allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

今年もありがとうございました!

新年に向けてのお花は雲竜梅と葉牡丹。雲竜梅の響きってなんだかすご~くポジティブで縁起の良い感じがしませんか???(笑)

2014も今日で最後。今年もこの駄ブログを楽しみにしてくださった皆様に心からお礼を申し上げます。さて2015はどう突き進んでいくのか?そう、変わらず前に進みます!!

20141230093408 (480x640)

アートをアドバイスするということを私は衣食住と密接に関らせています。これはおそらくギャラリー関係者とは全く違うアプローチでしょう。大晦日ですがお時間のある方は続きをどうぞ。。。


続きを読む

2014.12.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

今年の新たなチャレンジの一つでした

家庭画報2月号。今月のエディターズレポートでは芦屋のこだわりインテリアショップをご紹介しています。

20141230171906 (640x480)

ここ数年なにかしら毎年新たなチャレンジの機会を与えてもらっているような気がします。今年は夏のアートイベント、そして家庭画報の誌面で自分のアンテナを頼りにとっても小さいながらも記事を担当したこと。いつもハードル高めのチャレンジに「私には無理~」そんな切羽詰まった?気持ちで臨みますが、都度ありがたいことにいろんな方が手を差し伸べてくれるのです。来年も”一番大切なのは人とのご縁”と心に刻み頑張っていきましょう!

OMAKE:ご縁と言えば、、、暮れも押し迫った今日は大学時代の同窓会。同学年、先輩、後輩たち面々との再会に”うん十年”の歳月が経ったなんて信じられない楽しいひと時を過ごしました。相変わらずのエンターテイナーぶりを発揮してくれたN君が手品に使ったこちらを思わずパチリの記念写真。学生時代より腕上げてたな、、、

20141230_135957 (263x350)


2014.12.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Media

祝♡初仲人!

まさか2014をアートの縁組ではなくペットの縁組で〆ることになろうとは、、、ことの起こりはエルスオーナー福西さんが堂島の川沿いで拾った捨て猫の里親探しをFBでアップしたことから。子猫の名前は仮称”堂島くん”。もしかしてお役に立てたらとシェアしたところしばらくして東京に住むMちゃまから「悩んだ結果どうしても堂島くんを引き取りたい。」との連絡があったのです。昨日ついにお見合いを決行!そして、、、パチパチパチ!お見合い成功となりました!

素敵なエレガントマダムの福西さんに大切に大切に保護され、それは美しいMちゃまに引き取られ、堂島くんてなかなか強運だわね、ふふふ。そして晴れて堂島くんから代官山くんに!(本当はトマくんと言う素敵な名前がつきました。)

20141228_161837 (263x350)20141228_161211 (263x350)
20141228_162748 (263x350)20141228_162754 (263x350)
 
Mちゃま、昨夜は緊張してほとんど眠れなかったんだとか。なのになんでこんなにお肌ツルツルなの!?反則!!!トマくんはそのまま新幹線で東京に。きっと幸せな猫生を歩んでいくことでしょう。と、人も動物もご縁というのはかくも素晴らしく不思議なものだとほのぼのしながら帰宅したら、、、さあ、ここからは犬派の皆様お待たせしました。

以前私が関わっていた会社で設計担当だったNちゃん。入社してすぐ一級建築士を取り、おまけに超可愛いまさに才色兼備な女性ですが、10年近く会う機会はありませんでした。ところが先日「奥村さんのブログ見てます!今度うちの会社でセミナーをするんですが講師を引き受けてくれませんか?」と突然電話があったのです。そんなことから久しぶりに今はリフォーム関係の仕事で頑張っている彼女と再会。いろいろ話しているうちに超多忙のNちゃんの心の支え?はペットのシーズー犬と知り、先日クリスマスプレゼントにドッグストリートのおもちゃとお花チョーカーを送りました。その写真が仕事のメールに添付されてきていて思わずニッコリ。

パン2❤ (350x263)首輪❤ (263x350)

昨日は動物たちに癒された1日となりました。

2014.12.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

食べることの風景

年末年始はアートのお話はしばらくお休みです。さて少し前にネットで”シチューのお肉を柔らかくする方法”を見つけて試してみたところあり得ないほどの効果がありました。すっかり気をよくして近くに住むM夫妻を半ば無理やり呼びつけ?昨晩開いたのシチューの会。どのように柔らかくするかというと、赤ワイン・ヨーグルト・キウイ・酢(私はワインビネガー使用)・玉葱にお肉を漬け込むのです。それぞれの分量は適当でジップロックに入れて一晩冷蔵庫に。これは日経新聞の記者が様々な漬け込み方を試し、お箸で切ることができることを目安にランク付しその中で堂々の1位を獲得した方法。すっごいです、ホント。

20141227_175420 (263x350)20141225_180251 (263x350)
20141227_181215 (263x350)20141227_175358 (263x350)
20141227_185149 (263x350)20141227_205258 (263x350)

シチューの会のサイドメニューはいろいろキノコサラダ(お料理上手なKマダムに教えてもらったレシピ)、フォンドール(ラディッシュも彩的に加えてみたがチーズを絡ませるには物理的に?無理があった、、、)デザートはアップルパイ。(美味しいリンゴを頂いたので甘さ控えめに酸味をそのままに。)

さて今日私はアートではなくある縁組に出かけます。仲人緊張する~~!あ、人じゃないですよ。上手く縁組できたらここでご報告しますね。(なんの縁組か気になりますね~ぐふふ)

2014.12.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

年末美容ウイーク(その2)

昨日は今年最後のネイルチェンジにnoarkへ。いつものように奥村マロングラデーションに仕上げてもらい、今年の総括?&来年の野望?を語り合った後学園南クリニックへ。といっても今回は整形外科の受診ではなく、臨床アロマセラピーを受けるため。。。

20141226_162202 (263x350) 

担当してくれた橋本さんはゴッドハンドを持つアロマセラピスト。もう施術サイコ~~~!常に鉄板のような肩こりに悩む私も大満足。お蔭で昨晩はぐっすり眠ることができました。彼女は金曜にクリニックにおられるようなんでご興味のある方、橋本さんをご指名なさってくださいね。noark共々奥村一押し!

