allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

魂の抜けた部屋

やっとカーペットの色も決まり、内装工事が今月末から始まります。そんな訳でアートを壁から外し、グリーンと一緒に工事をしない部屋に蟻んこのように少しずつ運ぶ日々。しかしまあ、アートを取り払った空間はなんと味気ないのでしょう!

私の頭に浮かんだのは魂の抜けた部屋というフレーズ。

IMG_4539 (375x500)

「インテリアには必ずアートを!」と普段叫び続けている私でさえ、アートの存在がインテリアに、もっというなら日常にどれほど重要なのかを改めて思い知ることになりました。IGなどでも建築家の手掛けた家や素敵な新築のお住まいの様子なんかをよく見かけますが「なんでアートがないんだろう?」と純粋に不思議に思うことが多々あります。アートとは作り手の想いや情熱が込められた魂の塊のようなもの。そう思うと魂のない空間はどんなに素晴らしくてもいささか味気のないものい思えてしまいます。絵のない家は単なるHOUSE、アートが入るとHOMEになるんだと大きな声で唱えたい!

今回絵を取り払って改めてその点数を数えたところ、リビング、ダイニング、玄関、階段、廊下、2F水廻り(今回の工事が発生する箇所)で計20点の作品が存在してました。季節で一部衣替えならぬ”アート替え”をするのであくまでこの時期に飾っているアートに限定しての点数です。少しずつ増えていたとはいえ、結構な数の作品を飾っているなあと自分でも感心します。そして20個の魂と一緒に暮らしてたってことなんですね。(あ、この表現、ちょっとホラー?笑)

けれど”アート替え”をまめに行っていることやそれぞれの作品が上手く引き合うよう配置しているので決してごちゃごちゃ感はありません。なので20点を超える作品があったことも気づかず、取り払ってみて初めてそれだけあったんだ~とびっくり。そういう意味からいえば私にとってアートは”付かず離れす”といったいい感じの距離感を保ちつつ、なくなってみて初めてその存在の大きさを知るといったさながら”空気”のような存在になっていた訳です。我ながら自然にそういうことできてたってちょっと嬉しい。

早く工事が終わってまたアートを飾りたい!でも新しい壁に穴を開けるのは少しは躊躇しちゃうかしら!?

いやいや、そこは、、、

No Hole, No Art!!でしょ(笑)

2017.06.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

本が出ます。そしてそれにあたって思うこと。

少し先の話になりますが12月初旬に初めての本が出版されるはこびとなりました。かねてからの念願であった私の本、、、実は昨年末にお話をいただいていたのですが、実際に本づくりがスタートするまではほとんど誰にもお知らせしていなかったのです。アートの世界に飛び込んでから上手くいかないこと、思うとおりにならないこと、時には梯子を突然外されちゃうことの連続で、どんなに嬉しいことがあっても自分の手のひらに乗るまでは誰にも内緒にしておこうという自制心が働くようになっているのかもしれません。けれど話が実際に動き出して「キャッホ~!」となっているかと言えば全然そうでなく、妄想でしかなかった本の出版が決まり嬉しすぎて感情が上手く湧いてこないのと、同じく数年前に妄想事項の一つであったHERSでの連載が決まった時と同じく「ちゃんとやり遂げねば声をかけてくれた方たちに申し訳がたたない!」と責任感の塊になっています。なのでいつまでも秘密にとか言ってないでそろそろ地味ながら宣伝活動に入っている次第(笑)

そんなこともありここ最近は改めて自分の立ち位置、今までやってきたこと、そしてこれから何をしたいのかをじっくり考えることとなりました。本を作るにあたり「私は今なにを伝えたいんだろう?いったいなにを語ることができるんだろう?」そんな自問自答の日々なのです。

このブログを立ち上げてからここではひつこく現代アートの話ばかりしてきたような気がします。けれどふと思ったのです。「本で伝えたいのはそこなのか?」と。そこでちょうど連休ということもありあえて現代アートと距離を置くことにしてみました。インスタグラムでの発信もほとんど身の回りのことだけ。いわば”プチ現代アート断食”ですね。

インスタグラムと言えばそこには本当に上質な生活を送っている人たちがたくさんおられます。お料理やお菓子作り、そしてお花のあしらい方全てプロ級、日々の器にこだわり美しく食卓を彩り、骨董品などもさらりと生活に取り入れている、そんな女性たち(もちろん男性も)の生活を見せていただいていると正直「現代アートはいらんのとちゃう?」とよからぬ考えがよぎってきます。(特にアート業界から未だ受け入れてもらえず肩身の狭い身のワタシとしては、、、)

