allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

何度もおなじことすみません💦

先週あたりから今年の奥村アートフェア改め「ART NAKANOSIMA」出展作品をインスタグラムでぼちぼち上げていっています。私は2つアカウントを持っておりこちらは衣食住アートごちゃ混ぜネタ用もう一つのこちらではでは真面目にアートのお仕事のみアップしています。そのため前者の方では晩御飯ネタに混じって突然アートの紹介なんていうことになってますが、後者で出展作品をまとめていきますので一覧をご覧になりたい方はそちらを参考になさってくださいね。

作品についてのお問い合わせもちらほら頂いておりますが、ご紹介している作品はすべて購入可能ですのでお気軽にお尋ねくださいませね!シャンパーニュ片手にあるいは薫り高いコーヒーを楽しみながらのアートショッピングは楽しいですよ~!

さてこれからのお話はこのブログで何度も出てきたお話。なのでもう聞き飽きたという方ここで読むのをやめてください(笑)

私が一番ガックリくる台詞の一つに「奥村さん、私はいつか運命の作品に出会った時に買おうと思うの!」があります。不思議に思われますか?だってちょっと聞くとアート買う気満々のセリフですよね?でも私の経験から言うと、こういう風に言われる方の多くはこの先もアートを買わないからなんです。私は”アートを売る”のを仕事としている訳で売れないと困っちゃうんだけど、この”アートを売る”っていう仕事はなんだか胡散臭さを感じる方も多いのも事実。なのでその台詞が相手から飛び出すとなんだか私が無理やり売りつけようと思われたのかしら?なんてちょっと悲しくなるということもガックリくる要因の一つです。だって私は高田郁氏の作品「あきない世傳金と銀」に出てくる言葉「買うての幸い、売っての幸せ」を座右の銘にしているんですもの!売りつけるなんてもっての外。作品を買ってお客様が幸せな気持ちになって、作家が喜び、私も両者を繋ぐことでこれまた幸せになると信じてます。なのでこの点においてはガックリ度は比較的少ないのです。

問題は「いつか運命の作品」=「白馬に乗った王子様」の法則。(はい、何度もここでお話してますね)置き換えると納得なんです。アートを買い慣れていない方が偶然入ったギャラリーで偶然やってた展覧会の作家が超好みでこれまた偶然その展示の中に運命の一点を見つける、、、まず不可能な話です。そんなの通りの向こうからパッカパッカ蹄の音させて白い馬に乗った王子様級の男前がやってきて赤いバラを差し出して「君こそ運命の人だ」とひざまずかれるのと同じくらいの確率と思ってください。

まずは買ってみなければいつまで経っても運命の作品には出会えません。いつかって、その人が200歳まで生きるつもりなら全然OKだけど、アートを暮らす生活は本当に素敵だから早く始めるに越したことはないと思います。5万円、10万円とご自身のバジェットを決めておいてその範囲内でビビビッとまではいかなくてもビビッとくる作品を買ってみるんです、そうやってご自身の審美眼を鍛えていかないことには真の”王子様”には出会えません。ほら、あるでしょ?いろんな恋愛を経験して最初はさほど魅力を感じなかった男性がある時「この人こそ運命の人だったんだわ!」とかなんとか、、、”恋少なき女”の私がそんな例えしてもどうかとは思いますが、、、

私は「ART NAKANOSHIMA」という場所をアートビギナーのアート活としても活用してほしいと強く願っています。そのためクオリティーはもちろん洗練されていてお家にすぐ飾りたくなるような作品を念頭にギャラリーと出展作品のセレクトを真剣に行っているんです。

これも前に書きましたが「いつか運命の作品に出会うまで」とかいってるとアート後家になるとはかの杉本博司氏が雑誌のインテビューで言ってらした辛辣なるお言葉。

その言葉を眼にした時「私にはそんなこと言えないわ~」なんて思ってたけど運命の作品=白馬の王子様説も結構辛辣かも???(笑)



2017.09.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

住む土地がはぐくんでくれるもの

暑い暑いとひたすら言い続けた(まだ残暑は続いきそう、、、💦)8月ももうすぐ終わり。今年の夏は改装工事やらキッチンの機器類の交換工事やらで自宅に張り付くことも多くさながら現場監督のような日々でした。やっと諸々終了し来週からいよいよ本の撮影が始まります。

本の中では私がお勧めする奈良のお店や、なんとアススカーナの直売所のご紹介なんかもありここへきて私の”奈良愛”の深さに我ながら驚いています。ちょっと話は逸れますが先週東京のとある雑誌から自宅の取材申し込みがあったのですが、私が奈良に住んでいるとご存じなかったらしくスケジュールとかの関係で取材自体無しということになりました。もう一度ここで言いますね。私はアスカーナ(明日香)地方に住んでま~す!!