あれれ、なんだかアロマのことばかりになっちゃいましたが、こちらの院長先生は手の外科が専門の素晴らしいドクターです。そして先生のお人柄がそのままクリニックに反映されてるようでとっても温かい雰囲気なんです。お近くで整形外科をお探しの方、是非に!

2014.12.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

I♡マキタ君

クリスマスの日の話題としてはどうかとも思いますが、暮れも近づき大掃除の時期もやってきたことだし、、、ちなみに私は大掃除はしません。
そんな必要がないくらいいつもきれいに、、、なあんて一度言ってみたいもんです(笑)。

ただ家にいるときはずっと動き回っていて片づけ回ってるし、先日業者の方に自分では無理なところはお掃除をお願いしたから(早割特別価格!)例年通り年末も普通の掃除でやり過ごせそうです。

さてず~と以前から様々な著名人の方が絶賛しているマキタの業務用掃除機については皆さん当然ご存じのことでしょう。私も何度か購入しかけたけど「ほんまかいな~」という6文字が頭をよぎりその都度断念。普段衝動買いを運命買いとまで命名し消費活動を怠らない私がなぜ掃除機にはこれほど慎重になるのか、、、自分でも皆目わからず、、、

20141225082028 (480x640)

しかしついについに遅ればせながらマキタ君デビューしました!こちらひとあし先にこの掃除機を使いだした実家の母からの数か月前のプレゼント。しかも最高グレードの機種(笑)!

これ、、、本当に優れものですね。もっと早く買えばよかった。マキタ君がやってきてから私と彼はほぼ一心同体。私のいるところからは常にガガガ~ッという大音響がして家の中のどこに私がいるかすぐ分かるくらい。もう背負って歩きたいくらい!ラブ、マキタ君♡

私の理想はいつもお家がピッカピカのイタリアマダム。あくまでも理想だけど、、、


2014.12.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

年末美容week

ここ3年ほどと~っても気に入って通っているヘアサロンマメゾンドプリヴェドレーブ。私が担当してもらっているオーナー前田氏は毎年パリコレであるメゾンのヘアを担当なさっていて、いつもパリの香りと空気を髪の毛に吹き込んでもらっています。(て、日本のオバチャンだけど、私、、、笑)渡仏の際にパリを舞台に撮影される動画も素敵ですのでHPチェックしてみてくださいね。

で、私の髪型は今こんな風。無造作なパリの感じ(←もうええて、、、)がいたくお気に入り。

20141224_082042 (197x350)20141223_163413 (263x350)
20141223_163458 (263x350)20141224_081633 (197x350)

昨日5周年記念でもらったプレゼントは小さなドーナッツと割引チケット、そしてこのサロンオリジナルのアロマオイルが入っていて福袋みたい。(先着順みたいなのでなくなっていたらごめんなさい!)こちらのサロン、スタッフ全員シャンプーが超上手でシャンプーだけの指名もできちゃうんです。本当は誰にも秘密にしておきたかったんだけど、あんまりにも聞かれることが多くて初のご紹介。ヘアサロンを探している方是非に!

2014.12.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

フィオナ・タンまなざしの詩学~国立国際美術館

いよいよ関西でのフィオナ・タン展が始まりました。中国人の父とオーストラリア人の母の間に生まれ、ドイツとオランダで美術を学んだタン氏。彼女は自身のことを「時間の彫刻家」と呼んでいます。何度かここでもWORK WAKO OF ARTでの展覧会の様子をアップしているのでご記憶の方も多くおられるでしょう。

1419145891419 (640x480)

本当はこの展覧会を年明けの「大人のアート遠足」にしようと考えたのですが、鑑賞するのにかなりの時間を要することから断念。日曜のアーティストトークを聴いてあらかた作品について知識を得てから展覧会場を回ったのですが、それでも一つ一つじっくり鑑賞するには時間が足りません。なので私もここで感想を述べるにはもう一度美術館を訪れる必要がありそうです。そしてなんと今回は再館される方にはディスカウントがあるんですよ!また作品によっては上映時間が決まっているものもあるので国立国際美術館のHPを確認なさってからお出かけ頂いた方がいいかもしれません。

第53回ヴェネチア・ビエンナーレのオランダ館で発表された「ディスオリエント」、作家自身が真っ赤なバルーンで宙に浮かぶ「リフト」、対照的に白いバルーンで室内で浮かび上がるタン氏の長男をとらえた「ティルト」などなどどれもじっくり映像と向き合いたい作品ばかり。。。皆様、複数回訪れる覚悟で(笑)是非に!

2014.12.23 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Exhibition

美味しく頂きました!

