allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

食べることの風景

最近食べ物ネタのところの写真がなんだかごちゃごちゃしてるのは和洋取り混ぜ、献立もランダムにアップしているからなのだと反省。インテリアコーディネーターをしてたころからいわゆる洋室と和室のつながり、流れと言うものに悩まされてきたけれど、原則和と洋は混ぜちゃダメってことなんですかね?これからはため込まずマメにアップしよう。(ファッションネタも。)

ずっと話題になっているココナッツ油て皆さん使われています?スープに使えると読んで買ってみました。ブロッコリーのスープに使ってみたんですが、どうなんでしょうか???レシピ通りにかぼちゃスープに使った方がよかったかな?研究してみよう。

20141030_132351 (263x350)20141030_191829 (263x350)
20141030_192145 (263x350)20141030_132325 (263x350)

さて赤ワインにぴったりのレシピを見つけ作ってみました。ちょうどブショネワインに何本か遭遇してしまい料理用ワインに回したためせっせと使わねばなりません。赤ワインベースの乾燥イチジクとマッシュルームを使ったソースは結構いける!付け合わせは奧村特製大人のポテサラでございます。。。どちらも超簡単。こういうの作ってるとまたおもてなし教室(簡単手抜きの)とかやりたくなっちゃうから困ったもんだ(笑)。

2014.10.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

良い香りに誘われて、、、

気温も下がりやっとお花を飾ることができる季節になりましたね。けれども久しぶりに訪ねたお花屋さんでは切り花ではなくっこちらを購入。ちょっと珍しい小さなこの欄の名前は紫香蘭。名前通りのきれいな紫の花からはとても良い香りが漂ってきます。帰りの車の中もふんわりと甘くい匂いでいっぱいになりました。

20141030_125634 (480x640)

私が行きつけの地元のお花屋さんがやっとHPを作成されたとのこと。都会に比べお値段もリーゾナブルでお花の種類もいつも豊富なCOMET ZENITHさんのHPはこちらをどうぞ!

さてブログ更新が滞っております。皆さんの中には3日更新がないと「奥村さん、大丈夫?」て思ってくださる方もいらっしゃるんだとか。本当にありがたいことです(涙)。大丈夫!ワタクシは元気いっぱい!ただあることをお勉強中のためここ最近家にこもっているだけのことです。。。

来月からはまたいろいろとアンテナ張り巡らしてブログ頑張ります!!

2014.10.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

ENDLESS 寺島みどり~ギャラリーあしやシューレ

ずっと前から見続けているアーティストの”次なるステップへと踏み出したかのような見事な展覧会”に遭遇するとき、それはアートラバーズにとって忘れられない瞬間となります。しばらくぶりの寺島みどり氏の展覧会はまさにそれ!何年も前に紫の花火のようなそれは美しい寺島作品を前にした時と同じ感動が訪れました。(あ~あの作品を買わなかったことは私の後悔の一つ、、、)

新たな試みによる作品たちはギャラリー空間と見事な調和を見せています。こちらはかなり大きく迫力ある作品。スケール感を出してもらうため(?)寺島氏に横に立ってもらいました。

20141025_123048 (640x480)

20141025_123009 (480x640)

数年前に公開制作していた展示では壁面いっぱいにふんだんな色を使った作品がとても印象的でしたが今回は色味をぐぐっと押え、一見すると静かな表情を見せています。ところがとても強く深くて、色だけでなく筆遣いまでもが心に残像として残る気がするのです。寺島氏によると「今までは見たままを描いていたのだけれど、これらは見たものをいったん自分の中で咀嚼して描いている。」のだそう。

そして今回の展示の中で「欲しい!」と強烈に思った作品がこちら!

20141025_123805 (640x480)

これらはこのようにくっつけて展示していますが、買い求めた人の自由に設置できるそう。でもぴったりくっつけたこの設置が一番素敵ですね。もう一回り小さい作品もありました。

20141025_122927 (640x480)

私がこのブログで作品をご紹介する基準は”自分が欲しいかどうか”なんです。それは大御所の手に届かない作品でも、若手アーティストの作品でも同じ。「強く自分が欲しいと思った作品は必ず私のクライアントも欲しいって思ってくださるはず!」そう信じているんです。だって自分が欲しいと思わなきゃお客様にご提案できませんものね。その意味においても寺島氏の新作の数々は超おすすめです!

すぐにお家に連れて帰りたくなるような小さな作品もたくさん展示されています。こちらのトイレは展示空間同様とっても素敵なんですが、そこにも一点。。。今日の私の洋服にぴったりの青色で思わずパチリ!

