allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

久々に器の気分

私はそこそこ器好きではありますが、確固たるルールがあって洋食器は業務用の白、和食器に関してのみ作家ものと決めています。ただここ数年自宅での教室のため前者が増えることがあっても後者の購入は自分の中で封印していました。理由は特にないんですが、現代アートを集めるようになってそれどころではなくなったのと、買い始めると際限がなくなるから。。。

でも先日からの作品納品先でマダム達がそれぞれお気に入りの器屋さんを持っておられることに触発され、久々に毎日使う器を見直したいな~と思うようになったのです。昔のようにいろんなお料理に挑戦するこも少なくなり、”普通が一番”そして”和食中心”の食生活が定着したのも大きな要因かもしれません。

というわけでちょっと気になっていたお店を覗いてみたら「あ~ら!大変!」なことになっちゃいました(笑)。そのお店は東京に本店がある器屋さんと大阪のこだわりコーヒーのお店が合体した淀屋橋コホロ。

P1060795 (480x640)

関西の方ならよくご存じと思いますが淀屋橋辺りはレトロなビルの多く残る場所。お店が入っているのは辰野金吾氏設計の元銀行だったビルなんですって。すぐ近くには適塾・緒方洪庵旧宅もあり大阪の中でも私のお気に入りの場所の一つです。

店内にはかなりの数の器が並んでいます。どれもこれも欲しくなる!!!

P1060793 (480x640)

珈琲の香りが漂う店内はとっても居心地がよくてついつい長居してしまいます。珈琲豆と並ぶのは美味しそうなオリジナル商品あれこれ。この日はジャムを購入。

P1060794 (480x640)

どんな器を持って帰ったかはまた追々。珈琲をいただくだけでも訪れる価値があるこのお店は超おすすめです。でもきっと私同様珈琲だけでは済まなくなると思いますけど(笑)。お店の情報はこちらをどうぞ!

2014.01.31 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

Piece,Piece ジェーン・ブルッカー/川辺ナホ~Port Gallery T

毎回川辺ナホ氏の作品には新たな感動を覚えます。ドイツ・ハンブルグを拠点に活動している川辺氏の作品を大阪で定期的に観ることができる幸運を関西の多くの方と分かち合いたい、これも毎回思うこと。今回はそんな川辺氏とジェーン・ブルッカー氏との2人展です。最初に言いましょう。必見です!

すでにドイツにおいて開催されたグループ展で競演していたというお二方。今回は小さい空間ながら二人の世界がギュギュギュッと凝縮された、それでいて美しい余白が存在する素晴らしい展示となっています。
P1060789 (640x480)

P1060787 (480x640)

P1060786 (480x640)

P1060781 (480x640)

さあ、それぞれの作品に寄ってみましょう。まずは川辺作品。本のページをあたかもシルバーの修正液で消していったかのようなこの作品。なんとこの銀の線は錫なんです。

P1060779 (480x640) (2)

もっと近くに寄ってみましょう。。。

P1060788 (480x640)

これらの作品を額に収めるとこんな感じ。素敵すぎる。。。

P1060792 (480x640)

インテリア的にはリアリティは無いけどこの飾り方カッコイイ!

P1060784 (480x640)


そしてジェーン・ブルッカー氏の作品です。

P1060785 (480x640)

P1060782 (480x640)

これがいったい何でできているかお分かりですか?なんとブロンズなんです!どれもとても繊細でブロンズでできているとは俄かには信じられない。

アート関係者からするとありえない表現かもしれませんが、最近改めて作家とギャラリーに必要なのは”センス”だってつくづく感じるようになりました。(あくまで私はですけど。)このブログをずっとご覧いただいている皆様とはきっとそのあたりの感覚を共有できていると信じています。2月16日迄ですので是非こちらまで足を運んでみてくださいね!

2014.01.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

3月マナトレーディング大阪イベントのお知らせです

3年ぶりにマナトレーディング大阪でイベントを開催します。やっと日程が決まりましたのでちょっと早めではありますが、ちらりとアナウンスをば。。。

3月29日(土)(日程が変更になりました!) 午前と午後の2回となります。時間とお申込み方法は詳細決定しましたらまたアップしますね!今回はご参加人数を限らせていただいてじ~っくり皆様とお話したいな~とマナのスタッフの方にもお伝えしています。

それと業務連絡的アナウンスになりますが、2月15日・19日の予定でアンドレアス・グルスキー展を鑑賞+軽いランチという”大人のアート遠足”を予定してします。こちらは人数の関係で自宅でのおもてなし教室に参加してくださっていた方対象となりすでに定員に達しておりますが、以前教室にお問い合わせいただいた方にはキャンセル待ちのご案内を差し上げる予定となっております。

「大人の遠足のメールが私には届いてない?」もし万が一そんな方がいらしたらすぐにご連絡くださいませね!

