allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

家庭画報1月号

今月のエディターズレポートでは川西市にオープンした隠れ家のようなインテリアショップをご紹介しています。

20141130064318 (480x640)

実はそこは先日飾り棚を買ったお店のオーナーが月に数日だけ営業しているお店。そして今朝あるお客様から驚きのメールが届きました。なんと偶然に同じ飾り棚を同じ時期にオーダーし昨日受け取りに行ったばかりだったとのこと!朝からびっくりでした。

2014.11.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Media

食べることの風景 余り物編

最近アート展覧会情報滞っておりますが、来週後半からドバ~ッとまいりますのでお楽しみに♪なのでちょっと食べ物ネタでつなぎます(笑)。

餃子を作りながら、皮と具の分量がチョッキシで終了した時、軽く「私って天才かも」と思ってしまうのは私だけではないはず。しかし毎回そんな訳にはいかず必ずどちらかが余ることになります。(よほどの帳尻合わせをしない限り)皮が余った場合の利用法は各ご家庭いろいろあるでしょうが、先日は余ったワンタンの皮を上げて柿と水菜のサラダにトッピング。

別の日に余り野菜をふんだんに入れて久しぶりにボロネーゼソース作り。当然余ってしまい半分は冷凍に。

20141115_181909 (300x400)20141124_121244 (300x400)

さらに昨晩はその冷凍ボロネーゼとこれまた大目に作っておいた冷凍ホワイトソースを使いラザニアを。

20141128_203731 (300x400)20141128_203745 (300x400)

これからの季節こういうハフハフものがたまりません。次回はきのこラザニアにしよう。

2014.11.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

超お勧めネイルサロン!

ず~っとお世話になっていてその技術と人柄に私が絶大な信頼を寄せているマニキュアリストさっちゃん。彼女が独立し新たなネイルサロンnoarkをオープンしました。

今回は本当に特典付きです!!!予約時に「奥村ブログ」を見たと伝えていただくと薬指に”奥村コラボデザイン”のデザインネイルをプレゼント!!!いえい!

予約は ☎0742-34-9776 まで。

私はオープン初日にフットケアとペディキュアに行ってきました。ポリジェルなのですぐに靴下やストッキングもOK!秋冬の季節こそ見えない足先にこだわりたいもの。かかとの乾燥ガサガサも防ぐことができます。

20141125_123945 (640x480) (400x300)

手元はヌーディー、足元は赤が私の基本。電車とかで手のネイルにい~っぱいいろんなものをつけている人を見かけるけどあれは本当にエレガントではありませんね。(その人のキャラクターに合ったデザインネイルだともちろんOKだけど)私がとことんシンプルなネイルにこだわれるのもさっちゃんの技術があってこそ。だってシンプルなものほどその技術力が試されるから。

昨今価格の安いネイルサロンが乱立したり、ちょっと勉強しただけの人によるプライベートなサロンも多くなっているようです。けれど”プロが技術を売る”っていうことはきちんとした価格設定に基づいていなければ成り立たないと私は思います。まだ日本でマニキュアリストを目指す人がそれほど多くなかった頃から、その道を進むことを選びNYにまで留学したさっちゃんの技術を私はレスペクトしています。

と、超絶お勧めなんですが、引っ越したばかりのお部屋はネイルサロンと思えないほどの殺風景さ。初日のお客第1号で一番うるさい(怖い?)顧客でもある私に「ちょっと、ここ、なんか大学生の下宿みたいやん!?」と指摘されかわいそうなさっちゃんはオロオロしてましたわ、、、

お客様第2号は私のマダムな友人K代さん。いつも素敵なK代さんも以前からさっちゃんのサロンに通っているのです。最近会っていなかったので彼女の施術が終わる間中そのまま残ってず~っとおしゃべり。それでも足りずにお店をでてからお茶したのですが、K代さんから「くみちゃん、あの空間なんとかしてあげて。」と言われ、勝手にお部屋のコーディネートを担当することで話がまとまりました。そんなことさっちゃんは知らないんだけど、、、(笑)でもすでに「サロンのアートを探してください」ってオーダーされてるからまずはそこから始めよう。。。

2014.11.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

ワクワク度高し!

昨日ご紹介のお店では使い勝手が良くかつセンスの良い器もたくさん並んでいます。私にとって良い器とは何を盛り付けようかワクワクする度数が高いっていうか、、、そう、ずばりワクワク度の高い器!。私も何点か購入しましたが、その中の一つがこれ。タイルのような平たいお皿です。

20141126_151929 (263x350) 20141126_152144 (263x350)

あえて正方形と長方形の形の違うのを1枚ずつ。ショコラや和菓子を乗っけようとイメージしてたらちょうど頂き物が届いて早速オブジェのように置いてみました。日々の些細なことでもセンスを磨くレッスンと思えば手を抜けない(笑)!