20141025_123202 (480x640)

ただ、会期が明日の26日まで。観に行くのが遅くなってごめんなさい!明日の日曜予定がない方是非に!!!(帰宅してすぐにブログ更新しました💦)



2014.10.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

心穏やかな運命買い

昨日打ち合わせ前に通りかかったお店で見つけたバッファローホーンのかなり大ぶりなネックレス。ベトナムで作られたこちらはか~なりリーゾナブル。たとえば”あのブランド”だと10倍以上はするのかしらん?(よくわかんないけど)微妙に違う色合いにあれこれ悩んだ末にこちらを運命買い!!

20141024_095406 (480x640)

値段もさることながらまったく購入に躊躇しなかったのはフェアトレード商品だったから。デザインも良くて価格も納得、そして誰かの役に立つ、こんな理想的なお買い物はありません!こちら阪急うめだ本店10FSOUQ内にあるLOVE&SENSEというお店で見つけました。ちょうどその前のブースではまりちゃんのワンちゃんグッズブランドドッグストリートも出展中!お買い物がてらふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

2014.10.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

秋になり、、、

焼き菓子の季節がやってきました。昨晩、思いついて焼いたバナナケーキ。一晩寝かせて、、、朝起きて中身をチェック。しっとりいい感じ。

20141023_073651 (263x350) 20141023_074212 (263x350)

勢いで食べてしまったら怖いのでカットして冷凍しよう。今日は秋晴れの模様ですね。皆様良い一日を!

2014.10.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

こだわりの方々と、、、

昨日は取材のためとある場所へ。しかし最近自分でもますます何をやっている人かわかんなくなってきました(笑)。アートアドバイザー・アートブロガー(この駄ブログをアートブログのカテゴリーに入れてもらえるのだとすれば)・たまにインテリアコーディネーターもやり、そしてインテリアの取材にもいく、、、もう説明できない。いえいえ私の本業はアートアドバイザーです!!!

さて撮影終了後、取材先のオーナーの師匠?が用意してくださったコーヒーを縁側で頂きながらほっこり。それからその師匠のアトリエ&ショールームも見学させてもらいました。こだわりの家具が並ぶのはこちら!
(実際の取材場所はまた誌面で。。。)

20141021_120036 (263x350)20141021_121911 (263x350)
20141021_121926 (263x350)20141021_122110 (263x350)
20141021_122740 (263x350)20141021_122821 (263x350)
20141021_123947 (263x350)20141021_122240 (263x350)

家具にまつわる楽しいお話をひとしきり伺った後「さあおいとましましょう」となった段で始まったのが車談義。男子3人の熱い車の話がオソロシイまでに盛り上がり終わらない!私も運転は苦にならない方だし、そこそこ車も好きだけど、途中から「じぇんじぇん、わかりましぇ~ん。」状態。最近若い男子は車への興味がないとよく聞くけれど、やっぱり"男の子"はこうでなくちゃね!!そしてこだわりってやっぱり楽しいし、素敵だなっと思ったのでした。(時としてめんどくさいけどね。特に男子のこだわりは。。。笑)

家庭画報という雲の上にあるような雑誌で関西のインテリア情報を担当するなんて本当は断るとこだったんですが、ほぼすべての雑誌がますます東京情報誌のようになっている昨今、そんな機会を与えてくれるなんてすごいことだと思いお受けしました。(←あんたは関西背負ってるんかい!?)そしてともすればアートおたく化してしまいそうな最近の私にとってバランスを取るためにもインテリアの情報にアンテナを張り巡らす絶好の機会だと考えたのです。(アートおたくが悪いわけではありませんよ。私の立ち位置としてはそれはまずいかと。)

責任重大の仕事ではありますが、取材を通じて関西で頑張っている若い世代の話を聴くことができるのがとても楽しいのです。という訳で昨日も帰りにはギャラリーをめぐりアートアドバイザーに戻ったのでした。。。

2014.10.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

ついにあのテンゲス作品が!!!

昨日も感動の作品お嫁入りがありました。7月のイベントで会場エントランスを飾った素晴らしいミヒャエル・テンゲス氏の作品をご記憶の方も多くいらっしゃると思います。お気に召された方はたくさんいらしたのですが、(あるアート関係者はあの日テンゲス作品の前で感動のあまり金縛りにあったようになったのだとか。)どういう訳か作品がだれかを待ってるといった感じで動かなかったんですね。それが「あ~~~!あなたはここに来たかったのね!」と納得のとても素敵なご家族のもとにお嫁にいきました。

玄関ホールが幸せな作品の新たな居場所です。これから毎日ご家族がこのドアを開けるたびに作品が温かく迎えるのかと思うとじんわり感動。お家を訪ねるゲストの方々も作品を前に自然と笑顔になりそうです。

