allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

現代アートファンを増やしてきます!

先週2回目の「大人のアート遠足@国立国際美術館」が無事終了しました。この日もお集まりいただいたのは素敵女性たち。しばらくお会いしていなかった方々もいつも私のブログを楽しみに訪問してくださり、日々ご自身なりにアートに触れる生活をなさっているとのお話をお聞きしとても嬉しく思いました。さあ!次は京都の”あそこ”にまいりましょうね!(イベントやるやる詐欺にならないようがんばります。。。)

さて明日からしばらく東京出張。もちろん主の目的はマナトレーディングイベントのためですが打ち合わせや気になる展覧会も訪れるためちょっと長めの滞在です。

今日は長いのでお時間ある方は続きをどうぞ、、、


続きを読む

2014.02.24 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

ミヒャエル・ボレマンス展@建仁寺塔頭両足院水月亭

原美術館で展覧会開催中であるミヒャエル・ボルマンス氏の京都・両足院での特別展示に出かけてきました。こちらの鑑賞は各回20名まで、もちろん要予約でしたが、本当に足をはこんでよかったと心から思えるひとときでした。

普段は一般公開されていない素晴らしいお庭も楽しみながらお茶室にある作品をめでる。。。ああ~なんという贅沢なんでしょう!

IMG_0377 (480x640)

IMG_0375 (480x640)

IMG_0378 (480x640)

さあ!いよいよ展示作品です!5人ずつお茶室の中を覗くようにして鑑賞するのですが、後ろの方に遠慮しちゃってせわしない。。。願わくばもう少しゆっくり観たかったな。。。

IMG_0366 (480x640)

というわけでほぼ盗撮に近い(やったことないけど、、、)写真となりこの空間の素晴らしさを伝えることができず残念ですが鳥肌立つくらい素敵でした。東京の展示とはがらりと変わりお茶室空間にインスパイアされたかのような水墨画は見事。モティーフはクチナシだそうです。床の間に活けられたお花とも見事な調和を見せており完成された美しい宇宙のようです。

IMG_0368 (480x640)

作品は2点のみ。もう一点はこちら!あ~もう素敵すぎる。。。

IMG_0371 (640x480)

IMG_0370 (480x640)

IMG_0372 (480x640)

興奮冷めやらぬままランチは久しぶりに田むらへ。ちなみにここのランチはかなりお勧めです!風は冷たかったものの日差しは温かく絶好の京都散策日和。来週の東京出張に向けパワーを温存した一日でした。

2014.02.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

マナトレーディング東京イベントのお知らせ

今年もマナトレーディング東京でイベントを開催することになりました。
今回はいつものアートの飾り方レクチャーに加えヴェネチアビエンナーレの様子やその際立ち寄ったルベリショールームのお話なども交えてみようかと思います。

日時は2月26日(水)10:30/15:00/2回となっています。お申し込みはこちらまで。

*午前・午後の部とも満席となりました。ご予約いただいております皆様、本当にありがとうございます!!

関東方面の皆様にお目にかかれますのを今からとても楽しみにしています!

追記:昨年まで長年取り組んでいた”アートでおもてなし”。例の発言でにわかにクローズアップされた”おもてなし”の言葉。さすがにもう使えないわ~封印しといてよかった~と思っていましたが、マナのイベントではそのままになっています。真似っこしたんじゃないですからね!!!(笑)今年から”アートでドレスアップ”ですから!!!(笑)

2014.02.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | お知らせ

大人のアート遠足@国立国際美術館一回目終了!

昨日今年の”アートでドレスアップ企画”第一弾である「大人のアート遠足」1回目が終了しました。私の住む辺りは関西の中でも本当に雪で大変なことになっていて、あわや引率の先生不在の遠足になるところでした。

大阪にたどり着くと嘘のような景色に「長靴はいてこなくてよかったよ~どこがドレスアップやねん!?になるとこだったよ~」と一人心の中でつぶやく。。。

このイベントでは長らく教室に通って頂いて方々に集まりいただきました。正真正銘の奥村塾生(?)たち。自宅での教室に一区切りつけたものの皆さんからいつも「なにかイベントを!」とそんなお声をいただいていました。そして私自身、決して便利とは言えない遠方の我が家に寒い中、暑い中、ずっと通ってくださっていた生徒さんたちに特別な感謝の気持ちを持っていて、定期的に皆さんにお目にかかりたいな~とずっと思っていたのです。生徒さんたちでありながら私のアートへの取り組みを深く理解し、応援してくださっている素敵女性たちと久々にお話しすることができ昨日はたくさんパワーをもらいました。

さて訪れたのは国立国際美術館で開催されているアンドレアス・グルスキー展。圧巻の一言である作品たちを皆さん思い思いに楽しまれていた様子。もちろんそのあとのランチ会では「もし持って帰ることができるならどれにする?」の発表会もありました(笑)。