「すでにそういった上質で洗練されてセンス良く暮らしている方たちにとって今更現代アートを飾る選択というのが果たして残っているのだろうか?」本出版が決まってからここ数か月いろんなことを考えるうちに私の頭の中には多くの???が浮かんできたのです。現代アートがなくても正直特に困ったことはありません。丁寧なごはんづくりや身の回りのことをセンス良く整えることだけで立派な正に「Art de Vivre」。それだけで十分楽しいし毎日とても丁寧に暮らしている気分になれます。

けれど数日経つともう私の中で”現代アート禁断症状”が出てきました。”ふわふわとした美しいもの”もいいけれどなんだか”とんがったもの”に触れたいという欲望?のようなものが自分の中でむくむくと湧き上がってくきたのです。そして悟りました。「あ~これこそが現代アートなんだって!」知らないうちに心にしっかり根付いて、なくてはならないものになっていて、人間の根本を気づかせえてくれる得体の知れない、だけど魅力的なもの、、、そしてなにより現代アートのない生活は洗練されていてもCOOLじゃない!

いつもここで言っているようにインテリアは自身の歩んできた道が色濃く反映されます。けれどアートはもっと内面的なもの、その人の魂が映し出されるもの。そう考えるとインテリアの先にアートは必ずや存在するものなんですね。現代アート断食たった数日で禁断症状が出る私にとって現代アートはもはや正真正銘生活の一部になっていたことに自身驚きました。衣食住アート全部大切と唱え続けることで本当にそういう体質になっちゃった。言霊大事!

ということは本の中でもことさら現代アートの話だけを伝えるんじゃなくで生活全般のあれこれをお話したいな~とおぼろげにわかってきた気がするんです。美術評論家でもギャラリストでもキュレーターでもないインテリアコーディネーターから出発したアートアドバイザーの私が伝えることってそれなんじゃないかって。

生活全般の美意識を高めていくとアートに行きつきアートがまた美意識を高めてくれる

これは私がアートの道に飛び込むきっかけをつくってくれた一人であるマイソウルメイトが私を評して贈ってくれたことばです。もちろん私は美意識に特段優れているわけではないし、常に美意識を高めたいと努力をしている途中な訳ですがこの言葉がものすごく腑に落ちた気がしたんです。

私は生涯誰に言われたからでもなく自分の美意識を磨く巡礼の旅を続けるのであろうと。そしてそれこそ今伝えたいことなのだと。





2017.05.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

新年あけましておめでとうございます

少し遅くなりましたがこちらでもご挨拶申し上げます。

新年あけましておめでとうございます。
旧年中お世話になった皆様、このブログに立ち寄ってくださった皆様、ありがとうございました。
新たな年が皆様にとって素晴らしい1年になりますようお祈り申し上げます。

IMG_20161228_132259_073 (441x500)


最近は発信のメインをIGにしているためこちらの更新は久方ぶりとなりました。
2009年に始めた前のエキサイトブログから実に8年目、時が過ぎブログからIGという流れは自然なことなのかもしれません。ここでは少し長くなりそうなお話やら、納品時のエピソード、お知らせなどを中心に記事を上げていますが、私の想いは語りつくした感もあります。

発信方法を代えたことにより、私の想いをまた違った方法で伝えることができるIGは大きな意味を持っています。またコメントも気軽に寄せてもらえ皆さんと繋がることができるのもIGの大きな魅力の一つです。ただブログもまだ私にとっては大切なツールですのでぼちぼちと続けていこうと思います。

さて私の昨年を漢字一文字に例えてみるならば「籠」でした。一昨年から引きずっていた問題に加え、義母の介護問題という物理的な問題も発生し、メンタルでも実生活でも「うちに籠る」状態でした。それはあえて自分自身に課した試練のようなものでもあった訳ですが、落ち込んでは浮き上がるというそんな状態。。。

さらには必要最低限は人と会わないようなプチ隠遁生活でもありました。が、一方でIGを通じて発信する、情報を集めるという行為をせっせと続けていたため信じられないような幸運な出会いにも恵まれた1年でした。そしてきっぱりとあることに見切りをつけたとたん年末からは突然いろんな歯車がかみ合い、自分の中ですとんすとんと腑に落ちるといった瞬間が増えてきたように感じます。