アート関係者や企業のご協力をいただけたらもっと大々的に「大人のアート遠足」できるんだけど、どこかスポンサーになってくださらないかしら???「奥村さんの周りのアート大好き素敵マダム達のためにぜひ協力したい!」そんなお声をお待ちしておりますわ!(←誰に問いかけているのだ???)でもやっぱりちっちゃい方が和気あいあいで楽しいかしらね、ふふふ。

2014.01.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ

Quoi de neuf???

物忘れ防止かつ頭の体操のために続けているようなフランス語レッスン。最近簡単な単語すら出てこない時があって昨年暮れついにセンセイに「基礎に戻ってやり直すわ!」と宣言!でも文法の本を買って「さあ!やるぞ!」と思っても、もう基本の勉強には戻れないものなんですね。だって退屈でしょ?(笑)

そんな時遅ればせながらギャランス・ドレのブログを知りこれをフランス語の勉強に使うしかないと思いついたのです。NYを拠点に活躍するイラストレーターであり写真家の彼女のブログはとにかくおしゃれで情報がいっぱい!さすがはフランスで最も影響力のあるファッションブロガーだけあります。

P1060699 (480x640)

ほぼ毎日の更新なためどんどん新しい記事が出てくるから全部読むには到底追いつかない。時間のある時気になる話題を電子辞書を片手に必死に読む、新しい単語・もしくは忘れていた単語を書き写す、そんなことをやっております。

今日は今年初のフランス語のレッスン。毎度のレッスン冒頭の「Quoi de neuf?」のセンセイの問いにはティルマンス氏サイン会とこの話をしてみることにしよう。。。

2014.01.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

フード記事も気分一新!

ファッションに続きフード記事も雰囲気を変えてみました。グラノーラ好きの私がずっと気になっていた中崎町のGranda Familio。先週連れて行ってもらいお店の方お勧めのバナナノーラ味とココア味を購入。最近の朝のお楽しみ🎶

P1060659 (248x330)P1060706 (248x330)P1060722 (248x330)P1060708 (248x330)P1060718 (248x330)P1060710 (248x330)P1060713 (248x330)P1060709 (248x330)

今日はなぜか突然チョコチャンククッキーを焼きました。久々に焼き菓子モードが帰ってきたかな???

冬の定番ミネストローネはくず野菜で取ったスープストックと大量野菜のダブル使いで野菜の旨みを凝縮!ご近所のパン屋さんラスティックベーカリーの絶品バゲットと一緒に。

そしてお料理しながら目を楽しませてくれるのはヒヤシンスの鉢植えと田中朝子氏の野菜モチーフ作品。どちらも心が温かくなります。。。

2014.01.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

今年初めてのファッションのオハナシ

2014のキーワードはドレスアップ!今年第一弾として2月に”大人のアート遠足”を予定しています。そんなイベントの布石として昨年からアートお出かけファッションと題して自分コーデを恥ずかしくもここで披露していたんですが、どうにも違う、、、ワタシらしくない、、、このブログらしくない、、、思い悩み今年から海外おしゃれtnmblrを意識してこんな風にしてみました。(←あくまで意識してみただけ、苦笑)

P1060661 (248x330)P1060688 (248x330)P1060695 (248x330)P1060692 (248x330)P1060677 (248x330)P1060674 (248x330)P1060663 (248x330)P1060683 (248x330)P1060689 (248x330)P1060673 (248x330)P1060666 (248x330)P1060671 (248x330)


着物と一緒に結婚前に母が揃えてくれていたミンクのコート。一度も袖を通さないまま実家で眠っていましたが、それを去年末に思い切ってリフォームに出しました。今年風に短めのファージャケットぽくなって大満足!リフォーム代もかなりリーゾナブルな上、一か月ほどで完成します。心斎橋リフォームはお勧めです!私はハービス店にお願いしました。

そして渋い色が中心となるこの時期ネイルにちょっとアクセントをつけてもらいました。ベースはもちろん特注カラーの”奥村マロン”。キラキラじゃなくスタッズなところがロックな女にふさわしい。。。(笑)いつも素敵なネイルを仕上げてくれるのはネイルサロンアークのさっちゃん。爪一つで寒い冬の日々の沈みがちな心ををちょっぴり浮き立たせてくれます。

どうでしょう?新たなファッション記事気に入ってくださいましたか???

2014.01.24 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Fashion

ティルマンス氏サイン会!

