allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

誰から買うのかということ

「アートは誰から買うのかも重要なことだ」と昔ある方から言われました。確かにアートやジュエリーと言った自分では価値の判断が難しいものに関しては売り手の適切なアドバイスと誠実さが求められます。最近になり改めてその意味がわかるようになりました。私もできる限りのアドバイスと気持ちよくアートをお選びいただけるよう丁寧なアテンドを心掛けています。決して作家や作品の足を引っ張ってはいけませんものね。これにはインテリア・コーディネーター時の経験がとても活かされていますが、どうでしょう?ちゃんとできてるかな?(笑)

さてさて今日はアートではなくジュエリーのお話です。私はジュエリーを頻繁に買うような生活とは無縁に日々慎ましやかに暮らしています。(もしお金があってもジュエリーより先にアートを買っちゃうでしょうね。笑)でも年を重ねるにつれその輝きに頼りたい気持ちも強くなり、なにより若い頃より多少似合うようにもなってきたような気もします。そして縁あって自分のところに来てくれたジュエリーたちをお守り代わりに身に着けたい、そんな思いからここ最近新たに購入するよりリフォームをお願いすることが続きました。その度に「信頼できて、そしてセンスの良いジュエリー専門家に相談できたらどんなにいいかしら。」と思っていたのです。

P1070328 (480x640) (375x500)

そしてまさにそんな方に出合うことができました!苦楽園にNANCYというジュエリーショップを構えるSさんは東京にも拠点を置き頑張っている素敵女性。最初HPを拝見した時は正直「ちょっと私には可愛過ぎるかな?」て感じだったんです。でもSさんご自身はいつもそれは素敵な大人のジュエリー使いをされているし、お話を伺うとリフォームの場合はそれぞれのクライアントにふさわしいデザインをしてくださるとのこと。そしてなによりお話しているとSさんのお人柄のようなものがすごく伝わってきてこの方なら安心してお任せできると感じたのです。さらにボストンとNYで宝石鑑定の勉強をなさっていたこと、そしてその後ヴァンクリーフ&アーペルに勤務されていたことなどの経歴から専門知識が豊富なところにも安心感を覚えました。

何度か会ってリフォームの相談をしながらも話は自然にお互いの仕事の話に。。。海外生活の中でさりげなくその人の年齢に応じたジュエリー使いをする女性たちを目の当たりにし日本でもそんな風になってほしいと常に願っている彼女。”ジュエリー”と”アート”を置き換えると話の内容はとても似ていて、いつも別れた後に彼女の言葉を頭の中で反芻するのです。

ジュエリーボックスのこのベビーピンクのリボンはお店をオープンした時からずっと使い続けているそう。一つ一つのこだわりから彼女がどれほどお店を大切にしているかを知ることができます。大切なものはこういう方から買いたいですよね。とても勉強になる出会いでした。

さて箱の中身は、、、来月末に「大人のアート遠足」で訪れるあの素敵な場所に着けていくことにしましょう。。。

2014.04.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

今回のお買いものことなど

昨日早速SDカードの復元をお願いしてきたんだけど大丈夫かな?このブログ読者の方がチューリップ畑で微笑む奥村をご覧になりたいとは到底思えないんだけど(あっ、復元できたとしてもそんなオソロシイ写真アップしませんよ!)ひしめき合う人の群れの中、レンブラントやフェルメール作品を”奥村的構図”により余裕のショットに納めた写真はぜひご紹介したいものです。海外の美術館は本当に鷹揚ですね。ほとんど写真撮影可能だし、ちょっと寄っただけでシッシッと追い払われる日本とは大違い。

そして今回も各美術館に併設されている素敵カフェの数々を確認。(←なんの確認作業?)これまたギョーセーシュウ(注:行政臭)漂う日本の美術館にある喫茶店(あえて喫茶店と言おう)と大違い!大阪の新しい美術館が2020年までに開館されると聞いたけどどうか私を”ゆるい部門”のアドヴァイザーに任命してほしいわ。。。めっちゃ良いアイデアいっぱい出すんだけど。

さて物欲のかたまりであるこの私が海外ではお買い物モード完全オフになるお話はブログではつとに有名ですが、今回は「ベルギーってなんだか好きなものいっぱいありそう、、、」と危惧しておりました。しかし幸いなことにお買い物の時間が少なかったせいもありほぼ無傷の生還。。。