皆さん昨日のいでたちもそれは素敵!ブランドものが目立つ方なんていなくて着こなしにそれぞれの個性があってトレ、トレ、シック!アートの市場にこんな素敵なムッシューやマダムが加わっていくことって重要なんじゃないかといつも思います。

来週には2回目を予定しています。次回も久々にお目にかかる方がおられるので今からとても楽しみです🎶

もう一つだけ昨日のエピソード。午前からの遠足に参加できなかったMさんが途中合流し、お菓子教室で習ったばかりのアートなケーキを届けてくれました。わざわざ私のために焼いてくださったんですって。泣けます。。。

IMG_0353 (186x248) IMG_0355 (186x248) IMG_0357 (186x248)

おいしそうなチョコレートケーキをカットすると、、、なんとモンドリアン模様なんです!もちろんとっても美味でした。

2014.02.16 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

京都市立芸術大学作品展にて(その2)

今朝起きたら外は雪国!しかもかなりの積雪。今日の予定どうしよう、、、と今途方に暮れています。明日の”大人のアート遠足”も雨らしいんだけど、私の主催するイベントに悪天候はつきもの。ご参加の皆様毎度のことで慣れておられると思いますが、ごめんなさい。。。明日11時に国立国際ロビー集合ですのでお気をつけていらしてくださいませね。

さて昨日の続き。同じ棟で気になったマドモアゼルたちの展示にいきましょう!

作品の中にストーリー展開があってとても面白かった横内朝氏の展示です。特に架空のウエディングをテーマにした一連の作品には一点一点思わず見入ってしまいました。ハッピーなウエディング風景でありながらなんとなく”ぞわっ”とする感じはいったいなんなのかしら???

IMG_0346 (640x480)

IMG_0347 (480x640)

こちらは宮越裕子氏のアイシングで作られたレース模様を写真におさめた作品です。これは本当にすぐにでもお客様にプレゼンしたい!!!ぜったいご自宅に欲しい方いっぱいおられると思うんだけどな。。。

IMG_0349 (640x480)

IMG_0348 (640x480)

IMG_0350 (640x480)

とここでギャラリーほそかわの細川さんに遭遇。久しぶりだったので立ち話もついつい長くなってしまいました。

さてキャンパス入ってすぐにあったのがこちら。「うわ~さすが京芸!ごみの出し方もアーティスティック!」と感動してたらホントに作品であった。。。

IMG_0351 (480x640)

遠かったけど足を運んでよかった、と心から思えた初京芸訪問でした。


2014.02.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

京都市立芸術大学作品展にて(その1)

昨日京都芸大で開催されている作品展に行ってきました。「ついに奥村さんギャラリーやるの?そのために若い才能を発掘に???」

ち・が・い・ま・す!

あ・り・え・な・い!

こちら油画院生で3代目テッタイ(手伝い)君である新平誠洙氏の作品を観に行ってきたのです。アルバイトをお願いしているからにはその作家活動もぜひとも応援したいと2代目テッタイ君金光男氏の時と同じく強く思っています。それに”奥村テッタイ君”を経験したら作家としてぐいぐい世に出ていくという都市伝説を作っている最中だし、私、、、(笑)。

でも応援するには新平氏の作り出す作品を心の底から大好き!と思わなければ到底無理な訳で、もし「・・・?」だったらどうしよ~とドキドキ。向こうは向こうで「奥村さんに作品見せるの怖いよ~ん」とビクビク。けれど彼の作品を観た途端「おお~~~~!きたきた!すんごくいい!カッコいい!新平君やるやん!」と展示空間の中ついつい一人つぶやいてしまったんですよね。。。

IMG_0342 (640x480)

IMG_0343 (640x480)

ウエブ上から選び取った人物画像が作品モチーフとなっておりこちらは若き日のビル・エヴァンス。わずかな時間の経過で生まれる表情の変化が作品上に反映され、その時間差が斜めに入った黄色の線により強調されている感じがします。これね、本当に恐ろしくかっこよくないですか???もうちょっとサイズが小さかったら我が家のリビングにお買い上げするとこだったわ。。。

さてこちらが新平氏。とても賢くて礼儀正しくて良いワカモノです。先日の作品搬出の際ついに台車を購入しましたが記念して”新平号”と名付けましたの。。。

IMG_0344 (480x640)


4点の違ったタイプの作品が展示されておりそれぞれに次につながるなにかを強く感じることができましたが、その中でもこのモコモコ、フワフワ作品には感動。。。

IMG_0345 (480x640)

こちらは大学近くにいたお年を召したムッシューがモデルなんですって。で、なにが驚きってこれはウールの繊維を細か~く裂いたもので描かれているんです。ご本人曰く「もうやりたくない」て言ってましたけど、これかなり気に入っちゃたんですよね。。。

正直私は人物モチーフはあまり好きではありませんが、彼の作品にはとても魅力を感じました。こういうセンスが良くてかつダイナミックな作品てなかなかお目にかかれないし、彼の作品にはひょいと世界に出て行っちゃう可能性が潜んでいるような気がします。

3月には大阪のCASOでこれらの作品に会うことができます。ここでも情報をアップしますので皆様ぜひおでかけくださいませね!

