allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

エントランスをグリーンにする計画!

昨年オランダを旅行した際にメラメラと湧いてきた「エントランスを緑でいっぱいにしたい!」という強い感情、、、帰ってきてからしばらくしてこのブログでもすっかり有名人になった”笑を取れるグリーン職人”風草木のM氏にメールを送りました。

「玄関に入るところをグリーン的な、蔦的な、なにかで絡ませたいのっ!!!」といったもひとつ意味不明の内容。すぐに打ち合わせのため自宅に来てもらい”○○風”が大嫌いな私の好みに合わせ”絡ませる”植物の選定を。この”○○風”が嫌いとはどういう意味かと申しますと、ことエクステリア、グリーン計画において海外のそれを真似するとはいかがなものか、街並みを考えろ!ここは日本やんか!という強い思いがあるからです。とか言いながら「なんでオランダに触発されてるねん」と軽い自己ツッコミも入れつつ、ジャスミン的ななにかをM氏のアドバイスに従い選びました。(~的なと~風の表現の多いこと多いこと!)

ここからことはすぐに運ぶと思いきや今やアイムホームにも登場し、超売れっ子になってしまったM氏を待つこと1年。昨日やっと作業に取り掛かってもらいました。私の計画では、ここをグリーンで絡めたい。。。チロチロと可憐で小さなお花を咲かせたい。。。

20150330172857 (480x640)

鉢に入ったジャスミンたちがスタンバイ。この鉢も私のOKがでるかどうかM氏はビクビクしていたらしい。

20150330172922 (480x640)

で、氏の計画ではこのワイヤーを伝いGW頃にはグリーンが絡むらしい。

20150330172936 (480x640)

私は毎朝”朝顔の観察日記”並みにこの人たちを観察していこうと思います。(←プレッシャーで萎縮してまうがな~)でも大丈夫。GWまでに絡まなかったらM氏が絵を描きにきてくれるそうです。絡まった的な。。。

2015.03.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

”Drawings”~WAKO WORKS OF ART

世界を代表する現代アーティストのドローイング作品に注目した展覧会、そのタイトルもずばり”Drawings”ビッグネームのアーティストたちの肩の力が抜けた感のあるヒョイヒョイっとした(もちろんそれぞれすっごいんだけど、そんな印象を受ける、笑)作品の数々を堪能しました。

こちらの展覧会28日で会期終了しているのですが、一部延長して展示を観ることができるそうです。行かれる前に事前に問い合わせをしてからお出かけくださいね。

その中から私が「欲しい!」と思った作品の写真をば、、、ほら、価格はどうであれ「欲しい!」と思うのは勝手でしょ???

こちら今年のベネチア・ヴィエンナーレのアメリカ館代表作家に選ばれたジョーン・ジョナスの作品です。

20150327_162618 (480x640)

20150327_162640 (480x640)

リュック・タイマンス作品は小さいながらギュギュギュッとその世界観が凝縮されています。通常だったらこの考えられない対比の大きな白いシートを使った額装なんだけど、流石はリュック・タイマンス氏の作品。迫力すごし、、、

20150327_163147 (480x640)

20150327_163215 (480x640)

こちらのシニカルなおじさん?のヘンク・フィシュ作品もなんか好き。そのタイトルは「トラッパー」罠掛けそうな顔してる(笑)。

20150327_163309 (480x640)

こちらのギャラリー、ご存じのようにビッグネームのアーティストを扱う本当だったらとても敷居の高い場所なんですが、とにかくスタッフの方々がとても親切に作品解説をしてくださるので、すご~く居心地が良いのです。なのでお喋りし過ぎて肝心の写真を撮り忘れてしまうことも、、、先日会期終了しましたが、国立国際美術館で個展を行ったフィオナ・タン氏もこちらの所属作家。その際の評判を聞くと”現代アート、しかも映像”という一般的には集客の難しい展示内容にも関らず美術館側がびっくりくらいの観客動員数だったとか。私、答えておきました。「関西人の崇高な魂がフィオナ作品をすんなり受け入れたのよ。」と、、、グフフ。