さてもとに戻って、、、本の話が進む中で今一度いろんなことを考えました。その中の一つが住んでる土地と住み手の関係性です。私は神戸生まれの神戸育ち。元町や三宮が庭のような子供時代・少女時代を過ごしました。そして神戸から奈良に嫁ぎ、豊かな自然に恵まれた歴史の深い場所に暮らすうちに私は大きく変わりました。もちろん根っこには神戸っ子の血が流れてるんだけど、今ある私は間違いなくアスカーナという土地が育んでくれたのだと思うのです。うまい具合に私の中で神戸とアスカーナが化学反応を起こしたって感じかな?(笑)

よく関西も一丸となればもっと地域が発展するのに、なあんて思いますが、関西ってそれぞれの県のキャラが立ちすぎててなかなか難しいですよね。その中でもコウベイットとキョウトイットはなんだか特別な意識を持ってるのは関西では有名なお話。かくゆう私もかつてはそうでした。「神戸が一番」「神戸のお菓子やパンは一番」なんてね。コウベイットだった時には初対面の人にも「やっぱり神戸の人はお洒落ね~」なんて言ってもらって鼻高々している嫌なヤツでした(笑)でもナライットに変わった途端私自身は変わっていないのに誰もそんなことは言ってくれませんでした。「奈良の人はお洒落ね」なんて。

そんなことから私は住んでいる場所が人を印象付けることの無意味さについて深く考えるようになったんです。数年前以前仕事をしていた会社の営業が芦屋在住のコーディネーターと私を前にして放った言葉が今でも忘れられません。「○○さん、芦屋のマダムって感じやね~奥村さん、吉野の山奥からわざわざ出てきたん?」 私は山猿なのか??もちろん吉野に住まわれている方にもとても失礼な発言です。

瞬間思いましたよ。

「呪われてしまえ!」って(笑)

でも多くの人がそうなんだと思います。自分の住んでいる場所より地味だったり不便だったりする場所に住んでいる人に少なからず優越感を持つ感覚。憧れの場所に住んでみたところでその中にも土地的ヒエラルキーがあったりする訳でなかなか厄介なことです。

アスカーナに住むようになってから私は場所的ブランド志向の全くない人間になりました。無理しているのではなく住む場所でその人の個性をとやかく言うのは不毛なことだと思うからです。もちろんここにはこじゃれたカフェも美味しいケーキ屋さんもありません。でも人間の感性の奥深いところに触れる素晴らしい自然の瞬間に毎日出会うことができるんです。四季の移り変わり、季節で変わる草の香り、虫や鳥の声、、、それらに私は五感をビシバシ鍛えられている感じがします。

そんなこんなで場所的ブランド志向がなくなった分一気に「私のいるところが日本の中心!」レベルのとんでもないぶっとんだ思考を持つようになったんですが、これはこれでオソロシイことです。勝手にアスカーナとか言ってブランド化しようとしてるし、、、(笑)とか言ってるうちにアスカーナに「星野リゾート」もできるみたいで「いやん、すごいやん、ワタシいろいろ呼び寄せてるやん。”くみ呼”(卑弥呼とかけてます、笑))様すごい!」と私が誘致した訳でもないのにひとり悦に入っております。(しかもできるのまだ先だから生きてるのか?ワタシ)

あと、私が強く思うのは住む土地のブランドではなくその人にとっての「気」が良いかどうかが一番だってこと。私の住んでいるところは私にとってものすごく「気」が良いんです。上手く言えないんだけど感覚的にそう思います。奈良ではありませんが大阪の中之島もその場所にいるとすごく良い「気」を感じます。私がアートのイベントをやるならぜったい中之島と思ったのもあの土地が持つ「気」が影響しているんです。

都会に住んでいても視野の狭い「イナカモン」はいっぱいいるし田舎に住んでいても視野が外に向かっている「感覚的に洗練された人」もたくさんいます。要は住む場所がどうこうではなくその人がどういう人であるかということ。

本の中ではちょっぴりそんなことも伝えられたらと願っています。。。



2017.08.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

香りのお話

空間をリセットするには空気をよどませないことも大切。朝一番の換気はもちろんのことですが、香りも大切です。そのお家の香りって確実にあって、とても心地よい場合もあれば、その逆もありますよね。香りもそのお住まいの印象を左右することは皆さんもよ~くご存じだと思います。