これはどこから来ているのかと先日ヨガの先生と話していた時に突然わかったんです。それは「手放すことが大事なのだ」との教えをいただいたときでした。その言葉がすごく私に響いてきたのです。IGをご覧の方ならばよくご存じと思いますが、ワードローブが劇的に減ったことでなんだかとっても楽になったという私の話(ついにリバウンドなしのワードローブダイエット成功!)、、、

それは人間関係も同じなのだと。ここ数年ものすごく無理をしていて辛かったことの原因を手放すという決断をした時にとても楽になったことにきづいたんです。

ヨガってすごい!と改めて私が先生にも誓ったのですことは「2017はヨガをもっとメンタルに取り入れる」でした。ヨガを始めてから姿勢が良くなり体の歪みがだんだんと解消されているのと同様に今度は「心の歪み」を少しずつ直していこうかと。

すごくネガティブな思考になりそうな時にニュートラルに戻す努力、人に対してものすごく悪意を持ってしまいそうなときにも意識的にその思考を打ち消す努力。体よりメンタルな方が歪みを直すのはさらにさらに大変そうです。けれどそう思うことで前に進むことができるのならやってみる価値はありますものね。

という訳で今年の目標標語は「心の歪みを直す」と目標漢字一文字は昨年と一転「出」です!人前に出る、勝負に出る、どんな「出」になるかわかりませんが、久しぶりにそんな気分なんです。

あ~それと忘れちゃいけない私の2大座右の銘「群れない・ブレない・媚びない」と「去る者はどうぞ、来るものはちょとだけ選ばせて」も大切。全部書初めしちゃいたいくらい!(笑)

なんだか久しぶりのブログは決意表明みたいになってしまいましたが、本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます!

インスタグラムも気軽にフォローしてくださいね!




2017.01.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

”お洒落な人”に私はなりたい!?

私のインスタをご覧頂いている方ならすでにお気づきの通り、洋服減りました。いつも同じようなカッコです。買うには少し買ってるんですが、どちらかというと必要に迫られて、といった感じ。たとえば秋のイベントにはさすがに去年と同じという訳にはいかないですしね。他は黒のパンツを買い替える、白のシャツを買い替える、そんな感じで3か月に一度ワードローブを見直し”買い足す”のではなく”買い替える”といった具合。さらにそれらをシーズン中に着倒す!着回す!いつも同じ格好ですけどなにか?と開き直る(笑)

ず~っと以前、パリのアンティークショップオーナーのそれはお洒落な「いかにもパリマダム」がインタビューの中で「洋服なんてほとんど買わないわ。しばらくぶりで必要に迫られ買ったのがこれ」的なコメントを発していたのを何かの雑誌で読んだことがあるけれど「そんなこと言いながらこんなお洒落なんて反則やわ!」と思ったことがあります。

時が経ち少し前にいつもとびきりお洒落な女性が「最近洋服を買うのがめんどくさくて仕方ない」と私に言った時「もう本当にそれすごいわかる~~~」と今度は共感を覚えました。私の場合はなんだか嚙み合わないショップスタッフとの会話にほとほと疲れちゃって「そちらの立場もわかる。だけど買う時は買うし、買わん時は買わんのよ。」と心の中でつぶやくことしきり。あ~ほんとめんどくさって感じなんです。なんでだろう、昔は洋服を買うのがあんなにときめくワクワクしたことだったのに。

で、最近つくづく悟ったこと。「お洒落な人」と「お洒落が好きな人」は根本的に違うんだって。できれば私は前者になりたい(笑)

「洋服そんなもの買わないわ」とか言いながら洒落てる人に私はなりたい。(宮沢賢治風に言ってみました。)

さて、今日の話はどこでアートと結びつくのか、、、結びつきません、、、(笑)

ただ洋服を減らし、新たな流行を追いかけるべく洋服を買うといった生活をしなくなると本当に心が解放されたという私の個人的なお話です。

ワタシはどっぷり日本人ですが、洋服に関してはグローバルスタンダードでいたいな~といつも思います。日本の中での流行って確実に存在するし、そのまま海外に出かけたらなんだか恥ずかしくなるってことってあるんですよね。

私の提案はインテリアとアートとファッションすべてをコーディネートすること。それって一石三鳥だし、ファッションだけやり過ぎちゃうってことがないから、バランス取れるんじゃないかなって。だってお洒落な人って間違いなくインテリアもアートのセレクトも素敵なんですもの。日本人特有のファッションだけ、アートだけ、ワインだけ、グルメだけ、だとやはりバランスが悪くなっちゃうと思いませんか???