2014.11.27 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

ぜったいお勧めのインテリアアイテムです!

部屋にさりげなく置くことができる飾り棚をずっと探していましたが、ついに理想的な一品を見つけました。”あったらいいなを形にする”K製薬的アイテムといいましょうか、、、超お勧めのこちらを扱っているのは以前このブログでもご紹介した西天満のcredenza。夏の終わりに予約をして先週やっと届きました。主張し過ぎず、センス良く、渋いわき役のような飾り棚。

20141124_123456 (480x640)

立体作品を置いても良し、グリーンやお花を乗せても良し、部屋の中にこれがあったらといろいろ想像が膨らみませんか?(アイアンのため若干ぐらつくのであまり重いものや壊れやすいものは避けた方がいいかもです。)実はこの天板はパン屋さんで実際に使われていたもので脚部はアイアン作家によるものなんです。そして~こ~んな風に折りたたむこともできます!(だんだんテレビショッピングになってきた。)

20141126075001 (480x640)

サイズはW530/D375/H670

気になるお値段は、、、
あれ?いくらだっけ???天板がたぶん5000円くらいで脚部が7000円くらい、だったかな?トータルで1万円ちょっととお値段も申し分ない。

奥村ブログで見たと店頭で言ってもらうと、、、
”こだわりのベルオム”H氏が「そうですか、、、」と静かに微笑んでくれるでしょう。(勝手に宣伝しているので当然ながら特典はありません、笑)

今なら数台ストックがあるはずです。ご興味のある方はお急ぎくださいね!!!

2014.11.26 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Interior

"wood rings"Shin Komatsu @シェ・ドゥーヴル

今日は素敵で小粋で渋カッコいい”指輪”の展覧会のご紹介です。作家の説明はとても難しい。このブログをずっとご覧の方なら「はいはい、あの方ね。」となるんでしょうが、初めての方のためにざっとご紹介しますね。”エレキギターの職人さんで、なおかつご自身も音楽活動をされてて、関西一美味しいグリーンカレーを作りカフェに卸してて、そんでもってギターの材料で指輪を作ってて、、、"と、もうとにかく多才な小松辰氏。

指輪にはギターづくりの技術がそのままギュギュっと凝縮され、そこに小松氏の美意識が加わり独自の世界が表現されています。その指輪は昨年パリでも発表され大好評だったのだとか。今回の展覧会の会場は阿波座のカフェ「シェ・ドゥーヴル」奥のギャラリースペースです。

20141124_180039 (480x640)

展示空間を担当したのは河瀬直美監督「2つ目の窓」でも映画美術を担当し今年のカンヌ映画祭でレッドカーペットに登場した井上憲次氏。氏の創り出した空間が見事に指輪にマッチしていて鳥肌立つくらいカッコいいんです!

20141124_175902 (480x640)

20141124_175957 (480x640)

もちろん会場で購入可能。そして会期中オーダーも受け付けています。私が伺ったときにもとびきりお洒落なムッシュがあれこれ検討中でありました。ペアで付けても良いですね~!

20141124_180127 (480x640)

会期は29日(土)迄。ランチやお茶も楽しめますので皆様是非に!!!

2014.11.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

連休2日目は、、、

仕事であってもアートの納品はひたすら私の楽しみでもあります。
金沢21世紀美術館で金光男氏の海モチーフシルバーの作品にすっかり魅了されたC子さん。あの時の感動が忘れられず問い合わせを頂きました。実はこの作品は私が狙ってたんですが「大好きなC子さんなら譲っちゃいます!」ということで昨日お嫁入りさせてきました♡

もちろんサイズは金沢の展示と同じではありませんが、それでもかなりの大きさです。しかしゆったりしたリビングの壁にはちょうどいい感じに納まりました。

20141123_141310 (480x640)

超ご多忙なご主人様も昨日はお家にいらして初めてご覧になる金作品をと~ってもお気に召されたご様子。この空間にぴったりでご夫妻と一緒に盛り上がりました♪様々な角度から観ると都度表情が変わりどれもたいそう素敵です。

20141123_141230 (480x640)

さてここに飾っていた川北ゆう氏の作品は広~い階段ホールにお引越し。ミヒャエル・テンゲス氏の作品と一緒のところをパチリ!さすがはテンゲス作品の懐の深さとでもいいましょうか?若手アーティストの作品を大きな包容力で受け入れてくれてるって感じです。そしてこのテンゲス作品こそ記念すべき”関西上陸第1号”だったんですよね。