さてさてHP上では情報がないのですが、違うブースで展示されていたのがロラン・グラッソ氏の作品でした。最初なんだかわからず「いったいいつの時代の作品なんだろう?」と思ったのですが、これが本当に摩訶不思議な作品なんです。

20150327_163416 (480x640)

なにが摩訶不思議かって言うとこれらはルネッサンス期の絵画方法と素材で美術館の修復師の手で再現されているんです。ところが描かれているのは当時だったら異端的とされ即”魔女狩り”対象にされたであろう日食や超能力といったテーマなんです。もう2重に摩訶不思議!不思議すぎる!!

20150327_163403 (480x640)

20150327_163353 (480x640)

パリ在住のロラン氏はペロタン所属アーティストで、その表現方法は様々だそう。2011年森美術館で開催された「フレンチ・ウインドウ」展にも参加していたということは、私その時観てるのね、、、ロラン氏の作品。全然結びつかなかった。

なんか深い、、、深いよ、、、現代アート、と思った午後でした。



2015.03.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

お薦め展覧会

先週末は急な出張のため東京に出かけていました。空き時間に訪れた展覧会については明日からアップしていきますね。

さて昨年のイベントでも多くの方にご覧頂いたアーティスト2人の個展が始まりますのでご紹介させて頂きます。まずは昨日から始まった岩名泰岳氏の個展です。「観音山」~Mizuho Oshiro ギャラリー。(会期は5月31日迄)

20150329172701 (480x640)

今回鹿児島での初個展。ぜひぜひ多くの方に彼の作品、そして世界観といったものを味わって頂きたいと思います。あ~それからそれは素敵なマダム大城にも会ってもらいたいな♡

もう一つは植物を使った繊細で美しい立体作品で知られるクリスティアーネ・レーア氏の「宙をつつむ」展。静岡のヴァンジ彫刻庭園美術館で4月5日より始まります。こちらも必見!お見逃しなきよう!!!(会期は8月31日迄)

20150329172619 (480x640)

桜の便りもちらほら。「アートの春」もやってきましたよ♪

2015.03.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

お知らせ

ここ数日また寒さが戻っていましたが、今日は春の日差しが気持ちの良いお天気ですね。

さてHP上のWorksカテゴリーにここ最近の画像が加わりました。アートのある素敵な暮らしをぜひご覧くださいま!その際には必ず「ある時~♪ない時~♪」を頭の中に唱えて下さいね(笑)。アートがなくても十分素敵な空間ですが、アートが加わるともうない時には戻れない!!!

それとインスタグラムもかなりまめに上げてますのでこちらも是非に!

2015.03.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ

美しい作品集

グラフィックデザイナー時々編集者(ご本人によるプロフィール)の上野昌人氏からご自身が装丁を手掛けれらた美しい画集が届きました。フランシス真吾氏の2004~2014の作品が紹介されているページはどれもたいそう美しく、開く度にうっとりです。残念ながら実物の作品を拝見したことはないのですが、このブルーの世界に浸ってみたいと強く強く思いました。

20150323102937 (480x640)

そしてこちらの本には錚々たる美術関係者の方々による執筆や、フランシス氏との対談が寄せられておりそちらも必読です。このような作品集を作るにあたっては「作品そのものの素晴らしさをどのように紙媒体で伝えるか」という大きな壁が立ちはだかっているのでしょう。それに挑みながら本を生み出していく過程はとても大変な作業だと思います。機会があれば書店でどうぞ手に取ってみてくださいね。

里文出版「フランシス真吾 作品集」

2015.03.23 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 未分類

最近気づいたこと

数か月前から久々にどっぷりインテリアの仕事に取り組んでいます。表向きはインテリアコーディネーターの看板は下ろしているのですが、ごくたまにご紹介の方やアートを提案させていただく際の準備としてのコーディネート業務だけはお受けしています。これはなにももったいぶる訳ではありませんよ(笑)!どちらの仕事も大変だし2つはできないっていうだけです。