今年は10周年記念とあって多くの方からシャンパーニュを頂き我が家は俄か”シャンパーニュ王国”(笑)!どのシャンパーニュも送ってくださった方のお顔を思い浮かべ大切に頂いています。

先日もだ~い好きな素敵美マダムK代さんからシャンパーニュを頂いて、さらにその後すぐに誕生日のお花まで届いて、、、もう感激でした。以前はお客様、そして今は頼れる友人としてずっと私を応援してくださるK代さんにはただただ感謝。その思いの詰まった大切なシャンパーニュをいつ開けるか、、、そして週末のこれまた大切な友人たちとのお泊り忘年会に持っていくことにしました。

20141220_094537 (480x640)

私がアートの仕事を始めた時から応援してくれ、今もなにかと心掛けてくれて、素敵なご縁をいつもプレゼントしてくれる大切なインテリアコーディネーター仲間。彼女たちとの付き合いはもう何年になるんだろう???みんなずっと仕事を続けていていろんな困難に直面し悔しい思いをいっぱいしたけれど、そして今も相変わらず戦っているからこそ、こうやって集まって笑い合える時間がとても大切。K代さんからのシャンパーニュはこの忘年会にふさわしいとお部屋飲み?してからディナータイム。。。

1419081446555 (640x480)

さてさて残り少ない今年もあとひと頑張りしましょうかね。。。

2014.12.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

この週末は、、、

マイアミでのアートフェア出展を終えNY滞在中のMA2ギャラリー松原ネエサンから届いたクリスマスカード。雪だるまのオーナメントは同じく2年前のネエサンからのNY土産。いつも渋々のカッコいいセンスの持ち主のネエサンがクリスマスの時だけは思いっきり可愛いのものを選ぶあたりがとっても微笑ましくて、まさに私の持論”ふり幅の大きい女性は魅力的”を地でいってる感じです。

20141220_070551 (480x640)

クリスマスを控えた週末皆様はどのようにお過ごしでしょうか?私は今日は大人の忘年会&祝賀会(なんのだ?笑)で有馬温泉に一泊ステイ。明日は国立国際美術館で行われるフィオナ・タン氏のアーティストトークに出かけます。

巷では風邪が流行ってる模様。どうぞ温かくしてご自愛くださいませね!良い週末を!

2014.12.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

あらら、セブンチェアが???

昨日はお客様とカーテンのショールーム巡り。アートをお考えでお問い合わせを頂く際に、お客様の中には「カーテンもなんとかしたい」そんな要望を持っておられる方も結構おられるんです。(新築の場合は別として)その場合”とりあえず住空間をリセット”という訳でカーテンの模様替えを先に済ませ、作品選びを始めることにしています。

さて打ち合わせが終わりマナトレーディングで見かけたアルネ・ヤコブセンのセブンチェア。あれあれ?張地がなんかユニーク。これらは私も大好きなフランスのテキスタイルブランド、エリティスの張地を使用したものなんです。通常見かけるセブンチェアとずいぶん表情が違いますね。

20141218_164715 (640x480)

今月27日まで東京・名古屋・大阪のマナトレーディングショールームで、そしてリパブリックオブフリッツハンセンソトアで特別展示、受注販売を行っているそうです。ご興味のある方は足をはこばれてはいかがでしょうか?

20141218_164908 (480x640)

2014.12.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Interior

波濤ー柿沼瑞輝展~Yoshimi Arts

今日も皆様に是非足をおはこび頂きたい展覧会のご紹介です。以前からずっと気になっている柿沼瑞輝氏。作品を前にまだ25歳の若さながらここまでの作品が描けるなんて!と思わず絶句してしまいます。油彩を制作なさっているアーティストですが、今回作品上になにやら気になる変化が、、、

20141217_130159 (640x480)

何度も言っていますが、私は普遍的な良さをずっと保っていけるであろう作品にしか興味がありません。そしてそんな作品こそ時代を超えても輝きを失うことなくある意味最先端だと思うからです。先日ここでご紹介した樫永創氏同様こちらの柿沼氏にも同じ匂い?を感じてしまう!(笑)

20141217_125825 (640x480)

さて前述の変化とは???作品に寄ってみましょう。

20141217_125837 (640x480)

キャンバスの上にロープやアルミなどを発見!それらは作品の上に存在する線として姿を変えているのです。その自然さにちょっと驚いたりして、、、展覧会タイトル通り、キャンバスの上に波打っているかのような様々な線がとても印象的です。

20141217_125935 (640x480)

新作でのこの取り組みはとても面白くてチャレンジング!作品の中で私が一番気に入ったのはこちらの作品。色がとても素敵なんです。

20141217_125759 (640x480)

会期は今月の28日迄。皆様是非に!

2014.12.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

師走に入り、、、

ぼちぼちこの1年を振り返る頃になりましたね。ちょっと早いかもしれませんが、第一回目の振り返りいうことで(笑)私の場合お誕生日も12月なもんだから、新しい1年をどう過ごすかをいろいろ考える月でもあります。

先日星占いで(いいことしか信じないけど)「あなたは去年くらいに自分の武器になるものを捨てたはずです。」とありました。たぶんこういうの思い込みで何かとこじつけちゃうんだろうけど、私にはピンとくるものがあったんです。今でもブログの検索ワードでずっと上がってくる「アートでおもてなし」。長年インテリアコーディネーターをやっていたことや食べることも好きなことから始めた「アートでおもてなし」はすごく”武器”となりました(笑)。これは私のやっていることをずっと理解されなかったことや、どうやったらアートを身近に感じてもらえるかを試行錯誤した結果始めた試みでしたが、今までのキャリアがあったからこその”武器”でした。

それをあえて封印して迎えた今年のキーワードは「アートでドレスアップ」。(話は逸れますが私は電車の中で”すっごい男前”と”とってもおしゃれな女の人”がいたら、絶対的に後者を観察するタイプ。私の周りに集まってくださる方もどうも私と同じみたい、、、)欧米のように素敵なマダムやムッシュー達がアートシーンに普通に存在していたらどんなに素敵だろう、となかば妄想気味に言いだしたことなんです。そして夏のイベントではお洒落した素敵な方々がシャンパーニュ片手に上質なアートを楽しむという私の”妄想通り”の光景が繰り広げられました。

さ、久しぶりに長いのいってみましょかね、、、続きはこちらを!


