fc2ブログ
2015/04/14

ドバっと食べることの風景

昨日の理由から一か月に一回くらいインスタグラムからの蔵出し?やります!(笑)いったいこれらの画像はなんなのか?各キャプションはインスタグラムで♡

IMG_20150412_101620 (300x300) IMG_20150331_083732 (300x300)
IMG_20150315_125504 (300x300) IMG_20150322_113801 (300x300)
IMG_20150316_152815 (300x300) IMG_20150315_125504 (300x300)
IMG_20150324_111033 (300x300) IMG_20150326_121423 (300x300)
IMG_20150401_071833 (300x300) IMG_20150322_113544 (300x300)

2015/04/13

ドバっと着ることの風景

ブログでは真面目に(?)アートとインテリアの情報やらそれにまつわるお話、インスタグラムではカッコよさにこだわり(??)画像をアップするようになりしばらくが経ちました。しかしここ最近”すべらない話”級の2つのネタに恵まれ(???)「この手のネタはいったいどこで披露したらいいのん?ワタシ。」と困り果てておりました。「話したい!この笑いを誰かを共有したい!」そのメラメラと湧いてくる妙な欲望に負け、先日非公式かつ実験的に開始した「奥村アート塾」でこの2つのネタを披露したところ、か~なりウケ生徒さんの一人から「アメブロとかで裏ブログ作ったらどうですか?ジャンルはお笑いで!」とアドバイスされ真剣に考えております。その話とは、、、気になりますね~ふふふ。でもここでは話しませんよ~~裏ブログで、、、ふふふ。(ウソです。そんなの存在しません。直接聞いてね。)

さてそんな中何人かの方から「もひとつインスタグラムがわからなくてちゃんと見れない」といったお声もちらほら。そうですよね、私も2か月前までそうだったんですもの。もうすぐHP上ではインスタグラムの画像がフラッシュで出るようになり、ブログにもインスタグラムマーク?が付くのですが、それまではトップページに固定している”こちらを♡”をクリックして、なんならそれをお気に入りに入れておいてくださいね。もちろんアカウント取ってフォローしてくださるとたいそう嬉しいです♪

たまにはインスタグラムの画像をこちらでもまとめてご紹介しますね。

IMG_20150318_090035 (300x300) IMG_20150308_112401 (300x300)
IMG_20150401_111302 (300x300) IMG_20150402_115501 (350x350) (300x300)
IMG_20150330_093416 (300x300) IMG_20150412_091955 (300x300)
IMG_20150305_210244 (350x350) (300x300) IMG_20150406_164316 (300x300)

ネタの一つは上の画像にもある白のエアナイキにまつわるもの。あの話を知っている人は今一度思い出し笑いしてるハズ、カナラズ、、、
2015/04/12

OZASAHAYASHIオープニング企画展覧会

先週京都に私好みのギャラリーがオープンしました。そのお披露目展覧会であるグループ展ではこのギャラリーが扱う上質でカッコ良くて、すばらしくセンスの良い作品がずらりと並んでいます。(カッコいい、センスの良いなどとはアート関係者からすると完全にNGワード化、、、笑)あえてもう一つ形容詞を付け加えるとしたら”通好み”かな?「これってNYでのギャラリーのオープニングですよ。」と聞いても「そっか~」と普通に思っちゃうくらい。

自然の中に独り身を置き、その風景をとらえた今坂康二郎氏の作品。モノクロの世界からもザワザワと風の音や草を踏む音が聞こえてきそうでググッときました。

20150410_151505 (480x640)

蝶、木や植物の根をモチーフにした立体作品と写真作品は小田祐子氏によるもの。

20150410_152206 (480x640)

20150410_152156 (480x640)

親谷茂氏はNYから帰国し初めて日本での作品発表なんだそう。

20150410_151051 (480x640)

レコードジャケットをモチーフにしたニールズ・カーストン氏の作品はもう文句なしにクールの一言!!!

20150410_151450 (480x640)

そして私がとても気に入ったデュッセルドルフ在住のウリケ・ハイデンライヒ氏の作品。フレームの中に展開するシンプルに見えて複雑なこの立体感たら。これはぜひ実物を欲しいな。。。

20150410_151133 (480x640)

20150410_151248 (480x640)

10年くらい前にどこかの美術館で横溝美由紀氏の雨の粒のようなインスタレーション作品を写したポストカードを数枚求めたことがあります。とても気に入っていていまだに私の手元に残っています。横溝氏が3年ほど前から展開しているという作品はすぐにでもお客様にお勧めしたいと強く思いました。(なぜか写真が変!?)