ささやかな戦利品はこちら。

P1070324 (300x400)P1070321 (300x400)
P1070323 (300x400)P1070326 (300x400)

ブリュージュで買ったランチョンマットとナプキン。ホテルでポリポリ食べてたダンドワのクッキー。ゲントで買った量り売りマスタード。(重いから一番小さな瓶を一つだけ)。そしてベルギー人デザイナーによるネックレス。こういうの日本だとなかなか見つからないし、あったとしても無駄に高かったりしますもんね。ケースも渋い。

どこで買っても何を買ってもいつもとことん奥村っぽいね。。。(苦笑)

2014.04.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

ミヒャエル・ボレマンス「As sweet as it gets」~BOZAR EXPO(ブリュッセル)

お久しぶりです!今朝無事にオランダ・ベルギーのどっぷり観光旅行から戻りました。超雨女のワタクシですが奇跡的にお天気に恵まれ満開のチューリップを楽しんだり(キャラと違う?)噂に聞いてたブリュージュの美しい街並みに癒されたり、、、アートに関して言えば毎日が宗教画に続く宗教画。そういうのもたまにはお勉強がてらいいかな~と思っていたら、あ~~~~!なんという幸運!!!ミヒャエル・ボレマンス氏の大規模な個展がブリュッセルはBOZAREXPOで開催されていたのです。

P1070319 (480x640) (2)

ボレマンス氏と言えば原美術館での展覧会が記憶に新しいところですが、そちらより作品数はか~なり多くフィルム作品や水彩画、デッサンなどもありもはや回顧展並みの充実ぶり。本当に素晴らしかったです!さて撮影OKだったのになぜパンフレットの写真なのか???実はこの展覧会の撮影をしている最中SDカードに不具合が起き撮影不可能に。その時はアートの神様が「せっかく出会ったボレマンス展、写真なんか撮らんとしっかり作品を観よ!」とメッセージと送っているんだわと納得したものの帰国してから旅行中の画像が復元できるかどうか怯えています。(母のがっかりと怒りを想像するとどうしよう、、泣)。復元ソフトもトライしてみようと思ったんだけど私のことだからさらに複雑になりそうなので誰かに聞いてみよう。。。という訳で無事復元できたらまた旅行の様子をアップしますね。

さてこの展覧会は宿泊ホテルのカウンターに置いてあったアート情報誌で偶然知ったんですが、興奮してすぐに場所をホテルの女性に尋ねると、こ~んなにアバウトな説明を地図に印してくれました。「ここ出て、教会のとこ曲がって、この通り(長い楕円の箇所)にある。歩いてすぐ。」てどんだけいい加減やねん、ブリュッセル人。。。しかも遠かったちゅうねん。。。

P1070320 (480x640)






2014.04.27 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Exhibition

明日から、、、

明日から一週間母のお伴でオランダ・ベルギーに出かけてきます。

ここ最近なんとなく仕事がらみ、私の中では”研修旅行”的位置づけの旅ばかりなので、観光だけの旅ってなんか贅沢、、、と思ってしまう貧乏性の私。せっかくならフライト中にお勉強しましょうとこんな本を用意。

P1070012 (300x400)P1070011 (300x400)

パッキングもほぼ完了。しかし旅のワードローブにユニク~ロは本当に役立ちますね。それらに10年以上前に買ったトランジットのカーキ色薄手コートと、先日ロン・ハーマンでやっと見つけた理想のパーカーを加えて今回の着回し計画完成!ていうか南の島以外私のいでたちはどこでもそんなに変わんないだけど。いつも思う、、、スーツケースに納まる量が理想のワードローブだわって、、、はあ(ため息)。

「ちょうどブリュッセルアートフェアが重なってるよ!」とはMA2ギャラリー松原ネエサンからの情報。でもすぐその後に「いや今回は仕事は忘れて親孝行旅にしなさいな。」って。聞いたほうはフェア行きたくて気になる気になる。すぐに調べたらちょうどブリュッセル滞在にどんぴしゃり!どうかな~行けるかな~

てな訳で1週間ほどブログはお休みです。行ってきます!