2014.02.13 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Exhibition

越野潤 eight white rectangles~ギャラリーあしやシューレ

越野潤氏の空間の使い方には毎回「お見事!」の一言しかありません。今回はホワイトキューブの中にさらに白が際立つ凛とした美しい展示となっていて、もううっとりため息の世界。。。越野氏の展示作品とマレーヴィチ作品との考察についてはこちらをご参考くださいませね。(と難しい話はいつもの無茶振り作戦。)

空間に存在するのは8つの長方形。(すみません、5つしか写っていませんけど、、、)

IMG_0341 (480x640)

そしてそれぞれの白がびみょ~に違うのです。作家ご本人も制作しながらわからなくなったのだとか。

IMG_0337 (480x640)
IMG_0338 (480x640)

空間奥の廊下にはアクリル板が支持体となったシルクスクリーン作品が並んでいます。

IMG_0339 (480x640)

小さい作品から徐々に大きな作品がお行儀良く整列中。。。

IMG_0340 (480x640)

当然ながら空間の中に作品が展示されているのだけれど、氏の作品を鑑賞する度それが違うんじゃないっかて気がするんです。作品が空間を作っている、、、どうもそう思えてならない。素敵な作品を前にそんな不思議な感覚を味わいに是非ギャラリーを訪れてみてくださいね。会期は16日(日)迄。

2014.02.10 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Exhibition

吉峯和美作品の初お嫁入り!

年明け初めて吉峯和美氏の作品を実際観たとき「これはぜったい私のお客様たちがお好きだわ!」とビビッときました。「そうそういつもこんな作品を探してるんだ。」てね。そして実際それから一か月も経たずお客様にお勧めすることになったのです。先日初めて私から中川佳宜作品を購入してくださったMマダム、間を置かずして今度はいよいよリビングの大きな壁を飾るアート探しとなりました。一点決めたら弾みがついたんですって(笑)。本当は違う作家の作品がここに来ることがほぼ確定していたんですが、ふと吉峯作品を思い出し画像をお見せしたところ「うわ~!これ好みだわ~」となり昨日ご自宅に伺ってきました。

IMG_0332 (480x640)

そしてお嫁入りした作品がこちらです!以前新聞で美術欄を担当なさっていたこともあるアートに造詣の深いご主人様といつもおしゃれな素敵マダムのM夫妻。お二人とも作品をとてもとても気に入ってくださいました。設営後お茶をいただきながら時折宙を舞う?奥様の視線の先には吉峯作品。何度も「奥村さん~本当にこれ好きだわ~出会ってよかったわ~」と言ってくださり嬉しい限り。。。

もうちょっと近くに寄ってみましょう。奥の方にかすかに見えるどこかの風景。なんてシック、そしてなんて美しい、、、

IMG_0335 (480x640)

知性と品性を兼ね備えた素晴らしい作品との出会いにはいつも心躍るもの。今回も幸せなお嫁入りとなりました。。。

2014.02.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art selection

食べることの風景

毎日の献立とはこれ余り物と向き合うことなり。誰が言ったか?皆様に代わり私が言いました。冷蔵庫に余っていたクリームチーズ・サワークリーム・トマト缶あらゆるものと向き合ったこの1週間。そうそう成長する余り物豆苗も忘れてはいけません。そして先日購入した器たちは大根の炊いたんやかぼちゃのそぼろあんかけなど地味ごはんにも新鮮さを与えてくれております。(献立じゃないけど久々にチーズケーキも焼きました。)

そんな中余り物から久々にヒットが生まれました!通常の玉ねぎ・じゃがいものポテトサラダにサワークリーム・カリカリベーコン・クレソンの粗みじんをいれたらこれが結構いけるんです!”説教居酒屋おくむら”(←何のパフォーマンスだ?)を期間限定で開くことがあれば突き出しにしましょう。大人のビターな毒舌風味”説教ポテサラ”いかがでしょうか???

さてそんなわけで今度はクレソンが余ってしまい、牛肉・エリンギの炒め物に豪快に手でちぎってトッピング。まさに男の(男気の?)料理。。。

今日はまた雪がちらつきそうな寒空ですね。皆様温かくして良い一日を!