昨晩心斎橋アセンスで行われたヴォルフガング・ティルマンス氏のサイン会に行ってきました。ビッグネームの作家のサイン会なんで流れ作業的にサクサク進んでいくと思いきや、ティルマンス氏のとびきりの笑顔つきのゆったりとした時間でありました。サインもらいながらお話もできてもう感激でした~🎶

購入した作品集の各自好きなページを選んでサインしてもらえるんです!

P1060675 (480x640)

なんとなくピリピリッとした感じの人かな~と思ってたんですが、もう超感じ良かった~~!帰りの電車の中頭に浮かぶ言葉は「実るほど頭が下がる稲穂かな、、、」あんなに成功している作家なのにあの腰の低さってなに!?て感じでしたわ。

一生ミーハーのまま生きてやると誓った夜。。。

2014.01.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

作品お嫁入りの日々その4

昨日中川佳宜氏の作品を納品してきました。この作品は積水のイベントで展示した2点のうちの1点。先週先にお嫁入りした中川作品をここで紹介させていただきましたが、この双子のような作品を私の教室を通じて知り合った仲良しマダム達が購入してくださったんです。

玄関ホールの一番良い場所に設置!

P1060653 (480x640)

さあ、近づいてみましょう。先日納品の作品よりドットが大きく同じように見えても全く印象が違います。そしてそれぞれに選ばれたマダム達の好みが反映されていて興味深い!

P1060655 (480x640)

実はこちらはAマダムにとって1年越しの念願のファーストピースなんです!もちろん今までも絵画はお持ちでしたが、いわゆる現代アート購入にはなかなか至りませんでした。それはお住まいのインテリアの問題からでした。「クラシックテイストにまとめられた室内に現代アートはどうなんだろう?」そんな悩みや不安ををずっと持っておられたのです。マダムはおしゃれでとてもシックな女性。洋服を選ぶ延長のような感じでいつもとても素敵な作品をお気に召されるのですが、そんなこともありなかなか購入なさるところまでいかずいつも残念に思っていました。

で、今回ちょっとご提案してみたんです。「インテリア診断をしましょう!作品はお持ちしますがお決めいただかなくても大丈夫ですよ!」って。伺うととても美しく暮らしておられましたが、あれこれ気になるところもありそれらを伺い解決策をご提案するうちにインテリア的に作品を飾っても全く問題なしと判明。そしてなによりご自宅でご覧になられた中川作品の良さ改め気づかれ即決していただきました。私のインテリアコーディネーターとしての経験がAマダムのお役に立ったようでとても嬉しく思いました。

途中からもうお一人のKマダムもいらして3人で祝ファーストピース的ティータイム。このガラスのお皿Aマダムの絵付けによるものなんですよ!

P1060657 (480x640)

昨晩「帰宅した主人が作品をとても気に入った」という旨の嬉しいメールをいただきました。奥村インテリア診断?を受けアート選びに弾みがつかれたようで、早速リビングの大きな壁に飾る作品の検討に入っています。さあ、どんな作品がお嫁入りするんでしょう???私も今からワクワクです🎶

2014.01.23 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art selection

4人のケルンの作家たち~タグチファインアート

弾丸日帰り東京アートめぐりの最終目的地はこちら。ケルン在住の取扱い作家によるグループ展です。今回のお目当ては久しぶりにまみえるシュテファン・バウムケッターの作品。

P1060595 (480x640)

本国ではすでに確固たる作家の地位を築いているというバウムケッター氏。この作品の持つ静かな迫力といったものが画像では伝わらず残念です。

そしてもう一人ご紹介するのはハイナー・ビンディング氏。昨年の個展に伺えず当然ここでもご紹介することができなかったのですが、今私がどうしても関西にお嫁入りさせたい作品たちなんですよね~~。

P1060596 (480x640)

P1060599 (480x640)

P1060598 (480x640)

一見するとパステル色の世界が広がっているふんわりとした優しい作品、なあんて印象を受けるのですが、実際近くで見るとその表情の豊かさと型にはまらない独自のスタイルによる技法が垣間見えてガツ~ン、ジワ~ンと忘れることができない想いが残るんです。

中には古い布を使ったこんな作品もあったり、、、そうですね、、、なんていうんでしょう???外見はKIREI&KAWAIIけど中身はロックなんだぜ!て感じ。(←これはあくまでも私の印象)

P1060597 (480x640)

話は飛ぶんですが海外のインテリアで壁にかかっている素敵な作品を見るたびになんでこんなのに日本ではお目にかからないんだろうって思うことありませんか?でもこのギャラリーでは出会うことができるんです。是非こちらのグループ展に足を運んでみてくださいね!(2月1日迄)

2014.01.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

クインテッド-五つ星の作家たち~損保ジャパン東郷青児美術館

まさに五つ星といえる女性作家たちの競演による見ごたえのある展覧会が会期中です。五重奏を奏でるのは児玉靖枝・川田祐子・金田実生・森川美紀・浅見貴子氏の5人の作家たち。彼女たちの作品に共通しているテーマは”風景”。私たちにとって身近に感じることのできるモチーフですが、5人それぞれのとらえ方を見比べていくのも楽しいでしょう。

P1060568 (480x640)

P1060572 (480x640)

P1060574 (480x640)

P1060570 (480x640)

P1060571 (480x640)

P1060573 (480x640)

きれいに撮影できた作品を並べたらちょっと偏ってしまいました(汗)ごめんなさい。。。

いずれの作家の作品も安心の安定感(?)といった感じ。そしてその作品からはずっとひたむきに制作に取り組んでこられたであろう真摯な姿勢というものがひしひしと伝わってきます。大きなサイズばかりではありますが「これが少し小さいサイズだったら自宅にコレクションしてみたい。」自然とそんな気持ちになってしまいそうな作品ばかり。

こちらで2月16日(日)迄ですので是非に!

2014.01.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

作品お嫁入りの日々その3

納品の日々が続いています。積水ハウス会場の玄関で皆様をお出迎えしていた川北ゆう氏の作品が昨日私の大好きなお客様のところに嫁いでいきました。奥様はそれまでも川北作品をご覧になられたり、展覧会にも足を運ばれていたのですが、今回のピースはずっと希望なさっていた作品イメージと大きさがぴったりだったのでお勧めしたところ一目惚れ♡♡♡
めでたくお嫁入りとなりました。

P1060650 (480x640)

かなり大きな作品なのですがゆったりとしたリビング空間にはすんなり納まりました。繊細な線が特徴の作品ゆえ光の当たり具合やライトの調整でで微妙に表情が変わります。さあ近づいてみましょう。

P1060646 (480x640)

もう少し、、、

P1060647 (480x640)

ここには今まで色のある作品が飾られていたので空間のイメージががらりと変わりました。この日初めて作品をご覧になられたご主人様は最初は真っ白のキャンバスに見えていたそうで「心の清い人にだけ見えるのかと思った、、、」とジョークをポツリ(笑)

そしてその壁の対極にこちらも積水モデルハウスで展示していた天野憲一氏の写真作品を飾りました。これは川辺ナホ氏のインスタレーションを天野氏が撮影したコラボ的作品なんです。フワフワと浮遊している球体がアルコランプの世界観となぜかシンクロ。。。(ちなみに川辺ナホ氏は福岡市立美術館で会期中の展覧会「想像しなおし」に出展されていますよ。福岡方面の方是非に!)

P1060643 (480x640)

こちらも近くに寄ってみましょう。。。

P1060644 (480x640)

これらモノクロの作品達は今までの奥様の選択にはなかったものでした。けれどここ数年作品をコレクションするうちに様々なタイプの作品に新たな魅力を感じるようになられたそうです。お客様のそういった変化はアートアドヴァイザーとして作品をご紹介している私としてはとても嬉しく思います。

今までの自分の好みとは異なる作品を見つけその良さを知ること、それは自分自身の内面にある未知の部分を開拓するようなもの。素敵なマダム達には(もちろんムッシューも)アートを通じそんな”冒険”を楽しんで欲しいといつも願っています。そう私たちは常に”冒険者”でいなくちゃね!(笑)






2014.01.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

作品お嫁入りの日々その2

さて今日は作品お嫁入りの話題の前にアートな情報をば、、、

もうご存知の方も多くてらっしゃると思うのですが、風邪でダウンしているうちにすごい情報をスルーしておりました。今日からWAKO WORKS OF ARTでヴォルフガング・ティルマンス氏の展覧会が始まります。1週間違いの東京だったためオープニングに行けずに残念!と思っていたら、な、な、なんと大阪は心斎橋のアセンスで来週23日氏のサイン会があるんですよ!詳細はこちらから。も~ちろん私も即画集購入&申し込みを済ませましたわ!