20141123_141529 (640x480)

ちょうどこの流れる線が動線となって気持ちの良い空気が流れます。

20141123_141505 (640x480)

OMAKE:と~ってもキュートなマダムC子さんにぴったりのお菓子を見つけたので昨日の手土産にしました。すごく喜んでもらえてよかった♪

20141123_150257 (263x350) 20141123_150234 (263x350)





2014.11.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

連休初日は、、、

取材のため素敵なものがいっぱい詰まった某場所へ。詳細は次次号の家庭画報で、、、ふふふ。

20141122_121602 (263x350)20141122_114839 (263x350)20141122_114805 (263x350)20141122_112939 (263x350)20141122_121651 (263x350)20141122_114438 (263x350)

あれ、なんであなた達は我が家に???(笑)

  20141123063323 (480x640)


2014.11.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

めったにない話題ですけど

ここ最近このブログ女子化してますね。(てかオバチャンだけど、苦笑)女子化ついでにめったに出ない美容ネタなど。来週からまた男子化しますので。(オッサン?

何度かここでも触れましたが私はどちらかと言うとアンチアンチエイジング派。「歳とらない方が気持ち悪いでしょ~?」て思います。もちろん皺も嫌だしたるみも怖い。だけど必要以上に若くいなければならないのかと世の風潮に疑問を感じることも多々あります。それにばかり気を取られていると人生損しているみたいだし、歳を受け入れその年代にふさわしいファッションを選び、立ち振る舞うことがエレガントだと思うのです。(私にエレガント云々を語る資格があるのか?まあ理想ということで、、、)

と、ここまでは一応の見解です(笑)。とは言っても私には美容に一切興味を持たずストイックに生きていくほどの勇気もない。なのでとりあえずカサカサにならない努力だけは最低限しようってとこに落ち着いています。

そこでず~っとリピート買いしているのがこれら。化粧カウンターが超苦手な私にとっていろんなメーカーのがポチッで届くのがありがたい!

20141121091055 (480x640)

・ビオテルマ/クレンジングローション(これを使いだしてから水での洗顔をやめた)
・クラランス/なんかあごのところがシャープになるとかいうやつ(なんじゃ、そりゃ?)
・クラランス/ネックとデコルテ専用クリーム
・カリタオイル/腕や足に塗ると瞬時にしみこんでべたつかない優れもの
・リップクリームとハンドクリームだけはシーズンごとにいろいろ店頭買い

ここに化粧水が加わるだけといたってシンプル。洋服もインテリアもごはんもシンプルだから美容だけトゥーマッチだと変でしょう?この程度のことしかやってないから、当然ながら首の皺がなくなるとか顔がパ~ンとなるとかそんなことこれっぽっちも期待していません。ただ香りも含めて使うのが気持ちの良いものばかりだから続けているだけなんです。

以前とっても素敵な女性と”引きで見るか、寄りで見るか”の話になったことがあります。欧米のおしゃれマダムたちは完璧に"引きの美学"、つまり引いて全体を見た時にバランスが取れていることを重視する。それに対して日本女性は”寄りの美学”を重視するんじゃないかなといった話でした。寄りだから当然きめ細やかな肌や皺のない顔に重きを置く。自分の目指すところが”引き”か”寄り”かで美容に対する意識も違ってくるんじゃないでしょうか。私は完璧に”引き”派。真夏でも日傘を原則ささないのは、引いて見た時に自分らしくないからなんです。もちろんこれは間違っているし、そのため肌も老化してるけど、”引き”の人生を選んだからにはしょうがない(笑)。

話は飛びますが欧米と日本だけでなく、日本においても女性の地域性みたいなのも当然ありますよね。谷崎潤一郎氏の「私の見た大阪及び大阪人」の中に東京と関西の女性についての考察があります。これがね、時代を超越してすご~~~く面白いんです。ご興味ある方是非一度読んでみてくださいね。

さすが谷崎氏の女性観察眼恐るべし、、、


2014.11.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

シンプルが一番!

昨晩焼いたクッキー。チョコチップが足りず、乾燥カシスを一緒に入れたら甘いのと酸っぱいのが交互に口の中で広がって意外に良い感じに仕上がりました。こういう焼きっぱなしのシンプルかつ簡単お菓子は一旦自分で作り出すと外で買う気がしなくなります。

20141120091004 (480x640)

朝夕めっきり冷え込んできましたね。皆様、良い一日を!!!

