allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

皆さま良いお年を!

ブログを始めてから年末にこの場で1年を振り返ることが習慣となりました。ついこの間「良いお年を」なんて言ったばかりのような気がするのに1年とはなんと早く過ぎてしまうんでしょう!今年もアートを通じたくさんのすばらしい出会いがあり、素敵なお客様のところに多くの作品がお嫁入りしました。皆さまのところで作品達も幸せに過ごしていることでしょう。

そして今年もまた新たなチャレンジの場を頂くことができました。「ちょっと荷が重いけどやってみようか。」と覚悟するくらいが私の性分にあっているのかもしれません。常に前に進んでいくことにこの上無い喜びを感じるのです。先日もある方から「奥村さんはプレッシャーに強いですね。」という有難い?お言葉を頂いたばかり。考えてみると本当にそうかもしれません。プレッシャー、結構好きかも、、、(笑)でもそれくらいの気持ちがなければ日本ではだれもやっていないこの仕事を始めた意味がありません。

そんなチャンスをこの1年私にもたらしてくださった皆様に深く感謝いたします。来年はこの仕事を始めてちょうど10周年。10年間少しずつ積み上げてきたことは大切にする一方、基本に戻り”誠実に、謙虚に、そして感謝の気持ちを忘れずに”をモットーにがんばっていきたいと思います。

この駄ブログを楽しみに訪問してくださっている皆さま、今年も本当にありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!

002 (2)

2013.12.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

先週の季節ご飯~番外編

積水ハウスとのコラボイベントが無事終了しました。おはこび頂きました皆さま本当にありがとうございました。昨日は寒い中3代目テッタイN君とさらに彼のお友達が助っ人にきてくれました。京芸院生の彼らは卒業制作展を控えた忙しい身。そんな若い衆たちが頑張ってくれテキパキと作業は終了。2人共お育ちの良さと知性を感じる礼儀正しいワカモノでありました。そんな彼らの作品を今度観るのがすご~く楽しみ!ここでもご紹介しますね!

さて年末に入ると毎年のようにアートネタは無くなってゆきます。今日はごはんネタです。いつもおふくろの味的なごはんばかりですが、久しぶりにイタリアンな感じで作ってみました。なぜかというとベネチアの空港で買ったトリュフはちみつと乾燥ポルチーニ茸をそろそろ使ってみたかったから。。。

12月第4週某日
まずはトリュフ入りはちみつはブルーチーズにトロ~り、そしてくるみをトッピング!この日は他にぐにょぐにょになったKAKI(柿)と生ハムの前菜、それに牛肉のシンプル赤ワイン煮でありましたがなんか写真写りもひとつ、、、はちみつどうしよっかなとツイッターで呟いたらセレクトショップビリエッタの食通Sちゃまがヒントをくれましたの。サンキュ!

001 (2)
003 (2)
005 (2)

12月第4週某日
いつも買う乾燥ポルチーニはほんのちょっぴりしか入ってないのに、さすがイタリアで買うとどっさり入ってる上に香りが良い!これはきのこのラザニアをどうにか再現したいという思いのもとお土産にしたのですが、、、

003 (2)

きのこソースも上手く仕上がりに手ごたえを感じたものの一番上にのっけたラザニアがこんがりし過ぎて”きのこのミルフィーユ”の別物になった感あり。茹でずに使えるラザニアを使ったのが敗因か、、、
箱の裏を見ると小さくこのラザニアを使う時は水分の多めのソースを云々。もう遅いわっ!!ちゅうねん。。。すごい悔しい!次回リベンジを誓う。

010 (2)

もう一品はお歳暮で頂いた鰹のたたきをサラダ仕立てに。だってラザニアにポン酢の鰹って訳にいかないものね。

007 (2)

昨日の展示が終わり心身ともに気が抜けたのかどうも風邪気味。皆さまのどうぞお気をつけて年末を乗り切ってくださいまし。。。


2013.12.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

積水ハウスとのコラボイベントのお知らせです。

会期無事終了しました。たくさんの方におはこび頂きありがとうございました!

積水ハウスとのコラボイベントのお知らせです。

万博記念公園駅にあるABCハウジング千里住宅公園内にある積水ハウスモデルハウス「ビーサイエ」におきまして”アートと暮らす素敵な日々”をテーマにアートプロデュースを手掛けます。モデルハウスがギャラリー空間に変身し、素敵な住空間がアートの力で更に輝きます!アートを身近に感じていただける良い機会です。どうぞ皆さまお出かけくださいませ!

展示期間/11月28日(木)~12月26日(木)
営業時間/10:00~18:00
定休日/火・水曜



  

2013.12.27 | | コメント(2) | トラックバック(0) | News&Event

素敵な本が届きました

昨日クリスマスプレゼントのように平体文枝氏から本が届きました。
彼女の作品が装丁に使われているこの本。袋を開けた時小さな平体作品が入っているのかと錯覚したほど。ご本人いわく原画の色がほとんどそのままに再現されていて感動されたのだとか。

001 (2)

その色味ができるだけ伝わるようにいろんな角度から撮ってみたのだけれど上手くいきません。皆さんどうぞ本屋さんで手に取ってご覧くださいね。

平体さんの作品は積水ハウスでの展示でも評判が良く、これからもずっと応援していきたい作家のお一人。本好きの私にとってお気に入りの作家の作品が装丁になっているなんてとても嬉しいこと。お正月に読むのが楽しみです。。。

2013.12.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

今年最後のアートでお出かけファッション

夏から気まぐれで始めた「アートでお出かけファッション」シリーズ。思いつきからではありますが、来年のテーマ”アートでドレスアップ”(そして時にカジュアルダウン)の布石でもあります。(←大げさすぎる~~!)

