allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

森村誠 via AIRMAIL~TOKYO OUT of PLACE

いつもそのコンセプトを気の遠くなるような制作過程を経て作品にしている森村誠氏。展示空間に入りまず目に飛び込んでくるラグのような地図のような、そんな作品。さあ、これは何を使っているのでしょう!?

002 (2)

近づいてみましょう!なんと全て古い世界中の切手なのです。しかもその多くは記念切手。

003 (2)

見ず知らずの人が過去に誰かに何かを伝えるため送った手紙に。そしてそれらに貼られていた切手が時空を超え作品となり蘇っているのです。この小さいタイプだと額装してお家に飾るのもいいですね。

004 (2)

森村氏は昨年NYでアーティストレジデンスの日々を過ごしていました。その間日本の自分自身にあてて毎日欠かさずAIRMAILを送り、更にはそのレジデンスの上空を通り過ぎる飛行機を撮影し続けます。それらが合体したのがこのインスタレーション。

005 (2)

そしてもう一つ。こちらは1円切手を使った作品です。

006 (2)

手紙という手段がメールにとって変わった感のある今の時代。切手の存在にノスタルジックな想いを持つのは私だけではないはず。特に外国のスタンプが押されたそれらは日本にいながらに遠い国へといざなってくれる気がしたものでした。

今週の日曜日までの会期となっています。皆さま是非足を運んでくださいね!

2013.10.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

青参道アートフェア2013

もうフェアは終わってしまいましたが、どんな感じでこのエリアで盛り上がっていたかちらりとご紹介しますね。

フェアに参加している店舗の表にはこのバルーンが掲げられています。

016 (2)
017 (2)

街全体が盛り上がっていてお散歩がてら気軽にアートを楽しむことができるのです。こんな粋なアートイベントはこのエリアならではかも。。。

さていくつか見逃せない展示があったので限られた時間で廻ってきました。
その中の一つが佐久間里美氏の「In aLandscape」展です。以前、何度かこのブログでも彼女の作品はご紹介させて頂いたのですが、鮮やかな色彩と絵画的な構図が特徴的。そして「一体どうやって撮影したの???」と思わせる不思議な写真作品なのです。更に驚くべきことにそれらはフィルムカメラ撮影で合成など一切していない「ストレートフォト」!

019 (2)

020 (2)

021 (2)

久しぶりに彼女の作品に触れその進化ぶりを堪能させてもらいました。是非実際にご覧頂きたい作品です。

さて同じブティック内2Fでは野村浩氏の「エキスドラ、ララララ・・・」展が開催されていました。佐久間作品とは対照的に一切撮影は行われておらずGoogleのストリートビューの画像を使った作品。そしてその中には野村氏が生み出した謎のキャラクター「エキスドラ」が存在しています。そのエキスドラちゃん達が2Fの展示スペースまでいざなってくれる趣向はなんだか楽しい。

022 (2)
024 (2)
023 (2)

私がアートの仕事に取り組み出した時からずっと思っていたこと。なんで日本ではインテリアやファッションや食べることとアートは別次元のところにあるんだろう?て。それゆえその境目を超えこんな風に気楽にアートを楽しむイベントがここ最近増えてきていることをとても嬉しく思います。でも様々な業種が混じり合いアートをそこに絡めていく試みが次々実現していっているのは悔しいけれど東京だから。。。アウディフォーラムを巻き込んでなんてその最たるもの。

関西では、、、少なくとも今の時点ではちょっと無理かな、、、悲しいけど、、、(苦笑)

2013.10.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

青参道アートフェアトークイベント無事終了!