2014.11.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

今週は、、、

のんびりモードなので季節のしつらいなど。外に出るとすでにクリスマスの雰囲気に溢れていてまだ11月だというのに気忙しくなってきましたね。我が家は毎年恒例テーブルの上のささやかなクリスマス緑化計画。今年はがっさりバケツに入れてみました(笑)。でもこれだけで十分クリスマスっぽい。そしてクリスマスローズもいくつか配置。。。

20141119161620 (263x350) 20141119161657 (263x350)
20141119163303 (263x350) 20141119161100 (263x350)

寒くなってきたこんな時期にぴったりのジェイミー・カラムのジャズアルバム。今日が東京でのライブなんですね。

暇ついでに今から久々にチョコチャンククッキーを焼いてみよう。。。

2014.11.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

着ることの風景

宣言通り極力今あるものを着まわす生活続行中。コワイな~ダイエットで言うところのリバウンドが来そうで、、、でも幸いなことに(て言うかむしろ残念なんだけど)ここしばらく私の面倒を見てくれてた(しかもちっとも上客ではなかったのに)ストラスブルゴのOさんが、私なんぞが到底購入できないブランドショップへと転職してしまい、図らずも心穏やかな日々を過ごしております。

20141117_102115 (263x350)20141117_102236 (263x350)
20141118_130319 (263x350)20141118_130207 (263x350)
20141118_130908 (263x350)20141118_131102 (263x350)
20141106_151254 (350x263)20141118_131559 (263x350)

ネイルも秋冬仕様である奥村特注色”オクムラマロン”にチェンジ。イブ・クライン・ブルーみたいに色に名前つけてもらおう。(この店でしか通じないけど、、、)。私が絶大な信頼を置いているマニキュアリストのさっちゃんが雇われ店長(?)から一転、独立してお店を構えることになりました。そのお話は来週オープンしてから改めて。一番乗りで予約いれちゃったよ~ん!

さてクラッチバッグについて、、、いつも「このスタイルにクラッチだとバッチリなんだよな。」と思いつつ帰りに食料品売り場とかに寄ることを考えると結局持たないことが多いんだけど皆さんどうしてるのかしら?と思ってたらクラッチはやはり若い女性が持ってる率が高いですね。流行だからとーぜんながら。マダムがクラッチを持つのはきっとちょっとしたお出かけやちょっとした集まりとかちょっとしたパーティーなんでしょうか?ワタクシこの”ちょっとした”という微妙な表現をブティックとかで言われるとムッとします。「ちょっとしたパーティーとかにあると便利です~」とかなんとか、、、「ちょっとしたってどんなシチュエーションやねん。言うてみて!」と心の中で突っ込みますが、そんなこと言うと怖がれるのでもちろん言いませんけど、、、でも今度の連休には”ちょっとした”夜のお出かけがあるからクラッチ持っていこうかな。

2014.11.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Fashion

最近の乱読日記から

ちょっとあることをお勉強中で自分に読書禁止令を出してましたがついに解禁!この1週間仕事と家事合間ははず~っと読書に浸る至福の時間を過ごしておりました。ちなみに電車・ソファ・ベッドと場所を分けて同時に3冊くらい読むことしょっちゅう。

20141112082842 (263x350)20141112082830 (263x350)

桐野夏生氏の本てなんでこんなにぞくぞくするんだろ。登場人物の設定や環境が違ってもどれもハードボイルドなんだよな、私にとって。伊坂幸太郎氏の本は好きなときと嫌いなときが結構ぱきっとわかれます。でも本の中で繰り広げられる勧善懲悪の世界観が小気味よくてスカッとしちゃう。

20141112082859 (263x350)20141112082805 (263x350)

こちらブルータスカーサ繋がりですね。連載小説と”猫村さん”の作家の新刊。前者はお家の様子をあれこれ想像しながら読むと楽しいかも。後者は漫画ですけど、その範疇を超えてじわっときたので。それと関西人あるあるネタ満載でおもしろい。「関西弁大嫌い!」「関西人の声ってなんであんなに大きいの!?」そう思っておられる関西以外の方々、、、一晩中耳元で関西弁をたっぷりお聞かせしましょうか、ふふふ。本の中にある「関西人の言う事ってどこまで本気で真面目なのか、、、境界線がわからない、、、」に爆。

20141112083008 (263x350)20141116072725 (263x350)

何年も前に浅野素女氏の「パリ二十区の素顔」という本を読みました。よくあるパリのフワフワ本(?)じゃなくすごく面白かったので今も本棚に残しています。このエッセイもずしっとしてる。(←どんな表現なんだ?)沢木耕太郎氏のこちらはあの名作「深夜特急」を手掛けている頃の日記風エッセイ。原稿書きや取材の話の合間に小さなお嬢様を寝かしつけるための「オハナシ」のエピソードが出てくるあたりがとても微笑ましい。