2014.04.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

"なんとかしなきゃ"のもの達

このブログをご覧の方ならよくご存じかと思いますが、私はかなり物持ちの良い人間です。家電は新しいのが出るから買うという発想は全くなく今のが壊れっちゃから買うって感じ。当然ながらかなりの家電後進家庭。洋服や靴も然り。しかし「もういい加減なんとかしろよ!」ってものが家の中に存在していてずっと気になってました。それはケトル・鉢カバー・エプロンの3つ。そのうち2つをやっとなんとかしました。

丈の短いギャルソンエプロン派の私。気に入る柄がないからという理由で今のエプロンがぼろぼろになっても使ってたんですが、やっと納得のデザインがあったので購入。(まめな方ならご自身でミシン使ってちゃちゃっと作っちゃいますよね。)

そして家にある一番大きなグリーンの鉢カバーもやっとこさ購入。以前の鉢カバーが朽ち果ててから臨時でブリキのバケツに入れること1年あまり。いろんなショップで探しても大きいのがなかったり、重かったり、売り物じゃなかったり、、、結局いつもの行きつけのお花屋さんでちょうどいいのがあり一件落着。

P1070009 (300x400) P1070010 (300x400)

そして、ケトル。やっと見つけたと思ったら思わぬ落とし穴。(しかも買ってから気づいた。)ケトル探しの旅は続く。。。

2014.04.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

上野王香「漁師・医者」~Port Gallery T

個展の度に上野王香氏の小さくて摩訶不思議なコラージュの世界に見入ってしまいます。上野氏の想像上の生き物(と言っていいのかも定かではないのですが。)が織りなす物語は今回の展示でいったん完結なのだとか。けれどその物語とは別に上野氏の作品たちは観る者それぞれの想像力をフルに働かせてくれる気がします。

P1070006 (480x640)

今回の支持体は板。しかも渋い色合いがとても素敵。

P1070001 (480x640)

P1070002 (480x640)


これね、ほ~んとに実際に近くで観ないとよくわからないんです。

P1070003 (480x640)

P1070007 (480x640)

中にはわざと定着させていなくてひらひらしてる箇所もありますが、そこがまた作品に奥行き感を出しています。

オーナー天野さんのお気に入りはこちらですって!もんぺ姿のご婦人方がなにやら相談中って感じ(笑)。しかも顔は鳥だし。。。

P1070008 (480x640)

今回たくさんの小さな作品もあります。あえて大きな面においても良し、小さなフレームに入れても良し、楽しみ方はいろいろ。

P1060999 (480x640)

今はイギリスで制作をなさっている上野氏ですが、以前よりさらに色遣いが洗練されたような気がします。やはり制作する場所の空気・光・日々目にするもの、それら全てが影響しているんでしょうか?作家ご本人にそのあたり直接お聞きしてみたかったな。。。

会期は今週19日(土)迄ですので皆様おはこびくださいね!(明後日じゃないか!?)


2014.04.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

最近の乱読日記から

「本屋さん大賞2014」が発表されましたね。昨年発売されてすぐに読んでちょっと泣きたくなるような切ない感動を覚えた「昨夜のカレー、明日のパン」は惜しくも2位。読まれた方どのエピソードがお好きでした?私は雪だるまが飛行機に乗るあのお話が心に残りました。なんだかもう一度読みたくなってきた。。。

という訳でブログ新シリーズ?「最近の乱読日記から」です。
今年に入って読んだ本の中から何冊かご紹介。

P1060998 (197x262)P1060994 (197x262)P1060987 (197x262)
P1060996 (197x262)P1060990 (197x262)P1060997 (197x262)
P1060989 (197x262)P1060993 (197x262)P1060991 (197x262)P1060992 (197x262)P1060995 (197x262)P1060986 (197x262)

あ~まったく脈絡ないわ、私の読書スタイル。まさに乱読。。。順にまいりましょう。

・アメリカ人女性映画監督の軽妙なエッセイ。NYの香り漂います~!
そして”女の子”である時期より”女性”の時期が長いってことの意味をしみじみ考える一冊。

・家庭ものを書いてもつねにハードボイルド!恐るべし桐野夏生氏。。。

・昨年すでにベストセラーになってたらしいこの秘境本を今年になって購入。今までにもその類の本はいっぱいあったけどなにがすごいってこの本には絶景ポイント紹介のすぐ後に、そこへの行き方、渡航費用、ベストシーズンなどなどの情報を掲載しているところ。それを読んでにわかにリアリティを感じるって訳。ほんの少し他の本と違ったことをするだけですごいベストセラーになるんですね。