アートをご提案する際にはお客様の感性をすぐにくみ取ったり、空間との相性みたいのものを瞬時に判断しなければならなかったり、なにより作品は一点ものなので(版画や写真作品は別として)即決をせまられることもあります。瞬発的コーディネート力が必要って感じかな。

それに対してインテリアコーディネートは何回も打ち合わせを重ねてちょっとずつちょっとずついろんなマテリアルを決めていく、そんな持久的コーディネート力が必要なんです。これはどっちもに携わって私なりに到達した見解なんですけどね。

20150322073613 (375x500)

さて私は若い頃からインテリア、つまり建築業界で働いてきたので、とにかく現場の職人さんたちや工事のオジサンたちにいつもビクビクヘコヘコしてました。本当にコワカッタ。なんかしでかして怒鳴られるんじゃないか、って恐怖が常にあって(笑)。なので今でもついビクビクヘコヘコしちゃう。ところがここ最近ずっと出入りしている現場事務所で「あれ?なんか違う?向こうがビクビクしてる、、、」と気づいたんです。そう、私も歳を取り、ほとんど年下と思われる人たちに指示を出したりして、そんでもって一応キャリアなんかも積んだもんだから、こう何て言うんでしょ、、、オバチャンの威圧感?みたいな妙なオーラを纏ってるみたいなんですね。今は「なんか怖そうなオバチャン」て思われてるんだろうな。ついに向こうをビビらす立場になってしまったのかと、しみじみ思ったりなんかしとります。。。

今日も良いお天気ですね!皆さん素敵な日曜を!

2015.03.22 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Interior

松田啓佑「STABILIZATION3」~eN arts

今日は暖かくて良いお天気。絶好の京都アートめぐり日和と出かけてきました。まずは現代京都芸苑2015の会場を2つ回り、@KCUAに移動。意外に混んでないわ~と思っていたのはここまで。そりゃそうですよね、京都でも観光スポットじゃない場所ばかりだから。その後祇園に向い、ザッツ京都的な壮絶ともいえる人ごみに翻弄されることとなりました。

さてさていつも外の喧騒(京都なのに、、、笑)をしばし忘れさせてくれるeN artsでの松田啓佑展のご紹介です。ダイナミックにキャンバスを覆い尽くす力強い絵具のストロークに作家の鋭い感性とほとばしるエネルギーみたいなものを感じる松田作品。その世界に描き出されるのは氏がかつて見たもの、記憶にのこっているもの達を絵のモチーフに変換しているのだとか。と知るとこれらは抽象画ではなく具象画と思った方がなんだかわかりやすい気がしますね。

20150320135113 (480x640)

20150320135133 (480x640)

20150320135152 (480x640)

あれ?これまでの氏の作品と雰囲気が違います。余白が増えている。。。今までは作品に”面”を感じていたのだけれど、なんだか強い”線”が強く印象に残ります。私が「欲しい!」と瞬時に思った作品がこちら。

20150320135008 (480x640)

でも床の間に飾ってあったこの小さな作品もいいな~~

20150320135226 (480x640)

会期は29日(日)迄。週末のみのオープンですのでお気をつけて。。。

2015.03.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

いろんな発信を、、、

この駄ブログなんと7年目に突入しているんですね。自分でも驚きます。7年て、、、(絶句)ほぼブログのなんたるかもわからず、もっと言えばアートに関してもきちんとした知識なしに始めた「アートのある暮らし」て、、、図々しすぎる。厚顔無恥すぎる。無責任にいろいろ綴ってきた過去のアート関連記事を読むと「きゃ~~」と恥ずかしくなり身もだえしそうになります。(なので極力見ない。)

けれどなぜかブログでの発信という行動に妙にハマってしまいこの”コツコツ感”みたいなのがたまらずず~っと続けている訳です。そう、いつか本にするために、、、(笑)さてお気づきのようにこのところめっきり更新が少なくなってます。思うとこあって発信をインスタと併用したからです。

今日は語ります。お時間ある方続きをどうぞ♡


続きを読む

2015.03.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

第7回恵比寿映像祭関連展~MA2ギャラリー

第7回を迎える恵比寿映像祭に合わせて開催されているこのグループ展は今日(14日)迄です!ご興味のある方駆け込みでどうぞ!