もう一つは先日ここでもご紹介のミヒャエル・ボレマンス氏の京都での展覧会情報です。こちらはお寺を使った展示で鑑賞時間も決められており完全予約制です。詳細はこちらまで。そして当然のことながらこちらもワタクシすでに申し込み終了!所属先など聞かれますが、これを告知しているDMは普通に原美術館に置いてあったためどなたでも参加可能かと思います。

さあ本題です!今日は中川佳宜氏作品の設置の様子。嫁ぎ先はすっかりアートが生活の一部となったKマダムのお宅です。以前にもご紹介のK邸は古い立派な日本家屋をリフォームしなんとアートのためにふんだんに壁を作られたという素晴らしいお住まい!玄関入ってすぐの壁に中川作品を飾りました。

P1060627 (480x640)

近づいてみましょう。小さい作品ながら様々な技法でマテリアルが重なり合いそれは深くて温かみにあふれた作品なのです。

P1060631 (480x640)

この一連の作品は2011年の震災とほぼ時期を同じくして開催された展覧会で発表されましたが、その影響でほとんどお客様がそれらをご覧になられていない幻の作品たちだったのです。なので今回積水のイベントで皆さんにご紹介できたことを私もとても嬉しく思っていました。

玄関の向こうに見える鈴木敦子氏の作品ともうまく共存しています。
P1060639 (640x480)

そして中川作品に場所を譲ってくれたトーキル・グドナソン氏の作品はリビングにお引越し。ここでもぴたりと納まりました。
P1060641 (480x640)

あ~素敵。。。ご夫妻としばし中川作品にうっとり。こちらのお宅にはモコちゃんというご家族と長い時間を共に過ごしたワンちゃんがいました。昨年末そのモコちゃんが大往生し、その時からそのモコちゃんが居たということをなにか形にして残したいという思いでアートを探しておられたんです。中川氏も大の愛犬家。なんだかつながるべくしてつながったアートとの縁という感じです。そしてご夫妻と中川氏のもう一つの共通点はグルメ&お料理上手ってことかしらん?ここからはグルメの話題になります。お時間にある方は続きをどうぞ!


続きを読む

2014.01.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

作品お嫁入りの日々その1

この寒さで巷には様々な風邪菌が蔓延しているようですね。暮れから年明けにかけ鼻風邪に長期間居すわられ、しばらくは風邪ともおさらばと思っていたら強烈なのがやってきてきました。この2日間感冒性胃腸炎でまったく食べられず、動けない状態となり、お客様のところに伺う予定も打ち合わせもキャンセルすることになりご迷惑をおかけしてしまいました。点滴が効いたのか今朝からシャキ~ンと復活の兆し。。。皆様もどうぞお気をつけてくださいましね。


さて東京弾丸アート巡りから帰ってきて倒れるまで?ほぼ毎日昨年の積水ハウスとのコラボイベントでお嫁入りが決まった作品をお届けに様々な場所に伺っていました。思えば東京・京都・大阪の雑踏の中どこかで菌をもらってきてしまったのですね。。。

まずは岩名泰岳氏の作品が京都に嫁ぎました。昨年ワタクシ強力プッシュ作家である金光男・川北ゆう氏の小さな作品を購入していただいたYさま。3人目の強力プッシュ作家しかも今回は今までよりも大きなピースとありさらなる感動のご様子でした。

P1060612 (480x640)

モデルハウスの展示場所と違い自然光が燦々と差し込む場所で作品もまた違う表情を見せてキラキラ、、、

P1060614 (480x640)

さてここで豆知識的情報。この時期エアコンの風などでどうしても大気中の埃が作品に付着しがちです。帰宅してからYさんからそんな相談を受けました。いつもカメラのレンズの埃をとばすぱふぱふ(なんていうんですかね?正式には?)をお勧めしていたのですが、岩名氏から「ぱふぱふ&ホームセンターで売っているペンキ用の一番やわらかい刷毛でそっと埃をはらうといいですよ。」とのアドバイスをいただきました。この頃では油絵といえどもキャンバスそのままの納品がほとんどです。皆様どうぞ参考にしてくださいね。

設営後はほうじ茶にローズマリーの葉をブレンドしたお茶をほっこりしながらいただきました。寒い時期にぴったりのこのお茶私もやってみよう。。。

P1060615 (480x640)

2邸目はMさまご夫妻のもとに田中朝子作品がお嫁入り。このお宅での撮影は「ある時~ない時~」がお約束。こんなにこのフレーズを奥村ブログで多用してるんだから大阪のあの”GOGO1”?の豚まん屋さん、私のイベントのスポンサーになってくださらないかしらん???

さあまいりましょう!ある時~🎶

P1060621 (480x640)

ない時~🎵

P1060622 (480x640)

ちょうどキッチンに立った場所から目に飛び込んでくるお皿のモチーフのこの作品は、出版社にフルタイムで勤務しながらも毎日ごはん作りに手を抜かない忙しい奥様の毎日を和ませてくれるはず。

P1060620 (480x640)

Mさまのご主人が一言。「なんかね~最近壁にアートがかかる度、まだ足らん、なんか足らん、て感じになってくるんはどうしたもんでしょうかね?」どうもしなくていいんですよ、アートってそういうもんだから、ふっふっふ。

2014.01.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

今村遼佑「冬の日」~MA2ギャラリー

私の強力プッシュ作家今村遼佑氏の展覧会が始まりました。東京で彼の作品を鑑賞する絶好の機会ですので、関東方面の皆さまぜひおはこびくださいませ!

さあ、展示空間に入ってみましょう。。。ん???展覧会今やってるのかしら???そんな不安を覚えるかもしれませんね、大丈夫よ~く目をこらしてみてください。

P1060575 (480x640)

近づてみましょう。やはりなんだかわかりませんね、ふふふ。1Fでのこの展示は実際にこの場に立ちなにが起こっているのか体感するしかないようです。

P1060576 (480x640)

2Fに上がってみるとさらに???。オフィスに普通に存在するものたちが作品へと姿を変え、通常の役割から今村ワールドの表現の担い手へと変貌を遂げてます。

P1060579 (480x640)

P1060577 (480x640)

これらもやはりよ~く観てよ~く聞いてご自身で体感するしかありません。なんとも形容が難しいのです。

こちらは2年前に関西で発表された映像作品。ゆらゆらと揺れるカーテン、時を刻む時計、そしてコップに注がれた炭酸水。何気ない日常の中動いているのさえ忘れてしまいそうなありふれたものたち。でもこちらもよ~くご覧になってみてくださいね。3つのうちどれかがその動きを止めるのです。なんて不思議な映像、、、

P1060580 (480x640)

彼の作品に触れる”冬の日”はご自身の持てる感覚を存分に研ぎ澄ますことができる特別な1日になることでしょう。必見です!

2014.01.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

DOMANI・明日展~国立新美術館

文化庁が昭和42年から実施している「新進芸術家海外研修制度」。これは将来の芸術界を担うであろう若手芸術家を支援するため彼らを海外に派遣し、その分野について研修の機会を提供する制度です。そしてその研修の成果発表である展覧会が国立新美術館で開催されています。

去年の東京マナトレーディングでのイベントでご紹介していた大栗恵氏も展示作家のお一人。彼女からのご案内をいただき展覧会に行ってきました。

残念ながら彼女の作品は撮影NGでしたが、ポスターやフライヤーにその作品が使われています。入ってすぐのブースにある大栗氏の展示内容は素晴らしく、私のお客様で大栗氏作品オーナーの方にも伝えなきゃと一人ドキドキ!(笑)

P1060594 (480x640)

文化庁からの支援を受けた作家の展覧会とあり、見ごたえ感たっぷりでした。あの作家も、この作家もそうだったのね、、、、なんて思いながらの鑑賞。まずは小笠原美環氏の展示ブースから。

P1060581 (480x640)
P1060582 (640x480)
P1060583 (480x640)
P1060584 (480x640)

吉本直子氏の古い白シャツを使った作品も大きな空間でライトを浴び迫力倍増といった感じです。

P1060590 (480x640)
P1060591 (480x640)
P1060592 (480x640)

こちらは川上りえ氏のインスタレーション。

P1060586 (480x640)

パズルピース仕立ての大野由美子氏作品は鑑賞者参加型作品。観光地の落書きのように名前がいくつか。。。

P1060587 (480x640)

土橋素子氏の不思議なインスタレーションと壁画も結構私のツボだった。。。

P1060593 (480x640)

16回目となるこの展覧会では今回初めて建築のジャンルも紹介されています。私は時間がなくこれらをじっくり観ることができなかったのですが、「未来の家」というテーマに沿った展示も楽しそうでした。

今月26日迄ですので皆様ぜひおはこびを!

2014.01.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

ミヒャエル・ボレマンス:アドヴァンテージ~原美術館

今年初の弾丸日帰り東京アート巡りに出かけてきました。なにをおいても観たかったのが昨日オープニングを迎えたベルギーのゲントを拠点に活動するミヒャエル・ボレマンス展。新年を飾るにふさわしい素晴らしい内容の展覧会でした。東京方面の方、いえ、ほかの地方にお住いの方も足を運ぶ値打ちありです!

P1060611 (480x640)

写真から絵画に表現を変えた30代から評価が高まったボレマンスは自身が認め世に送り出す完成作がとても少ないのだそうです。そんなボレマンス作品が30点余り展示されているのですからどれほど見ごたえがあるかお分かりでしょう。静かで美しく、そして謎めいた作品を前にあなたはなにを思うでしょう!?必見です!!!

2014.01.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

今年も張り切ってまいりましょう!

今年も皆様にお福分けのこのショットを!!昨日今宮戎神社にお詣りに行ってきました。

IMG_0285 (350x467)

境内を出たところに並んでいる巨大な屋台を去年初めて見た時はすんごいカルチャーショックだった。道を行く人の大きさからしてどれほど巨大かおわかりでしょう。
頭の中に浮かぶ単語はCHAOS!COSMIC!そしてなぜか”chu-kin-to"。。。

IMG_0289 (467x350) (467x350)

アンドレアス・グルスキー氏に是非この屋台を被写体として推薦したいものだわ。。。

2014.01.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

10周年企画(5)なぜこの仕事を始めたのか編

さあいよいよ「なぜこの仕事を始めたのか編」最終回となりました。今年中に「アートの世界に飛び込んでから編」でさらなる奮闘の様子を綴りたいと思いますので乞うご期待!

さてその頃の私の行動はIC仲間には不審に思われていたことでしょう。でも普段一緒に働いている訳ではないので誰にも気づかれることなくアートの仕事への準備を進めることができました。別に秘密にするつもりもなかったのですが、なにしろ自分でもどうなるかわからない状況だったので、中途半端にみんなに話しちゃって実現しなかった時に嘘つきって思われるのが嫌だったのです。昔あるお客様に「物事を起こす時は自分の手のひらに乗ってから人に話すのよ。」と言われたことがあるのですが、それも頭のどこかにあったかもしれません。

自分なりに足固めをしていきながらしばらく過ぎた時ついに皆に宣言したんです。あれは確か泊りがけの忘年会の時だったと思います。

「私、コーディネーターは辞めてアートをインテリアにコーディネートする仕事をしようと思うの。」しばらくみんなポカ~ンて感じ。ついに私も奈良でのストレスに負け頭のねじがどうにかなっちゃたんだと全員思ったんでしょうね。

しばらくの沈黙の後、誰かが「いやいやそれは仕事にするには無理でしょ。。。」と言ったところで話は終了。でも後に彼女たちが私の仕事の良き理解者となりずっと助けてもらうことになります。

自分なりに覚悟を決め前に踏み出した時から今までのことが嘘のように幸運なことが続くようになりました。

さあ、ここまで来たら最後まで読まないとね!続きをどうぞ!


続きを読む

2014.01.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

10周年企画(4)なぜこの仕事を始めたのか編

10周年企画連載を始めてアクセス数がすごく増えてるんですが、皆さんきっと「そうだった、そうだった、私もつらいことあったよな。。。」とか「私なんてもっと大変だった。。。」とご自身のことに置き換えて読んでくださっているのかもしれません。共感していただいているのならとても嬉しいです!

さていよいよアートをめぐるオハナシが佳境に入ってきました!

私の頭の中に”アートをもっと多くのお客様に生活に取り入れてほしい”フワフワと漠然とした考えが湧いてきましたが、どうしていいかも皆目わかんないし、誰に相談していいかもわからない。そんな視点で海外のインテリア洋書や雑誌を見ていると必ずアートが重要な位置を占めていることに改めて気づきました。なんで日本ではアートだけが別物なんだろう???カーテンや照明や家具はセンスの良いものを求めるのにどうしてアートだけはどうでもいいんだろう???そんな疑問ばかりが募る日々。。。

さあ、いよいよ核心の部分へ!!!


続きを読む

2014.01.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

10周年企画(3)なぜこの仕事を始めたのか編

とにかく大量の仕事をこなす日々に予想だにしなかった仕事人間になってしまった私。本来ならそこまで仕事にのめりこむことなく適当に、そして周りの皆と仲良く、なあんて”事なかれ主義的”仕事環境をもくろんでいたはずなのに状況がそうはさせてくれません。でもこの段階でとことん鍛えられたのは本当に良かった。(と今では思える。)そんな考えを持っていた自分が恥ずかしくなるくらいきちんと仕事に向かうことの大切さを学んだからです

だんだんプロとしての自覚みたいなものも芽生えてきたその頃からごく稀にアートも探してほしいというお客様も現れてきました。しかしこれは手がけている物件の割合からいうと本当に僅かな数でした。たいていの方はまず絵を飾るという発想を持っていなかったんです。飾るとしても以前から持っていた作品とか、新築祝いにもらった作品(なかには絵が描くのが趣味という方からもらったのもあったり)、もしくはデパートの外商が持ってきた中でなんとなく選んだ作品などなど。むろんそれらが悪いわけではありませんが、細かなところまで打ち合わせをした住空間において、まったく雰囲気のそぐわないアートが主役の場にいる風景はいささか奇妙でありました。以前にもここで描きましたがバブルの残り香が漂う”くじらさん”や”ちっちゃい人たち”の作品にはいたるところでお目にかかったものです。

「良い作品が入るとそれはそれは素晴らしい空間に仕上がる!」それを何回か実際に目にした私はアートの重要性について考えるようになり少しずつ提案するようになりました。

その頃皆さんが一様に口になさってたのが「どこで家にふさわしい絵を探していいかわからない。」でした。このフレーズはその先私の頭にずっと残ることになります。

さあ、いよいよアートのオハナシが始まります。気になる方は続きをどうぞ!


続きを読む

2014.01.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

10周年企画(2)なぜこの仕事を始めたのか編

さて昨日は神戸でのピヨピヨIC時代から奈良に移るとこまででした。

こんなこと私はブログにしてますが、だれしも仕事を続けている以上その苦労を綴った”一人自分史”を作ることができるのだと思います。仕事が面白い、楽しいってことはあり得ない気がするし(少なくとも私にとっては。)ポジティブな形容が仕事にあるとしたならば”やりがいがある”くらいでしょうか?(これも私にとっては、ですが。)インテリアコーディネーター時代もよく「きれいなお仕事でいいですね。」とか「センスいいからぴったりですね。」などと言われましたがいつも心の中で否定していました。よく誤解されるのですが、インテリアコーディネーターはインテリアデザイナーとは違います。その名称も日本で作られたものでどちらかというと物販を売るという商売的な要素が強いのです。

さて今日はどんな話の展開に。。。気になるあなたは続きをどうぞ!


続きを読む

2014.01.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

10周年企画(1)なぜこの仕事を始めたのか編

このブログを最初からご覧いただいている方なら、私がなぜインテリアコーディネーターからアートの仕事に移って行ったのかなんとなくご存知かもしれません。10周年を迎えた記念企画!?として今でもよく尋ねられるそのあたりをちょっとお話してみようかなと思います。ほら、ブログが本になった時にも役立つでしょ?笑(←出た!2014初妄想!)

この10年(準備期間も含めるともっとになりますが)私なりに少しずつ実績を積んできたつもりでも、今だアート業界では「あ~あのインテリアの人ね。」てニュアンスで対応されることがほとんどです。最初の頃は私のやってることをちゃんと知ってほしいなあ~と思う気持ちがありましたが、10年も経つと”おそらくそういう人はこの先私のHPだって見てくれないだろうし、仕事の内容に興味ももってくれないよね”と開き直る気持ちのほうが大きくなり「そうそうインテリアの人です~」なんて適当に答えてます(苦笑)

この仕事を始めるまでは「インテリア・アート業界どちらかは手を差し伸べてくれる人もいるだろう」そう思ってましたが正直甘かった、、、でもそんな中にあってもお客様や私の仕事を応援してくれる仲間がいてなんとか頑張ることができました。なのでこの話をするにあたっては駆け出しのIC時代に遡ったところから始めることにします。

ワタクシのスポ根的お仕事物語にご興味のある方は続きをどうぞ。。。


続きを読む

2014.01.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。皆さま三が日はいかがお過ごしでしょうか?

今年の玄関のお花は潔く松のみきりっと活けてみました。

003 (2)

私は年末からの風邪をひきずり某K製薬”鼻スースー”を吸引しながら新年を迎えました。(あったらいいなをちゃんと形にするってえらい!)そんな訳で年始にあたりなにかを大層に誓うといったこともなく「早く鼻水とまってくれ~」と思いながら過ごしております。

て、言いながらも心の中で去年の誕生日以来ブスブスと小さな炎が燃えていて新たな目標をいくつか打ち立てています。それは数年ぶりにやってきた「勉強したいかも、、、症候群」を上手く利用しようというもの。例を挙げると、とってもお洒落なフランス人女性のブログを知ったので、今年はフランス語の先生にそれを教材に使ってもらおうと企んでたりとか、、、へ?その程度?と思われた方、、、そう、その程度です、、、ふふふ。

そんなところへお年賀に頂いたのが、かのノーベル賞晩餐会に供されるというシャンパーニュ。これは今年は年々ヨワッテイク頭を鍛えなさいってことね、という何かの啓示と単純な私は思いこんだのでした。(←ゼンゼンカンケイナイトオモイマスケド、、、)まっ、美味しかったて話なんですけど。。。

001 (2)

さて今年の私のテーマはずっと最近ずっと言っているように”アートでドレスアップ!”バカらしいフレーズに聞こえるかもしれませんが、私のいろんな想いが込められています。その一つが「現代アートを生活に取り入れつつカッコ良くお洒落に凛と生きていきましょう!」なんです。NYやパリの風景のように素敵なマダム達の(もちろんムッシュ達も)姿がギャラリーや展覧会に溢れるのを夢見ながら、今年もコツコツとブログを綴っていきます。皆さまどうぞお付き合いくださいませね!

2014.01.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

«  | ホーム |  »