20141018_161029 (480x640)

凛としたホワイトキューブで観るのももちろん良いのだけれど、こちらのお宅のこの場所で作品がさらに輝いているかのようです。

20141018_160218 (480x640)

寄ってみましょう。やはり溜息ものの素晴らしさです。

20141018_160759 (480x640)

そしてダイニングにはイングリット・ヴェーバー氏の作品がこれまたオソロシイほどにぴったり!とびきりのセンスでまとめられた空間に躍動感が生まれます。

20141018_160429 (640x480)

信じられないことにこの空間、インテリアコーディネーターではなくご夫妻がすべてをコーディネートされたんですって!完璧なインテリアにただただ驚きです。

20141018_160449 (480x640)

写真では少しわかり難いのですが、鮮やかな紫色のこの作品は私の大のお気に入り。かつても紫のイングリット作品を納めたことがありますが、どれも微妙に色が違いそれぞれに個性があるのです。

さて昨日はもう一点候補作品がありました。それは柴田健治氏の作品。テンゲス、イングリットと決まり、残念だけど柴田作品を掛ける場所は見つからないですね、となったんですが、ふと「現代アートって和室にも合うんですよ。これからの参考にちょっとご覧になられますか?」と軽い気持ちでご提案してみました。そして素敵な和室に案内して頂き床の間を拝見したとたんビビビッ!そこには息子さんが数年前に書いて賞を取ったというお習字がお軸をして仕立てられ飾られていました。と~っても上手でのびのびとした立派な字でなんだかそれを外してしまうのも申し訳ないような気がしたんですが、試しに作品をあててみると「おおお~~~!」とご夫妻、私、皆であまりのハマりっぷりに驚いてしまったのです。

20141018_154344 (480x640)

なんとも言えない美しい赤の色。この赤をなんと呼べばいいのでしょう?柴田作品も床の間と言う特別な場所でこれまた光り輝いていました。
ん~そうか、あなたはここだったのね。

20141018_160728 (480x640)

作品納品の感動もさることながら、ご夫妻が作品選びのプロセスを楽しんでくださり、そして作品のある空間をとても喜んでくださったことに感動を超える感動。。。(←なんのこっちゃ。)ご主人様の「空間の格があがりましたね!」の一言に涙しそうになりました。

さてこちらのS様とのご縁をプレゼントしてくれたのはM子ちゃま。7月の熱い納品の様子はこちらを。ちなみにM子ちゃま、全てにおいてセンス抜群!全部自分でコーディネートしたお家もすご過ぎる!

その時にM子ちゃまから「くみくみセンセイ!すごく素敵なお友達が近くにいて、お家もすご~く素敵でぜったいアートが合うと思うんです!今から行きましょう!」と突然の申し出が、、、「いや~いくらなんでも突然絵を売りにきました~てなんか怖くない?押し売りみたい、、、」と躊躇してるとすぐに連絡を取ってくれてS様も「是非に!」と言ってくださってそのままM子ちゃまが車で連れていってくれたんです。でも本当を言うと仕事柄インテリア好きの私としては”お家見た~い!なによりその素敵なSさんに会ってみた~い!”て感じだったんです。伺ってみると本当に素敵なお住まいでもうその日はM子ちゃま、S様邸と続き「素敵なお宅訪問」とかなんとかのテレビ番組収録の1日みたいでした(笑)。

ただS様のお家で一つだけどうしても気になることがあったのです。それは飾られていたガラスのオブジェの位置が微妙に高いこと。で、初めてお目にかかったにも関わらず「あの位置ちょっと高すぎますね。」なあんて不躾にも指摘したのです。昨日はその位置もベストな高さに掛け変えました。(ていうか、助っ人のUさんが頑張ってくれたんだけど、笑)

20141018_160524 (480x640)

高さを変えたことにより垢抜け感が増しました。いつもここでもお話しているように作品の位置は本当に重要です。

”良い作品は自分の運命を自分で決める”と毎回のようにここで書いていますが、またしてもそれを実感しました。そして上質なアートは住まい手を最高に幸せな気分にしてくれるのだということも。。。






2014.10.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art selection

Weaving a Memory 垣本泰美~The Third Gallery Aya

今週から関西でも魅力的な展覧会がオープニングラッシュを迎えます。そんな中昨日とても素敵な写真作品に出会いました。

垣本泰美氏がアーティスト・イン・レジデンスで滞在したスイス・ヴァレー地方にある町や周辺の村々、山や森をとらえた写真の数々が本当に素晴らしいのです!薄暗いギャラリーに入った途端、幻想的ともいえるその世界観に魅了されます。村に住んでいる人にとっては日常であろう美しい風景や古い建物をとらえた写真なのですが、強く強く響いてくるものがあって観終わってギャラリーを出た後もその残像が心に残っているような気がします。

20141016_155055 (480x640)

あ~ところが残念なことに写真でご紹介しようと思ってもいろんなものが写り込んで私の写真技術では皆さんにきちんとお伝えできません。💦なので頂いたDMをパチリ!本の上にゆらゆらと揺らめく炎がなんとも不思議なこの作品。実際に前に立つとしばらく動けなくなっちゃいますよ!