私は長らくディフューザーとお香を用途に合わせて使っていました。前者は香りが爽やかですごく気に入っていたドットール・ヴェラニエスのジンジャー&ライム、後者は「べにや無何有」でホールに使われていた堺薫明堂のつきのわ。香水と同じく私は強い香りが大の苦手ですが、この2つはそんな私の鼻に優しく?何度リピート買いしたことでしょう。

でもここ最近思うところあってディフューザーを使うことをやめました。マメにスティックを逆さにし、香りの調整を行っていたのですが、どうにも空気が停滞しているような気がしてきたんです。人様のお家に伺った時もお店に入った時もその数時間前に訪れる人のために焚かれたお香ってとても清々しくてありがたく感じます。もちろん空気の停滞感はゼロです。今更ですがそんなことに気づいて「空間を止まらせないためにはお香だ」とふと思ったのです。

焚いてからしばらく空間にお香の香りがふんわり残っているのって大好き。その香りの与える優しくも凛とした空気感がたまりません。

さてちょっと困ったのが水廻り。同じ香りのお香を焚くのも嫌だし、かといってここだけディフューザーや香り付キャンドルを置くと狭い空間だけにさらに空気が停滞する??? で、解決法を見つけました。大好きなドットール・ヴェラニエスのジンジャー&ライムの香りをここで復活させることにしたんです。どうやって??それは同じ香りのフレグランスシートをタオル収納にしのばせること。(このシートは昔一度ここで登場してますね)そうすることによって空間にふんわりとした良い香りを残しながらもタオルを変える度に新鮮な気持ちも味わえるからです。

もちろんディフューザーの方がライフスタイルに合っておられる方も多いことでしょう。最近ではさらにいろんな香りのものも出ていていろいろ試すことができますものね。今日の話はあくまで”お香主義者”である私のこだわりです(笑)

いずれにしても香水がその人を表すのと同様に住まいの香りもとても大切です。ぶれない香り選びをしてインテリアの好みをリンクさせましょう!!




2017.06.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コレクターなの?

少し前にコレクターのムッシューとお話した際に「奥村さんもコレクターなんですか?」と尋ねられ、ちょっと返事に窮してしまいました。なぜかっていうと私は、、、

コレクターだけどコレクターじゃないからなんです。

昨日ここで飾っていた作品の点数についてお話しました。今からアートを買い求めようとなさっている方にとってはその点数から言えば十分にコレクターの域に達していると思われるかもしれません。一方すでにたくさんの作品をお持ちの方からすればまだピヨピヨ。。。

そのムッシューはある作家の作品に絞った素晴らしいコレクション形成をなさっているため、そのまま企画展が開けるほど。本当のコレクターにはそういった覚悟というか気迫というかそんなものを感じます。あとコレクターと聞いて頭に真っ先に浮かぶのは審美眼を持ったとってもリッチな方(ここ重要!)が潤沢な資金を投入して一大コレクションを形成する、そういった昔から存在する”正しいコレクター”です。

そういうことから結論づけると私は全くもってコレクターではありません。ではなんなのか?

単なるアート好き

お気に入りのアートとずっと一緒にいたい、好きな作品に囲まれて生活したい、ただひたすらそれだけなんです。

あと性別のこともあるのではないでしょうか?何かを集めるという行為は男性特有のものに思えるのです。(これは私の意見なので、ごめんなさいね💦)もちろん現代アートの世界にだって女性のコレクターはおられますが圧倒的に男性の方が多い。小さい時から何かをせっせと集めてるのって”男の子”の特性みたいなもの。ちょっと前に流行ったポケモンのカードだって”男の子”が集めててみたいだし、、、

一方女性はあんまりそういった傾向がないようで、それはこの仕事をしていてもよく感じることです。(インテリアコーディネーター時代を振り返ってみてももそうだったな~何かを集めてるから陳列用の棚を作ってほしいといったような要望は男性からのみだった、、、)

もし私が億単位の宝くじに当たって運よくお気に入りの大物現代アート作家の作品を手に入れたとします。そうなっても届いた途端(すごい作品の場合届けてくれるのかしらね?笑)梱包外していつものようにとんかんとんかん金槌で壁に穴開けてすぐに飾っちゃうと思います。こっそりなんて隠しておけない!