続きを読む

2014.12.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

ロックな忘年会@ロックスターホテル

私がかねてから泊まりたいと思っていたホテル、、、それはラグジュアリーなホテルでもなんでもなく大阪にあるただのビジネスホテル。その名もrock star hotel。先日ここのルーフトップバーを貸切忘年会してそのままお泊りしてきました。田舎に住んでるし、諸事情あって最近ほとんど夜に出かけることもなく地味に過ごしているのですが、たまにとことんやっちゃいたくなるんですよね、、、ふふふ。

20141212182052 (480x640)

私がステイしたのはデビッド・ボウイ様のお部屋。レッチリラバーの私としては是非にでもアンソニーのお部屋に泊まりたかったんだけど、企画した10月の段階で12月の予約は満杯💦

20141212_182904 (480x640) (3) (263x350) 1418455980474 (197x350)

ダコタ・ハウスをイメージしたルーフトップバーに集まったメンバーと記念写真。この日のドレスコードは洋服のどこかに必ずロックなテイストをいれてくること!

1418455797582 (640x427)

ここからその様子をいっぱいアップしたいところなんですが、ブログをご覧の皆様にとっては内輪の”イエ~イ的”写真を見せられたって困っちゃうと思うんですよね。なのでこのブログによく登場する人たちとオモシロイのだけアップしようと思います。ライティングがなんかすごくて普通に盛り上がってるだけのにどれもたいそう怪しい、、、今日のブログはいつもと違う雰囲気です。

ナニワのフレディー・マーキュリー、、、ナニワのジェイ・ケイ、、、

20141212_220512 (263x350) 20141212_205644 (263x350)

マッドンナとタメ口な感じの私。そしてこの日のベストドレッサーに選ばれた人にプレゼントしたがコンランショップで買い求めたこのマスク。デビッド・ボウイが売り切れていてマイケル・ジャクソン。この日私は片手にわざわざ通販で買ったキラキラ手袋していったんだけど、微妙にロックなのかどうかは自分でも悩んだとこ、、、もっとぶっ飛んだカッコしていった方がよかったかと反省、、、しかし結局マスクとリンクしこれはこれで良かったかと、、、

20141212_224957 (263x350) 20141212_225444 (263x350)

ベストドレッサーはぶっちぎりでウイッグつけて登場のウエブ・ディレクターのまりちゃん。旦那様辰さんもマジ、ロックスターの貫録、、、

1418419333013 (197x350) 1418456088746 (350x233) 1418455932969 (233x350) 1418455869843 (233x350)
1418436120101 (350x197)
20141212_224203 (263x350) 20141214063911 (263x350)

最後の写真の説明です。お部屋でもらったノベルティとHしゃんが作成したロックバッジ。ちょうどお誕生日だったのでプレゼントしてくれたっだけど、これがさすがはHしゃんならではで、後でうなっちゃいました。この台紙に使ったのはミック・ジャガーがアンディ・ウオホールにジャケットを依頼した時の手紙をコピーしたものなんですって!(創元社「注目すべき125通の手紙」より)この本読んでみたい!

私が思いつきで発案して幹事をまりちゃんが引き受けてくれたこの忘年会は皆がと~っても喜んでくれて大成功。大人になっても、いえ十分な大人だからこそたまにはこんなのもいいよね~と思った夜でした。。。

2014.12.14 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

着ることの風景~待ってたよ!プレセール編

急な冷え込みの続く中ぼちぼちプレセールも始まりましたね。ほぼ3か月ユニクロのヒートテックさえ買い足さず、靴下1足しか買わなかった自分を褒めてあげたい、、、と言う訳でこの数か月セールになったら買うものリストを頭の中でじっくり作成。その結果厳選して購入したのがグレーのフラノ生地スカートとピンストライプのメンズライクなコートの2点

今年らしいラインのスカートはセールまで我慢したかいがあり理想通りの一点をゲット!このタイプのスカートを私がはくには辛口テイストにしなければ気持ち悪い。なので皮ジャンやダウンベストに合わせて。靴はサイドゴアブーツかオヤジシューズを合わせよう。。。ちなみにこのブーツ軽く10年越え。なにやら流行っているらしいので引っぱり出してきました。

20141213_100253 (263x350)20141213_100844 (263x350)20141213_100126 (263x350)20141213_104351 (263x350)
20141213_104418 (263x350)20141213_104328 (263x350)

このコート本当に私らしい、、、徹底的に男っぽく着てみましょうかね。グレーのマフラーでさらにオッサンぽく、、、先シーズンのセールでなんとなく買ってしまった帽子もやっと登場。山吹色のリボンがアクセントになってちょっと嬉しい。

20141213_103402 (263x350)20141213_103720 (263x350)
20141213_101636 (263x350)20141213_104923 (263x350)

最後の写真はお誕生日にもらった手袋。ありがとね~Kちゃん!!