20141017_065034 (480x640)

展示されているのは大きなサイズばかりがほとんどですが、小さなプリントもオーダー可能と聞くとお家に持って帰りたくなりますね。私はドアが半分開いて向こうからやわらかな光が差し込んでいる情景の作品がたいそうお気に入り。行かれた方チェックしてみてくださいね!

会期は11月1日迄ですので是非に!

2014.10.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

できれば出会いたくない、、、

先日とある場所で出会ってしまったこの小さなお方を運命買い、、、

20141012_112000 (480x640)

できれば日々こんな出会い少なく平穏に暮らしていたい、と願う装いの秋。。。でもかなり私っぽいな、フムフム。

2014.10.16 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Fashion

食べることの風景

先週どっさりお野菜を頂きました。大量の様々な種類のお茄子にこれまた大量の枝豆、立派なおねぎに春菊・ホウレンソウなどなど。焼き茄子、茄子の煮ものは夏であきちゃったし、他のメニューをあれこれ考え毎日せっせと茄子を食べております。話はそれますが先日ぜったい皆もやっていると思ってた焼き茄子の裏技を話すと意外にも喜ばれたのでここでも。(もう知っておられる方ごめんなさい。私もどっかで見たんですよね。)ヘタの下に切り目を入れた茄子を焦げ焦げにしたらビニールの袋にいれてしばし密封すると、蒸れて皮がスルスルと簡単にめくることができます。アッチッチとなることもなく水でびしょびしょすることもないのでもっぱらこの方法で調理してます。

さてそんな訳で茄子田楽、茄子の素揚げと山芋にかたくりをまぶして揚げたのをポン酢であえた温野菜サラダもどき、突然国境を越えトマトソースとモッツァレラチーズのグラタンなどなど。もうね、こうなったら枝豆はなんにでもいれちゃう!さんまと冷凍していたコーンと枝豆のパスタ。ホウレンソウもスーパーで買うより柔らかくておいし~~さて皆さん、今日の画像のうちどの組み合わせで食卓に上ったでしょう?(←どうでもいっか、、、)

20141013_130442 (480x640) (263x350)20141014_185849 (263x350)
20141013_180639 (263x350)20141006_201917 (480x640) (263x350)
20141012_204258 (263x350)20141013_180849 (263x350)

パスタであまったサンマはかば焼きにして大葉をトッピング。そうそうこの時期きのこあんかけ茶碗蒸しもよく登場。そしておねぎは焼き目をつけて鳥団子スープに、別の日はたっぷりの薄切りとベーコンでスープに。先日ここで絶賛していた一升漬けですが、Sマダムより今年の仕込み分が届いたのです~!やった~うれしい~(絶賛は催促ともいうのか?)私はあんまりお肉、つまり牛肉はいただかないんですが、赤身のお肉は少し食べたほうがいいとの健康情報により最近少しだけ食べるようにしています。そこにちょい乗せる一升漬けがたまらんのです~~この日はエリンギもオリーブオイルでさっと焼いて添えました。

20141012_204519 (263x350)20141013_170715 (263x350)
20141014_192516 (263x350)20141013_181701 (263x350)

数日前に開けたワインのエティケットが不思議カワイかったのでパチリ!

さてこの時期、栗が届くことにビクビク。美味しいけど皮をむくのが、、、わざわざ買って皮をむく人を私は心から尊敬する。。。

2014.10.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

"razorblade suitcase"フランク・ゲアリッツ~タグチファインアート

最初からなんですが、もう素晴らしいの一言!作品のグレードの高さ、完璧なる展示、この展覧会を訪れない訳にはいきません!ハンブルグを拠点とし、ヨーロッパ、アメリカで発表を続けているフランク・ゲアリッツ氏のアジアにおける初個展は全身鳥肌もののカッコよさです。

20141011_132048 (640x480)

20141011_131937 (640x480)

アルミ板の上にオイルスティックで塗り重ねられた黒と、シルバー部分の対比・そして絶妙な比率があまりに美しいのです。オイルスティックが柔らかくなり制作に向くのは1年のうちほんの数か月。それゆえこれらの作品は年間5~6点しか仕上げられないんですって!