「コーディネーターになりたての頃先輩コーディネーターが面白いからと貸してくれた「深夜特急」。本当に面白くてあっと言う間に読んじゃったのを今でも覚えています。何年か前に一冊にまとまった単行本が出てもう一度読みたいと購入。この分厚さは南の島の海辺かプールサイドで読むのに最適!と思ったもののここ最近南の島に出かけることがないので本棚にずっと待機中。

さて話は変わりますが、私がアシスタントコーディネーターになった時、ワークルームの前の席に座っていたのが後に”マイソウルメイト”となるTさん。最初彼女は私のことを「やたら愛想が良くて如才がない感じでなんか苦手。なんか信用できない。」て思ってたんですって!(私は年上のお姉さまがたのご機嫌をそこなわないよう毎日必死だったのに!!!)でもある日私のバッグの中の本を見て「わりとまともな本読んでるのね、この子。悪い子じゃないかもしれない。」て思ったんですって。もしその時渡辺淳一氏の本とかが入ってたらきっとソウルメイトにはならなかったんでしょうね。。。あっ、渡辺氏の本がいけないって言ってるわけではありません。誤解なきよう!本の趣味はその人のキャラとリンクするっていう意味です!(笑)

という訳でここに登場した本以外はBOOK OFF箱へ。

2014.11.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

はならあと今村遼佑個展 すます/見えてくるもの聞こえてくるもの

今年のはならあと出展作家の中に今村遼佑氏のお名前を見つけ「これは見逃せない!」と思っていたのに会期終了直前に訪れることになってしまいました。こちらも明日までなので帰宅して大慌てで更新中。本日2つ目のブログアップです。

その昔城下町だった大和郡山市は街の随所にその頃の面影を残しています。そんな中、町の景観とまったくそぐわない店舗や住宅を見つけると暗澹たる気持ちになってしまいますが、よほど規制があるエリアでない限り日本中どこもかしこもそんな感じなのでしょう。日本人の街並みに対する意識の希薄さには今更驚くことはないのだけれど「これを美意識の欠如といわずしてなんという!!!」とイカっている場合ではないのでさっさといきましょう。

展示会場となっている古い民家はすぐ近くのガソリンスタンドで働く人とその家族が暮らす寮だったところ。今は住む人もなく廃墟同前のこの場所に今村氏の小さな小さな作品たちが息を吹き込みました。訪れる皆さんには目をこらして、耳をすましてそれらを探しあてて欲しいのでご紹介はこの1点のみ。

20141115_151250 (480x640)

会期が終われば当然ながら作品は搬出されてしまいまい、この空間とそこに息づく作品との幸せなひとときは姿をなくし鑑賞した人たちの記憶だけが残されます。小さな作品を発見し心の中で「わっ」と思ったこと、五感を研ぎ澄まし作品と向かい合ったこと、多くの方にそんな記憶を宝物として持ち帰ってほしいなとアートラバーズのはしくれである私は心から思ったのでした。明日までなので皆様是非に!!!

そしてそのガソリンスタンドが今はコーヒースタンドへ。時代は移る。。。

20141115_151430 (480x640)

2014.11.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

あはならあと「在り処をみる」~奈良きたまち工場跡

とにかく急いで更新せねばなりません!だって会期が明日までなんですもの!年々その内容が充実していく感のある奈良県各地で秋に開催されるはならあと。私も以前審査員やトークなどに関らせていただいたこともあり、毎年楽しみにしているのですが、なかなか全てを回ることはできません。なので皆さんも無理をなさらずご自身の時間や動ける範囲で一つでも二つでもいいのでまずは訪れてみてくださいね。きっと楽しい時間を過ごすことができますよ!

さてかくいう私もとりあえず昨日は東大寺戒壇院近くにある会場へ。私はこの界隈が大好き!すごく趣があって緑が多くてお天気の良い日は木漏れ日が気持ちよくて、古い街並みがあって、本当に大好き!そんな場所になぜか小さな古い工場があります。実はこの近所にお客様のお宅があり、何年も前からこの不思議な工場がとても気になっていたんです。

20141114110153 (480x640)

20141114110215 (480x640)

ま、なんの工場だったかは行っていただくとして、、、(←無茶ぶり、、、)こちらのキュレーターはアーティスト衣川泰典氏。ご自身の作品も含め、岩名泰岳氏、松井沙都子氏3名の作品が展示されています。建物自体もすごく趣があってその佇まいだけでも十分に絵になるのですが、そんな空間を気負うことなくとても上手に使い切った衣川氏のキュレーションは見事でした!