2014.12.13 | | コメント(1) | トラックバック(0) | Fashion

キラキラの優れもの

先週中之島エルスさんで購入したのがこちら。単三電池で光る繊細なLEDライトのキラキラ飾り。(はたしてなんと呼べばいいのだろうか、、、)インテリアに加えるとクリスマスに向けてのこの時期さりげなく季節感を演出してくれます。プレゼントにもいいかも。

20141212092417 (480x640)

グリーンに巻きつけて、、、

20141212091229 (480x640)

同じくエルスさんで購入したワイヤの袋に入れて、、、

20141212091814 (480x640)

さて先日ここで紹介した西天満のcredenzaさんに私の生徒さんたちがお買い物にいったところ、こだわりのベルオムオーナーHさんが「アイアンの台、奥村さんのブログで紹介されてから大反響でシンガポールからもオーダーが入ったんです!!」と言っておられたとか、、、ホンマでしょうか、、、生徒さんからは「センセー、来年こそはそろそろメジャーになってください💦」と懇願されてるんだけど、関西にいる限り無理だし、、、もう日本制覇超えてアジア制覇狙おっかな、、、(あ、これは関西人特有誇大妄想系ジョークなんで関西以外の方本気になさらないでね、笑)

2014.12.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

岸本吉弘 新作展~+YGallery

12月に入り私好みの展覧会がどど~っと始まったような気がします。毎日のようにお勧め展覧会について更新できるのはとっても嬉しいこと。だってこのブログでは徹底して私が好きと思った展覧会しかご紹介していないから、、、なので外れ無し!(笑)

さて前置きはこのくらいにしてとても力強く、その独特の緑の世界が印象的な岸本吉弘氏の作品のご紹介です。ギャラリー空間に入ったとたん壁一面の大作がお出迎え!油絵具に蜜蝋を混ぜて描かれた作品は、独特の渋い光沢感を放ち、この色目をより一層味わい深いものにしています。私はこういった普遍的な良さを持つ、時代に流されない、確固たる抽象画といった作品にとても心惹かれる傾向にあるようです。

20141206_125551 (640x480)

この大きさだとちょっと自宅の壁にというわけにはいきませんが、お家に飾ってきたいなと思えるサイズの作品も、、、もちろんスケールアウト気味にカッコよく壁いっぱいに作品を飾りたいという方には一番大きなサイズをお勧めしますけど、ふふふ。

20141206_125913 (640x480)

20141206_125810 (640x480)

壁にはかかっていなかったのですが、この額装の感じが岸本作品をとても引きたてていてとても素敵でした。

20141206_125859 (480x640)

黒和紙に描かれていたこれらの作品は和室に飾ってみたいな、、、

20141206_125702 (640x480)

寄ってみましょう、、、いろいろと空間のイメージが膨らむ作品ですね。

20141206_125644 (480x640)

さて今月20日から国立国際美術館でフィオナ・タン展が始まります。ちょうどその時期からの常設展で岸本氏の大きな作品が展示されるそうです。皆様どうぞお見逃しなく!!!

2014.12.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

今年最後の作品お嫁入り♡

夏の10周年イベントでエントランスを飾ったミヒャエル・テンゲス氏と金光男氏の作品。その影響もあり今年は2氏の作品が多くの方のところにお嫁にいきました。

数年前に最初にテンゲス作品を観た時、直感で「ぜったい私のお客様が強く求めているタイプの作品だわ」とビビビッときました。よく関西では現代アートが売れないなんて声を耳にしますが、いつもとても不思議に思います。だって関西には(特に私の周りには)本当に目の肥えたお客様が多くおられるんですもの。今日伺ったそれは素敵な知的マダムH様もそのお一人。お母様が美術品をコレクションなさっていたこともあり、たくさんの良いものをご覧になられていて、優れた審美眼をお持ちの方です。そんなH様が画像だけで一目惚れなさったのがテンゲス作品だったのです。

ただ問題はその時点で日本にはすでに一点も在庫がなかったこと。なのでドイツに問い合わせてもらい、作家のアトリエから送ってもらうこととなりました。さあ、恒例の関西以外アウトなあのフレーズ”ある時、無い時”いってみましょう。

無い時~♪ 空間は完璧でもちろんこのままでもとても素敵なリビングです。

20141209_102345 (480x640)

でもテンゲス作品を飾ると空気は一変!そしてある時~♪

20141209_104821 (480x640)

さあ、寄ってみましょう。

20141209_104510 (480x640)

毎回テンゲス作品を納めるたびに「お見事!!!ブラボ~!!!」と心の中で叫んでしまう(笑)。

さてもう一つアートを飾った場所はリビングへと続く廊下です。普通だったらアートがなくてもやり過ごしてしまう場所かもしれませんね。それでは無い時~♪

20141209_104437 (640x480)

ここに金光男氏の本モチーフの新作を3点並べてみました。さあ!ある時~♪です!

20141209_110020 (480x640)

20141209_110046 (480x640)


もう鳥肌立ちました。カッコよすぎる、、、完璧だ、、、

20141209_110119 (640x480)

20141209_110130 (640x480)

廊下廻りの照明や動線を考えブラックの作品を片方に寄せてみました。普通だと真ん中に持ってくるとこなんでしょうが、あえてこの配置にしたところ大正解!