・三浦しをん氏の「まほろ駅前シリーズ」はやっぱり外せない。やっぱり面白い。

・ジョン・アーヴィングの新刊はいつもながらのめちゃくちゃなお話だけど最後にほんわり心が温かくなるのはなぜ?氏の小説は以前からず~っと読んでないと読み難いし、かなりぶっ飛んだ内容なので一般的にはおすすめし難いんだけど(苦笑)。ほぼ読破してる人からすると慣れちゃってます、このハチャメチャ感。
ちなみにアーヴィング作品の中でお気に入りは「オウエンのために祈りを」「ホテル・ニューハンプシャー」「未亡人の1年」かな、、、

・雑誌「クーネル」のこの連載結構好きだったんですよね。本になってるって知らなくて最近購入。決してグルメな感じじゃないんだけどどの方の食生活も見てるとすごく楽しい。

・高田都氏の「みをつくし料理帖」は次で最終回ですって(泣)!澪ちゃんと源斎先生が結ばれる気がするのは私だけ?

・「ミロのヴィーナスはなぜ傑作か?」先日ある作家がギリシャ彫刻のすごさにあらためて気づいた話を聞いてた時思いだしてたのがこの本。

・あ~~~~!またしてもサリンジャーの新約!大昔最初に読んだ頃のタイトルは「フラニーとゾーイ」だった。

・「アートの価値」、、、まさにアートの価値はなんたるかを考えた本。どうでもいい話なんだけど、この本読んでるうちにばらばらになりそうな危うい装丁なんですけど、、、

・小さい頃本がボロボロになるまで繰り返し読んでいたのが「くまのパディントン」「メアリーポピンズ」「ドリトル先生」の各シリーズ。なんと新潮モダン・クラシックスとして最初に刊行されたのが福岡伸一氏による新約「ドリトル先生航海記」。優れた児童文学は大人が読んでも面白いと再認識。私に読書の楽しみを教えてくれた思い出の本たちに感謝!

ちなみに新潮モダンクラシックシリーズの続刊はプルーストの「失われた時を求めて」ですって!ついにこの本にチャレンジする時がやってきたか、、、

2014.04.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

宮越裕子「LACY」~イムラアートギャラリー京都(2F)

京都芸大制作展でとても気になっていた宮越裕子氏の作品。彼女の初個展がイムラアートギャラリー京都で始まりました。ブログでご紹介したところ「見たいです~!欲しいです~!」といった声が私の周りでも多かったのですが、昨日は今”アートが欲しい”最高潮モードを迎えているキュートマダムYさんと一緒にギャラリーを訪問しました。

これらの作品はアイシングでレースを模したオブジェを作りそのレースが溶け出す様子を定点撮影したもの。なんと一つの作品で100枚前後のショットが存在し、その中から一番美しいと感じた1枚を出力しているんですって!作品モチーフをを自ら作るパティシエールのような作業から気の遠くなるような撮影過程まで、1点を生み出すエネルギーと時間は計り知れない。でもその美しい作品にそんなことをみじんも感じさせていないところがまたいいんですよね。。。

P1060981 (480x640)
P1060983 (480x640)

想像通りの作品だったようでYさんは「どれも好き~!選べない~~!どうしよう~~!」と嬉しいプチパニック?状態(笑)。最終的に制作展で大学院市長賞を受賞した作品と私が一押ししていた横長の作品2点を決められました。その設営の様子もまたお楽しみに!

P1060982 (640x480)

P1060980 (640x480)

個展初日とあって宮越氏もドレスアップして在廊中。もう宮越さん可愛いったら、話オモシロイわで、作品選びも楽しい楽しい♪そんな彼女をパチリ!会期は5月2日迄。土曜日は在廊予定だそうです。ぜひ皆さんお出かけくださいね!

