えないくらいいろいろなんです。少し話は逸れますが、インテリアがあか抜けない、どうにかしたい、と仰られるお客様のお宅に限って、全ての物が小さいのです。グリーンや、それを入れている鉢、壁に飾っているアート、、、全部のアイテムがちまちまと小さい場合がとても多い。思い切って大きいものをド~ンと置くと、不思議なことに空間に安定感が生まれ、カッコいい通な空間になるのです。なぜだかわからないけど、、、、最初はアートに関しても大きい作品を飾るのは勇気が要るかもしれません。でも何点か買い求めていくうちにお客様の作品に対するスケール感も変化を遂げていくように感じます。

さあ、近くに寄ってみましょう。どこを観ても毎日新たな発見がありそうな作品です。こちらのキュートマダムC子さん、毎日2点のテンゲスを観ながら暮らすなんて羨ましすぎる~~!!!また観に行かせてもらおう(笑)。

20150418142826 (480x640)
20150418142855 (480x640)
20150418143133 (480x640)

ここからの角度も最高!!!

20150418143423 (480x640)

関西でのミヒャエルテンゲス作品の住人?がどんどん増えてきました。お客様が素晴らしい作品を選んでくださる度になぜかとても誇らしい気持ちになるのです。「関西で現代アートが売れない??」それって都市伝説レベルのお話だと思います(笑)。関西人の感性は本当に素晴らしいのですからっ!!!



2015.04.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art selection

進化し続けるHP!

先日からワヤワヤとこちらで騒いでおりましたが、ブログにインスタグラムの入口?ができました。画面向かって左のプロフィールの下instagramとある写真のところをクリックしてください。すると、、、そこは奥村ワールド!そして2か月前の私同様「インスタグラムてなんじゃらほい」の方、ずらっとアルバムみたいに並んでいるギャラリーの写真をクリックするとキャプションがでてきます。

そしてさらに素敵なことにHPでもインスタグラムの画像がフラッシュで出てくるようになりました!上のhomeから入ってみてくださいね。いや、これ、ほんと、、、めちゃカッコいんです。これもすべてウエブディレクターのまりちゃんと”難しいことをいろいろやってくれてる”G氏のお蔭。

最初にHPを作成してもらった時から折あるごとにリニューアルをお願いしてきましたが毎回大満足。いろんなアイデアを出し合って、打ち合わせを重ねて、都度思い描いている形に限りなく近いものを作ってもらっています。本当に感謝!

この仕事を始めてから雑誌などに取り上げてもらい私は比較的幸運な方だと思います。でも仕事の特異性と地方に住んでいること、全然お家柄がある訳でもなく、特に偉い人とつながっている訳でもなんでもなく、いたって普通の人なんで、毎回ゼロからのスタート。何度雑誌に取り上げてもらっても次からは無名の人で一向に積みあがっていく気配も全くない!(笑)なので自身がウエブ上で発信することをものすごく大切にしています。これをのぞいてもらったらすぐに私が思い描く”アートのある暮らし”をわかってもらえるような、そんなことをいつも心掛けているのです。

でもね、先日私が一目置いてる男性と話した時その方が言うには「こんなにSNSが浸透してきてるけど、名前が知られてる人が必ずしもすごいって訳じゃないんちゃうかな?もしかしてネットで調べても名前もなかなかヒットせえへん人が実はものすごいってこと結構あるかもしれへんな。そういう隠れてるセンスの良い人ってぜったいいっぱいおるで。」って。私も本当にそう思います。私はすごくセンスがある訳じゃないけど、なんかちょっとだけでもそんな人になりたいな、、、ふふ。て、言うかそういうすごい人を嗅ぎ分けられる嗅覚をいつも持っておきたいなと、、、と。

皆様に伝わってます???私の想い♡

2015.04.17 | | コメント(2) | トラックバック(0) | お知らせ

ドバっと食べることの風景

昨日の理由から一か月に一回くらいインスタグラムからの蔵出し?やります!(笑)いったいこれらの画像はなんなのか?各キャプションはインスタグラムで♡

IMG_20150412_101620 (300x300) IMG_20150331_083732 (300x300)
IMG_20150315_125504 (300x300) IMG_20150322_113801 (300x300)
IMG_20150316_152815 (300x300) IMG_20150315_125504 (300x300)
IMG_20150324_111033 (300x300) IMG_20150326_121423 (300x300)
IMG_20150401_071833 (300x300) IMG_20150322_113544 (300x300)

2015.04.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

ドバっと着ることの風景

ブログでは真面目に(?)アートとインテリアの情報やらそれにまつわるお話、インスタグラムではカッコよさにこだわり(??)画像をアップするようになりしばらくが経ちました。しかしここ最近”すべらない話”級の2つのネタに恵まれ(???)「この手のネタはいったいどこで披露したらいいのん?ワタシ。」と困り果てておりました。「話したい!この笑いを誰かを共有したい!」そのメラメラと湧いてくる妙な欲望に負け、先日非公式かつ実験的に開始した「奥村アート塾」でこの2つのネタを披露したところ、か~なりウケ生徒さんの一人から「アメブロとかで裏ブログ作ったらどうですか?ジャンルはお笑いで!」とアドバイスされ真剣に考えております。その話とは、、、気になりますね~ふふふ。でもここでは話しませんよ~~裏ブログで、、、ふふふ。(ウソです。そんなの存在しません。直接聞いてね。)

さてそんな中何人かの方から「もひとつインスタグラムがわからなくてちゃんと見れない」といったお声もちらほら。そうですよね、私も2か月前までそうだったんですもの。もうすぐHP上ではインスタグラムの画像がフラッシュで出るようになり、ブログにもインスタグラムマーク?が付くのですが、それまではトップページに固定している”こちらを♡”をクリックして、なんならそれをお気に入りに入れておいてくださいね。もちろんアカウント取ってフォローしてくださるとたいそう嬉しいです♪

たまにはインスタグラムの画像をこちらでもまとめてご紹介しますね。

IMG_20150318_090035 (300x300) IMG_20150308_112401 (300x300)
IMG_20150401_111302 (300x300) IMG_20150402_115501 (350x350) (300x300)
IMG_20150330_093416 (300x300) IMG_20150412_091955 (300x300)
IMG_20150305_210244 (350x350) (300x300) IMG_20150406_164316 (300x300)

ネタの一つは上の画像にもある白のエアナイキにまつわるもの。あの話を知っている人は今一度思い出し笑いしてるハズ、カナラズ、、、

2015.04.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Fashion

OZASAHAYASHIオープニング企画展覧会

先週京都に私好みのギャラリーがオープンしました。そのお披露目展覧会であるグループ展ではこのギャラリーが扱う上質でカッコ良くて、すばらしくセンスの良い作品がずらりと並んでいます。(カッコいい、センスの良いなどとはアート関係者からすると完全にNGワード化、、、笑)あえてもう一つ形容詞を付け加えるとしたら”通好み”かな?「これってNYでのギャラリーのオープニングですよ。」と聞いても「そっか~」と普通に思っちゃうくらい。

自然の中に独り身を置き、その風景をとらえた今坂康二郎氏の作品。モノクロの世界からもザワザワと風の音や草を踏む音が聞こえてきそうでググッときました。

20150410_151505 (480x640)

蝶、木や植物の根をモチーフにした立体作品と写真作品は小田祐子氏によるもの。

20150410_152206 (480x640)

20150410_152156 (480x640)

親谷茂氏はNYから帰国し初めて日本での作品発表なんだそう。

20150410_151051 (480x640)

レコードジャケットをモチーフにしたニールズ・カーストン氏の作品はもう文句なしにクールの一言!!!

20150410_151450 (480x640)

そして私がとても気に入ったデュッセルドルフ在住のウリケ・ハイデンライヒ氏の作品。フレームの中に展開するシンプルに見えて複雑なこの立体感たら。これはぜひ実物を欲しいな。。。

20150410_151133 (480x640)

20150410_151248 (480x640)

10年くらい前にどこかの美術館で横溝美由紀氏の雨の粒のようなインスタレーション作品を写したポストカードを数枚求めたことがあります。とても気に入っていていまだに私の手元に残っています。横溝氏が3年ほど前から展開しているという作品はすぐにでもお客様にお勧めしたいと強く思いました。(なぜか写真が変!?)

20150410_150918 (480x640)

作品の表面はこのような感じ。糸を伝って縦横無尽にキャンバスを覆い尽くす色とりどりの線。緊張感が漂う作品ですが、色とりどりの絵具の弾けた様子、それぞれの線になぜかにっこりしてしまう。。。

20150410_150547 (480x640)

グループ展ではそのギャラリーのセンスといったものが一番伝わってくる気がします。会期は6月6日までですので皆様是非に!(木金土の開廊ですのでお気をつけて。)詳細はこちらで

2015.04.12 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Exhibition

大﨑のぶゆき-Display of surface-「不可視/可視/未可視」~galerie16

のっけからすみません、、、こちらの展覧会も今日土曜日まででした。東京や京都のギャラリー巡りをするときはできるだけ興味のある展覧会が重なっている時期を選びます。そうなると必然的にもう終わりかけ、もしくはオープニングを迎えたばかりというご紹介が入り混じってしまうのです。。。

さて今回の大﨑のぶゆき氏展とても興味深かったです。しかも大﨑氏がちょうど在廊なさっていたので作品についてじっくり解説を頂きさらに「ほほ~~~ふむふむ~~~いや~おもしろい!」となりました。(←なにそれ、笑)まずは自分一人で作品に向かいますが、展示されているのはほぼ白のキャンバスばかり。そして会場の真ん中に銀の指紋だらけになったカフカの「城」が一冊。。。

20150410134853 (640x480)

この本から「はは~ん」となる訳です。私もこの本を読んだのかどうだったのかその時すぐに思い出せなかったのですがストーリーはぼんやり浮かんできました。(つうことは読んでたのか、ワタシ、、、)とある寒村の城に雇われた測量士Kがいつまで経っても城を訪問することができない、とかなんとかそんな感じのお話。なんだか不思議~な小説だったような、ま、カフカですからね。。。

そしてもう一つこの展覧会の核となっているのが、油画の技法材料の研究者の居力でできた100年もつであろう「絵の支持体」つまりキャンバス。そこになんとワセリン、これまたつまりですね”ハンドクリーム”で「城」の中の登場人物やら風景を描いているんです。もう幾重にも「はは~ん。ほほ~~。なるほど。」でしょ???

20150410135011 (480x640)

20150410134941 (480x640)

で、刑事ドラマによくあるシーンで鑑識が犯人の指紋がついている場所に、粉を振りかけてる場面があるじゃないですか?同じくこのキャンバスに銀粉を振りかけると、、、ワセリンに付着し描かれている絵が姿を現すのです!!!「もう、なに~~~!?」でしょ???これはお城です。

20150410134955 (480x640)

透明のワセリンで描いているから作家自身もうまく表現できているか心配だったんですって。(なんかエア絵画て感じ?)この説明をすべて聞いた後、展覧会のタイトル「不可視/可視/未可視」のタイトルがすとんと腑に落ち、絵画とイメージの関係をモチーフにしているというこのインスタレーションの持つ意味を理解することができるのです。

さらには地面に置いているときは物質だけど、壁にかかると作品、絵画と言う認識になる、それが表現されているのがこちら。同じキャンバスでも台に飾られている作品はワセリンで描かれており作品タイトルもあるのだけれど、地面にあるのはなにも描かれていないし、もちろんタイトルもない。でも一見するとどっちも同じに見えるのです。

20150410135136 (480x640)

キャンバスを作成しているところやワセリンで制作しているところの映像もそれぞれに流れていて、それらと併せて鑑賞していると気づかないうちにくるくると何度も会場内を回っていました。

文庫本は制作中にずっと読んでいてそこに同じく銀粉を振りかけてその痕跡を残したのだそう。銀粉をふりかけていない作品はこの先どうなるのか???ワセリンは油なので長い年月を経ると浮き上がってくるんですって!なんか”あぶり出し”みたい。

一つの展覧会を鑑賞するだけで普段考えることのない様々な事象を知ることができるなんて、ホント現代アートって面白すぎる!!!そう思いません???

2015.04.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

"You"西山裕希子~Gallery PARC

今日は京都のギャラリー巡り。ここ数日季節が逆戻りしたかのような寒い日が続いています。しとしと冷たい雨の中でしたが、素敵な作品に出会い、心は温かく満たされた一日でした。

久しぶりに観た西山裕希子氏の作品はやはり私の好み。数年前にアート大阪で初めて作品を知ったのだけれど、はかなくて、品があって、ふんわりしているようで、でもすごい存在感があって、、、深~く心に刻まれたのです。ベルリンでの滞在を経てその世界観が揺らぎないものとなった感のある作品を観ていると、氏がその土地で感じたすべてが込められているような気がしました。

20150410125417 (480x640)

この作品少しわかり難いのですが映し出された絵画上の女性の顔だけが左の壁に浮かんでいます。こんな風に何かに映り込み違う場所に存在する、、、直接的に何かを観るのではなく、反射されたリアルな存在でないものを観る、でもそこには確実に何かがある、、、自分でも何を書いているんだか(苦笑)、でも本当にそんな感じなんです!