映像を中心とした展覧会のため写真ではなかなか作品が持つメッセージが伝わらないと思いますのでテキストから作品解説を引用しますね。

本を題材として、その場の状況に合わせて情報・物質としての本を買いたいし再構築して見せる飯田竜太氏。既存の映画に字幕をつけたり、音と映像をずらしたりと映像へ能動的に関る作品を制作する小沢裕子氏。そしてこのブログでもおなじみの松原健氏は詩的な映像と個人の記憶が沁みこんだオブジェを組み合わせ、記憶が共有され無図日月を生む作品を制作しています。

これらを読みだけでは作品をにわかに想像することは難しいのだけれど、逆にこのことを頭の片隅に置いておくと作品を前に「???」なんてことななくなり「ほほ~~」となるのです。映像作品の鑑賞は私でも正直苦手。いつもは頭をからっぽにしてまずは作品に向き合うのですが、こと映像作品に関してはちょっとだけ予備知識があったほうが楽しめるかもしれません。そうすることにより上質な映像作品は全くもって退屈ではなくなります。

20150312131106 (640x480)

20150312130941 (480x640)

20150312132123 (480x640)

20150312131442 (480x640)

20150312131024 (480x640)

あ、それと映像作品を鑑賞する時間帯は遅ければ遅いほうがいい(笑)。薄暗くなった、もしくは暗い空間で映像作品に向い合う時間は日常とは違った世界を作家と共有できるような気持ちになれます。

この日はお客様のアテンドのため(というか、大好きなキュートマダムC子さんとの東京アートデート♡笑)日中訪れましたが、今日行かれる方遅めにお出かけくださいね。

2015.03.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

飛鳥アートヴィレッジ

このところ真面目にアートとインテリアネタばかりなのはなぜか???それは思うところあってファッション・食べ物・その他諸々ネタを始めたばかりのインスタグラムに移行中だからです。なぜだかあの真四角の写真の世界にハマってしまい、見ている人がほとんどいなくて自分だけでも「楽しい、楽しい、超楽しい」て感じ。ありがたいことに今でこそたくさんの方が毎日ここをを訪問してくださるのですが、アクセスしてくれる人がほとんどいなかったブログを始めた頃もこんな風に「楽しい、楽しい」っておんなじだったよな~と振り返ったりなんかして。

さて昨日はお散歩がてら明日香村で開催されている野外での作品展「飛鳥アートヴィレッジ」に行ってきました。の~んびりしたのどかな風景の中、作品それぞれも自然の中での~びのびしている風景はとても心地の良いもの。野外での展示は本当に気持ちが良いですね。

20150308151800 (263x350) 20150308151728 (263x350)
20150308151554 (263x350) 20150308151500 (263x350)
1425794923739 (263x350) 20150308_150633 (263x350)

小さなお子さんがいらして美術館の静かな雰囲気の中には立ち入り難いという方も、まずはこのような野外型の展覧会にお出かけになられてはいかがでしょうか?昨日も会場のあちこちで小さなお子さんたちが楽しそうに遊んでいました。

そうそう一つだけ注意点があります。芝生の上に転がっている無数の生姜はれっきとした作品の一つ。高松塚古墳発見のエピソードとリンクさせているんです。(村の人が生姜を貯蔵しようと穴を掘ったところ石室が発見されたのです!)なので生姜は持ち帰らないでくださいね。

昨日女子校生のグループが「きゃ~~すみませ~~ん!野生の生姜と思って持って帰るとこでした~!!」とキャッキャゆうてて「かいらしな~」と思ったら、引率の先生かなんかのオジサンが「そりゃアートってわからんわな~しょうが(生姜)ないわな~」と思いっきり正統派オヤジギャグを放ち芝生に膝から崩れ落ちるとこでした。。。