ということは”お洒落な人”になるにはインテリアからってこと?つまりはアートも身近におきましょうってこと?

はい、無理やりアートと結びつけて〆てみました(笑)。

インスタグラムの#着ることの風景で検索すると私のここ最近の堅実なファッションライフが垣間見えます。以前からこのブログを読んでくださっていた方へ、、、「私もちょっとは賢くなりました。」とお伝えしたいと思います。

そんなこんなでインスタグラムも覗いてきてくださいね!

2016.10.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

本を読む姿そしてアートを観る姿

私の思う女性がとても美しく見える姿に「アートを観る姿」と並んで「本を読む姿」があります。電車の中でスマホをいじる姿より本を読む姿の方が断然美しい。かく言う私も暇つぶしに電車の中で携帯をいじる大多数のうちの一人ではありますが、やはり本を読む姿は男女を問わず知的で美しい。そういえば以前地下鉄の隣に座った”髪の毛の茶色い今どきの”若い男性が、おもむろに取り出した文庫本が「砂の女」だったことがあり、私の中の好青年探知機の数値が瞬間急上昇したことがありましたっけ(笑)。

本もスマホも文字を目で追うという意味では同じ行為なのに(ゲームをなさっている方は別として)なぜ前者は知的で美しく見えるのか、、、いつもそんなぼんやりとした疑問を持っていたのです。

先日パリ郊外で在仏日本人マダムに向けてのそれは素敵なお料理教室を主宰なさってるkanakoさんとお目にかかる機会がありました。彼女は12歳になる双子の女の子ちゃんのママン。お穣ちゃま達はご両親とも日本人ですが、生まれも育ちもパリのためそこはかとなくフランスの空気を纏ったとってもとっても可愛い女な子たちなんです。何代か続かないと認められない京おんなと違い!?(笑)小さいながらも彼女たちは正真正銘立派なパリジェンヌ♡

大人3人でお茶している間も、小さなパリジェンヌちゃんたちは日本語の文庫本を静かにそして熱心に読みふけっています。その姿は小さいながらも凛としていてとても美しい。2人のいで立ちはお揃いのギンガムチェックのワンピースにこれまたお揃いの小さなバスケット、、、帰り際に「バッグになにが入っているの?」と尋ねたところ恥ずかしそうに中を見せてくれました。中には文庫本とハンカチと眼鏡が整然とそしてギュッとコンパクトに入っていて、なんだかとっても可愛い。。。

後からそんな姿を思い返してみて、そうか~そういうことか~とちょっと私なりに思ったことがありました。普段フランス語で生活していて、日本語の本を読む、、、それは普通に日本語だけで生活している中で日本語の本を読むより、もっと追及していくというか、探求していく努力が必要なんじゃないかって。そんな中で物語を理解し想像するというとても深い読書をしてる気がしたんです。

そこではたと気づきました。なぜ携帯より本を読む姿が美しいのか?そこにはなにかを自らが感じ取ろうという姿勢があるかないかではないでしょうか?つまり携帯では情報を得るという一方的な文字の読み取りがほとんどですが、本を読むという行為は自ら入り込んでいって文字を読み取り、その世界を想像し、何かを感じ取るという、何段階にも及ぶ行為ではないのかと。なので顔もおのずから引き締まり思索している表情になってくる、、、そんな気がしません???

IMG_20160810_202152 (500x500)

そう思うとアートを鑑賞するという行為もかなり似通っている気がしてくるのです。ことに現代アート鑑賞は慣れるまで少しばかりの忍耐となんだかわかんないものと向き合っているという漠然とした不安感が付きまといます。作品を前に作家の想いを感じ取る努力をし、想像し、自分とその作品との関係性を確認しようとする。(関係性と言ってもつまりはその作品が自分に訴えかけてくるか否か、好きか嫌いかで良い訳ですが、、、)それって受け身ではありえない行為であり、自分から感動を受け取りに行くという姿勢が問われます。その結果心の中に深い感動が財産として蓄積されていく。それは深く心に残る本を読んだ感じに似ている気がします。

秋の私のイベントでは上質なアートを前にあれこれ想いに巡らしながらご自身の中で難しく考えることなく想像トリップしてください!(私は常に妄想トリップ、、、)会場中がそんなゲストであふれたらなんて素敵でしょう!もちろん大好きな作品を見つけたらご自宅でもその感動を味わえるようご家族の一員に加えてあげてくださいね!!!(笑)

*インスタグラムも是非覗いてみてくださいね!

2016.08.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

«  | ホーム |  »