今月はギャラリー巡りというより積水ハウスのコラボ会場に通ったお出かけファッションをいくつか。

まずはトークイベントの日。相変わらずワンピでも我ながら男前な立ち姿。。。
010 (2)
”キメ”ワンピ:ジル・サンダー
ブーティー:ROBERTO DEL CARLO

これにコートとファーマフラーで”かすかに”マダム風、、、
012 (2)
コート:MARIA CORNEJO
マフラー:バリー


12月第2週某日
006 (2)
セーター:GALERIE VIE
パンツ:インコテックス
ブーツ:サルトル

これに薄いグレーのダッフルコート
007 (2)
コート:ジル・サンダー 

12月第3週某日
先日アップしたジビエ?コーディネートのファーベストだけ替えたスタイル。またしてもケモノ、、、
008 (2)
このファーケープいろんな方に褒めて頂くんだけど、スペイン製の名もなきブランドですの。。。

OMAKE(1)昨日のストールはこんな感じに巻きます。読み通りこげ茶にも合う。人生最大級の棚卸を昨年終え、少しは学んだね。
016 (2)

OMAKE(2)1月号花椿の山内マリコ氏短編のページに三宅砂織ちゃまが作品を寄せています。(化粧品を購入しなくても資生堂カウンターでもらえますよ!)花椿ってなかなか読み応えあるのね。平松洋子氏のインタビューも載ってました。
023 (2)

この山内氏の短編もなかなか面白かったのです。あるブロガーに憧れていたけど実際会ってふとしたことで幻滅しちゃったという話。ブロガーのはしくれの私はと言うとどうなんだろ?と考えました。ブログではオモロイ人がウリなので「会ったらオモシロイ人じゃなかった」と思われるのが最大の幻滅材料かもしれない。でもその辺りは大丈夫!期待を裏切らない女オクムラ「ブログ通りオモシロイ人ですね~!」とか「ブログよりオモシロイ!」て言われるも~ん!

でもね、ファッションのところで「これセールだった!」とか「何年も着て元取った!」なんて言っちゃいけないってある人に禁止されちゃった。根っからの関西人それを封印するのがとてもクルシイ。。。




2013.12.25 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Fashion

柔らかストール

クリスマスシーズン皆様いかがお過ごしでしょうか?

去年の12月は自宅でアートでおもてなし教室があったためクリスマスの雰囲気づくりにもちょっぴり力が入っていました。例年クリスマスとはほぼ無関係に過ごしてるんだけど(笑)。

そんな訳で毎年グリーンにちょっぴりクリスマスを感じるオーナメントをあしらう程度の飾りつけの我が家ですが、今年用の新しいオーナメントを購入しました。

002 (2)
003 (3)

これを見つけたのは阪急うめだ本店1FにあるギフトショップFUBAKO。阪急に仕事やらお買い物やらでよく足をはこんでいるというのに今までここの存在に気がつきませんでしたが、店内にはしゃれたプレゼントにぴったりのあれこれがいっぱい!そんな中私に強烈なアピールをしてくる存在が、、、それは薄いグレーとベージュの2大好きな色を使ったストール。触るとカシミヤ100%で肌触り抜群!「巻いちゃダメ!絶対に欲しくなるから!」という心の声を無視して巻いてみると気持ちいい~!そんなこんなで巻いてからあのoyunaのものと判明しました。

007 (2)

で、こんな写真をアップということは私のワードローブに加わったということですね。首に巻くものは上質なものでなきゃね。ユニク~ロのカシミヤセーターに合わせましょうっと。。。

2013.12.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Fashion

積水ハウスアート展示の様子など、、、

厳しい寒さが続いていますが、今日から3連休の方も多いのでは?

さて先月末から始まった千里住宅公園積水ハウスモデルハウスのアート展示も今週の26日迄となりました。会期終了間際になったので全作品の展示の様子をアップしますね。どの作品もとてもとても評判が良く、皆さんに喜んで頂き私もほっとしています。

さて展示構成はいつものように設営当日までほぼ白紙の状態。ほとんどの作品は設営しながら閃きつつ?かつお客様目線で展示場所を決めていきます。毎回結構スリリング。。。(笑)

玄関入ってすぐに川北ゆう氏作品。

001 (2)

その奥の吹き抜けには中川佳宣氏作品。空間に合わせ縦に並べちゃったりなんかして。。。

002 (2)

リビングに入るとがらりと印象を変え色のある作品を展示。ソファの後ろに平体文枝氏作品。その横に坪田昌之氏作品を3つランダムに並べました。平体作品の中にある色を抽出する形でこの組み合わせを当日思いついたんです。

004 (2)
005 (2)
006 (2)

同じくリビングにはこちらも平体・坪田作品を連続させてみました。

008 (2)
017 (2)

ダイニング・キッチンには中川作品、そして田中朝子氏の作品を並べています。全く違うタイプの作品ですが同じ面の壁にうまく共存させることができました。

007 (2)
007 (2)
010 (2)

もちろん水廻りだって忘れてません!こちらにも坪田作品。

008 (2)
009 (2)

2階に上がると中島麦氏の作品が待っています。

009 (2)
010 (2)

書斎コーナーには岩名泰岳氏の作品。

013 (2)
014 (2)

同じく書斎の書棚コーナーは潮田登久子氏と天野憲一作品を飾り写真ギャラリー風に。

011 (2)
012 (2)

主寝室の向かいあう壁には坂田峰夫氏の作品を。

015 (2)
016 (2)

モデルハウスと言えばその非日常空間をのぞいてみたいけどちょっぴり敷居の高い場所。そしてアートとなるとさらに敷居が高い。しかしその敷居の高いモン同士ががっつり組むと不思議な化学反応が起きて不思議なことに敷居が無くなっちゃうんです!ほんとよ!(笑)

冷たい風が吹いていますが、お時間ございましたら素敵なアートに会いにおはこびくださいませね!(26日迄。火・水曜定休日。


2013.12.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | News&Event

嬉しいニュース

強力プッシュ作家のお一人でありかつて私の仕事の二代目テッタイ君としてがんばっていてくれていた金光男氏がVOCA展奨励賞を受賞しました!1994年から続いているVOCA展の正式名は「VOCA 現代美術の展望・新しい平面の作家たち(Vision Of Contemporary Art)。全国の美術学芸員、評論家などが推薦した40歳以下の若手作家が一堂に会する展覧会で、過去の出展作家をみてみると錚々たる顔ぶれ。

昨日「奥村さん!やりました!奨励賞取りました!」と金氏から弾む声で電話をもらった時には本当に本当に嬉しかった~♪

これは私が持っている一番小さな金作品。
001 (2)

正式発表を待ち私から金氏の作品を買ってくださったお客様に一斉にご連絡差し上げたところ全員からすぐにご返信頂きました。皆さん自分のことのように喜んでおられ「現代アートを所有するのはこんな嬉しい一面もあるんですね!」とのお言葉を頂きました。

私はアートアドヴァイザーとしてお客様に長年愛着を持って頂きそして資産としても価値のある作品をお勧めしたいと常日頃から思っています。しかしその一方でまだこれからの価値の定まっていない才能ある若手の作品を提案していくのも大きな使命の一つであるとも信じているのです。もちろん賞が全てではありませんが、このような受賞の知らせは私を信じて作品を購入してくださったお客様と喜びを分かち合える素晴らしい機会となりえます。

ここ数年”奥村大賞”受賞作家達が次々VOCA展や資生堂アートエッグ、そしてMOTアニュアルなどへの出展作家として選出されておられ「私って見る目あるじゃ~ん!」などと1人税に悦に入っております(笑)

お気に入りの若手アーティストを見つけ作品を購入し彼らの変化や活躍を見守る。そこから私たち自身の人生にも新たな喜びが訪れます。この喜びは”おまけ”のようなものではありますが、とても大切な心の宝物。皆さんも現代アートラバーの世界へどうぞ飛び込んできてくださいね!(もう戻れないくらい素晴らしい世界よ、、、笑)

2013.12.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

ベネチア(6)ペギー・グッゲンハイム美術館

突然ベネチアのお話に戻ったりなんかして、、、ベネチアビエンナーレでキレキレの現代アート鑑賞に疲れたらどうするか???気分転換にベネチア派絵画を観に行っても返って気分が高揚しどどっと疲れが増すこと間違いないと思われます。(少なくとも私にとっては)そんな中ちょうどいい感じにリラックス効果があるのがペギー・グッゲンハイム美術館なのです。2年前のブログでもここのお話をしていましたが、なんでしょうか。。。心が落ち着くといいましょうか。。。

アメリカの大富豪かつ現代美術コレクターだった彼女の趣味の良さがコレクションのみならず空間の隅々にまでいきわたったこの美術館は本当に気持ちのいい場所。そしてお庭には彼女が眠っています。多くの人が彼女のコレクションに感嘆し、楽しんでいる様子をずっと見守っているのですね。

ピカソ・ジャコメッティ・カンディンスキー・ポロック・マックス・エルンスト(ペギーさんと一時婚姻関係にあった)などなど素晴らしい作品の数々が並んでいますが、同じ人がコレクションしていた安心感のようなものを感じます。

好きな作品を手あたりしだいに撮影しても追い付かない!以前はモランディがたくさん並んでたんだけど今回はなかったな。。。やっぱりブランクーシ大好き~!

329 (2)
322 (2)
328 (2)
318 (2)
319 (2)
321 (2)

運河沿いのファサードもベネチアにしてはあっさりシンプル。
330 (2)

外に出たり中に入ったりまた中に入ったり、と忙しい。
312 (2)
313 (2)
323 (2)
325 (2)
ここでもまたしてもキッズの課外授業に出くわしました。コーネル前占領されておりやっとのことでシャッターチャンス!
326 (2)

カフェにあるペギー氏とアーティスト達との華麗なる交流ぶりをうかがわせる写真も見応えあり!私も今からいろんな若いアーティストと写真撮っておこうかな、、、(←大富豪でも有名コレクターでもない私が写真残しても全く意味なし。。。)

2013.12.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

INSIDE-OUT宮永亮×つくるビル~そして@KUCAへのある日

先週寒い風の中京都へ。ここでご紹介したい展覧会が2つあったのですが、どちらも撮影NGとのこと。なので今回の写真は、、、、

ポッツ~ン、、、これのみ。
008 (2)

まずはアーティストやクリエーター達の新たな活動場所として生まれ変わった築50年の古いビル”つくるビル”で会期中の宮永亮氏の展示紹介から。急な階段を上がった202号にあるカフェ奥にある区切られたスペースが展示場所になっています。宮永氏は奥村強力プッシュ作家のお一人ですが、映像作品ということもありお客様にお勧めする機会がなくいつも残念に思っていました。しかし今回のような作品展開を観ると住空間での映像作品展示の可能性のようなものを感じることができます。大きな空間、小さな空間、どちらも宮永氏の見せ方は本当に巧い!!!お見事!!!センス抜群なんだよな~