20141114_110612 (480x640)

20141114_111014 (480x640)

20141114_110455 (480x640)

全く違うイメージの3氏の作品が静かに仲良く、そしてお互いをレスペクトするように並んでいる様子はなんだか微笑ましい。

20141114_111415 (480x640)

20141114_111238 (480x640)

20141114_111526 (480x640)

なんとお隣にあるカフェとのコラボでお土産もあるんですよ!

20141114_112202 (480x640)

今日15日(土)はナイトビューイングもあり19時まで延長されています!皆様是非に!(正倉院展はすっごく並ぶけど、こっちは並びませんので!て、なんのこっちゃ、、、)




2014.11.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

食べることの風景~地味地味お野菜編

一昨日早めの大掃除を業者の方にお願いしました。と言っても2Fの窓ガラスと、キッチンと浴室の素人では取り切れない汚れだけですが、ピカピカになって気持ちいい!と思っていたら大量のお野菜を頂きキッチンはオソロシイことに、、、新鮮な野菜は本当に美味しいし大好き!ただ、、、その量が、、、半端ではなく、、、葉っぱ付大根、下仁田・白ネギ、白菜、青梗菜、水菜などがそれぞれ大量に。先週届いたさつまいもも早くなんとかせねば。

これを使って新たなメニューなどという余裕はなく機械的に定番おばんざいメニュー。しかし、大根の葉っぱって美味しいですね。炊き立てご飯に乗っけると贅沢だ。。。(すみません、地味すぎる内容で。)

20141113184803 (263x350)20141113184741 (263x350)
20141113184716 (263x350)20141113185257 (263x350)

さて数か月に一度定期的に舞鶴から乾物を売りにくる行商さんで勧められた沖キスの干物。この時期だけなんですって。シシャモのあっさり版でて感じで美味しい。えっと、最後の写真は追加です。少し前突然夜中に目が覚め、眠れなくなって仕方なく「深夜食堂」とやらを初めて見たら「里芋とイカの煮もの」が出てて、まんまと次の夜作ってしまった、の図。

20141113184935 (263x350)20141104_183605 (263x350)

なんだか今日のブログは絵面的に茶色いわね。。。ホント、地味だ。。。

2014.11.14 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Food

なぜ続けるのか、、、

もはや私のライフワーク、、、いえ、ボケ防止の感もあるフランス語レッスン。「なぜフランス語なのか?」その学ぶ目的さえ定かではないのですが、苦しくてもやっぱり楽しいから続けてるって感じ。時折その話に触れるのは、ここで話すと止めるに止めれなくなるからで自分を追い込んでいるのです。

さて私が今通っているのは四ツ橋にあるエスパスフランスという教室。少し前までフランスの歴史上の人物の話を扱った上中級本(この表現、微妙)とセンセイが見つけてくる時事ネタを交互にテキストとして使っていたのですが、前者のテキストがどうにもこうにも面白くない。「センセイ、これ、なんか退屈。もういいです。」と常々訴えてたんだけど「もうちょっと、もうちょっとだから。」となだめすかされとうとう一冊を終えるに至りました。

で、今のテキストがすご~く面白くて気に入ってるのです。

20141113093446 (480x640)

食べ物ネタあり、文化ネタあり、デザインネタあり、、、楽しい楽しい!

20141113093519 (480x640)

20141113093555 (480x640)

ところがテキストは気に入ってるんだけど今年になりセンセイが突如私の弱点に気づき、鬼のような特訓が始まったのです。(←これかなり盛ってる。爆!)英語、フランス語、ともに私を支えているのは度胸と根性、そして類まれなるコミュニケーション能力のみ。ある日センセイが思い付きで私に聞き取りで文章を書かせてみたところ滅茶苦茶だということが判明。そりゃそうよ、最近簡単な漢字さえ書けないときあるんだもん。(開き直り)

最初はセンセイも普通に文章を読んでるんだけど段々イラついてくるのがビシビシ伝わってきて、こっちもさらに緊張して、という毎回恐ろしくスリリングな展開を迎えております。この間なんか始める前にセンセイが一呼吸おいて「大丈夫?」とニヤリとするから私も「センセイも大丈夫?」とニヤリ。

自分の中でも趣味なのか、勉強なのか、楽しみなのか、苦しみなのか、よくわかんない。。。てな訳で今日もプライベートレッスンにいってきます。

2014.11.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

大西康明展「空洞の彫刻」~アートコートギャラリー

大西康明氏の「咲くやこの花大賞」受賞記念展が先週末に始まりました。初期の作品から最新作までの作品がずらりと並ぶ空間は圧巻です!