20150410125455 (480x640)

鏡やガラスや銀造写真、そして染色された布を用いたインスタレーション、、、どれもすごくいいな、、、このコンパクトの鏡にも何かが映り込んでいます。

20150410125518 (480x640)

特に気に入ったのだがガラスを使った写真の作品。。。これらの作品の前で長く時間を過ごしたくなります。

20150410125535 (480x640)

20150410125545 (480x640)

20150410125638 (480x640)

是非この展覧会をご覧頂きたいです!とか言いながら会期は今週12日(日)まで。(すみません、、、ぎりぎりで)京都に週末お出かけ予定の方是非に!!!

2015.04.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

なんて素敵な!!!

今日はたいそう素敵、かつ贈られた人たちを最高にワクワクさせるプレゼントのご紹介です。東京のファッション関係者、海外のデザイナーなど高感度の人々が定宿にしている奈良町宿 紀寺の家。町家を改造した5棟からなる隠れ家的お宿です。

そちらのギフト用宿泊券がこれまたなんとも粋なんです。まずはギフト券としてなにも書かれていない表札と町家の見取り図が用意されます。送られた側は希望の部屋タイプを選択し電話で予約。(宿泊の2週間前まで)その際に表札の裏にかかれているシリアルナンバーを伝えます。そして宿泊当日に表札を持っていくと(忘れないで!!!)名前を入れてくれ、宿泊棟の玄関にかけてくれるのです。そう、宿泊している間、ゲストは町家に住まう臨場感を自分だけの表札を持つことでさらに高めることができる訳。この表札1枚で非日常が日常の景色に変わる気がしませんか?

20150407063655 (480x640)

20150407063722 (480x640)

表札から漂う真新しい木の香り、納められた箱の手触り、書かれている文字、五感を通じてオーナー藤岡氏のこだわりが伝わってくるようです。

思えば数年前奈良町でトークイベントのパネリストとして参加していた時に偶然観客の中に藤岡氏がおられて、終わってから私の暮らしの中のアートという話にとても共感したと話しかけてくださったことがご縁の始まり。その後こちらでも以前ご紹介のfangleオーナー藤島氏をご紹介頂いたのですが、ムムム~とびきりのセンスの持ち主はしっかり繋がっているのですね!

さらに不思議なご縁があって、藤岡氏のお父上が主宰なさっている設計事務所の外壁があまりに私の好みドンピシャで自宅を建てるときにこっそり外壁見本を何枚か持ってその壁に合わせにいったことがあるんです。(すみません!お声もかけずに失礼な💦)去年までそのことをすっかり忘れていて、自分の中で結びついていなかったんですが、ある時はたと思い出し、おお~~~すごい、私!強力な磁場を持つ女ここにあり!と感動した次第、、、(笑)

こちらの宿泊券母の日や父の日、その他大切な記念日のプレゼントに最適。私も母と一緒に予約が取れ次第宿泊予定です。今からワクワク!さてさてどのお部屋にしようかしら???

2015.04.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

バッグよりお洋服より???

先日オープンしたルクア・イーレ3Fにあるエストネーション。あら?久しぶりにファッションネタ?いえいえ、そちらの方は最近インスタグラムで思う存分遊ばせて頂いておりますので(笑)、今日の話題ももちろんアート。こちらのメンズコーナーに巨大な金光男作品が展示されているのです!

20150404_124941 (640x480)

青山のエスパス・ルイ・ヴィトンで、はたまた銀座のメゾン・エルメスで「私ったらブランドには興味がないの。もっと素敵なものがこの上にはあるんですもの」てな体(てい)で颯爽とギャラリースペースを目指す女は超絶クールです。(本当はのどから手が出るほど欲しかったとしても、、、)すでに私より先に作品を観に行った奥村塾生たちから続々と報告が入り、今日も「ファッションは好きだけど、もっと私を夢中にさせるものがこのお店の中にあるの!」の体で作品を目指していたら勢い余って店内でつんのめりそうになりました。。。

角度を変えて。今回の新作には所々新たな試みが見受けられます。ぜひ皆さま、じっくり近づいてご覧になってくださいね!