20141011_132101 (640x480)

サイドから見る作品もこれまた素晴らしい!(ずっと壁にはりついていたいくらい。笑。)どの角度から観ても完璧な作品を前にすると、氏が彫刻家として出発したということに納得してしまいます。

20141011_132107 (480x640)

20141011_132121 (480x640)

20141011_131955 (640x480)

ゲアリッツ作品がリビングにあったら、、、あ~どうしましょ?オフィス空間にもいいですね。弁護士事務所とかも。。。想像が膨らみます。

こういったミニマムなアートって”今どき”じゃないって感想をお持ちの方は結構日本におられるかもしれません。でも私はそもそも”今どき”てなに?て思っちゃう(笑)。海外のアートフェアに行くと様々なタイプの作品が並び、個々の人はぶれずに自分の好きな作品を選びます。アートに限らず日本では一つの流行に左右されやすい傾向がある気がします。しかもゲアリッツ氏の作品は単に「ふ~ん、ミニマムな感じね。」なあんて簡単に印象を決めてしまうものでもありません。極めて私個人の印象ですが、作品に込められたメッセージとは別のところで作品からなぜか温かみを感じるのです。

さてこれらのシリーズ以外にとても面白い作品たちも並んでいます。

20141011_132611 (480x640)

20141011_132421 (480x640)

「あれ???」きっとそう思われる方も多いはず。これらは作家の元に送られてくる様々な案内状に同じくペイントスティックで黒い面を描いた作品。リヒターにフォンタナ、それらの案内状がユーモアとウイット、そしてほんのちょっぴりアイロニーを感じる作品に見事に生まれ変わっているんです!

私もリヒターかサイ・トンブリーのどちらかがのどから手が出るほど欲しい!どっちにしようかな~悩むな~でも悩んでるうちにあっと言う間に売れちゃいそう。

20141011_132429 (480x640)

普遍的であること、時代を超え常に新鮮な印象を与えることができること、そんな作品こそコレクションに値すると私は思います。11月15日迄ですので是非に!

2014.10.14 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Exhibition

法貴信也展~タカ・イシイギャラリー

2年ぶりとなる法貴信也氏の個展が始まりました。久しぶりに観るその作品は以前と少し印象が違い新鮮な感動を覚えます。

20141010_162847 (640x480)

法貴氏の作品と言えば「二本画」。つまり2本の線で描かれた作風があまりに有名ですが、ずっとご自身で作られた画具で制作されていたそう。けれどそれらに代わり今回の作品は市販の筆と刷毛で描かれています。初日とあり氏も画廊にいらして筆のこだわりにまつわるお話をいろいろお聞きすることができました。なんでも一度、市販の筆を美容師さんにカットしてもらったこともあるんですって!

20141010_161800 (480x640)

20141010_161815 (480x640)

「なぜ印象が変わったのかしら???」と考えていたら、以前は白の余白が多かったのに比べ、青緑色の層が存在していることなんですね。そして以前はひょいっひょいっとした軽やかな線だったのが、線自体強くなり複雑に重なり合って作品自体に躍動感がより一層加わっているような、そんな気がしました。

今回の一番のお気に入りはこの2点。正確に言うとセットではないのですが、支持体が違うこれらがお部屋の中に一緒に並んでいたらとても素敵ではないでょうか?

20141010_162011 (480x640)

大きい方に寄ってみましょう。。。私、これ大大大好き!!!

20141010_162054 (480x640)

会期は11月8日迄。皆様是非に♪

2014.10.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

「タイトルなし」~MA2ギャラリー

展覧会タイトルにコンセプトをもうけず、作家たちの日常生活から生まれた作品を自由に楽しんで欲しいというグループ展、その名も「タイトルなし」が恵比寿のMA2ギャラリーで始まりました。展示作家は榮水亜樹・大成哲・大西伸明・牡丹靖佳氏の4名です。さあ作家たちのどんな日常を垣間見ることができるのでしょうか?

まずは大西氏の作品たち。大昔初めて氏の作品をノマルで観た時のあの新鮮な感動がよみがえってきます。

20141010_180028 (480x640)

私はアポロがお気に入り、、、♡

20141010_180037 (480x640)

このチェーンもなぜかたいそう美しい。これがお家にジャラッとあったらカッコいいと真剣に思います。

20141010_180227 (480x640)

栄水さんの作品はいつもながらの静謐な美しさを秘めています。

20141010_181443 (480x640)

牡丹氏の今回の作品はすべてテンペラの技法で描かれており、モチーフは架空のオペラ。久しぶりに触れる牡丹ワールドはやっぱり楽しい!