接着剤を使用したシリーズは今回こんな風に、、、なんて幻想的!ゆらゆらと静かに揺れるこの作品の下でごろっと横になりたいくらい!壁に映し出される影も素敵です。こちらの作品タイトルは展覧会タイトルにもなっている「空洞の彫刻」。

20141107_174022 (480x640)

初期の作品である「垂直の量」。空気を封じ込めることはその姿を確認することにもなるのね、なんて勝手に納得。

20141107_174154 (480x640)

平面作品もたくさん展示されています。どれも渋い!

20141107_174629 (480x640)

私が今回とっても気になったのがこのシリーズ。正面から観ても、、、

20141107_175655 (480x640)

横から観ても、、、どちらの角度からも大変惹きつけられます。いったいどのように制作されてるのかしら???

20141107_174321 (480x640)

最初にご紹介した大きな作品はその空間ごとぜひ皆様に体感していただきたいと強く思います。会期は今月の29日(土)までですので是非に!

2014.11.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

the gift boxアートピースとくらす@阪急百貨店

ジュエリー、ハンカチ、カレンダー、漆器など、京都市立芸術大学ゆかりの作家たちによる素敵な品々が並ぶ限定ショップが阪急百貨店10Fうめだスークで開かれています。昨日お邪魔してきましたが、欲しいものがいっぱい有り過ぎて、あれこれ手に取って見ているうちに展示をぐちゃぐちゃにしてしまった。昨日のお当番だったアーティスト谷澤さん、ごめんなさいね~~💦(会期中交代で作家である彼女たちがお店に立っているのです!)

20141107_160034 (480x640)

さてこの中に私のゲットしたものがあります。さあどれでしょう???

20141107_160223 (480x640)

狙っていた来年のカレンダーもゲット!限定100部なんで皆さんお早目に~!

20141107_160332 (480x640)

こちらはわら細工をベースとしたユニークなアクセサリー。

20141107_160132 (480x640)

いずれも自分のために買ってもいいし、だれかへのプレゼントにも最適です♡11日(火)迄ですので皆さま是非に!

2014.11.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

泊まりたい、、、

NYにあるロバート・デ・ニーロのホテルにインテリアデコレーターでありアンティークディーラーのアクセル・フォヴォルト氏が手掛けたペントハウスが加わったとTwitter上で流れてきました。”大好きな”インテリアデコレーターと言う表現は私にとって軽過ぎて、あの世界を創り出す才能に畏敬の念さえ覚えるって感じなんですが、早速公式HPをチェック!見た途端、ぐぐぐ~~~と妙なうめき声がで出てしまいました。
ガッゴイイ、、、皆さんも是非こちらを見てうめいてください(笑)

日本人建築家とのコラボらしいんだけどその名も"wabi"。一泊15,000ドルなり。庶民の私はわざわざ今日の$まで調べて計算しちゃいましたわ。。。

今更なんですが、魅力的なニュースがリアルタイムでどんどん入ってくる時代ですね。(て、昭和な女のつぶやきだけどさ。)けれどよしんば来年あたりNYに行ったとしてもここに泊まれる訳ではなく(←当たり前だろうが、、、)久しぶりに開くアクセル氏の本で妄想タイム。

20141106070810 (480x640)

20141106071009 (480x640)

空間とアートとアンティークの見事な調和。私の理想とするそして到底たどり着けない世界がここにある。10回生まれ変わって毎回インテリアとアートの仕事にたずさわったとしても、、、白髪一雄氏の作品もこ~んな風に飾られてます。(そういえばアクセル氏の香港のギャラリーでは今月15日まで白髪展が開催されてるようです。)

でも妄想は自由なんで朝からいろいろ思いめぐらせてましたの♡
ふふふ。

2014.11.06 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Interior

何度も観ちゃいます

昨夜wowwowで放映されていた「恋愛適齢期」。何度観てもダイアン・キートンのファッションと映画の中のインテリアが素敵すぎる。同じくナンシー・マイヤーズ監督の「ホリデイ」(ああ、この中でもキャメロン・ディアスがとびきりおしゃれだった!)とこの映画の2本には私の一番好きなファッションスタイルがギュギュっとつまっている気がして繰り返し観てもその都度ハッピーな気分になれます。これについては前にもお話したことがあるし、インテリアの素晴らしさについてもたくさんのブログで語られているからいいとして、10年以上前の映画なのに全くお洋服に古さを感じないあたりすごいなと改めて思ったのです。きっとどっちの映画もベーシックなお洋服が中心にコーディネートされているからなのでしょうね。で、このブログを書く前に監督の名前なんだっけとネットで検索したら”ナンシー・マイヤーズ監督のお母さんはインテリアデコレーターで、おばあさんはアンティーク・ショップを持ってた”という記事を見つけてしまいました。なるほど~映画の中での完璧なインテリアはそんな背景があるからなのね、と納得。(今更ですが、、、)そしてこれらの映画がストーリー以外でもたいそう魅力的なのは登場人物のファッションと住んでいるお家が見事にリンクしていることにあるのだとこれまた今更ながら納得した次第。