20150404_124952 (480x640)

金作品ではありませんが女性のアクセサリーコーナーにあったこの作品も素敵でした。

20150404_125638 (640x480)

さて特に財布的被害をここで被ることもなく平和的にエストネーションを後にし、仲良しのコーディネーターの事務所開きに行ってきました。途中大阪の地下街が京都パラソフィア関連のポスターで埋め尽くされているのにびっくり!ウイリアム・ケントリッジの作品を使ったこれらはそのまま残して欲しいな、、、

IMG_20150404_132213 (480x640)

中之島にある素敵なオフィスでお祝いのシャンパーニュ。今週2回目の昼からシャンパーニュでありました。(このコメントだけ切り取るとすっごい優雅な人みたい!笑)

20150404_142205 (480x640)

2015.04.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

中川佳宣氏の小さな作品がお嫁入り

昨日は小雨降る中、中川佳宣氏の作品をお届けしてきました。幸せな作品のお嫁入り先は超キュートマダム、ヒロリンちゃまのところ。すでにアートとの暮らしを満喫中でその魅力にどっぷり浸っている奥村塾生でもあります。

そんな彼女ですがこのサイズの小さな作品を購入するのはこれが初めて。どこに飾ろうかと2人で家中をぐるぐる回って決めた場所が階段ホールでした。

20150401_133310 (480x640)

この作品は立体作品の位置づけだと思うんですね。なので四方からサイドも観ることが望ましい、となると階段という場所の上がったり下がったりといった動線上にあるのがいいんじゃないかとここに決めたのです。そしてもう一つ、こちらの作品は近づいてマテリアルをじっくり楽しんで欲しいので、踊り場ならばそこに立つ度に「フムフム、良いな~」と毎日感じることができるとも考えました。

20150401_133343 (480x640)

このブログ読者の中には「あれ、この作品は???」とご記憶の方もおられるかもしれません。私がと~っても気に入って自分で購入しようと思っていた作品なんです。でもヒロリンちゃまもすご~く気に入っていて、彼女なら譲ってもいい、なんならいつでも観に行けるし(←迷惑?笑)なんてお嫁入りさせてきたのです。

ヒロリンちゃまの愛息Y君も新たな住人に興味津々。思えば小学校に上がる前からいろんな作品たちがやってきて、それらが日常の風景になり、その中でご飯を食べたり宿題をしたりしてる、、、なんて贅沢な環境にいるんでしょう!そしてアートのある環境を普通のことととらえている様子をとても嬉しく思いました。こんな風に育つ子供たちが増えていけば「アート?わっかれへんわ、難しそうで。」的な大人は減っていくんじゃないかな、とかなりの長期計画で私は思ったりする訳です。

昨日も飾る場所を一緒に考えてくれた頼もしいY君はもうすぐ2年生になります。

2015.04.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

ジョン・マカリスター「とつぜんの轟き まだらの海」~HAGIWARA PROJECTS

この展覧会では鮮やかで刺激に満ちた色の世界を存分に味わうことができます。先週土曜日からこちらで始まったジョン・マカリスター展。作品には日々の情景やお花といった比較的わかりやすいモチーフが描かれていますがその世界観はユニークそのもの。

20150328_111941 (640x480)

20150328_111954 (640x480)

まずは独特の色使いに衝撃を受けます。そしてモチーフを囲むフレームのようなものが幾何学で描かれておりそれらがまた微妙に傾いてる!この構図すごく面白いと思いませんか?

20150328_112054 (480x640)

20150328_112037 (480x640)

ペインティングでありながらちょっと写真をイメージしたんですが、後からフォトジャーナリズムを専攻した後絵画を勉強したとテキストを読み納得。切り取り方が写真ぽい感じなんです。

20150328_112300 (480x640)

私はご存じのように渋好み。でもたまにはこんな弾けた色の作品も心動かされます。奥の事務所スペースに椅子と一緒に飾られているます。作品に使われている色にちょっと引いてしまうかもしれませんが、この風景から普通に家に存在していても不思議ではないと思えてきます。

20150328_112322 (480x640)

元気溌剌~!て感じ(笑)。

20150328_112312 (480x640)

会期は4月30日迄。皆様是非に!

2015.04.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

«  | ホーム |  »