奥様とこちらのご縁をプレゼントしてくれたコーディネーターKちゃんと3人でもう感激し過ぎて動けない状態。。。やっぱりアートが空間に入ると瞬時に空気が変わり躍動感が生まれます。この身震いするような感動は体感していただかないとお分かりいただけないかもしれません。

帰るまで何度も何度も奥様が作品を褒めてくださって、とても喜んでくださって、、、私も幸せな気持ちでいっぱいになりました。おそらく今年最後のお嫁入りになりそうですが、この1年大好きな作品たちが素晴らしいお客様のところに嫁いでいきました。どちらのお家でもとても大切にしてもらっていることでしょう。そう思うとそれぞれの作品たちのことを思い出して、なんだか愛おしさがまたしても湧き上がってくるのです。

来年も多くの作品たちにたくさんの出会いがありますように。。。




2014.12.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art selection

キム・テクサン「色彩と光のあいだ」~タグチファインアート

久しぶりにキム・テクサンの美しい色彩の世界に酔いしれました。今回展示されているのは以前より大きいサイズの作品が多く、その瑞々しい美しさはさらに引き立っているかのよう。

20141202_134332 (640x480)

氏は制作において絵筆もペインティングナイフもパレットも、いわゆる絵画の制作に必要とされる道具は一切用いません。キャンバスを小さなプールに浸し、そこにアクリル絵の具を注ぎ、表面に定着させるという工程を何度も繰り返すのです。

20141202_134342 (480x640)

その季節の空気、時の移ろい、吹いている風、、、様々な自然の現象がそのままキャンバスに写し取られているといえるかもしれません。

20141202_134350 (480x640)

奥底に赤が潜んでいるようなブルーも息をのむほど美しい。けれどキム作品と言えばやはり赤が思い浮かびます。

20141202_134654 (480x640)

「美しい」という言葉を現代アートの世界で多用してはいけないのでしょうが、私はこういった作品を前にしたときに心の中からその言葉が自然に湧きでるのです。美しいと、、、

20141202_134512 (480x640)

人は日々触れるものですべてが形成されていると信じています。目にするもの、触れるもの、口にするもの、それらすべてがその人に影響を及ぼすのです。女性の皆様、美しい作品を観に出かけてください。(あっ、男性もだけど、笑)会期は今月27日まで。必見!!!

2014.12.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

宿泊型アートスペースkumagusuku kyoto

まだまだアップしなければならないことが多く本日も2本目です!

京都に宿泊型のアートスペースkumagusuku kyotoがオープンしました。訪れた展覧会会場で「あ~ここ泊まりたい!」なんて思うことがたまにあります。アートに囲まれた中で眠りにつくなんて贅沢中の贅沢!(もちろん私はすでにお気に入りのアートに囲まれ、包まれる(?)生活を満喫しつつ、毎晩寝ている訳ですが、、、笑)

阪急大宮町から歩くこと約10分。このカッコいいネオンサインが目印です。

20141205_154800 (480x640)

古い町家をリノベした小さな空間には随所に工芸の技が光ります。各お部屋も清潔でコージー。この日時間がなくてあたふたしていてお部屋の写真ブルブレでご紹介できすごめんなさい💦こちらはお部屋からアート展示風景を望んだ図。

20141205_153839 (480x640)

女性客にも嬉しい広くて清潔、シンプルな水回り。水回り一番大事!!!

20141205_154536 (480x640)

1Fにはオープンキッチンも設けられており、朝食を取ったり、夜はお酒を飲みながら語らったりといろいろできるそうです。本格的な宿泊受付は来年からですが、アート好きな方にとっては楽しいステイが期待できそう♡今月13日(土)には今村源氏と田中信行氏によるトークイベントも開催されるそうです。

なぜ慌ててご紹介したかというと今日7日までオープンスペースとなっていて中を自由に見学できるからです。ご興味のある方是非に!

最後にkumagusuku代表であるアーティスト矢津吉隆氏をパチリ。作品は拝見していたけれどご本人にお目にかかるのは初めて。いろいろお話を伺えてよかったです!運営頑張ってくださいね!

20141205_154730 (480x640)


2014.12.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

Between the scene and the form 2014 小川万莉子・樫永創~Oギャラリーeyes

のっけからなんですが、自宅のリビングに飾るペインティングをず~っと探しています。「ソファの後ろにドデカイのをバ~~ンとかけたい!」と目論んでいて、それはぜったいに若いアーティストの作品にしようと心に決めているのです。

さて本題。昨日会期が終了してしまったのでここでご紹介するには申し訳ないのですが、私の心にだけ留めておくにはもったいない(?)展覧会だったので遅ればせながらアップしたいと思います。小川万莉子・樫永創氏の2人展。並んでいる作品はいずれも私の好みドストライク!特に樫永氏の作品は2011年の初個展の時から観続けているので特別な思い入れもあります。まだ今年は残っているけど2014奥村大賞に決定かも、、、

20141206_133756 (640x480)

久々に「お~来た来た!」て感じのアーティストなんです。寄ってみましょう。
20141206_134410 (480x640)

実はこの作品あまりに気に入って本当に買いそうになっちゃった。瞬時に自宅のリビングにあるところを想像して、毎日一緒に暮らすには強すぎるかなとあきらめましたが、本当に素晴らしい作品だったのです。まだ若いのにどの作品にも静かな凄みが潜んでいてちょっと驚きます。
20141206_134034 (480x640)

