allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

ベネチア2019(4)

さてベネチアのお話に戻りたいと思います。

今回はジャルディーニ、アルセナーレ会場より周りの企画展の方に強く惹きつけられました。もちろんアート専門家の方からすると2会場の展示は素晴らしいのでしょうが、やはりアートは好みもある訳であくまで私がそうだったというだけです。そしてもう一つの原因は花粉症!外の会場を歩いていると喉がイガイガ、咳はひどくなるは、鼻水とまらないはの絶不調💦それもあってビエンナーレ会場で長く過ごすのがつらかったからかも。当初風邪と思ってて「まずいな~この後パリに移動だし、パリで楽しみにしているディナーもあるし、どうーしよ~」と焦ってたのですがその後一向に風邪に突入していかず。。。しかも花粉症と知らされたのはパリ。その話はパリ編で。

さてこれからベネチアにいかれる方、観光で時間がなくてビエンナーレ会場は無理でもグラッシ宮で開催されているリュック・タイマンス「La Pelle」は是非とも時間を取って立ち寄ってください!本当に素晴らしかった~!この展覧会のためにベネチアにもう一回行きたいくらい。(行きませんけどね、誰か連れて行ってくれるなら行くかな)

タイマンス作品がこれほど大量に見れるなんてもう至福のひとときです。建物との完璧なる調和もありずっと溜息がもれっぱなし。

蜀咏悄 2019-05-30 7 31 57 (333x500) (2)

蜀咏悄 2019-05-30 7 33 08 (500x334)

蜀咏悄 2019-05-30 7 33 15 (500x334)

作品のためにこの宮殿がつくられたかと錯覚するくらい。

蜀咏悄 2019-05-30 7 35 01 (333x500) (2)

蜀咏悄 2019-05-30 7 37 08 (500x334)

蜀咏悄 2019-05-30 7 37 36 (333x500) (2)

蜀咏悄 2019-05-30 7 40 57 (500x334)

そして私はこの静物画の前で感動して動けなくなってしまったのです。

蜀咏悄 2019-05-30 7 41 54 (500x334)

静物画をこんな風に巨大に描くことで生み出されるこの”今までに見たことがない感”はいったいなんなんでしょう?

蜀咏悄 2019-05-30 7 46 37 (500x334)

蜀咏悄 2019-05-30 7 59 48 (333x500)

こちらの女性を描いた作品はポスターや看板にも使われており至るところで見かけます。

蜀咏悄 2019-05-30 8 03 25 (500x334)

作品にあてられ放心状態のワタシ。。。

蜀咏悄 2019-05-30 8 06 59 (333x500)

ぜったい最終日におかわり鑑賞しようと思っていのに風邪と思い込んでた私はホテルのロビーで待機。そうよね、室内だとつらくなくなるってまんま花粉症よね、日本でも軽い花粉症(しかも何に反応しているのか1週間だけ)しかかかったことがない私はベネチア最終日も気づくことがなかったのです。。。



2019.06.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

ベネチア2019(3)

ベネチアビエンナーレを訪れる醍醐味は街の至る所でビエンナーレに関連した展覧会に出くわすこと。ジャルディーニ会場に建物を持たない国は街の建物を使って展示をしています。ガイドブックもあるけれどちょっとわかり難くて、もちろん活用したほうがいいんだろうけど今まで培ったアート感(動物的な、、、)に頼る方が私の場合合ってる気がします。こちらもそんな感じで遭遇したイランの展示。3名のアーティストによる作品が上手く構成されていてなかなか面白かったです。

蜀咏悄 2019-05-30 8 40 05 (500x334)

蜀咏悄 2019-05-30 8 40 36 (500x334)

蜀咏悄 2019-05-30 8 40 47 (500x334)

蜀咏悄 2019-05-30 8 41 41 (500x334) (2)

蜀咏悄 2019-05-30 8 43 11 (333x500)

蜀咏悄 2019-05-30 8 41 24 (500x334) (2)

蜀咏悄 2019-05-30 8 43 30 (500x334)

一人は映像作家だったので画像はありません。


この展示の帰りにルベリのシュールーム発見。過去のビエンナーレブログでも登場したベネチアに本社を持つ超高級ファブリックの会社です。以前のショールームは「根性あるんちゃったら上がって来いや~」的な敷居の高さがあって、その豪華絢爛さがベネチアっぽくて好きだったのですが、比較的普通のショールームに変貌を遂げていました。

IMG_0371 (375x500)