でもね、正直ちょっと憧れるの、、、奥村フィルターで厳選されたすんばらしいコレクション、奥村コレクションを、、、

どなたかお金が有り余って困っておられる方、私にお任せしてくだされば素晴らしいコレクションにしてお戻しして差し上げてよ、、、

2017.06.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

一流の中途半端を極めます

少し前にたまたまテレビで星野源氏が何かの賞を取ったとかいうインタビューを目にしました。
(ワタクシ日本のドラマも俳優さんにも疎くて氏の名前と顔も去年暮れまで一致しなかったんですが、、、苦笑)

かいつまんで言うと氏曰く「音楽の方の世界にいくと、ああ、俳優さんのねと言われ、演技の世界にいくと、ああ、音楽の人と言われ、この賞をもらってやっと自分が認められたような気がする」とかなんとかでした。ぼんやり聴いていたので不確かな記憶でごめんなさい。でもぼんやり聴きつつも「ほほ~そうなのか」と思ったんです。

多方面に才能を発揮する特別な人でもそんな風に言われるんだったら、凡人かつインテリア業界からアート業界に飛び込んだ私はそりゃいつまで経っても「ああ、インテリアの人ね」って言われるよな~とものすご~~~く納得。そう考えるともしかしてこのユルイ立ち位置は楽なのではないかとも感じ始めてきたんです。これからはそんなこと言われてカリカリするより「星野源氏でさえそうだもんな~」と思うようにしようって(笑)

IMG_4279 (400x500)


さてこれも先日のこと。本棚の整理をしていたら16年前に買った津田晴美氏のエッセイ本が出てきて久しぶりに読んでみました。(本の中で映画「インテリア」の話が出ていますがこれにまつわる私の話はまたあらためて、、、)氏の思い入れのある建築・インテリア界の人々に触れた中でランドスケープデザイナーのラッセル・ペイジ氏の話がでています。その中の一つのエピソードがすっごく心に響いたので心にメモしました。

「あなたは植木屋なのですか、デザイナーなのですか?」との質問にペイジ氏はこう答えたそうです。

「私はどのデザイナーよりも植物のことを知っているし、どの植木屋よりもデザインのことを知っている。」

思わず心の中で「こういうことよ~~!私もそうなりたい!」と叫びました。こんな才能豊かな著名人を参考にするとはこれまた図々しい話なんですが、小学校の頃も読みましたよね?数々の偉人のお話。未だワタクシそのレベルなのです。「偉い人は考え方が違うっ!さっすがやわっ!」とシンプルに思えるアホな人なんです。。。

星野源氏の話×ペイジ氏の話が私にもたらした教訓はこういうこと。

中途半端を極めよう! なんかようわかりませんね、私の思考回路💦

つまりですね、「インテリアの世界では一番アートをわかっている。アートの世界ではインテリアを一番わかってる」そういう人に私はなりたいと思った訳なんです。もちろんアートディーラーやギャラリストの中には建築家のデザインした家具なんかに造詣が深くてコレクションしている方だっておられるでしょう。でもそんなすごい方たちだって今から500棟以上の物件のインテリアコーディネートを担当し引き渡すことは不可能です。私自身今から大学に戻り美術史を学び、留学して、ギャラリーのインターンかなにかになるなんてこれまた到底不可能な話。自分でもそのあたりちゃんとわかってるしお互い様だからアート業界の人許してねって感じなんです。(アート業界の人に「別にこっちはインテリアのこと興味ないし」って言われちゃったら身も蓋もないけど。)

もちろん一方でインテリア業界にだってアート好きで芸術に造詣が深い方もたくさんおられます。でも彼らも本業のインテリアそっちのけでアートどっぷりの情報収集をしたり、アートだけをお客様にお勧めする訳にはいかない。

この本を最初に読んだのは16年前。つまり当時ははインテリアコーディネーターをずっと続けていくと思っていた頃。きっと読んでいてもさらっと流していたんでしょうね。まさか数年後にインテリアとアートの世界を行ったり来たりする人生が待っているとは思ってもいませんでした。

アート、インテリアどちらもある程度わかっているのが私というとこでしょうか?ずっとそれを強みに頑張ろうと思ってた訳なんですが、時折その中途半端さに不安を覚える時があります。そんな中この2つの些細な出来事が私に元気をくれました。

で、誓ったのです。私ならではのこの”ちゅ~うとはんぱ”(関西芸人風に言うところの中途半端)な道を極めることこそ私の使命だと。もちろん先に触れた星野氏だってペイジ氏だってどの分野でも完璧な訳ですが、私は、ほれ、凡人だからそんなの到底無理だし、どっちの分野でも”そこそこ”つまり中途半端な感じを逆に強みにするというか、中途半端ゆえどちらの業界にも謙虚でいられるというか、、、(笑)

私の解釈はこういうこと。インテリア、アート完璧でなくてもそんな”中途半端”な立ち位置の私がそれらを組み合わせると完璧になる、そんな奥村流アートスタイリングを極めていこうと。

中途半端なインテリアキャリア×中途半端なアートキャリア=でもなぜか完璧な奥村アートスタイリング(理想の図式)

一流の中途半端を目指します!〆(突然〆る、、、)

2017.06.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »