allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

「変なものが一つもない」は最高の褒め言葉

横川志歩先生とのコラボイベント満席となりました。少し先のイベントにも関らず多くの方からお申し込みを頂き受付開始30分でほぼ満席!生瀬ヒュッテのパン予約申し込み☎くらいの激戦となり、私もパソコンの前でものすご~く緊張しました。お申込みいただきました皆様誠にありがとうございました。

さて先週横川先生を奈良にご案内した際のこと。お昼を食べて「どこ行きたい?」と尋ねると速攻「飛鳥資料館!」と返事が返ってきました。近くに住んでいてもわざわざ足を運ぶことがないので私もちょっとワクワクしながら資料館へ。一緒に展示ケースのお宝の数々を観ていると「うわ~持って帰るのどれにしよ~!」と彼女のつぶやきが聞こえてきて、それを聞いたとき「これって私が現代アートの展覧会に訪れた時必ずやってることと同じだわ~」とちょっと感動しました。どんな分野のものであれ自分だったらどれを選ぶんだろうといつも真剣に考えているうちにいわゆる見る目は磨かれていくのだとも改めて思った出来事でした。

その後は先生たっての希望で山田寺跡へ、、、看板はいつも見てたけどここも訪れるのは初めて。気持ちの良い風の吹く中私たち2人だけという贅沢。知らない間に先生に盗撮されてた💦

IMG_3407 (500x500)

明日香を車で回ってから11月のイベントのロケハン?と称し我が家へ。美意識の塊のような女性をお招きするのはとても勇気のいることです。でもとっても嬉しいことを言ってくれました。

「変なものが何一つない!」

これは私にとって最高の褒め言葉でありインテリアにおける真髄だと思うのです。この”変なものが何一つない”状態は簡単に思えて実はなかなか難しい。お客様のところに伺っても意地悪な目で見ているつもりはないのだけれど「なぜここにこれ?」なんて感じることがあって、その時には「ん~~~なんでこれなんですか?」と率直にお伝えします。絵を納品するにあたり環境、つまりインテリアを整えるのも私の仕事だからです。

ここでその目安をお話すると、、、

例えば頂き物のプリザーブドフラワーにうっすら埃がかかっている。新築する前のインテリアに合わせていたガーリーな写真フレームがモダンなインテリアの中に存在している、絶望的にそぐわない時計やら壺が置いてある(これは新築祝いかなにかで人様からいただいたケースが圧倒的)、、、数え上げたらきりがないくらいの変なものが目に飛び込んでくるんです。あまりストイックになってしまうのも良くないし、私は決して断捨離スト(ダンシャリスト?)ではないのですが、それらを取っ払うだけでインテリアの格がグ~ンと上がるんです。インテリアがなんだか思うようにまとまらない、理想のインテリアにならずアートを飾るなんて考えられない、そんな風に思われる方は一度”変なもの”と向き合ってみてはどうでしょう?

改めてそんな風に見ると海外、国内いずれの素敵なお住まいには”変なもの”はないはず。実用的なものだって出しておくという決断をしたからには出していても変じゃないものを最初から買うという選択だってある訳です。

では”変なもの”と”変じゃないもの”を見分けることができるようになるにはどうしたらいいの?それはもう訓練しかありません(笑)素敵なものに観て、上質なものに触れ、美しい音を聞く、まさに五感を鍛える訓練です。自分のテイストに近い素敵なお住まいをインスタグラムなんかで探してみるのもいいですね。そんな風に暮らしていると自分にとって”変なもの”がなにかがわかってきます。

変なものと決別してアートを飾りさりげなくお花を飾る生活を始めてみませんか?



2017.05.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Interior

私のパワースポット

先日伊勢方面に一泊2日の現実逃避?の旅に出かけました。滞在先でゆっくりしたかったので今回は伊勢神宮には参拝せず、海と緑の織りなす景色を見ながらのんびり過ごし心洗われてきました。古代から日本人は自然の中に神様を見出してきた訳ですから、海や山の神聖な空気に身も心も浄化される気分になるのも至極当然のことかもしれません。(ま、私は緑豊かな田舎に住んでいるので、その意味では毎日心が浄化されてるはずなんですけど、そこはなぜか、、、心が黒い、笑)

ホテルでの滞在を終え、伊勢神宮のそばを通ると、いつもながらものすごい数の人々。数年前参拝した時もその参拝客の多さと熱気に圧倒されましたが、、神様もあれだけの人を”スピリチュアルな気持ち”にさせなきゃいけないとは、本当に大変なことだと思います。

さて帰途に着きながら、車から家々を眺め改めて思ったこと。「本当に日本てとっ散らかってるお家が多いな~」。(そんなことを思う私はやはり心が黒いのか、、、)夏だから窓や玄関先をオープンにしているのでことのほかそう感じたのかもしれません。オランダを旅行した際に田舎に並ぶどのお家もカーテンを開け放ち、競い合うようにその整えられ美しく飾られた家の中を見せていたことにちょっぴり感動したけれど、そこまでいかないとしてももうちょっとなんとかならんのかいな、、、とお節介ながら思います。

なぜ今回強くそう思ったかというと、伊勢神宮に詣り”スピリチュアルな気持ち”になったとしても、片づけられてない”反スピリチュアルな場所”に戻っていったら効果ないんじゃないかなと、ふと感じたからです。

よくお家の中に「パワースポットを作りましょう」とか「スピリチュアルな場所を作りましょう」とか言ってるのを聞きますが、ほんと、その通りだと思います。整えられた場所に自分が心地よいと感じるものをしつらえて自分なりのパワーもしくはスピリチュアルなスポットを作ることは可能ではないでしょうか。だって実行するだけで”良い気”が流れてきそうな気分になりませんか???

我が家も築15年となり、至る所古くなっているし傷んでいます。でもずっと新築のお家に住み続けることは不可能なのですから、古くなっていくお家をいかに心地よく加齢させていくかってことが大きな課題。それには「お掃除」と「整理整頓」と「インテリアのセンスを磨く」その3つしかないんですよね。私は明治生まれの祖母と同居して育ちましたが、彼女の徹底的な整理整頓術と掃除術は本当にすごかった。軽くドイツ人でしたよ、、、何がすごいって掃除の後は、空気まで掃除したって感じになるんです。小さい時から「おばあちゃんは空気まで掃除してる。」と感じてましたもの。それぐらいすごかった。私はその遺伝子を完全には受け継いでいないようで、お掃除も整理整頓も人様に偉そうに言える立場ではありません。。。

そんな私ですが、自分のできる範囲でお掃除に勤しみ、家の中に自分なりのパワースポットを作っています。とにかくクリーンにして勢いのあるグリーンを置き、アートを飾る(←ここ大事!)。時折葉っぱの表面も優しく拭いてあげて、置いているガラスや銀製品の類をピカピカにします。それだけでそのコーナーが生き生きして、パワーを授けてくれそうな気になるのです。それとやっぱりお気に入りのアートがあるかないかで決まってくる気がします。

2016_08_02_13_40_55 (480x640) (480x640)

あ、なんか余計なもの(人)が写ってる。。。(笑)

今日のお話がアートに繋がるのか?繋がるんですよ~先日アートを納品したお客様が「作品がやってきたことでインテリアを見直すきっかけになった。」と言ってくださったのです。とてもとても嬉しかった。アートを飾りそこからパワースポットを作り上げていくことは意外に簡単なこと。まだアートと暮らしておられない方、騙されたと思ってアートと暮らしてパワースポット作りましょう!

なんか怪しい〆になってしまいましたが、ホントのことですから信じてね!

*インスタグラムも是非覗いてみてくださいね!

2016.08.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Interior

もう師走って!

来週から12月が始まるなんて!毎年この時期言ってるけど一年早い!!

そんな訳で昨日は少しだけクリスマスの雰囲気のしつらいを。銀のトレーに卓上のクリスマスアレンジをささっとこしらえてみました。グリーン中心のアレンジは長く楽しむことができるのでこの時期はいいですね。

IMG_20151128_171036 (640x640)

今日も寒い朝を迎えました。皆様、良い日曜を!!!

2015.11.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Interior

最近気づいたこと

数か月前から久々にどっぷりインテリアの仕事に取り組んでいます。表向きはインテリアコーディネーターの看板は下ろしているのですが、ごくたまにご紹介の方やアートを提案させていただく際の準備としてのコーディネート業務だけはお受けしています。これはなにももったいぶる訳ではありませんよ(笑)!どちらの仕事も大変だし2つはできないっていうだけです。

アートをご提案する際にはお客様の感性をすぐにくみ取ったり、空間との相性みたいのものを瞬時に判断しなければならなかったり、なにより作品は一点ものなので(版画や写真作品は別として)即決をせまられることもあります。瞬発的コーディネート力が必要って感じかな。

それに対してインテリアコーディネートは何回も打ち合わせを重ねてちょっとずつちょっとずついろんなマテリアルを決めていく、そんな持久的コーディネート力が必要なんです。これはどっちもに携わって私なりに到達した見解なんですけどね。

20150322073613 (375x500)

さて私は若い頃からインテリア、つまり建築業界で働いてきたので、とにかく現場の職人さんたちや工事のオジサンたちにいつもビクビクヘコヘコしてました。本当にコワカッタ。なんかしでかして怒鳴られるんじゃないか、って恐怖が常にあって(笑)。なので今でもついビクビクヘコヘコしちゃう。ところがここ最近ずっと出入りしている現場事務所で「あれ?なんか違う?向こうがビクビクしてる、、、」と気づいたんです。そう、私も歳を取り、ほとんど年下と思われる人たちに指示を出したりして、そんでもって一応キャリアなんかも積んだもんだから、こう何て言うんでしょ、、、オバチャンの威圧感?みたいな妙なオーラを纏ってるみたいなんですね。今は「なんか怖そうなオバチャン」て思われてるんだろうな。ついに向こうをビビらす立場になってしまったのかと、しみじみ思ったりなんかしとります。。。

今日も良いお天気ですね!皆さん素敵な日曜を!

2015.03.22 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Interior

帽子好きにはたまらない!

カーサブルータスをぱらぱらとめくっていると、、、こんなスタンドが発売されていたのですね!フィリップ・スタルクらしい遊び心いっぱいのデザインはインテリア好きの♡を変わらず刺激してくれます。

hl_chapo01 (450x400)

これって帽子掛けにもなって便利かもと思いきやこのパナマ帽がシェードとしてついてくるんだそう。イメージ画像にあるようにいろんな色があっても楽しいと思うんだけどな。。。

hl_chapo02 (545x363)


2015.02.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Interior

«  | ホーム |  »