敷居は低くなってもお値段変わらずなんでしょうね、当然。。。

2019.06.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

ベネチア2019(1)

インスタをご覧いただいている方はご存じと思いますが、ベネチア~パリのアートどっぷり旅に出かけておりました。今回も撮影や秋のイベントに向けたイメージソースを集めてもらうべくウエブディレクターのまりちゃんに同行をお願いしました。そしてもう一人の旅のお連れはオペラ三昧の贅沢旅を計画したマイソウルメイトTさん(IC時代の先輩です)。私たちは朝からアート、Tさんは夜のオペラとやや時差感のある大人自由旅でした。

さてベネチア初日は雨。いつも思いますが人生でこれほどまでにベネチアにいくとは思いもよらなかった。普通だったら観光で一回行くか行かないかの場所なのにアートの仕事を始め、ベネチアビエンナーレを知り何度も通うようになるとは。。。しかも「も~いい、ベネチアも~いい」と毎回思って後にするのにやっぱり行ってる。本当に不思議な場所です。(というかアートに引き寄せられるから?)

蜀咏悄 2019-05-30 1 45 22

どんぶらこどんぶらこ。。。雨のためビエンナーレ会場は次の日に延期してまずはPUNTA DELLA DOGANAの「LUOGO E SEGNI」展へ。毎回思いますが、「ピノー氏のコレクションマジやべ~💦」、、、あ、失礼しました。日本のお金持ちの方も誰に遠慮することなく現代アートのコレクションに励んでいただきたいと思います。そして私たち庶民にたまに見せてください。

蜀咏悄 2019-05-30 1 59 08

さあ、毎回お馴染みのレッツスクロ~ル!

蜀咏悄 2019-05-30 2 10 28

蜀咏悄 2019-05-30 2 08 20

蜀咏悄 2019-05-30 2 07 20

蜀咏悄 2019-05-30 2 11 17

蜀咏悄 2019-05-30 2 11 40

蜀咏悄 2019-05-30 2 14 02

蜀咏悄 2019-05-30 2 15 39

蜀咏悄 2019-05-30 2 20 32

蜀咏悄 2019-05-30 2 24 30

蜀咏悄 2019-05-30 2 27 21

蜀咏悄 2019-05-30 2 37 43

蜀咏悄 2019-05-30 2 49 32

蜀咏悄 2019-05-30 2 52 21

このコレクション展見ただけでも「おお~来たぜ来たぜベネチア!」と鳥肌立ちます。そんな興奮冷めやらずサン・ジョルジョ・マッジョーレ島へ。なんかざっくり過ぎるな~今回のアート旅紀行。でもまりちゃんの写真をどうぞ楽しんでくださいね!


2019.06.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

センスはどうやって培われるか論争

ここ最近私の周りで「センスはどうやって培われるのか」というちょっとした論争?が続きました。「日々、センスを磨く日々」という本を出版しておきながら私のセンス磨きの旅は続いています。以前にも書きましたがタイトルに”日々”を入れたのは私も頑張ってるから読んでくださる方も一緒に頑張ろうと共感してもらえたら嬉しいなとも思ったから。むしろ出版してからの方が頑張ってる感じがします(笑)

さて今年に入ってから3つほど東京から取材の話がありました。そのすべてに共通するのがメールを読んでいると私が都心に住んでいると勘違いなさっているということ。「せっかくのお話ですが私は奈良在住、しかも明日香方面の田舎ですが本当によろしいんですか?」と返信すると「奈良なんですね。てっきり関東かと思い込んでいました。すみません、またの機会に」と、これまた皆さん仰られる。「是非取材を」と連絡する段階で一応どういう人なのか調べてからにしてほしいな~の思いはちょっと横に置いといて、私が感じたのは「なんで自分たちの感性に響くのは都心に住んでいる人だ」とレッテル貼してるんだろう?てこと。本当に不思議です。

ちょっと話は逸れますが先日車で30分のところに住むとても可愛い女性のところに粽づくりを教えてもらいにいったんですね。彼女は私のアート塾に参加してくれたことがきっかけとなり、ART NAKANOSIMAで作品も購入してくれました。お菓子作りがプロ並みでテーブルウエアのセンスも抜群なんです。ここしばらく深刻な料理スランプに陥ってた私が彼女のお家にお邪魔してなんだか俄然やる気が湧いてきたくらい刺激的な訪問でした。