どんな風かと言いますと、まずはソファに腰掛け正面の映像を観ていると「んん??」壁やらテーブルの上やらいろんな場所で映像がわさわさと映し出されてるにに気づきます。これね、なんていうんでしょう?”映像のサラウンドシステム”って感じ。同時にいろんな映像を視覚的にもそして本能的?にも体感することになるのですが、これが本当に心地よい。ついゆるゆると長居をしてしまいました。皆さま是非に!(私の描写力ではこれが限界)
入り口で展示を観に来たと言えばいいのですが、お茶しながらゆっくり過ごすことをお勧めします。(12月23日迄)

水戸芸術館現代美術ギャラリーでのグループ展(これはダレン・アーモンド「追考」展の関連企画らしくこちらも必見ですね)や2月のMOTアニュアル出展も決まった宮永氏。これらも東京方面の方是非に!(私も水戸行きたいな~遠いな~)


さて次は@KCUAの阿波紙と版表現展2013です。伝統的な阿波手漉和紙が時代の流れを取り入れ柔軟にその形を変えたアワガミインクジェットペーパー。それらをベースに8名の作家たちが作品を創作しています。その中で今回のお目当ては坂井淳二氏の作品。この仕事を始めた時にいいな~と思っていたのですが、ここ最近氏の平面作品を観る機会が多くとても気になるのです。今回もその色鮮やかな作品に「あ~これがソファの後ろの壁に並んでいるとどんなに素敵!」とOKUMURA'S eyesが出たのですが、いかんせん写真がない!

いつも思うんですが撮影OKとNGの振り分けってどういう基準なんでしょうね?私のような極めて良心的なアートへの愛に満ち溢れた(知性は欠けるが)ブロガーに撮影許可パスみたいなのが配布されると助かるんだけど。。。

まっ、いつもは写真を先にご覧頂いて是非どうぞ、てな感じなんでたまには想像しながらアートのお出かけというのもまた楽しかろうと。。。(←無理矢理)


2013.12.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

爆笑のB.D.プレゼント

今年も無事に歳を一つ重ねることができました。元気に誕生日を迎えられることに感謝。。。
弟達家族から毎年恒例のワインが届き、、、
010 (2)
Hちゃまから風草木さんの素敵なグリーンが届きました。このお店はよくブログでも登場するんですが夏に、緑大好きなHちゃまを連れて行てあげたのです。Hちゃ~んありがと~と感激してると箱の中にはなぜか2つの鉢植え。なんとオーナー森川氏からもお誕生日と来年のお仕事10周年のお祝いのプレゼントでありました。
012 (2)
014 (2)

さてここまではとても美しい話。。。ワタシを良く知る方ならばそんな美しい話、しかも自分の誕生日の話などはこっぱずかしいので自分の胸にそっとしまい、ここでは披露しないはずとおわかりね。そう去年のあのサプライズ同様、ここから爆笑の展開を迎えどうしても皆さんと笑いを分かち合いたかったから。。。

今回の森川氏の”仕込み”のすごさったら、、(夏にここでご紹介の選挙ポスターもすごかったが、、、)まずはグリーンに添えられていたこのカード。
013 (2)
私のジョージ・クルーニー好きはつとに有名。しかもファッション雑誌W Magazineで草間彌生氏がアートディレクションを手掛けたのがこの写真。現代アートネタをかぶせてくるあたりがもうすでに只者ではない。
追記:後からこのカードを作成しジョージネタを提供したのはHちゃまと判明。恐るべし奥村チルドレン。

しかもここからですのよ、皆さま。添えられていた手作り感あふれるこの小冊子。
015 (2)
動画でアップするか悩ましいとこだったんだけど、一枚ずつめくる感覚でスクロールなさってね。全ページ一挙公開!長いけど覚悟はよろしくて???昨日10分間涙を流し笑い続けた私の追体験をあなたにも。この駄ブログを訪問してくださっている皆様の笑いのツボが私と同じことを信じて。。。
016 (2)
017 (2)
018 (2)
019 (2)
020 (2)
021 (2)
022 (2)
023 (2)
024 (2)
025 (2)
026 (2)
027 (2)
028 (2)
029 (2)
030 (2)
031 (2)
032 (2)
033 (2)
034 (2)
035 (2)
036 (2)
037 (2)
040 (2)
 
いくらセンス溢れるお店を経営しているプランツデザイナーとはいえ、それだけでは惜しい逸材だわ。。。

という訳で皆さま、グリーンのご用命は風草木、風草木風草木まで!



2013.12.13 | | コメント(3) | トラックバック(0) | Lifestyle

Gallerist's Eye #1 岡本啓展~the three

鮮やかな色彩を使ったフォトグラムの世界が印象的な岡本啓氏の作品。ところが今回の展覧会ではその世界はモノクロームへと一転し新たな表情を私たちに見せてくれます。この展覧会は作家が所属するギャラリーで従来発表している表現スタイルと異なる、新しい側面を浮かび上がらせることを目的とした企画なんだそうです。今までの作品と全く違う、そんな印象を持った私はギャラリスト山中氏の仕掛けたワナにまんまとはまった訳ですね(笑)。

さてまずはこちらから。これらモチーフは一緒でもそれぞれの印象が実はまるで違うのです。(でも写真におさめると近づいて見えるのが不思議。)その関係性についてはギャラリーで山中さんの説明をじっくり聞いてくださいね。(とまたしても無茶振り)
005 (2)
004 (2)

そして今回は立体作品の展示もあります。板の上に展開されているのは小さなフィギュア達の世界。
010 (2)
人、人、人、、、
006 (2)
動物、動物、動物、、、
007 (2)
「もうすぐクリスマスですけどワタクシになにか???」
008 (2)

これらは販売されているフィギュアの表面を削り落としたものなんですって。

そしてこちら来年の干支にちなんでこのセットでお玄関に飾るというのはどうでしょうか?←OKUMURA'S EYES
003 (2)
OKUMURA'S EYES、これいいな~使えるな~頂いちゃお~住空間での飾り方のインスピレーションがビビッとやってきた時にこれから使う新シリーズにしよ~サンキュ、山中さん!