2015.03.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Exhibition

大平博士と驚異の部屋展~GALLERY DE ROOM 702

ずっと覗いてみたかったアンティークショップANTIQUE ROOM 702。お店の2Fにあるギャラリーで面白い展覧会があるとの情報?をもらって行ってきました。個性的なアンティークが所狭しと並ぶ店内を通り抜けギャラリーへ。展示台が並び素敵なガラスケースが並んでいますが、中をのぞき込むと???「何にも無い!!!」

20150306_180225 (480x640)

20150306_180302 (480x640)

20150306_180453 (480x640)

空っぽのケースにはタイトルがそれぞれ付けられていますが、中には何も入っていないのです。。。

展覧会テキストにもあるようにイヴ・クラインによる「空虚展」、ロバート・ラウシェンバーグの「ホワイトペインティング」、ジョン・ケージの「4分33秒」(演奏しない音楽!)などなど”無”を題材にした鑑賞者を煙に巻くような作品が過去に存在しました。今回の大平龍一氏も作品に”無”を封じ込め、私たちに想像することを委ねているような気がします。空虚な無の空間をただ見つめることでそこに漂う空気を感じ取り、作家の想いにあれこれと想像を巡らせる、そんな美術鑑賞も時には悪くありません。さあ、あなたは何を感じるでしょう???

20150306_180416 (480x640)

さてこの階段を降りてもう一度お店に戻ります。

20150306_180516 (480x640)

独特の雰囲気にのまれそうになってしまいますが、店内装飾も含めオソロシイまでのセンスです。東京に比べて数は少ないけれど、関西に根を張ってがんばっているクリエーター達の作り出すものや空間のクオリティーってものすごく高くなっている気がしてちょっと嬉しくなります。レセプションのテーブルも素敵で思わずパチリ!

20150306_180833 (480x640)

この日は京都パラソフィアからの大阪で体はぐったり。でもなんだか頭と心がフル充電されたような1日でした。

2015.03.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

PARASOPHIA

昨日京都国際現代芸術祭2015PARASOPHIAのプレス内覧会に出かけてきました。京都市内にいくつか展示会場が点在しており、それ以外にも会期中に関連イベントやアートフェアなどが開催され5月10日の会期終了まで京都中がアートで熱く盛り上がりそうな雰囲気です。私が回ったのはメイン会場である京都市立美術館と京都文化博物館別館。ちなみに市立美術館のお向かいのある京都国立近代美術館では3月31日~5月31日までヤゲオ財団コレクション展が開催されるため会期の重なった時期の4月に訪れるのが私的には超お勧めです!

20150306_130035 (480x640)

パラソフィア、、、もう必見です!!メイン会場を見て回るだけでもかなりの時間を要しますが、見応え十分!重厚な建物の中でビッグネームの作家たちによる作品を見ているとちょっとベネチアビエンナーレを思い出しちゃいました。

という訳で今回は海外でのアートフェア紹介の際によくやるこのブログ名物ほぼキャプションなしの”レ~~~ッツスクロ~ル!”形式で展示の様子を一部ご紹介したいと思います。(HPでお勉強して実物は観に行ってね、と自主性に任せる、、、大人だし、、、)

20150306_130419 (480x640)

20150306_130501 (480x640)

20150306_131629 (480x640)

と、画像をアップしかけましたが、それにしても多すぎるのできれいに撮影できたのと、私が特に好きだと思った作品のみご紹介することにしました。

普段は閉鎖されている北玄関には、、、

20150306_132956 (480x640)

そして同じく通常立ち入り禁止の地下に続く階段から聞こえてくる音、そして放たれる光、、、あ~この展示もすばらしかった。。。(さあ、いったい地下室はどんな感じなんでしょう?気になりますね、ふふふ)

20150306_133007 (480x640)

さ、どんどんいきましょうね。

20150306_133239 (480x640)

20150306_133528 (480x640)

20150306_135748 (480x640)

20150306_134213 (480x640)

20150306_134340 (640x480)

20150306_140338 (480x640)

20150306_140806 (480x640)

そして私が♡を射抜かれ展示場所を動けなくなり、3度おかわり鑑賞したのがドミニク・ゴンザレス・フォルステル氏の作品。この空間にこの作品て、、、もうなに?これなになん?すご過ぎるやん?てなりました。(←いったいどないなことに?)