20141010_181202 (480x640)
20141010_181315 (480x640)
20141010_180135 (480x640)

そして大成哲氏の作品がこちら!これすご~~い私の好きなタイプの作品だな。小さな人の存在おわかりになりますか?

20141010_180217 (480x640)

小さいながら力強く骨太なこちらも大成作品です。

20141010_181450 (480x640)

金曜のオープニングの夜は展示作家たちと関係者が集うパーティー。松原ネエサンの愛のこもった手作りの美味しい美味しいお料理と参加者が一人一品持ち寄った品々が並び温かい雰囲気が漂います。「鉄の茶室」で岡本太郎賞を受賞した加藤智大氏のお姿も。(以前その茶室はこのブログでもアップしたのでご記憶の方もおられるのでは?)

20141010_190342 (640x480)

テンペラつながりで牡丹氏が持参した氏の特製ウズラ卵のしょうゆ漬けは絶品でした。松原ネエサンが手作りのホワイトシチューを混ぜ混ぜしてる様子。このシチューもこれまた絶品でありました。あら、後ろにはカワイイ可愛い榮水氏のお姿も、、、

20141010_185552 (480x640)

さて大成氏が持参したのはなにやら怪しい発酵ものの数々。説明を受けテイスティングしたけどいまだその正体は謎。プラハに住み制作を続けている大成氏の話は超絶的に面白くもうお腹痛くなっちゃうくらい大笑いの連続でした。作品の印象がぶっ飛ぶほどのキャラクターであった。。。

とても楽しい展覧会です。皆さま是非に♪

2014.10.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

またしてもサプライズに感動!

7月のイベントでボランティアとしてがんばってくれたHしゃん、アクセサリー作家ヴァロンちゃん、そしてまりちゃんにお礼をしたくて中崎町にあるベトナム料理ホアマイでちょっと遅めの打ち上げ会。2日間クロコーズ(黒子達)としてホントにすご~く頑張ってくれたんです。

そしてここホアマイが絶品ベトナム料理のお店。今や中崎町の名物カフェとなったワヲン第2号店としてオープンしたこのお店を一人切り盛りするのはKちゃんです。お店ではいつもキリッとした作業姿なんだけど7月のイベントに遊びに来てくれた時はそれは素敵にドレスアップしていてとってもとっても素敵でした♡

20141009_181741 (480x640)

てな訳で珍しくお店でのご飯の様子など。どれも美味しい~~!

20141009_181819 (480x640)

20141009_184704 (480x640)

20141009_190510 (480x640)

年に何回もベトナムに食材の買い付けに行き、本場で料理の勉強をするKちゃんエライ!!

さてちょっと席を立ち帰ってきたらなにやら「あ~来る来る!急いで!」のひそひそ声。なんとこの日も私のためにサプライズを用意してくれてたんです~~!続きが気になるかたはどうぞ。。。


続きを読む

2014.10.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

ジャン・フォートリエ展~国立国際美術館

2つの大戦を生き抜いた抽象画家ジャン・フォートリエ没後30年を記念した日本初の回顧展が国立国際美術館で開催中です。

20141009_143903 (480x640)

展示では初期の暗くて写実的な作品から始まり、第2次世界大戦中に制作を始めた連作「人質」、そして戦後に描かれた分厚い絵具が重ねられた美しい作品へと作風が変貌を遂げていく過程をじっくりと楽しむことができます。あまりに悲しく残酷な戦争の傷跡がそのまま込められているかのような「人質」シリーズが展示されているブースを出た後、凛とした美しい作品が並ぶ展示空間に出た時の不思議な安堵感と幸福感のようなものを味わってくださいね。恒例”持って帰ることができるならどれにする?遊び”で選んだ薄い紫の作品は原美術館所蔵作品でありました。大好きな美術館の一つである原美術館、やはり私好みの作品セレクトだわ。(←上からな感じ。笑)

12月7日までですので皆様是非に!

2014.10.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

着ることの風景

やっと秋物の出番がやってきましたね!私は毎年かなり早い時期にクロゼットの入れ替えをしてしまうんです。それは次のシーズンに着る予定の洋服を把握して賢く買い足すため。(賢くない時代が相当続いていたため。苦笑。)なので壁面にあるこのスペースにとりあえず2~3か月の洋服を外出・普段着含めて納めています。ずらっと見渡してあまりにグレーとブラックに占領されているため色味を加えるべく、紫のパンプスを購入したところ大正解!ジーンズにも地味過ぎて活躍してなかったチェックのパンツにも合う!