20150410_150918 (480x640)

作品の表面はこのような感じ。糸を伝って縦横無尽にキャンバスを覆い尽くす色とりどりの線。緊張感が漂う作品ですが、色とりどりの絵具の弾けた様子、それぞれの線になぜかにっこりしてしまう。。。

20150410_150547 (480x640)

グループ展ではそのギャラリーのセンスといったものが一番伝わってくる気がします。会期は6月6日までですので皆様是非に!(木金土の開廊ですのでお気をつけて。)詳細はこちらで
2015/04/11

大﨑のぶゆき-Display of surface-「不可視/可視/未可視」~galerie16

のっけからすみません、、、こちらの展覧会も今日土曜日まででした。東京や京都のギャラリー巡りをするときはできるだけ興味のある展覧会が重なっている時期を選びます。そうなると必然的にもう終わりかけ、もしくはオープニングを迎えたばかりというご紹介が入り混じってしまうのです。。。

さて今回の大﨑のぶゆき氏展とても興味深かったです。しかも大﨑氏がちょうど在廊なさっていたので作品についてじっくり解説を頂きさらに「ほほ~~~ふむふむ~~~いや~おもしろい!」となりました。(←なにそれ、笑)まずは自分一人で作品に向かいますが、展示されているのはほぼ白のキャンバスばかり。そして会場の真ん中に銀の指紋だらけになったカフカの「城」が一冊。。。

20150410134853 (640x480)

この本から「はは~ん」となる訳です。私もこの本を読んだのかどうだったのかその時すぐに思い出せなかったのですがストーリーはぼんやり浮かんできました。(つうことは読んでたのか、ワタシ、、、)とある寒村の城に雇われた測量士Kがいつまで経っても城を訪問することができない、とかなんとかそんな感じのお話。なんだか不思議~な小説だったような、ま、カフカですからね。。。

そしてもう一つこの展覧会の核となっているのが、油画の技法材料の研究者の居力でできた100年もつであろう「絵の支持体」つまりキャンバス。そこになんとワセリン、これまたつまりですね”ハンドクリーム”で「城」の中の登場人物やら風景を描いているんです。もう幾重にも「はは~ん。ほほ~~。なるほど。」でしょ???

20150410135011 (480x640)

20150410134941 (480x640)

で、刑事ドラマによくあるシーンで鑑識が犯人の指紋がついている場所に、粉を振りかけてる場面があるじゃないですか?同じくこのキャンバスに銀粉を振りかけると、、、ワセリンに付着し描かれている絵が姿を現すのです!!!「もう、なに~~~!?」でしょ???これはお城です。

20150410134955 (480x640)

透明のワセリンで描いているから作家自身もうまく表現できているか心配だったんですって。(なんかエア絵画て感じ?)この説明をすべて聞いた後、展覧会のタイトル「不可視/可視/未可視」のタイトルがすとんと腑に落ち、絵画とイメージの関係をモチーフにしているというこのインスタレーションの持つ意味を理解することができるのです。

さらには地面に置いているときは物質だけど、壁にかかると作品、絵画と言う認識になる、それが表現されているのがこちら。同じキャンバスでも台に飾られている作品はワセリンで描かれており作品タイトルもあるのだけれど、地面にあるのはなにも描かれていないし、もちろんタイトルもない。でも一見するとどっちも同じに見えるのです。

20150410135136 (480x640)

キャンバスを作成しているところやワセリンで制作しているところの映像もそれぞれに流れていて、それらと併せて鑑賞していると気づかないうちにくるくると何度も会場内を回っていました。

文庫本は制作中にずっと読んでいてそこに同じく銀粉を振りかけてその痕跡を残したのだそう。銀粉をふりかけていない作品はこの先どうなるのか???ワセリンは油なので長い年月を経ると浮き上がってくるんですって!なんか”あぶり出し”みたい。

一つの展覧会を鑑賞するだけで普段考えることのない様々な事象を知ることができるなんて、ホント現代アートって面白すぎる!!!そう思いません???
2015/04/10

"You"西山裕希子~Gallery PARC

今日は京都のギャラリー巡り。ここ数日季節が逆戻りしたかのような寒い日が続いています。しとしと冷たい雨の中でしたが、素敵な作品に出会い、心は温かく満たされた一日でした。

久しぶりに観た西山裕希子氏の作品はやはり私の好み。数年前にアート大阪で初めて作品を知ったのだけれど、はかなくて、品があって、ふんわりしているようで、でもすごい存在感があって、、、深~く心に刻まれたのです。ベルリンでの滞在を経てその世界観が揺らぎないものとなった感のある作品を観ていると、氏がその土地で感じたすべてが込められているような気がしました。

20150410125417 (480x640)

この作品少しわかり難いのですが映し出された絵画上の女性の顔だけが左の壁に浮かんでいます。こんな風に何かに映り込み違う場所に存在する、、、直接的に何かを観るのではなく、反射されたリアルな存在でないものを観る、でもそこには確実に何かがある、、、自分でも何を書いているんだか(苦笑)、でも本当にそんな感じなんです!

20150410125455 (480x640)

鏡やガラスや銀造写真、そして染色された布を用いたインスタレーション、、、どれもすごくいいな、、、このコンパクトの鏡にも何かが映り込んでいます。

20150410125518 (480x640)

特に気に入ったのだがガラスを使った写真の作品。。。これらの作品の前で長く時間を過ごしたくなります。

20150410125535 (480x640)

20150410125545 (480x640)

20150410125638 (480x640)

是非この展覧会をご覧頂きたいです!とか言いながら会期は今週12日(日)まで。(すみません、、、ぎりぎりで)京都に週末お出かけ予定の方是非に!!!