さてこちらは小川氏の作品です。氏の作品も好きだな~~この線の感じ、キャンバスの上にある”間”といったものがたまりません!
20141206_134058 (480x640)

20141206_134108 (480x640)

20141206_134212 (480x640)

いったい誰の作品が我が家のリビングにやってくるのでしょうか!?若手の皆様、本気で探してますので展覧会の時”ギラギラ”している私を見ても引かないでくださいね。。。

2014.12.07 | | コメント(3) | トラックバック(0) | Exhibition

白子勝之展~eN arts

しばらく東京・京都・大阪のネタをシャッフルでアップしていこうかと思います。ついてきてくださいね、ふふふ。

いつもそのストイックな佇まい、凛とした存在感にただただ見惚れてしまう白子勝之氏の作品。氏の展覧会がeN artsで昨日から始まりました。初夏に開催したリッツカールトンでの「大人のアート遠足」の際にも、レセプションのところに設置していた白子作品に魅了されたマダム多数。。。


20141205_143427 (480x640)

ひのき、MDFからモチーフを掘り出し、その上に漆や顔料を施している作品の数々は時に大胆、時に繊細過ぎるくらいに繊細、そんな2つの表情を私たちに見せてくれます。黒の新作は漆の部分と顔料の部分、それぞれの光具合が相まって怖いくらいに美しいのです。

20141205_144327 (480x640)

この作品、、、私にはクラゲに思えたんですが、、、作品が今にも動き出しそう。

20141205_143242 (480x640)

これらのブルーの作品は遠くから見ると壁にある一筋の光、もしくは影のよう。近くに寄ってみると、、、なんて素敵。この作品に施されているのはコバルトブルーの顔料。そのため控えめにそして上品にところどころ光っているのが確認できます。そう、確認。だって細すぎて近くに寄らないとわかんないくらいなんですから。

20141205_144201 (480x640)

20141205_144127 (480x640)

影さえもそのまま作品になってしまうこれらですが、サイドから観てもそれはそれは素晴らしい。思わず「どないなってんねん?」と心の中でつぶやいてしまう、、、(笑)。

20141205_144111 (480x640)

床の間に展示してあった鼓のような作品にもキュ~ン、、、シュゴイ、、、だって実物はものすごく小さいんですよ!

20141205_142854 (480x640)


会期は今月28日迄です。皆様!この展覧会も必見ですよ~!!!

2014.12.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

お薦めショップ「エルス中之島」

アップしたいことがたまっていて、勢い余って今朝2本目の更新です(笑)。

オーナーのセンスが随所にちりばめられた素敵なショップのご紹介です。ちなみに先日ここでご紹介したcredenzaさんの飾り棚は数日で完売したそうで、これから行かれる方は次の入荷を確認してからお出かけくださいね!

ちょっと話は逸れますが、昔から私には妙な磁場のようなものがあります。会いたい人に偶然会えたとか、不思議な巡りあわせとか、普通以上にどうも多いようなんですね。長らく自分では気づかなかったんですが、ある方に指摘されてから確かに私には強烈な磁場があるのかもしれないと思うようになりました。

今日のお話もちょっぴりそれと絡みます。舞台は(??)中之島に7月にオープンしたエルスさんです。

20141204_155925 (480x640)

20141204_155942 (480x640)

先日このブログでデコレーターAxel Vervoordt氏について触れた時、名前を間違ってはいけないともう一度ネット検索していたらある方のブログにヒットしたんですね。その女性はアンティークに造詣が深くて大阪でお店をなさっているらしく「この人に一度会ってみたいな、、、お店行ってみようかな、、、」とその時ぼんやり思いました。その数日後、仲良しのコーディネーターが新しく事務所を借りたので、見学するためそこに向かって歩いていると、通りの向こうにあるなんだか素敵なお店が私に向かって手招きしてたんです。引き寄せられるようにお店に入ると私がかつて購入したことのあるあれこれや大好きなものたちがいっぱい!そしてそこのオーナーらしい女性としばらくお話していた時「あれ?」とふと疑問が頭をよぎり「もしかして???」と思い切って尋ねてみたところまさにビンゴ!!数日前会いたいと思ってたその人に偶然に会ってしまったのです。「一度是非ランチかアペリティフをご一緒しましょう!」となり昨日お店に再訪してきました。まずは素敵な店内の様子を。。。

20141204_135046 (480x640)

20141204_160246 (480x640)

20141204_160627 (480x640)

これからの季節、プレゼントやノエルの飾りにぴったりの品々が店内に溢れています。このワインギフトボックスはちゃんとブルゴーニュとボルドータイプそれぞれが用意されているんですよ!

20141204_135129 (480x640)

こんな風にラッピングをして御呼ばれに持っていくなんて洒落てません???

20141204_161207 (480x640)

クリスティーズでアンティークを勉強しパリやベルギーに長く暮らし、Axel氏ともお友達のオーナーFさんからはランチの間中楽しくて興味深いお話をいっぱいお聞きすることができました。立ち振る舞いからヨーロッパの香りがするとっても素敵な方なんですよ~~!

場所は国立国際美術館のすぐ近く。皆さん立ち寄ってみてはいかがでしょうか?連れて帰りたくなるものがいっぱいのお店です。実は私もこの時期にぴったりのあるものを購入。またここでご紹介しますね!

OMAKE:近くのダイビルはダックちゃんが占拠中。なんとこの台はアーティストによるものでしたわん。

20141204_162502 (480x640)


2014.12.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

「パランプセスト-重ね書きされた記憶/記憶の重ね書き」Vol.5志村信裕~galleryαM

皆さん「曝書」という言葉をご存じでしょうか?私はこの展覧会のテキストで初めて知りました。「曝書」とはかつて日本にあった蔵書を家中に拡げて虫干しにするという夏の風習のこと。そして展覧会では志村氏の蔵書である高浜虚子の句集が木漏れ日のような温かで美しい映像の光に曝されています。

20141202_131644 (480x640)

20141202_131544 (480x640)

本好きの私にとってはこの類の作品はもうドストライク。本の中に存在し心を揺さぶられた言葉の数々はずっと記憶に残るものもあれば、いつしか消えてしまうものもあります。時折その言葉を心の中に再生するような「曝書」という風習は本来の虫干しの効果だけではない何かがあるような気がします。

他にも氏が骨董市で買い求めた古い蚊帳にゆらゆらと幻想的な映像が映し出される作品も必見です。会期は今月13日(土)までですので皆様是非に!

2014.12.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

高松次郎ミステリーズ~東京国立近代美術館

この日の東京は雨が降ったり時折太陽がのぞいたり、、、そんなお天気の中「高松次郎ミステリーズ」内覧会のため東京国立近代美術館へ。高松次郎氏と聞くと”ハプニング、ハイレッド・センター、影シリーズ、いろんなワードが浮かびます。けれどよほどの現代美術好きの人でなければ作家の背景、作品の変遷といったものについて詳しくご存じの方は少ないのは?かくいう私もそう。なんだか前衛的な(もちろん当時においてですが、、、)イメージが強くてどんな展覧会なのかちょっぴり緊張して展示空間へ。

20141201172958 (480x640)

制作の時期によってそれぞれの高松作品はまるで別の作家が生み出したような印象を受けることにまずは驚きます。今回の展覧会は制作時期を3つの時代に分け、それぞれを3人のキュレーターが担当し、その作品の謎に迫っていくというとても興味深い内容なんです。まさに展覧会タイトル通り「ミステリーズ」。高松次郎氏の謎を追いかけているうちにあっという間に展示を観終わってしまいます。影シリーズの謎に迫る”影ラボ”コーナーもあり仕掛けも満載といった感じ。(ちなみに照明協力が遠藤照明で、インテリア畑の私はなぜかそこに反応。)

そしてこの展覧会でも”持って帰るならこの1点”をちゃんと見つけましたのよん(笑)

同時開催の奈良原一高「王国」展もずしりとくる展覧会です。昭和30年代に修道院で撮影された作品の数々は胸に迫ってくるものがありました。高松次郎展と併せ”重め”の展覧会を楽しみたい方は是非に!

2014.12.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

内藤礼 信の感情~東京都庭園美術館

あるムッシュから”おつかい”を頼まれ急遽東京へ。ついでにと言ってはなんですが、気になる展覧会を駆け足で回ってきました。まずは3年間の改修工事を終えリニューアルオープンした東京都庭園美術館へ。

アール・デコ様式のこの美術館はあまりに有名。おそらくこのブログをご覧になられている多くの方が足をはこばれたことがあるかと思います。素晴らしい内装、贅を凝らした調度品の数々はもうため息もの、、、館内は写真OKですのでそのあたりはまた各自観に行って頂くとして、、、(と、またしても無茶ぶり)私の今回のお目当てはリニューアルオープンこけら落としともいえる内藤礼氏の展覧会。数年前ここを訪れたのはステッチバイステッチ展の時でしたが、その時は刺繍を使った現代アートがメインの展示で、その重さ具合といったものがちょうどこの建物の空間とつりあっていてとても見応えのある印象的な展覧会でした。今回はすべてをそぎ落としたような感のあるストイックな内藤氏の作品がこの美術館を背景にどんな佇まいを見せているのかとても興味がありました。

先に言いましょう、、、皆様必見です!

20141201_125646 (480x640)

館内にいるこの小さな人々が訪れる人を迎え入れてくれます。さていったい何人いるでしょう?(笑)

20141201_135213 (480x640)

自分撮り?いえいえ違います。後ろに写り込んでいるドアが面白くてパチリ、、、それと、、、

20141201_125746 (480x640)

ほらね、ここにも、、、

20141201_125753 (480x640)

これらの作品はまずは建物をじっくり見た後、ゆっくり目を凝らして探してください。でも自分ではぜったい全てを見つけることはできないでしょう。これは断言できるかも。実はこの写真の中にも作品が存在しているんですよ。

20141201_134701 (480x640)

ふふふ、ここにも、、、

20141201_135456 (480x640)

さて本館に続く新館も新たな楽しみに加わりました。杉本博司氏をアドバイザーに迎え計画されたホワイトキューブでも内藤氏の展覧会が開催されています。こちらは残念ながら撮影NGでしたが、空間に入った途端祈りをささげたくなるような気分に。ほぼ白に近い四方を囲む大きな平面作品と向き合っていると、自分自身がさっきまで本館で鏡と向き合っていた小さな人間になったような気がします。こちらもこの説明では「なんのこっちゃ?」なんで皆様各自どうぞ、、、(この突き放し方ってどうよ、、、)

では新館の様子だけでも。。。

20141201_133755 (480x640)

新館エントランスに使用されていたガラスがとても美しい。

20141201_133646 (480x640)

会期は今月25日まで。20日にはアーティストトークも予定されているようです。皆様是非に!

2014.12.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Exhibition

«  | ホーム |  »