P1060979 (480x640)

春の日差しの中駅に向かう道すがらYさんが「なんでアートを買うってこんな楽しいんでしょうね~家にアートがあるってなんか幸せですよね~~なんでもうなかった時を思い出せないんでしょうね~~」と幸せそうに話してくれて心がほのぼの。そして宮越さんからも「初個展の初作品購入者があんなに素敵な方なんて私は幸せ者です。」のメールが届きました。

アートが素敵な出会いを作り幸せを生み出すことを再認識した一日でありました。


LOVE&PEACE&ART!









2014.04.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

食べることの風景

春のあれこれを使った毎日ごはん。

P1060865 (263x350) P1060872 (263x350)
P1060875 (263x350) P1060860 (263x350)
P1060976 (263x350) P1060855 (263x350)
P1060870 (263x350) P1060858 (263x350)

余ったザーサイを刻んで炒り豆腐に入れたり、タイの切り身に塩昆布を混ぜ寝かせて簡単昆布〆にしたり、思いついて新じゃがとイカを煮たり、、、ささやかで小さなチャレンジは続く。。。

2014.04.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

着ることの風景

この春買ったタバコ色のスエードジャケット大活躍中!ブルーグレーのセーターに合わせたり、着こなすのが難しくお蔵入りしていた辛子色のトロミブラウスに合わせたり、いろんな色との組み合わせを楽しんでます。来週からはブルーのシャツとホワイトジーンズにコーディネートしてみよう。。。

P1060918 (480x640) (263x350) (2) P1060946 (263x350)
P1060930 (263x350) P1060922 (263x350)P1060953 (263x350) P1060923 (480x640) (263x350) (2)
P1060964 (263x350) P1060975 (263x350)

さてイネスとユニクロのコラボが話題になっていますね。その宣伝ビデオを見てイネスの髪型いいな~と例年より早めのふんわりパーマをかけました。もちろんヘアサロンで「イネスにしてね!」なんて言えませんでしたけど。。。

しかしあれですね、イネスが着るからかっこいいんですよね、あのコラボ服。でもたまには潔く騙されてみるのもいいんじゃないかと旅行用にナイロンのブルゾンを買いました。もちろん騙されてもいいお値段。。。。

2014.04.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Fashion

春の作品お嫁入りが続きます

先月東京の金光男氏個展でのこと。新作のシルバーシリーズにビビビッときて「これは絶対関西でお嫁入りさせちゃおう!」と心の中で誓いました。早速ブログで紹介したところやはり反応があってすぐに仮押さえをお願いし会期終了を待ち作品を送ってもらいました。

作品が決まる時って全部がトントントンと進んでいくものなんです。昨日お客様のところに伺いあっと言う間にお嫁入り決定!それは素敵なキュートマダムY様がとてもとても気に入ってくださいました♡

2Fのリビング手前の空間に飾った作品がこちら。。。

P1060965 (480x640)

すでに作品をお持ちのY様でしたが、今すご~く”アート欲しいモード”なんだそう。金作品を皮切りに今週末は京都、来月は東京へと作品選びにご一緒することになっていて私もとても楽しみにしているんです。

さあ、作品に近づいてみましょう。

P1060966 (480x640)

角度を変えて、、、もうシルバーシリーズ素敵すぎる、、、うっとり♡

P1060967 (480x640)

そして同じ日取り寄せていたもう一点のこちらの作品もおしゃれ素敵マダムのところにお嫁入りが決定しました。セッティング終了後またご紹介しますね!

P1060968 (480x640)

さて去年生まれたベベちゃまも参加?してのティータイム。皆さん本当にお茶の出し方にもセンスを感じる方ばかり。さすが奥村塾生?たち。センセイよりちゃんとしてる(笑)!!

P1060969 (197x262)P1060973 (197x262)P1060974 (197x262)


最後の写真は、、、帰る間際壁に掛かった絵を前にお兄ちゃんになったY君が「この絵ずっとここにあるん?」と尋ねるので「そうよ~大切にしてあげてね。あっ!そうだ。Y君のお年玉で買ってもらおうかな?」と答えるとお部屋に入ってなにやらゴソゴソ。子豚の貯金箱を手に戻ってきて一生懸命開けようとしている図。

もう可愛過ぎてキュンキュンしちゃいましたわ。。。2年前に訪れた私を”あの絵の人”ってちゃんと覚えてくれたY君は昨日も玄関出てからず~っと手を振って見送ってくれました。。。




2014.04.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

春の作品お嫁入り~本編

先週の予告編の続きです。たくさんの中島麦作品がそれは素敵なお宅にお嫁入りです!