おはようございます~!台風の影響が心配された青参道アートフェアトークイベントですが無事終了し関西に戻ってきました。お集まり頂いた皆さま本当にありがとうございました。そしてフェアのスタッフ、アウディショールームの皆さまお世話になりました。

イベント会場のアウディフォーラムでは川久保ジョイ氏作品が展示されていました。

025 (2)

ショールームに置かれたカッコイイ車の後ろに迫力ある大型プリントの作品が並ぶ様子は圧巻!
ありゃ!テトラポットが霧の中にかすんでいるような作品に車が写り込んでしまった。。。

026 (2)

こっちは綺麗に撮影。

027 (2)

大型作品の他にもショールームの至る所に作品が展示されています。こんな風にギャラリー以外の場所で作品を観るのはとても新鮮!

042 (2)

この日はトークイベントといってもhpgrp GALLERYディレクターの戸塚氏と2人だったのでいつもの緊張からは解き放たれていました。

036 (2)
041 (2)

いろんな話を上手に引き出してくれた戸塚さん流石です!(おっとこ前だしね、笑)

さてトークにはいろんな方が来てくださいました。ディオールの素敵なリトルブラックドレスに身を包んだ大学時代の友人いづみはスレンダー美女Cちゃんと一緒に。いづみは若い頃から全然変わんなくてず~っとキュートなまま、そしていつもとびきりお洒落!そんな彼女は昨年他とは一味違ったレンタルドレスのビジネスファンタドレスを立ち上げました。いつか彼女とアートでドレスアップのコラボできたらいいな~~

028 (2)

これは私が目をつぶっててサイテ~なんだけどあえて公開!だっていつも東京のイベントにお着物で参加してくださるMちゃまがあんまり美しいから。。。

029 (2)

他にもちょうど所用で東京にきていた相方柏井がお友達と一緒に来てくれたり、東京在住の作家さん達が駆けつけてくれたりこの日も多くの出会いに恵まれました。

そしてお世話になった戸塚さんとスタッフなっちゃんと記念撮影。なっちゃんはすんご~く可愛くて話してると女性の私がキュンキュンしちゃう!(笑)

045 (2)

明日はどんな風に青参道アートフェアが繰り広げられていたかをちょっとご紹介しますね!

2013.10.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | News&Event

アートお出かけファッション

明日はいよいよ青参道アートフェアのトークイベント。今東京ではこのフェア以外にもウルトラが始まり、関係者の皆さんもここ最近の天気予報がとても気になられていたのではないでしょうか?もちろん私もその1人。今日から東京に向かいます。


さて雨が続くと変なカッコで出かけることも多かったこの頃ですが、そんな中でのアートお出かけファッションであります。

この日は母と出かけたアートの日。母の友人が長年携わっている版画販売によるチャリティーイベントのため神戸北野の外人倶楽部へ。その後プーシキン展といつもと違いコンサバなアート巡り。という訳でカッコもこんなの。
ワンピ:ノーブランド
カーディガン:フェンディ(かれこれ15年も前に買ったもの)
バッグ:ザリアーニ
パンプス:スチュアート・ワイツマン

001 (2)

今年はショートブーツが流行るみたいですね。私もいにしえの?ショートブーツを総動員してコーディネート中。そんなに形って変わんないものなのよ、ブーツの類って。。。

皮のライダースジャケット:ノーブランド
ブラウス:バグッダ
スカート:ストラスブルゴ
ショートブーツ:ジミー・バルディーニ(いつのだ??)

006 (2)

イベントの設営場所の下見の日。

セーター:ヴィム・ガゼット(薄い水色)
ニットジャケット:サポートサーフェス
スカート:ヴィムガゼット
ショートブーツ:トッズ(この方も復活!)
バッグ:ファビアナ・フィリッピ

004 (2)

六甲ミーツアートへは前にブログでも取り上げたオヤジパンツで。山頂での防寒対策に家事用普段着のモンベルのダウンベストをバッグに詰め込んで出かけたこの日のお洒落度は限りなくゼロに近い。。。

セーター:ユニク~ロ
パンツ:ヴィムガゼット
スニーカー:パトリック

011 (3)

こうやってあらためて見ると私ってホント地味な人だよな。。。

日曜のトークイベントではちょっと女の人らしいいでたちで臨む予定。
ちょっとだけだけど、、、(苦笑)

2013.10.26 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Fashion

六甲ミーツ・アート芸術散歩2013(続き)

六甲高山植物園会場の続きです。ビニルハウスの中に展示されている西山美なコ氏の作品。

033 (2)

足立喜一朗氏の作品は巨大なてんびんの上に植物がいっぱい!

035 (2)


さて次は六甲オルゴールミュージアム会場へ。

こちらジョミ・キム氏の作品。アルミホイルの小さなボールがミステリーサークルのように点在しています。

038 (2)


ちょっと真面目な話になるのですが、各地のアートイベントで屋外や古い家屋での作品展示を昨今とてもよく目にするようになりました。空間にある程度助けられている場合もあればその逆もあり「なぜここでの展示なのか?」がきちんと伝わってくる作品もある。特に自然の中だとしっかりしたコンセプトを持ちつつ、作品も力強くなければならないのだと思います。それに加え屋外展示の環境に耐えられるものでなければなりません。

そんなことをすべてクリアしているダイナミックな作品に出会いました。田原唯之氏の作品です。

036 (2)

大きな樹を電気ケーブルで巻き込んだ作品は自然と電力という真逆なものを捉えたコンセプトに基づいて制作されておりすばらしい!

そして~~ここでも今村遼佑氏の作品にキュンキュンしました~~

040 (2)

木々にちらちらする小さなアクリル。

041 (2)

042 (2)

この作品コンセプトも自然を見事にとらえています。太陽光がこのアクリルを通しプリズムから生まれ虹が地面に写ります。そう六甲山に降り注ぐ太陽の光が優しく大地に沁みていくのです。お天気の良い日だともっと素敵なのに。。。

そして今回のオクムラ一押し絶景ポイント!繊細な今村作品越しにダイナミックな田原作品を眺めるの図。これから足をはこばれる方はこの場所要チェックです!

043 (2)

会期は11月24日迄。山頂は気温もぐっと下がります。どうぞ暖かくしてお出かけくださいね!

OMAKE:今日のオマケは超ベタよ~!もうベタベタ!(笑)帰りに立ち寄ったのはここ!

044 (2)

2013.10.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

六甲ミーツアート芸術散歩2013

今週は毎日雨模様ですね。かろうじて曇りだったある日すっかり秋のアートイベントとして定着した六甲ミーツアートへ。この日ご一緒したのはアートラバーマダムE子。アート好き&無類の蕎麦好きという共通項を持つワタクシ達はまずむら玄の蕎麦でスタート。その後マダムE子の運転で六甲山へ。。。

大きく分けて8つの会場に展示されている作品数はかなりのもの。その中からダイジェスト版でご紹介しますね!

展望台六甲枝垂れの中にある小さな生き物たちはMATHRAKの作品。彼らの背中をそっとなぞると、、、なんと音がします!

021 (2)

ガーデンテラスの中には大西康明氏の作品。

022 (2)

六甲山カンツリーハウスで若木くるみ氏が常駐しパフォーマンスを繰り広げています。いつも体を張っている彼女にはただただ脱帽。。。

025 (2)

ちなみに同じ会場内忘れ物取り扱い所に展示されているクワクボリョウタ氏の作品も必見です!(写真撮影不可)

國府理氏の作品はアウディがダイブしそうな勢い!新車を作品のため提供してくれるなんてアウディもやりますね。

026 (2)

六甲高山植物園は作品探しも大変です。うっかりすると通り過ぎてしまいそう。でも通り過ぎないで、皆さん!ここにはだいだいだ~~~~い好きな今村遼佑氏の作品があるんです。

029 (2)

ん???ん???でも通り過ぎちゃうよね。さあ寄ってみましょう!ライトが点滅している車はさて何台あるでしょう?(て、私も知らないけど)葉っぱの大きさから車のサイズもおわかりでしょうか。

030 (2)

突如現れた感のある謎の信号は大石起聖氏の作品です。他の会場にも同じ作品が展示中。

027 (2)

今回のお目当ての一つは袴田京太朗氏の作品。この子がバラバラになっている展開にもご注目あれ!

031 (2)

032 (2)

まだまだあるので続きは明日。。。

2013.10.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

中島麦 星々の悲しみblue on blue~Gallery OUT of PLACE

中島氏の次なる挑戦が始まったようです。今までの彼の作品を知る人にとってはちょっぴり意外な展開。でもその変化を楽しむ事もアート鑑賞の醍醐味の一つ。

今回のシリーズは全く異なるテクスチャーの2種類の作品で構成されています。

001 (2)

色が複雑に絡み合ったキャンバスはもはや作家自身の手を離れて絵具が生きているように彷徨っています。とっても宇宙的!!!

003 (2)

その対極にある一色のみで描かれた作品と並んでいる展示は大変興味深い。マットな作品は複雑な方と違い完璧に作家が色をコントロールしています。これらは必ず2点を組にして販売されていて複雑な方だけ欲しい~というのは無し!2種類の作品を味わうことにより作家の意図することがきちんと伝わってくるのです。

002 (2)

さあ!秋も本番!是非おはこびくださいね!(会期は今月27日迄)

2013.10.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

ミヒャエル・テンゲス作品納品にうっとり、、、

2年前の愛息I君誕生からずっと記念のピースを探していたキュートな麻酔科医麻ちゃん先生。先日その想いが詰まった素敵な作品をお選び頂きその設置にいってきました。

彼女のハートを射止めたのはこのテンゲス作品。サアラ麻布の家具でコーディネートされた空間にぴったりです!ハマリ過ぎてコワイくらい(笑)!そして2人してしばしうっとり、、、

003 (2)

1時間前にはここに存在しなかった作品がずっとここで生活していたような存在感を醸し出しています。もうこの作品がなかった時を想像できない。

004 (2)

さてさて肝心のI君の反応が気になるところ。昨晩麻ちゃん先生からメールが届きました。ママンが働いている間プリスクールに通うI君。帰宅して作品を目にした途端「ママ!Colorful leaves!」と言ったんですって!色とりどりの絵具が葉っぱに見えるなんてピュアな子供の感性がそのまま表れていると思いませんか?

005 (2)

私はいつも「作品を購入するということはその作家の想い、作品にまつわるストーリーをも引き受けることです。」とお話しています。そして更には作品を巡りこんな風に素敵な思い出を重ねていくこともできるのです。彼女はずっとI君のこの言葉を優しい思い出として大切にしていくことでしょう。

                Love&Peace&ART!!!

OMAKE:子育てしながら仕事をばりばりこなしつつも、いつも細やかな心配りを忘れない麻ちゃん先生。う~んと年下なのにレスペクタブルな女性!昨日も設営終わりに秋のお菓子を用意していてくれました。

006 (3)

2013.10.18 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Art selection

アートお出かけファッション

先日美女マダム2人に「奥村さん!ごはんネタとファッションネタしっかりね!」と釘を刺されてしまいました。。。ずっと暑さが残っていたここ最近のアート絡みのお出かけ時のかろうじて秋を感じる装いをアップ。

「白シャツはいつだって気候定まらない季節の味方さ!」という訳で。
白シャツ:セオリー
スカート:ヴィムガゼット
パンプス:ジャンビド・ロッシ
バッグ:ファビアナ・フィリッピ

002 (2)

同じく季節の変わり目ファッションの強い味方ユニク~ロ!ユニクロを口にする時必ず英語っぽく「ユニク~ロ」と言ってしまう。さあ!皆さんご一緒に!「ユニク~ロ!」
薄手セーター:ユニク~ロ(カシミア入りでベージュも購入)
パンツ:インコテックス
パンプス:ジャンビド・ロッシ
バッグ:見ての通り

001 (2)

私はいったい何年この時期この組み合わせをしているんだろう。。。思い出せない。。。
白シャツ:ラルフ・ローレン
スカート:ドルチェ&ガッバーナ (スリットから豹柄の裏地がちらちらするワルなデザイン)
*本当は足の付け根まであるような深いスリットだったがあまりにあまりのため詰めてもらった。その際セレクトショップのスタッフに「奥村さんやったらどこまでスリット入っててもやらしないわ~(←色気がない)」と言わしめた思い出深いスカート。。。
パンプス:プラダ
バッグ:見ての通り(豹柄に合わせて茶のバッグに)

002 (2)

先日の旅行の際にはこれにバレエシューズだったがショートブーツにしてマイナーチェンジ。
ボーダーセーター:アングローバルで買ったフランスのノーブランド
黒のセーター:ニール・バレット
スカート:GALERIE VIE(旅行用にと選んだスエットのタイトスカートは楽ちん!)
ショートブーツ:プラダ
バッグ:セリーヌ

005 (2)

そして今日私はこの格好で六甲ミーツアートに行くはずであったが台風のため断念。(ちなみに会場はオープンしているようです。)なんでも山頂の気温は5度くらいここらより低いらしい。来週のリベンジには暖かい羽織りものを持っていかねば。
セーター:ユニク~ロ(カシミア100のこのセーターは形もカワイイ。ライトグレーもゲット)
パンツ:インコテックス
スニーカー:パトリックス
バッグ:見ての通り

去年はブラック封印だったけど今年はまた復活かな???

007 (2)

外ではまだ強い風が吹いています。東京方面は台風の影響が強いようですね。
皆さまくれぐれもお気をつけて。

2013.10.16 | | コメント(3) | トラックバック(0) | Fashion

先週の季節ごはん

台北では小包籠に次ぐ小包籠、帰って来てからは仕事絡みやプライベートでのランチが続きせっかく戻った体重が、、、夜は絶食といきたいとこですがそんな訳にはいかず、、、
そんな先週のごはんの様子。

10月第2週某日
お肉と牛蒡のしぐれ煮の混ぜご飯。土井喜晴先生のレシピをアレンジして牛蒡もいれちゃいました。ごはんを炊く時に生姜の千切り、しぐれ煮には生姜のすりおろし、と生姜ダブル使いなり。

002 (2)

昼間はまだ暑いけど朝夕はすっかり秋ですね。きのこと水菜も入れての湯豆腐。

004 (2)

我が家はおでんも湯豆腐も食卓にお鍋は無し。それはなぜか???ダイニングの照明が布張りで湯気のダメージを避けるため。。。キッチンから各自食べたいだけ都度運びます。(←不思議な光景)

10月第2週某日
今が旬のサバの味噌煮。

006 (2)

ひろうすの炊いたん。

005 (2)

きのこ入りの銀餡をかけた茶碗蒸し。

008 (2)

またまた台風が来ている様子。今日は雨かな。皆さま良い一日を!


2013.10.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Food

川北ゆう「微かの景」~The Third Gallery Aya

水の動きや表情がそのまま作品になっているとしたら?その答えはこの個展にあるようです。

タイルを支持体に漂う水の表情をとらえた川北作品。ギャラリーの中でそれらと対峙する時、あたかも湖や川のそばに佇んでいる気分を味わうことができます。

011 (2)

007 (2)

最初に目にする方はきっと写真作品と思われるかもしれませんね。。。

008 (2)

水や空気、そんな目に見えないものを題材にすることによって自然そのものを表現している彼女の作品にはいつも強く強く引き付けられます。声高に自然を取り上げ形にするのではなく彼女の感性を間にして自然を感じることの心地よさのようなものを感じるとでもいいましょうか。

モノクロの縦に展示している作品も渋くて素敵。

010 (2)

この後は来年の3月に展示されるVOCA展のための作品制作にかかられるそうです。ふんわり優しくて可愛らしい彼女からは冷たい水を大量に使い大きな作品に挑んでいる姿はちょっと想像し難いのだけれど、今からVOCA展が楽しみでなりません。会期は11月2日迄ですので皆さん是非The Third Gallery Ayaへ足を運んでくださいね!

2013.10.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

山景美季展~Oギャラリーeyes

毎日なぜこんなに暑いのか、、、ゲージュツの秋のはずなのに、、、
そんなこと思いながらの昨日は大阪でいくつかの展覧会へ。

素敵な展覧会だったのにごめんなさ~い!昨日が最終日でした。。。
その色遣いの渋さと表情の奥深さといったようなものがと~っても好きな山景の作品。今回は写真作品も一緒に展示されていました。

001 (2)

003 (2)

004 (2)

絵具を塗り重ね、はぎ取り、その繰り返しを重ねたというキャンバスからは山景氏が作品と向かいあったであろう時間の経過を感じ取ることができます。

写真作品との関連性は特にないとのお話でしたが、両方を繰り返し鑑賞しているうちになんとな~く繋がったような気がします。そりゃそうですよね、同じ作家だもの、、、(笑)

005 (2)

最終日とありご本人もいらして久しぶりにお話することもできました。

さてこの後国立国際で開催されている(12,13の2日間)ビル・ヴィオラの初期映像作品集心の旅路へ。恥ずかしながら途中こっくりこっくり舟漕いじゃいましたわ。そうね、なんていうかお能を鑑賞してる時に襲ってくる睡魔がやってきたって感じ。夢かうつつかを漂っている心地いい時間でありました。(←だからって寝るなよ!)



2013.10.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

”らしからぬ”感じだけど

昨日ご紹介のXUE XUE INSTITUTEは建物全体に申し分のないセンスの良さが漂っているのですが、キッズフロアもしかり。いろんなイベント真っ最中でキッズたちもはしゃいでおりました。

ちょっとらしからぬ写真ですが、キッズ用カフェのお菓子コーナーがあんまり可愛くてついパシャり。

キャ・ワ・イ・イ~~!

019 (2)

020 (2)

021 (2)

いつもと違う感じでしょ?たまにはいいかも、こんなのも(笑)。

2013.10.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

MEDIUM 深澤直人×藤井保~XUE XUE WHITE(台北)

一夜明け台風の中向かったのは新たな台湾のデザイン拠点のようなカッコイイ建物。お目当てはこの中にある展示スペースで行われている深澤直人・藤井保両氏による展覧会です。現地集合で集まったのは私たち2人と金氏の個展に合わせて日本からやってきたコレクターS氏、金氏の友人で某テレビ局ADのHちゃん、それと金氏とK氏(K氏は金氏の作品の映像部門をバックアップし、一緒に台北入りし展覧会の設営の手伝いをしていた金氏のお兄ちゃん的親友クン)の計5名。金氏達は朝方3時まで飲んでたらしくヨレヨレの状態で到着。。。若いっていいね。。。

深澤・藤井両氏、共に業界では押しも押されぬ存在。そのお2人が組む仕事の完成度をそのまま展覧会に起こしたようなこの展覧会はどの空間も研ぎ澄まされた緊張感が漂います。寸分の隙もないといいましょうか。。。

016 (2)
014 (2)
013 (2)

深澤氏のプロダクトをモティーフにした藤井作品あり、各々両氏の過去の発表作品あり、デザインや写真・映像の世界で働く方、そしてこれから志す方にとっては必見ですね。この赤いのはなんと子供用の遊具です!
015 (2)
017 (2)

現代アート作家の見せ方とは同じようでも少し違う気がします。(これはどっちが上とか良いとかじゃなくて。)クライアントのある世界で厳しいプレゼンに勝ち残ってきた見せ方を垣間見るというか、プロの気迫をベテランの域に達したお2人にさらりと(裏にある計算を見せずに)見せられたというか、、、上手く言えないけどそんな感じ。これは推敲が重ねられたであろう展覧会スペースの模型です。
012 (2)

この建物の中には、いくつかのデザイン事務所(そう言えば深澤氏の事務所もありました。)や台湾デザイナーによるプロダクトやアクセサリーなどの展示スペース、そしてキッズが様々な体験をしながら色やデザインに触れることができるフロア、そしてイベントや展覧会に使用できるスペースなどなどがあり本当に充実しています。

台北の街を臨む素晴らしいビュースペースにはたくさんのアンティークの椅子が並ぶカフェも併設。横なぐりの雨を見ながら何を思う3人。松原ネエサン、K氏、金氏の後ろ姿。。。

018 (2)

毎回アート絡みで海外に出かけるといろんな人に出会うことができます。普段だったら絶対会えないし、話すこともない、そんな人たちが”アート”をキーワードに世代も超えて共感し合えるその素晴らしさって本当にすごい!英語や中国語といった言語と同じように”アート”がコミュニケーションのツールになり様々な垣根を越えて行く旅、それはアートラバーでないと味わうことができません。まずは身近にある美術館やギャラリーにお出かけしてみてくださいね!それらは語学と同様、駅前留学みたいなもんですから。。。

2013.10.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

「SWITCH」金光男~AKI Gallery(台北)

台風と共に台湾から帰国。悪天候のため飛行機が遅れましたが無事帰ることができました。。。

さて早速金氏の展覧会の様子など。今回はギャラリーの3フロアを全て使った展覧会。フロアごとに金氏の様々な作品展開を観ることができる見応えのある内容となっています。

まずはギャラリー入ってすぐの目に飛び込んでくるインスタレーション。今までの白黒の世界に初めて色が入りました。作品のモティーフはブルーと白のタイル。

009 (2)
006 (2)

電球の熱で表面のパラフィンが溶け出し、ギャラリーに居る間にもその姿が少しずつ変化していきます。会期終了を迎える時にはどんな表情になっているのでしょうか?

007 (2)

2Fはこちらのブログでもよくご紹介している写真を撮ったモティーフをパラフィンの上にシルクスクリーンプリントした作品で構成されています。上り口の縦に長い作品はドンピシャリの展示です!このままどなたかお客様の階段ホールに提案したいな~。ちなみにモティーフは梯子。

010 (2)

005 (2)

今回私がすご~く気に入ってしまったのこの映像作品は3Fに展示されています。

003 (2)

写真だとなんのことだかさっぱりわかりませんね~ふふふ。手前左にころがっている物体にご注目!
寄ってみましょう。。。

004 (2)

中に蝋がつまったグラスに電球を入れ吊り下げます。そして熱で蝋が溶けだしグラスが落下するまでの時間経過を追ったのがこの作品。映像をぼんやりと眺めていた弛緩した感覚が最後に床にグラスが落ちる衝撃音で喚起されます。。これは必見!

そして記念撮影。松原ネエサン、金光男氏、私の隣にいる元気いっぱいキュートな女子はこちらのスタッフのアンナちゃん。すんごい良い子で今度日本に来たら必ず奈良を案内すると固くお約束しましたの。。。

008 (2)

この日金氏が「僕の作品を一番最初に見出してくれたのは奥村さんです!」なんて嬉しいこと言ってくれたけど、これでもう私の仕事のお手伝いテッタイ君は正式に卒業。頑張って世界に羽ばたいてね~!
台北は近いし、ごはん美味しいし、皆それは親切だしお時間ある方週末の旅行に是非!!

さて今回初ピーチだったんですが、なんかいいですね。。。時間勝負的で。。。

「さあ、さあ、乗って!乗って!乗って!」
「はい、はい、降りて!降りて!降りて!」
「荷物もサッサと出すからトットと持って帰ってね。」

全体的にそんな感じ。せっかちな関西人、特に私にはぴったりかも。。。

OMAKE(1)
毎日雨、、、最終日は横なぐりの雨、、、空き時間に台北の街を松原ネエサンと彷徨う。毎月どこかしら長期の海外出張のネエサン。当然ながら海外でご一緒する時は私は初めてでもネエサンは何度も来ていることがほとんど。なのにいつもガイドブック片手に道案内をするのは私。。。なぜか。。。不思議に思いながら雨の台北をパチリ。

002 (2)

OMAKE(2)
ぜったい外せない足裏マッサージもクリア。大胆にすりつぶした大量の生姜をオイルのようなものと混ぜて施術してくれました。オジサンのツボ押し効く~!

感想は、、、予想通激痛耐絶叫然後気分爽快、、、

001 (2)

OMAKE(3)
ベルニサージュ後のお食事会に参加させていただきました。AKI Galleryオーナーのリック氏はとってもジェントルマンで楽しいお方。氏のイチオシレストランで正しいお料理の食べ方のレクチャーに皆大爆笑!
011 (2)

2013.10.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

ちょっと行ってきます。

台北行きの準備をしながら頭の中で「小籠包、お粥、マッサージ」の文字がグルグル。
はて、私はいったい何をしに台北に行くのだったか???そうだ、私は金光男氏の個展を観に行くのであった、、、

数ヶ月前からMA2ギャラリーの松原ネエサンに「ね~オクムラクミ~台北いこ~よ~。楽しいよ~。小籠包とか~お粥とか~マッサージとか~あっ!占いも~。」と摺り込まれ「そっか、楽しいかも、、、台北行ったことないし、、、」となった訳であります。それに東北の震災の時には台湾から多くの義援金が寄せられたという話をずっと耳にしてきたのでこうも思いました。「そうだ!日本人として台北を観光して外貨を落とさねば!」(←私の落とす外貨ってほんの少しだけど。)

で、今回の旅行用のワードローブなど。いつも私は女性にしては荷物が少なくてびっくりされちゃうんだけど、一応土曜にはベルニサージュにも行くのでワンピも入れて、靴も持っていって、となるとこれでもいつもより多いくらい。。。

001 (2)

行く時はボーダー薄手ニットに黒のスエット生地のタイトスカート+バレエシューズ。超らくちんなこのスカートでむこうでも過ごすつもり。あとはシルクブラウス、カシミアの薄手カーデガン、カシミア混合の薄手セーター、ペタンコになる小型バッグなどなど。

どうも向こうは雨らしい、、、ほらね、やっぱり私は雨女。では初ピーチで初台北行ってきます!


2013.10.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Lifestyle

VOCA展そろい踏みのめでたい玄関!

夏の間玄関に飾っていた川北ゆう氏と金光男氏の2作品。そしてなんとお2方とも来年の3月に開催される2014VOCA展に出品が決まったそうです!パチパチパチ!いつここで言ってもいいんだろ~この2点を飾ってる間に言いたいな~と思っていたら川北氏からの展覧会DMにしっかり記載されていたのでもう大丈夫かと。。。

004 (2)


奥村強力プッシュ作家お2人の作品をご購入頂いた私の大切なクライアントの皆皆さま!一緒に喜びましょう!!!そして川北氏は来週8日から大阪で、金氏は今週5日から台北でそれぞれ個展が始まります。も~ちろんどちらもレポートしちゃいますよ~!お楽しみに♪。

さあ、これで心おきなく秋冬バージョンの作品に掛け替えられる。。。

OMAKE:1年に1回あるかないかの美容ネタ。微妙に健康ネタのような気もするが、、、腱鞘炎、首のコリ、それに加え季節の変わり目とあってか原因不明の蕁麻疹に悩まされている満身創痍な近頃のワタクシ。せめてリンパを流して首と肩だけでも楽になりたいとTHREEのオイルでマッサージ開始。まずは香りで癒されております。そしてネイルも秋冬バージョン特注ブレンドカラー”奥村マロン”のグラデにチェンジ!

007 (2)

2013.10.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

«  | ホーム |  »