話は変わりますが私はごくたまに”この手の本”買ってしまいます。本当に魔が差したように、、、(笑)。

img_1 (240x350) 20141104_074928 (263x350) (2)

ほとんどの場合手元には残さずそのままBOOK OFF行の箱の中へ。今までで残ってるのはイネスの本くらいかな?でもこの本はアメリカでベストセラーらしく面白かったです。この”10着しか”てところにぐぐっと惹かれたわけなんだけど、決して断捨離系ではないんですね。

このブログを始めてから「もう買いません」「買っちゃった」を繰り返している私にとっては洋服を減らすことは永遠のテーマ。でもね、最近これは私に流れる2家系の血筋と思い開き直ることにしたんです。どっちにも着道楽がいるんだもん、仕方ない(笑)。そんな血が流れる自分を「買わない」ってことで戒めるのではなく「量が少ないほうがおしゃれでいられるんじゃないの?」とやんわり?なだめる?日々が続いていたところに出会った本なのです。

繰り返し言っていますが、ワードローブは海外に行くスーツケース一個分が私の理想。国内、海外問わず女性の割に荷物の少ないことで驚かれるんですが、その中でも一回も袖を通さなかった服があった、なんてこともしょっちゅう。結局のところ気に入って着ようと思う服はごくごく限られているってことなんですよね。と言う訳でとりあえずセールまではユニクロであろうとなんであろうと買わない生活を送ります。(アクセサリーや小物の類は別として。)消費という行動はやはりわくわくすることだからそれをあきらめるつもりは毛頭ありません。ただ2年前の私が行った”人生最大級の棚卸”の続きがまだあって、それを終えてないことに気づいてしまったのです。

服を減らす、ワードローブを整理するといった過程で、冒頭にお話しした一番好きなファッションが登場する映画をたまに観るのはとてもいいことかもしれません。どんな服が好きだったけ?と原点に返ることができるから。

とりあえずファッションと住まい(ここにはもちろんアートも含まれますが。)を完璧にリンクさせるにはあともう少し努力が必要。がんばろ!

2014.11.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Fashion

週末の風景

あいにくのお天気が続いていますが、皆さま連休はいかがお過ごしでしょうか?私は原稿書きやらお勉強やらでほぼ家にこもっております。今の頑張りが来年に向けての新たなステップに繋がればいいのですが、、、どうでしょか?てな訳で読みたい本がリビングにいっぱいなのに自粛中。

さて秋も深まりボジョレー・ヌーヴォーより一か月早くヴィノ・ノヴェッロが解禁されましたね。前者は正直あまり(というか全く)好みではないのですが、ノヴェッロはいろんな味があるのでちょっと楽しい。(そう言えば前に通っていたワインスクールのセンセイも強烈なノッヴェロ押しだったなあ。)

20141103_080845 (263x350) 201411030843441de (263x350)
20141103_080724 (263x350) 20141103084447c4d (263x350)

そんな中母のお誕生日祝いにワタクシお勧めレストランエテルニテへ。一応B.D.祝いとは伝えていたので「歌いながらサーブされたら引くわ~」とかドキドキしてたらティアラを持ってデザートを運んできてくれました。これくらいなら程よい演出か、、、

しかしここは本当に美味しい!ちょっと不便な場所にありますが、だからこそ静かで落ち着くし。夏に食べた桃のデザートも感涙ものだったけど、今回のイチジクデザートも口に入れた途端「あ~幸せ」。。。お料理の写真?もちろんありません(笑)!写真に旨み吸い取られますもん!皆さま是非に~!

(でもね、ひつこいようだけど絵が一枚もないの。残念だわ~~)

2014.11.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

家庭画報12月号

今月のエディターズレポートでは私の大好きな界隈、奈良は高畑町にオープンした”しびれるくらい”センスの良いお店をご紹介しています!詳しくは家庭画報12月号をチェックしてくださいね!

20141101_075523 (480x640)

それと神戸特集では7月のイベントで受付のアルバイトをしてくれた桃ちゃん発見!お母様のガラス作家、中村孝子氏と親子で登場されています。(先月その話を聞いたとき、桃ちゃんに言わないで~と言われてたけど、、、言っちゃった、笑)

2014.11.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Media

«  | ホーム |  »