20141008_084055 (263x350)20141007_094654 (263x350)
20141008_081101 (263x350)20141008_084317 (263x350)20141008_082146 (263x350)20141008_090111 (263x350)


今着るアイテムを絞っていくと究極の組み合わせを発見したりして楽しいもの。どうしても手放せないけど単品で使う予定がなかった薄手のニットベストと、気に入ってるのになぜかはかないスカートを一体化させワンピースみたいに復活させました。これにもパープルのパンプスが合う!
そして、、、先日のサプライズの集いに着ていたワンピースですが、なんとワタクシ着方を間違っておりました。恥ずかし~~~💦タスキのようになっていたところは後ろに回してベルトにするのが正解だったのです。「選挙に出る時のためにこうなってんねん。」と当日豪語した記憶が、、、(上の最後の写真、これが正しい着方であった。)

さて紺とブラックの組み合わせは去年から続行予定ですが、奧村の秋冬と言えばグレーとグレージュ。(←だれが私の秋冬のイメージを持ってくれているというのか。。。)

ものすご~く着心地が良くて使いまわせそうなニットワンピを見つけました。とりあえず黒のショートブーツに合わせ、もっと寒くなってきたらダウンベストとモコモコしたショートブーツを組み合わせよう。。。

20141008_082709 (263x350)20141008_085048 (263x350)20141008_084829 (263x350)20141008_083226 (263x350)

冒頭に書いたクロゼットのお話。次回シーズン着ないと思ったらここには置かないようにしてるんです。気分じゃない洋服に合わせるために何かを買い足すと必ず失敗してしまうから。お洋服は大好きだし、装いはその人を表すから侮れない、でも無駄な消費は絶対Non!ちょっとはかしこなったんかな、、、私、、、




2014.10.08 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Fashion

早くオープンしないかな???

先日取材協力頂いたオープン直前のとあるお店の情景。とっても素敵な空間なので早くお伝えしたいな~~♡まだ内緒!(笑)

20140911_133922 (480x640)

2014.10.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

感動し過ぎて涙も出ないサプライズでした!

昨日は私にとってとても思い出深い特別な1日となりました。なんと「アートでおもてなし教室」のオリジナルメンバーともいえる皆さんが私のために10周年の集いをサプライズでプレゼントしてくれたんです。7月のイベントで多くの皆さんにお祝いしてもらい「いつまでもフワフワしてちゃいけない!次の目標に向けてがんばろう!」と思っていた矢先だったのもう驚くやら嬉しいやら、、、

7月のこと相方柏井が「私のお客様でアートを考えていてどうしても奧村さん会いたいって方がおられるんです。でもすごく忙しいみたいでちょっと先だけど10月4日はどうでしょうか?」と言うので、その時はえらい先の話やな~とちょっと不思議に思ったんですが、彼女の女優っぷりにまんまと騙され、昨日待ち合わせの場所へ。「あれ。お客様は?」と尋ねると「あ、先にお店に行かれてます。」とかなんとか。ワタシ、全然気づかずお客様の名前を確認したりして。。。

レストランに入ると、、、「???!!!」生徒さんたちがずら~り!もうなんのことやらわからずポカ~ン。「さあさあ、主賓席へ。」とシャンパーニュが運ばれてきてもまだ状況になじめずこんな変顔!泣くのか?笑うのか?どっちかにせい!て感じ。

2014100417141622e (480x640)

それぞれの席に置かれたカードは司会も担当してくれたMさんの手作り!全部に違う種類の鳥の羽があしらわれその名前が。紙の色もまさにアリエカラー!すごいのです、奧村塾生たちのセンスは。。。

20141004171324bdc (480x640)

その裏には、、、イエイ!

20141004171301be0 (480x640)

私の席は白い羽。そしてアリエのAの文字です♡

20141004171345265 (480x640)

やっとリラックスしてきた顔。。。普段私はあんまり自分の写真は撮ってもらわない方なんですが、昨日は嬉しくていっぱい撮影してもらっちゃいました。

20141004171228b2b (480x640)

この企画は何か月も前から秘密時に計画されていたそうなんです。京都での大人のアート遠足の時から水面下で進んでいて私にばれないよう大変だったとか。約3年ほど主宰していた「アートでおもてなし教室」。ずっと続けていたいくらい私自身楽しかったのだけれど、このまま続けていては自分のめざすところからそれてしまうかもしれないといったん区切りをつけました。皆さんもそれを十分理解してくださり、教室を終了した今も変わらず応援してくださっています。内容の濃さからたくさんのクラスを設けることはできず、加えて現代アートを盛り込んだことにより敷居の高さを感じる方もおられたようで正直”大人気で席待ちの方がいっぱいいる”なあんて教室ではありませんでした。でも逆に薄い人間関係を求めるタイプではない私にとってはその方が良かったのです。そして先生のいい加減さと相反してそれはすばらしい素敵な女性ばかりという、今となっては伝説のお教室だったと勝手にワタクシ思ってます!!!お一人お一人が私にとってもはやなくてならない存在となった大切な方々との美しすぎる記念写真♡

20141004171101dda (640x480)

次々とサプライズがあって今日はすご~く長くなりそうなんで時間のある方続きをどうぞ。







続きを読む

2014.10.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

家庭画報11月号

今月のエディターズレポートでは心斎橋にリニューアルした”あのお店”の取材をお手伝い。オープン前に潜入?させてもらいちょっぴり先取り感を味わったりなんかして(笑)。

P1070895 (480x640)

小さな小さな記事ながら毎月奧村入魂&渾身で頑張っております!今月号を購入なさった方のお目にちょっとでもとまれば嬉しいです♡


2014.10.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Media

中村孝子「ナカムラ野菜農園の在るところ」~ギャラリーマロニエ

この週末京都にお出かけの方にお勧めの展覧会です!もちろん野菜は食べるもの、、、けれどこの展覧会では造形としての完璧なまでの野菜の美しさ、そして土で育まれた植物としての神秘性のようなものを改めて感じることができるのです。

これらはガラス作家中村孝子氏の野菜をモチーフにした作品たち。畝に見立てた鉄製の什器にモリモリ育っている様子は美しくも圧巻!外からの自然光がガラスを通しほのかに光る様は神々しくさえあります。

20141003145702c2e (480x640)

下のこれらの作品は台の上に設置されていますが、壁付けもOKとのこと。手元スイッチで消灯できる小さなライトが仕込まれており配線も必要ありません。これはインテリア的にもかなりお勧め!

20141003145647c45 (480x640)

実は中村氏は7月のイベントで受付を担当してくれた桃ちゃんのお母様なのです。さすがは桃ちゃんのママン!と~っても素敵でと~ってもおしゃれ!なによりさばさばとした男前なお話っぷりはとても魅力的です!ガラスの制作過程はかなりの重労働とのこと。作品の洗練された美しさ、そして力強さは中村氏そのものって感じです。

会期は5日(日)迄こちらで会期中です。皆様是非に♪

2014.10.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

車の中で聴いてます

先日珍しくリリース当日に買ったCD2枚。トニー・ベネット&レディ・ガガの名曲ジャズをデュエットしたコラボアルバムは秋の夜長にぴったり。(私は早寝早起きですけど、、、)

そしてもう一枚。レニー・クラヴィッツの25周年記念である安心の安定感的骨太ロック!こういうの大好きだな~~~

201409241727102ee (480x640)

どうでもいい話ですがレニー・クラヴィッツの腹筋すご過ぎですね。今一度、歳を確認してさらに驚愕!!

2014.10.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

師弟をめぐる素敵な物語

今日はアートのセッティング風景のご紹介と一緒に素敵なエピソードもお届けしたいと思います。納品したのは岩名泰岳氏の作品、そして嫁ぎ先は素敵なK様ご夫妻のご主人様の会社の会議室。実はここにはずっと元永定正氏の作品が飾られていたんです。

P1070881 (480x640)

7月のイベントで岩名氏の大きな作品を気に入ってくださったご夫妻に「岩名さんは元永先生の最後のお弟子さんだったんですよ。」とお話したところ、会議室に一回り大きな作品を探してらしたご主人さまがとてもご縁を感じてくださって、岩名氏に作品制作を依頼してくださったんです。奥様も子供さんが小さい頃元永氏の絵本を読み聞かせてらしたんですって!

P1070882 (640x480)

作品のお披露目に皆でわくわく!元永絵本に親しんでおられたお嬢様もすっかり素敵なレディに。。。

P1070889 (480x640)

早速に壁にかけて、、、「この空間にぴったり!!!」と皆から歓声が上がります。

P1070887 (480x640)

寄ってみましょう。。。

P1070888 (480x640)

この日はK様ご夫妻をご紹介頂いたこれまた素敵なOマダムもいらして皆でうっとり。ご夫妻も作品をとてもとても気に入ってくださり心温まる納品となりました。きっと元永先生も天国で弟子っ子(?)の成長ぶりを喜んでおられることでしょう。

最後に皆で記念写真!

P1070892 (640x480)

もちろん作品をお客様に購入いただくのは私にとってビジネスです。けれど作品にまつわる物語を一緒にお届けすることはビジネスとは違う側面を持っているような気がします。作品の素晴らしさと共にその物語がお客様の心に伝わりますよう。。。

2014.10.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

«  | ホーム |  »