彼女の住むエリアは我が家のそれと似ていてとても古い田舎の集落。ご主人様のご両親の住む立派な日本家屋の一部を素敵にリフォームして生活をしています。私の取材話もそうですがインスタなんかを見ているときっと都心に住んでいるんだろうとイメージされるでしょう。なんだか変な話です。日本どこにだって素敵なセンスの持ち主はたくさんいるんですから。都会に住んでいるから、高級住宅地に住んでいるからといってすべての人がセンス抜群の生活を送っている訳ではないでしょう。センスは環境だけに左右されるものではなくお金で買えるものでもありません。だからこそセンスを手に入れるって難しいのです。

そんな話も交えつつのセンス論争だったんですがどこでも結論は出ず仕舞。私もずっとそのことを考えてるんですが、いろんな刺激を受け続けること、センスの良い人に会い続けること、真似っこして自分のものにしちゃうこと、やはりそれにつきるのかもしれません。十分な大人が人の真似ばかりするのもどうかと思いますが、逆に真似されることがあったとしたら幸せな”センス・ギブ&テイク”ですよね!だから私も好きっと思ったらどんどん真似っこするし、自分の好きっと思うものもどんどん発信して真似っこしてほしいと思います。

さて〆に入りましょう。感の良い方、御察しの通り。真似っこばかりじゃだめですよ!センス磨きの基本の基は、、、ハイ!

アートと暮らすこと!

そんなアスカーナに住む私の企画するアートイベントも来週末に迫ってきました。東京方面にお住まいの方暑さに負けず是非素敵なアートに会いにいらして下さいね~♡




2018.07.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

NYへ(9)

最終日はアートを離れブルックリン散策。どうしてもお菓子屋さん「burrow」に行きたかったんだけどメモリアルデーのためお休み。しかもお店近くまで行ってインスタグラムを確認したらお休みのお知らせ、、、悲し過ぎる💦ちなみに前日たちばな氏に「らしくないんだけどこのお菓子屋さんにどうしても行きたいんだよね~」と場所を示すと「あれ?あれあれ?これってむか~し僕がアトリエ借りてたビルですよ!」続けて「この近くの地下鉄の入り口で4人組の強盗にぼこぼこにされたんですよ~」 その後の警察での臨場感あふれる話が続いた後「でも当時この話を友人にしたら”Welcome NY!!!”て言われたんですよね。。。」

そんな話も今は昔。ここDUNBO地区はすっかり観光化されのんびり人々が散策する幸せな風景が繰り広げられています。お店が閉まっていたショックの後、気を取り直しこれまた”らしくない”カフェに入ってなんかして。。。

2018-05-29 14 10 45 (500x333)

その後近くの「1ホテル・ブルックリン」へ。このホテルのコンセプトは”サスティナブル”だそうで木の香りが漂う空間はとにもかくにも心地よい。

2018-05-29 14 31 55 (333x500)

2018-05-29 14 31 16 (333x500)

ここのソファも寝そうになるくらい気持ちいいのです~~

2018-05-29 14 39 30 (500x333)

当然トイレもチェック!

2018-05-29 14 46 25 (500x333)

日本で昨今オープンしているホテルはまだまだモダンラグジュアリー一辺倒だけど(TRUNK HOTELあたりは別として、、、)なんだか世界のホテルの流行って確実に変わってるよな~と今回改めて実感。(ちなみにエースホテルが京都にできるみたいだけどなんか違うよな~大阪とかにあった方が逆にしっくりくるな~ルーフトップから街眺めるにしても。←あくまでも私の個人的感想です)

さてここいらでまりちゃんのFB投稿に寄せられたグルメな方からの「ピーター・ルーガー・ステーキハウスに行くべし」とのコメントで急遽Uberでサクッと移動。しかしUberがなぜ日本で広がらないのでしょうね?それってやっぱり規制緩和の問題かしら?結局のところモリカケだって根本はそこにある訳で規制緩和して物事を前に進めていかなければ日本はどんどん世界から遅れていく一方だよな~とちょっぴり政治のことも考えたりなんかしつつお店に着くと開店前から長蛇の列。待ち時間2時間とのことで名前を告げてご近所散策。この辺りでもいろんなお店があったりしてなかなか面白かったです。ステーキの画像無し。

2018-05-29 16 29 44 (333x500)

短かったけどアート・インテリア充電ばっちりの旅でした。最後に言っていいですか?

関空からNY直行便飛ばしてくれ~!!!

おしまい

2018.06.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

«  | ホーム |  »