20150306_135847 (480x640)

疲れてきたらちょっと休憩することもできます。コーヒースタンドもカッコいいのです。。。

20150306_132342 (480x640)

パラソフィアはぜったいぜったい観に行くべき!奥村塾生たちにも「観に行かなきゃ破門!」を言い渡そう(笑)



2015.03.07 | | コメント(6) | トラックバック(0) | Exhibition

大変遅ればせながらの、、、

今更な感じでなんですが、日常の一こまをアルバム的に残したいなと、密かに?実験的に?インスタグラムを始めてみました。

こちらです。↓

allierart93

地味~に続けていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

2015.03.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ

芸術新潮3月号

今発売中の「芸術新潮」3月号ではたくさんの素晴らしいコレクターのお住まいが紹介されています。それに続くアートビギナー向け実践編で5ページに渡りアートの飾り方のコツをお話させていただきました。ご高覧いただけますと幸いです。

20150225_110717 (640x480)

ひゃっ!錚々たる皆様の中に混じって私の名前も目次に登場💦

20150226062057 (480x640)

この仕事を本格的に始めた10年前には自分の名前が芸術新潮に載る日がくるなんて想像すらしていませんでした。(妄想過多のこの私が、、、)
頑固なまでに自分の好きと思える作品にこだわり、お互い誠心誠意の気持ちで向き合えるギャラリストの方々と地道に仕事をしてきた結果と思い、少しだけ、ほんのちょっぴりだけ、すご~くちょっとだけ、、、自分を褒めてあげたいと思います(笑)。

このページがこれからアートと暮らしてみようと思っておられる方に少しでもお役に立てますように。。。

2015.03.06 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Media

春はもうすぐ?

私の住む界隈でお雛様のイベントが始まりました。飾られた餅花があまりにフォトジェニックで思わずパチリ!

IMG_20150304_094414 (640x640) (600x600) (500x500)

ちょっぴり春めいてきた日差しが嬉しい朝でした。

2015.03.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

ようこそ、我が家へ!

先日購入した岩名泰岳氏の作品が昨日我が家にやってきました。いろんな場所にあててみて玄関正面の壁に飾ることに決定。

20150302090657 (480x640)

アートの住人が少しずつ増えていくのは本当に楽しいものです。

20150302090720 (480x640)

ようこそ、我が家へ。これからよろしくね。。。


2015.03.02 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art selection

微妙な匙加減

先日京都での河原温作品展示の様子をここでご紹介したばかりですが、その少し前にこちらの本をポチしていて昨日届きました。(本は本屋さんで買いましょう!でも洋書は許して、、、重いから、、、)

ドイツ現代写真を代表するアーティスト、カンディダ・へーファーがプライベート空間における「On Kawara」をとらえた写真集です。ギャラリーや美術館といった場所ではなくコレクターの住まいやオフィスに飾られているデイトペインティング(日付絵画)は、作品の持つ緊張感はそのままに、けれどちょっと人間臭い?感じもしてきてなんだか新鮮です。

20150301063910 (480x640)

芸術新潮3月号でアートを飾る際のコツをお話しましたが、実は誌面に納まりきらなかったコツがまだまだあるんです。それは門外不出???いえいえ冗談です(笑)。その都度提案する作品とお客様の感性、住空間の雰囲気、光の入り方、それらが不思議な化学反応を起こす時、私がちょちょっとスパイスを加える、、、そんな感じ。これは文字にできないコツと言うかワザ?(再び笑)で、微妙な匙加減なんです。

ワザを磨くためには常にカッコいいアートの取り入れ方を見て、感じて、勉強しなきゃね。。。

2015.03.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

«  | ホーム |  »