まずは玄関ホールから階段へとつながる大きな壁に大小2点の作品を。

P1060894 (480x640)

ご主人様の書斎には最新作のシリーズから。以前に納品した大西伸明氏作品とかっこよく並んでいます。

P1060895 (480x640)

ここはシアタールームとガラス越しのガレージが続く贅沢な空間。なので遊び心のあるビビッドな色遣いの作品がぴったりでした。

P1060896 (480x640)

P1060897 (480x640)

次は太陽の光が燦々と差し込む2Fへ。広~いリビングの端っこから撮影してみました。

P1060911 (480x640)

さっ!どんどん近づいていきましょう!

P1060902 (480x640)

P1060909 (480x640)


ダイニングの飾り棚の上にもさりげなく麦作品を。

P1060901 (480x640)

奥様のプライベートルームには軽やかな色遣いの作品を2点並べましたが、空間にハマるハマる!もううっとり。。。そして超美しくて、いつも優しい雰囲気をたたえた奥様のイメージにぴったり。。。

P1060904 (480x640)

P1060905 (480x640)

2年前にお嫁入りしていた田中朝子作品と牡丹靖佳氏の作品はお互いの場所をチェンジしてましたが、もうすっかりこのお家の住人です。「毎日見てるとね、作品が”ある”って感じより”おる”って感じなんですよ。関西弁の”おる”ね。」先日のご主人様が言われたその言葉がとても印象的でした。(注:関西では”いる”を時折”おる”って言ったりします。)

P1060891 (480x640)

P1060892 (480x640)


今回お嫁入りした中島作品もすぐにここの住人になりご夫妻に大切にしてもらえるんだろうなと思うとなんだか心の底から嬉しくなりました。春の素敵なお嫁入りでした。



2014.04.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art selection

樫永創展~Oギャラリーeyes

3年前、樫永創氏の作品を初めて観たときの不思議な感覚は今でも残っています。ちょうど震災のすぐ後ということもああったのかもしれませんが「キャンバス上にふわふわと魂が浮かび上がっている、、、」そんな印象を受けたのです。そして去年まったく違うタイプの作品を目の前にしたときあの時の作家の作品とはすぐにわかりませんでした。でも去年の作品も初個展の作品同様心のどこかにひっそりと存在し続けています。

そして昨日個展初日に出かけてきました。私はやはりこういう作品が好きだな。。。

P1060889 (640x480)

残念なのは写真だと単に真っ黒に写ってしまうこと。でも実際に観ると美しい深い紺色の中に存在する”なにか”を発見することができるんです。

P1060884 (480x640)

P1060886 (480x640)

その”なにか”ってなんだろう?それは作家の「気配のようなもの」の一言で私の探していた言葉が見つかったような気がしました。

P1060888 (480x640)

そうキャンバスの中に何かの気配を感じるんです。そして鑑賞後心の中にその残像が焼き付けらえるような感じ。

P1060887 (480x640)

受け取り手の様々なイメージを喚起し、観る者との間の心地よい緊張感を感じさせてくれる樫永作品。12日までですので皆様是非に。。。

2014.04.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

春の日曜

また寒さのぶり返した日曜日。外の桜も散っていいのかまだ咲いていていいのか悩んでいるみたいですね。でも暖房のいらなくなったこの季節やっと室内にお花を飾ることができます。今日は少し前に買った料理本のレシピでレモンとアールグレイのケーキを焼き、結構うまく焼けたので半分を近所に住む友人に今届けてきました。

P1060864 (263x350) P1060883 (263x350)
P1060879 (263x350) P1060878 (263x350)

さて春と言えば出会いや別れの季節。セミナーや教室に通ってくださっていた生徒さんがご主人の転勤に伴い関西を離れるお話はちょっぴりさみしいもの。ず~っと以前からブログやセミナーを楽しみしてくださっていたHさんも名古屋にお引越し。先日のマナのセミナーにご参加いただいた際に「たぶん奥村さんの好みははずしてないと思う。」とキッチンクロスをプレゼントしてくださいました。私がなにかお餞別しなきゃいけないのに逆だわ。。。でもさすがです!私の好みドストライク!