IMG_0307 (248x330) IMG_0302 (248x330)IMG_0322 (248x330) IMG_0304 (248x330) P1060805 (248x330) IMG_0329 (248x330)
IMG_0319 (248x330) IMG_0325 (248x330)


2014.02.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Food

Ting-Ting Cheng I know what you are trying to say ||~ギャラリーノマル

ノマルギャラリーでは台湾の現代美術画廊とのエクスチェンジ・プログラムである展覧会が開催されています。このエクスチェンジ・プログラムとはその名の通り展示場所を交換して展示を行うこと。つまり通常ノマルギャラリーが扱っているのではない台湾人作家の作品を鑑賞することができるのです。

Ting-Ting-Cheng氏は台湾出身で現在はロンドンを拠点にゴールドスミスカレッジに籍を置きながら世界的に活躍中の気鋭のアーティスト。今回の個展ももともとロンドンで展示されたもので3つのプロジェクトで構成されています。全てのプロジェクトは言語・コミュニケーション・異文化のアイデンティティといったものを取り上げてます。

まずはこちらから。ロンドンの図書館から彼女は理解できない言語の本を借りてきてそれぞれ言語ごとに積み上げたもの。ベンガル語ありロシア語あり、、、不思議なのはその側面からなんとはなしに言語の片鱗が読み取れること。私が一番気になったのは、もちろんフランス語!(笑)

IMG_0312 (480x640)

IMG_0313 (480x640)
 
中央にあるテーブルにばらまかれているのは英語の単語でありながら中国語のそれと発音が似ているものだそう。当然ながら発音が似ていても持つ意味は違いますものね。。。

IMG_0314 (480x640)

こちらに並んでいるのは100日間自ら新聞、雑誌を買わず、TVのニュースも見ず頼んでいないのに彼女のもとに届く新聞のみを読む生活を続けそれらを記録をして残した作品です。

IMG_0315 (480x640)
 
IMG_0316 (480x640)

映像作品では異なる母国語を持つ人たちに台湾映画のシーンを想像しながら説明してもらっています。言語を理解できない場合、その声のトーンや雰囲気といったものから人はどこまで理解できるのでしょうか?

IMG_0317 (480x640)

文字もの、本ものアートにめっぽうヨワイ私にとってはまさに”ツボ”的展覧会でありました。


2014.02.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

ターナー展~神戸市立博物館

先週神戸で開催されているターナー展にいってきました。現代アートの展覧会では”家に飾るならどれにする?”の妄想的一人遊びをするのが常でありますが、いわゆるクラシックな絵画展の時にはなかなか感情移入できない。でも今回は「これ持って帰りた~い!」の1点を発見!ま、どうすることもできないので記念にポストカードを買って帰りました(笑)。作品タイトルは「三つの海景」。海の風景が3層になったこの作品は当時としては斬新な構図だったのではないでしょうか?

初期から後期に至るまでのそれは美しい風景画、そして「これってもはや抽象画?」と思わせるような最晩年の作品までかなり楽しむことができました。ターナーに因んだターナー賞は現代美術界における最も重要な賞の一つ。その関わりにも納得のターナー展鑑賞でありました。



IMG_0297 (248x330) (248x330)


2014.02.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

着ることの風景

のっけからお詫びのご案内です。マナ"大阪"でのイベントが3月29日(土)に変更となりました。申し訳ございません!メゾン・エ・オブジェ見学出張に行っていたスタッフSさんがあちらで素敵な新作をたくさん見てきたそう。せっかくならマナとしてはそのファブリックをイベント時にご紹介したいとのことで少し日程を延ばすことになりました。皆様アートのお話と一緒に最新のファブリックをお楽しみくださいませね🎶


さて相変わらずのグレ-とベージュの毎日ですが、今シーズンはネイビー+ブラックのコーディネートも導入!ちょっと新鮮な感じで古いアイテムも生き返るかな??そして久しぶりにコンバースも引っ張り出したりなんかして。。。

P1060742 (248x330) P1060755 (248x330)
P1060803 (248x330) P1060778 (248x330)
P1060777 (248x330) P1060766 (248x330)
P1060758 (248x330) (248x330) P1060801 (248x330)
 
イネス・ド・ラ・フレサンジュ女史によると”男物の大きな時計にカシミアのセーターとジーンズとコンバースのスニーカーはとても官能的なコーディネート”なんだそう、、フム。私がそのまま真似したら若作りの変なオッサンになり兼ねないな。。。

海外のファッションスナップなんかで見かける細身パンツとコンバースの組み合わせはよほどスタイルに自信がない限り日本人がぜったいに取り入れてはいけないファッションの一つかも。私はコンバースを履く時、もこもこブーツにいれるインソールを仕込みます。ほんの少しのことでバランスが良くなるんです。ハイカットの場合のみの秘策ですが一度試してみてくださいね! 


2014.02.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Fashion

«  | ホーム |  »