さてこちらに訪れる方はくれぐれも脱ぐのが簡単な靴でお出かけください。なぜかというとお座敷があってこここにも展示があるからです。当日ロングブーツだった私は脱ぐのが面倒で膝をついたままブーツを履いた足を上げ、(つまりユルイV字姿勢で)座敷中央まで進み作品を観るという暴挙にでた結果「あかん!あかん!足つる~!」になりましたので、、、お気をつけあそばしてね、皆さま。

2013.12.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

先週の季節ご飯

12月に入り採れたて冬野菜のお裾分けを頂く季節となりました。まさに田舎に住む特権!
先日も種類違いの大根・大きな白菜・下仁田ネギなどなどありがた~く頂きました。

12月某日~おでん~  
大根美味しい~!通によるとおでんダネは3つずつ取り分けるのが正しいんだとか。
018 (2)
我が家では手羽先や昆布でお出汁を作り薄味に仕上げ柚子胡椒・からしで頂きます。この日は出汁をとったあとの手羽先の身をほぐし水菜と煮びたしにしてから柚子七味をぱらぱら。
016 (2)

12月某日~かきごはん・ひらめの煮つけ・ひじきなど~
いつもと撮り方変えてみたりなんかして。
001 (2)

12月某日~肉豆腐・煮びたし・大根サラダなど~
下仁田ネギもトロトロ。ちなみに肉豆腐に欠かせないのが飛騨山椒!ここの山椒絶品です!
004 (2)
以前まんまるの大根をかぶと間違え調理し、えらい目にあったので今回はクンクン嗅いで確認。間違いなく大根であった。大葉と和えてシャキシャキサラダに。
005 (2)
旅行のお土産に頂いたさつま揚げは小松菜と煮びたし。
006 (2)

そして昨晩、まずは白菜を使い切り、、、
005 (2)
そしてそして、、、こちらある方から頂いた入手困難な天理市中西ピーナッツのピーナッツペースト!なんでもその場でピーナッツを絞ってくれるらしい。
001 (2)


で、昨晩閃いたのです。これを白和えに入れたらさぞや美味しかろうと。和えたのは柿とほうれんそう。
004 (2)
感動のあまり写真ぶれました。白みそ・みりん・砂糖にいつもなら練りゴマをいれるところにこれを投入したところ味がきりりと引き締まり絶品白和えに!恐るべし中西ピーナッツ。。。

OMAKE:数ヶ月前のこと。お客様のそれは素敵なマダムに最終納品時に美味しいショコラや紅茶と一緒にマダムお気に入りの本を頂きました。その中に入っていた”みをつくし料理帖”シリーズの一冊。ベストセラーになっていたのに時代小説には興味がなかったためそれまで読んだことはなかったんですが、これがはまったのなんのって!あっという間にシリーズ全巻読破!
007 (2)
頂いた時にはどうしてこの本なのかしら?と思ったのですが読んでいくうち主人公が逆境にめげず自分の信じる料理の道を突き進んでいくストーリーにきっとマダムは私にもエールをおくってくださったんだわと勝手に解釈して感動していたんです。(主人公澪ちゃんほどの逆境にある訳じゃないんだけど、、、)その中には季節を感じる美味しそうなレシピがいっぱい。そしてきちんとごはんを作ることの大切さも織り交ぜられているのです。本当にいい本を教えてくださったわ。。。

プンタ・デッラ・ドガーナの話の後にごはんネタもどうかと思うけど、ほらなんせ和食も無形文化遺産だしね(笑)。

2013.12.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

ベネチア(6)プンタ・デッラ・ドガーナ後編

12月に入り皆さまなにかとお忙しくされているのではないでしょうか?そんな最中来年の予定もちらほらと決まってまいりました。2月末東京マナ・トレーディングで、そして3月には久々に大阪のマナトレーディングでも同じくイベントを開催します。今回はマナの広報の関係で早めに日程が固まりそうなので決まり次第すぐこちらでお知らせしてまいりますね!最近のアートコーディネート実例の話からベネチア・ビエンナーレのあれこれなどいろいろ織り交ぜてのトークを展開する予定です。久々にファブリックのコーディネートも披露するので皆さまお楽しみに~!

さて中断していた大富豪&世界一コレクターピノー氏の美術館プンタ・デッラ・ドガーナリポート後編です。いつも思いますがアートのコレクションほど大富豪の正しいお金の使い方はないんじゃないでしょうか???同じくベネチアにあるペギー・グッケンハイム美術館然り、過去をさかのぼってみるとその時代の大富豪がセレクトしコレクションしたアートの数々は後世に残り、多くの人に影響を与え歴史的にも貴重な財産となっている訳ですから。付け加えれば”大富豪”だけじゃなく「もうお洋服や車を買うのに飽きちゃったわん。」なあんて”富豪”の方にもどんどんアートを購入して若くて才能ある日本のアーティスト達をバックアップして欲しいと切に願います。。。どんな作品をコレクションしていいかわからない?その場合はワタクシにご一報を!(大富豪もしくは富豪がこの駄ブログを訪問している可能性は無いとは思うが、、、ゼロではないかもしれない、、、)

今回も作品解説、感想なしでドバ~っとまいります。いつものようにさあ!レ~ッツスクロ~ル!