「関西では仮住まいだったのでなかなかアートを飾る気持ちになれなかったけど、名古屋に戻ったら自宅なんでやっと奥村さんにアートの相談ができるわ。」その言葉にぐぐっとなりました。そうですよね~名古屋なんて近くだもん!Hさんには名古屋支部長として頑張ってもらいましょう!(←いったいなんの支部長なんだ???)



2014.04.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

春の作品お嫁入り~予告編?

アートの話題のみならずファッションあり食べ物ありのこの拙ブログですが、一貫しているのはここでご紹介した作品をどうか多くの方に知って欲しい、そしてご自宅に飾ってみたいと思っていただきたい、という熱い想い。。。ですから「ブログで観たあの作品についてもっと知りたい」とご連絡いただくことがなによりの私の喜びです。

先月のこと、2年前に第一段階のアートをお決めいただいたS様から「ブログにあった中島麦氏の作品を自宅に飾りたいのですがどうでしょうか?」という嬉しいご連絡をいただきました。早速候補の作品画像をお送りしたところ、どんどん話は進んで先週は中島氏のアトリエにご夫妻と一緒にお邪魔し、昨日にはたくさんの中島作品が素晴らしい空間にお嫁入り決定しました。

本格的な取付が来週となったためちょっぴり予告編です。この続きは来週ドバ~ッと参りますね!

まずは入ってすぐの玄関ホールから階段に大きさの違う2点。どの組み合わせにするかをご夫妻、作家といろいろ検討していくのはとても楽しい時間です。

P1060862 (480x640)

そしてダイニングにはのびやかな大空を思わせる気持ちのいい作品。実はこちら阪急メンズ館で展示されていた時に私が一番気に入っていつかプレゼンしたいと思っていた作品だったんです。嬉しい~!

5月末にはB&Bダイニングチェアのカバーがオレンジに、そして今までここにあったブラックのFOSCARINI社のフロアスタンドTwiggyが白になる予定でそのことも踏まえてこの作品を選びました。

P1060861 (480x640)

全ての作品をお選びいただいた後お茶をいただきながらアートのお話あれこれ。いつも作家のお話に真摯に耳を傾けてくださるS夫妻から、とても作品を気に入ってくださったとの感想をいただき中島氏も感激の様子。。。作家自らお客様のところに出向いて感想を聞くなんてことはあまりないですものね。そんな会話の最中大きな虹が空に現れました。(写ってるかな???)

P1060863 (480x640)

外に広がる柔らかな青空と作品が繋がっているような、そんな気持ちのいい空間に仕上がりました。来週のセッティング風景もお楽しみに!

2014.04.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

春の書店で考える、、、

あわただしかったイベント続きの2,3月が過ぎ、静かに次の計画に向け準備中です。お客様とのアート打ち合わせもいくつか始まりどんな作品がお嫁入りするのか今からとても楽しみ♪

さて私は3日に一度は本屋さんに立ち寄らなければ禁断症状が出るくらいの本好き人間。(いささか活字中毒気味、、、)本が好きっていう以外に最近の流れみたいなものを感じることができるのでリサーチも兼ねてます。ネットでの情報が大きな位置を占める昨今ですが、今の時代どちらもバランスよく取り入れることが大切なような気がするからです。

でも平積みの本を眺めているとなにかが売れると右に倣えで「同じ切り口の本ばかりだな~」とちょっとつまんなく思う時があります。

今日は長くなりますのでご興味のある方は続きをどうぞ、、、


続きを読む

2014.04.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

食べることの風景

今日から4月。あっと言う間に桜も満開ですね。和洋問わず春の食材が気になる季節となりました。うどに新じゃが、たらの芽にいちご、、、


P1060827 (263x350) P1060842 (263x350)
P1060846 (263x350) IMG_0561 (263x350)
P1060841 (263x350) P1060829 (263x350)
 
先週届いた嬉しい贈り物はコッポラ監督が娘のウエディングのために作ったスパークリングワインとトッピング用のチョコレート。さてさてチョコはどう使う??

2014.04.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

«  | ホーム |  »