223 (2)
225 (2)
226 (2)
227 (2)
229 (2)
230 (2)
233 (2)

コレクションに圧倒された後はお隣にあるサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会へ。ここは当時まん延していたペスト終焉を聖母マリアに感謝して建立された教会。荘厳な雰囲気と響き渡る聖歌の声が現代アート鑑賞後のざわざわと浮き立つ心を静めてくれました。

235 (2)

2013.12.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

意外な場所でアートとの出会い♡

昨日積水ハウスモデルハウスでのイベントが無事終了しました。お集まり頂きました皆さま本当にありがとうございました!午後の部にはなんと岩名泰岳氏もやってきてご本人から作品解説があるというすばらしいハプニングも!(←奥村の無茶振りとも言う)彼も皆さまの熱心な様子に驚いたようでした。来週イベントの様子が届くのでまたあらためてアップしますね!

さて先週時間があったのでグランフロントのストラズブルゴへ。前回に続きファッションネタ???いえいえちゃんとアートネタに着地します!(笑)

最近なぜここによく出没するかというと、、、

1)心斎橋店より入り易くてフラッとウインドウショッピングが楽しめるから。
2)昔洋服を買っていたお店のスタッフがここにいた偶然から。
 (奥村さんですよね?て言われた時にはビックリ!)
3)そしてお気に入りのアートが出迎えてくれるからなんです!

013 (2)

以前ここでもちらりとふれた事があるんですが、こちらの社長が選んだというフランス人アーティストの作品が超ワタシ好み。ブティックのため目線の高さにはもちろん洋服が並んでいますから、ちょっと見上げないと作品は目に飛び込んでこないのだけど。

その日ふと天井を見上げたら、、、「!!!!!」

012 (2)

「これって松宮硝子さんの作品でしょ!?」と興奮しなが尋ねてみると「さすが奥村さん!ご存じなんですね~先週設置したばかりなんですよ」との答えが返ってきました。「だってワタシ、彼女の作品お客様に納品したこともあるし雑誌で紹介したこともあるもん!なんでここにあるの~?」とさらにたたみかけると「社長が選んだんです。」とのこと。そして設置してから意外にも男性のお客様が作品に気づき写真を撮って帰られるのだとか。

近づいてみましょう。。。ビュ~ティフ~~~!

011 (2)


私の知る限り関西でこんな風にさらっと上質のアートを飾っているセレクトショップはありません。そしてこんな素敵な作品を飾っているお店だから私はそこで売られている洋服がずっと好きだったんだと気付き、その瞬間「ぜったいこれからもここで洋服を買おう!」と固く決意したのでした(高いモンは買えません。頻繁にも買えません。)こんなことがあると”何を選ぶか”は”その人がどういう人であるか”と強く結び付いているのだということを再認識します。衣食住、アート全ては繋がっているのです。

「アートでおもてなし」に続いて私が掲げたメッセージ「アートでドレスアップ」
これね、来ますよ、、、必ず。フッフッフッ。。。

興奮冷めやらぬ私は「ここでアートとファッションのコラボイベントやりたい!シャッチョウに言っといて!」と妄想マックス暴走気味&上から提案を担当の大谷さんに預ける。「はい、伝えておきます。」と”一応”聞いてはくれたのだが、、、(聞き流してくれた、、、)

てな訳で大阪にお出かけの皆さま松宮作品を観にグランフロントのストラスブルゴに立ち寄ってみてくださいね。そしてついでにお洋服のことを知り尽くした大谷さんという女性にコーディネートの相談もしてみてくださいね。と、頼まれてもいないのに宣伝してしまいました。だってアートがそうさせたのよ、、、



2013.12.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

アートおでかけファッション

いよいよ積水ハウスモデルハウスでのセミナーが明日にせまってきました。実際に住空間にアートを飾りコーディネートポイントをお話するなんて機会はそうそうあるもんではありません。なので私もとても楽しみにしています。パティシエール琴美ちゃんからは明日お土産にお持ち帰り頂くお菓子の画像が届きました。カワイイけどシック、そして食べると幸せ~な気分になるお菓子です。こちらもどうぞお楽しみに!

さて普通なら昨日の続きプンタ・デッラ・ドガーナの後編となるとこですがちょいゆるネタはさみます。久々のアートお出かけファッションです。ぐふふ。。。

ここ最近はギャラリー廻りというより車での作品集荷作業&その他諸々といった感じでありました。
そのためファーベスト・ダウンベストが大活躍!

003 (2)
ファーベスト:ストラスブルゴで買った(セール!)知らないブランド
セーター:ドゥロアー
ホワイトデニム:ドュージエムクラス
バッグ:ジャマン・ピエシュ
   (日本に入ってきたばかりの頃に購入したので年季入ってるんだけどいつも皆に褒められる)
ブーツ:ASH(インソール入りは嬉しい。)

004 (2)
ほぼ前の画像と同じ。比較的暖かな一日かつ車での移動だったのでストールに変更。
ストール:フィロソフィ
バッグ:ファビアナ・フィリッピ

006 (2)
ダウンベスト:ドュベチカ
セーター:ユニク~ロ
ストール:ドゥロアーで購入もブランド知らない
バッグ:見ての通り

009 (2)
セーター:ユニク~ロ
パンツ:インコテックス
ブーツ:サルトル
ストール:フランス人デザイナーのもの
色といいファーのボリュームといいストールがなければケモノですな、、、ジビエスタイル、、、

010 (2)
最近唯一きちんとしたのは先日の勉強会で講師を務めた時だけだった。このニットワンピは昨シーズンそれは重宝したもの。今シーズンもよろしく。
ニットワンピ:ベルギー人デザイナーのもの
パンプス:プラダ
バッグ:見ての通り
日々ほとんどパンツスタイルのためスカートはいても仁王立ちの写真が多い。着物の時さえ、、、

そしてこれにトレンチをはおりました。

013 (2)
トレンチ:ドゥロアー
ストール:クルチアーニ

さ~て明日は何を着ていこうかな。。。皆さんにお目にかかるのを楽しみにしています!!!

2013.12.06 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Fashion

ベネチア(5)プンタ・デッラ・ドガーナ前編

”怒涛のアート旅”リポート皆さん楽しみにしてくださっているみたいで、もうちょっと頑張ります。昨日もリシェ編集部Iさんから「そのレストラン行きました!ラザニア食べたけど今までで一番美味しかった!」とのメッセージ。私たちが食べたのは木の子ペーストのラザニアでしたが、まさに絶品でした。そう言えばご主人もアート関係のお仕事をしているIさん夫妻は2年前新婚旅行でベネチアビエンナーレを訪れていたのだった。仕事柄美味しいものを知りつくし、あの”故郷羊肉串店”を教えてくれたIさんをも魅了したのね、あそこは。。。

さて今日はピノー氏のもう一つの美術館プンタ・デッラ・ドガーナのお話。ちなみにパラッツオ・グラッシのチケットと通しで買うとお得です。前回それを知らなかったでちょっぴり損した気分。大実業家&世界一のコレクターピノー氏のコレクション紹介を前に、超ウルトラ庶民的な話で失礼しました。。。

234 (2)


前回訪れた時の展示は「そりゃさ、すっごいんだろうけどさ、、、なんだかさ、、、」て感じの内容でした。ちょいエログロでコワイ感じとでもいいましょうか。でも今回は”もの派”の展示もあったりして前回のイメージとはがらりと違いました。流石ピノー氏、コレクションの振り幅すごし。。。

大量なんで作品解説及び感想全部省略!(←ええっ???)
さあ皆さん、レ~ッツスクロ~~ル!

207 (2)
210 (2)
211 (2)
214 (2)
215 (2)
216 (2)
219 (2)
221 (2)
222 (2)

やっぱり一回じゃ無理だわ。。。続く。。。

OMAKE:展示スペースの中央でなにやらチビッコ達対象のワークショップが行われていました。君たちいったいどんなすごいもんに囲まれてるかわかってる???

231 (2)



2013.12.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

ベネチア(ごはん編)

ベネチアビエンナーレ肝心のジャルディーニ・アルセナーレ会場のリポートになかなかたどり着きません。あまりに膨大なため夏休みの宿題のように先延ばしにしているという感じもしたりなんかします。そろそろ会期中の国内のアート情報、そしてブログ上架空女性誌”オヴァンテーヌ”好評(?)不定期連載ごはん&ファッションも更新せねばなりません。なので年末スペシャルで両会場リポートというのはどうでしょうか???そうしよう。(←年末年始のテレビ番組編成か、、)

さて通常美味しいもの好きそして物欲主義者の私もアート絡みで海外に出かけるとグルメ&お買い物のスイッチ完全オフとなります。アートを観て歩くだけで十分に心満たされおなかいっぱいになるからなんです。特にベネチアのような超観光地になると美味しいレストランに巡り会うのはツーリストにとって奇跡のようなもの。ところがその奇跡が2年前松原ネエサンご夫妻とベネチアをご一緒した際に起きたのです!ホテルからの情報をもとに暗くて細い路地を右に行ったり左に入ったりしながらたどり着いたそのトラットリアはもうマ~ベラス!今回ネエサンに「必ずあそこ行ってね~!」と送りだされたのですが、名前もロケーションも全くわからない。同じホテルに泊まったので尋ねればなんとかなると思っていたらスタッフも変わっており情報収集見事失敗。でも皆をあそこに連れて行ってあげたい一心で(執念ともいう)記憶を頼りに探してみたらなんとビンゴ!見つけちゃったのです。
一度通った道は忘れない、、、ワタシは動物のようです。。。

じゃん!これがそのトラットリアda Rioba!

366 (2)


レストランでは写真は撮らない主義なんですが前菜のみパシャり!

362 (2)

4人で「美味し過ぎる~!」「なにこの美味しさ!?」と盛り上がりながら最後のドルチェまでしっかり頂き大満足。いわゆる伝統的なイタリアンではなく新しい感覚が盛り込まれた繊細なお味でありました。ほぼ毎晩満席の様子。ベネチアに行かれる方は是非に!

そしてもう一件は絶品パニーニと美味しいワインのai Rusteghiというお店。いわゆるバーカロ(立ち飲み屋さん)なんで気軽なお店ではあるんだけど地元の人が多くてちょっぴり入りづらい。だけど中に入るとほっこりと居心地が良いのです。無愛想で大柄なお兄ちゃんが1人で切り盛りしていて、片言のイタリア語でオーダーするとそれはとびきりの笑顔になって応対してくれるとこが大層カイラシイ。

118 (2)

ベネチアでは大西夫妻と私、相方柏井の4人でうろうろ。大西氏の地図を読む力のすごいことったら!迷路のようなベネチアという土地においてその才能は更にいかんなく発揮されるというもの。そのため今回はほぼお任せ状態。ワタシ達2人はレストランの予約やらその他こまごまとしたコンセルジュ的役割、そして大西氏の奥様Mちゃんは常に癒しと笑いを提供してくれ、完璧なるチームベネチアでありました。(Mちゃんは柏井に始終ツッコマレ続け、たまに泳がされ?ずっと翻弄されていた。彼女の芸術的鋭いツッコミは私の周りでは有名。。。)

119 (2)

クリスマスが近づいているベネチアは今どんな感じなんでしょう。。。

2013.12.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

昨日は講師???

昨日はアートコラボ企画の勉強会講師として積水ハウス様に伺ってきました。会議室にぎっしりの関係者を前に緊張、、、(しませんよね、ワタシ、笑)というより今回の企画を任せて頂いた責任感のようなものがフツフツと湧いてきて1時間みっちり話させていただきました。きっとよく喋る人だな~なんて思われたことでしょう。(いつものことだけど。)

でも実は皆さんが熱心に耳を傾けてくださる様子に話しながらどんどんテンション上がってきたんです。最後に質問もいくつか頂きました。その中には「それはいくらくらいなんですか?自分が欲しいです!」なんて嬉しいお声もあったり、一足先に展示をご覧になった営業マンが「この玄関の絵めちゃくちゃかっこいいんだよ~!」なんて感想を皆さんの前で披露してくださったり、、、アートと言うと少しばかり敷居の高いイメージがありますが、そのアートとのコラボ企画の機会を与えてくださったA支店長様にはひたすら感謝です。そしてそんな試みに外部の人間である私を迎えてくださった企業としての懐の深さに触れすっかり積水ハウスファンになってしまいました。

展示の様子をまたしてもちらっと紹介したりなんかして、ふふふ。

001 (2)


思えば春にデザイナーまりちゃんが私のわがままとも言える要望を全て取り入れた素敵なHPをリニューアルしてくれ、それを広告代理店のU社長とC氏が見つけてくださって「この人だ!」と白羽の矢をビュ~ンと私なんぞに放ってくださり積水ハウス様とのご縁をつないでくれたことから全てが始まりました。そろそろ1年を締めくくる時期となってきましたが、今年もいろんな方に感謝の気持ちを再確認している毎日です。

来年でこの仕事を始めてちょうど10年。最初の頃はどんな企画を持ち込んでもインテリア・アート業界どちらからも門前払いでした。「リアルに門前払いってあるんだ~」と落ち込んでいたのを昨日のように思い出すことがあります。なので嘘偽りなく私の仕事に関心を持ってくださることに感謝の気持ちを忘れることはないのです。今は阪急百貨店コンフォートQ様やマナトレーディング様から定期的にお声をかけて頂くようになりましたが、本当にありがたいことだな~といつも思います。(そうそう来年も同じ時期に東京マナトレーディングのイベントが決まりました!詳細はこれから詰めていくところですが、私自身もワクワク。。。)

素敵なアート空間を味わいにぜひぜひ千里住宅公園までいらしてくださいね!








2013.12.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

エクラ1月号

今発売中のエクラ1月号「簡単&美味 私のおもてなしレシピ」ページにちらりと登場しています。
機会がありましたらどうぞご覧くださいませね!

002 (2)

著名人の方々のレシピに興味駸々!美味しそうなメニューの数々どれから試そうかとワクワクです♪

2013.12.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Media

もう一つのモデルハウスでは、、、

またしてもベネチアリポートの最中ですが違うお話。しばらくこんな感じなので時空を超えたブログに皆さんついていらしてね!お気楽にかつ優雅にビエンナーレについてのあれこれを更新しているように見えますが、ここ最近は市内を周り作品の集荷・設営・またしても集荷・設営・届いた作品の車への積み込みなどなど力仕事の連続。優雅とは程遠い。。。

さて積水ハウスとのコラボ企画では実はもう一つモデルハウスにアートをコーディネートをしています。こちらは箕面森町という住宅地の中にあるいわゆる売り建てモデル。それゆえお住まいの購入をお考えの方対象に現地で営業マンがご案内の形をとっているため千里会場のモデルハウスのように普通にご覧頂くことはできません。でも素敵に仕上がったのでその様子をちらっとご紹介しますね!(もちろんお住まいをお考えの方は積水ハウスさんにお問い合わせを!)

002 (2)

003 (2)

004 (2)

007 (2)

家具やカーテンが入っているだけでは”ショールーム”的な空気は払拭できないのにアートが入ると途端に住空間になる。それ故そこに住まうイメージがすごく湧いてくるんです。キッチンに立った時にはあのアートとこのアートが目に入るんだな~とかソファに座った時はこんな感じで作品を楽しめるんだ~とか。。。毎回アートの力に驚かされる気がします。

このモデルハウスの顧客ターゲットは小さいお子さんがおられる若い層。そのため全体的に爽やかで軽やか、なおかつ上質な作品を配しています。いつもここでお話しますが、小さな時から本物のアートに触れて育つことはとても大切です。柔らかな感性にアートが沁み込むとでもいうのでしょうか。海外に出かけると必ず美術館で子供たちが楽しそうに学芸員の説明を受けている姿を目にしますが、その段階から彼らにとってアートと普通の生活との垣根は無くなっているのだと思います。

ここでよくご登場頂く麻ちゃん先生の愛息I君の神童伝説をまたしても披露させていただきますね。やっと自宅の階段を自分で上り下りできるようになったI君の目にいつも飛び込んでくるのはチェン・ルオビンの力強く美しい作品。ある日「Mama,what's that?」と尋ねるので麻ちゃん先生が「なんだろね~?」と問い返すと「POWER!」と答えが返ってきたんだそうです。私はこの話に鳥肌が立つような感動を覚えました。お花に見えるとか、犬に見えるとか、そんな反応はすでにもう”大人”なんじゃないかって。幼児はもっと感覚的にアートから何かを感じることができるんですね。驚きです。そしてそれはアートと暮らしているからできた発見じゃないかしらん???とも思うのです。

千里モデル(ビーサイエ会場)は全く違った印象の(ちょっぴり大人よ、ふふふ)作品でコーディネートしています。どうぞ楽しみにいらしてくださいませね!

2013.12.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

«  | ホーム |  »