allier Art adviser KUMI OKUMURA

CONCEPT

美しく暮らしお気に入りのアートを飾り、季節や気分でしつらいを変える。ファッションだけ、グルメだけ、そんなの寂し過ぎます。衣食住、そしてアート、どれも絶対ゆずれません。
“LIFE IS ART”を実践する奥村くみのライフスタイルを通じて、アートのある生活の豊かさをお伝えできればと思います。

PROFILE

奥村 くみ

アートアドバイザー

インテリアデザイン事務所アシスタントを経て、大手住宅メーカーインテリアコーディネーターとして、数多くの個人宅、医院、モデルハウスなど手がける。2004年より現代アートとインテリアの融合をめざしてアートアドバイザーの仕事を立ち上げ現在に至る。

CONTACT

アートコーディネート、セミナー等のご依頼はこちらまで。

MAIL MAGAZINE

メールアドレス

instgram

検索フォーム

QRコード

QR

blog

アートアドバイザー【奥村くみ】のダイアリー。
衣食住、そしてアート。こだわりの日々を綴ります。

出会いは贈り物。

年初ここで決意したように昨年の”籠る”から一転して今年は”出る” 引きこもっていた昨年を反省するようにあちこち出かけては積極的にいろんな人にお目にかかっています。3月を終わらずしてすでに1年分の出会いがあったような感じです(笑)

そんな気持ちの変化が功を奏しているのでしょうか?様々な人から思わぬご連絡をいただいたりご縁を作っていただいたり、、、ありがたいことです。やはり自分から出向いていかなければ幸運には出会えないものなのですね。

そんな中嬉しかった出来事の一つが福岡から仕事の依頼をいただいたこと。昨日大阪で初めてそのお客様にお目にかかりましたが、メールの文面に現れていた通りのとても可愛くて感じの良い若いマダムでありました。ひとしきり建築中のお家のお話やアートのお好みなどをお聞きした後、なぜ私を知ったかという話に。。。

その方曰く新築にあたりどうやって素敵なアートを見つけたらいいんだろうと途方に暮れていたんだそう。ネットで探しても全然自分の好みのアートは見つからない、かといってどこに行ったらアートって買えるんだろう???と。そんな折どこかで雑誌を見ていると私がアートの飾り方について話している誌面に遭遇?し、すぐに私の名前をひかえて検索なさったところ、インスタグラムを発見し「好みのアートがいっぱいある!感性が似ている!」と連絡してくださったそうなんです。

なんて嬉しいお話なんでしょう✨ いろんな雑誌にご協力させていただくことはあるのですが、なんせワタクシ文化人枠なんで(←突っ込むとこよ!冗談よ!)「アートの飾り方について」というユルイようでいささか固く地味なページがほとんど。しかも顔も姿もほとんど登場することはなく。たまにプロフィールのとこに顔が写っても拡大鏡がいるようなちんまりした写真のみ。(まあ、私の方はその方が助かる訳なんですが)なので記憶に残してもらう方が正直難しい。それなのにビビッときて遠方から仕事の依頼をくださるなんて感激感涙です。

その一方で各地でさかんにアート関連のイベントやアートフェアが行われていても、多くの人がアート購入の悩みを持っておられるのだなあとも改めて思った次第。。。

さてもう一つ雑誌絡みのお話。先日東京で”なげいれ”のY先生とそのご友人で栃木でギャラリーを経営なさっている女性A子さんと3人でランチをご一緒しました。(ちなみにお2人ともたいそう魅力的で素敵な女性たち♡)A子さんとは初対面で先生がぜったい奥村さんとも話が合うはずと紹介してくれたんですが、さすが先生!初めて会ったにもかかわらずリ楽しくてラックスモード全開のランチタイムとなりました。

その際A子さんから「実は奥村さんのこと芸術新潮の特集で知っていた」と言われてもうびっくり!その特集がギャラリーをなさっているA子さんにとってはとても印象的でよく覚えていらしてY先生から「アートの仕事をしているこうこうこういう人」と聞いたとき「もしかして!?」とピンときたんですって。こういう伏線?が張られたような出会いや繋がりはちょっと大げさだけど”人生における醍醐味”のようにも思えます。

昔は雑誌や新聞に取り上げられたら一気にいろんなことが簡単に進むんじゃないかと思っていました。だってそんな媒体に登場することのない身ではそう思うのは当然ですよね?けれどそういったものに登場しても仕事において劇的な変化がある訳ではないということが今ならわかります。そんな簡単なもんじゃない!(笑)特に現代アートとインテリアなんてね。。。

けれど私を取り上げてくれるエディターさんたちの温かで誠実な誌面がそのまま温かで誠実な人の心に届き、時折私に”出会いや縁”という特別なギフトを与えてくれるのだとしたら本当にありがたいことです。

アートに興味がある人ってやっぱりワタシ大好きだわ~♡♡♡(なんだ?今日のこの〆方は!?)



2017.03.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ

2016奧村大賞がやってきた!

私が若手アーティストに贈る日本アート界における”最も権威なき”賞「奥村大賞」 昨年ペインティング部門で見事(?)賞に輝いた(??)水谷昌人氏に制作を依頼していた作品が届きました。ノミネート(???)時点でここでも作品を紹介させていただいたので覚えておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このブログをずっとご覧になられている方にはなんだか奥村さんの好みではないと思われたかもしれませんが、いえいえそんなことはありません。私の好みの延長線上にある、はたまた守備範囲内というかそんな感じなんです。じゃ~ん!こちらです!

IMG_1868 (375x500)

ちょっと不思議???

IMG_1871 (375x500)

このモチーフはいったいなにか?その秘密は作品の裏側に、、、

IMG_1865 (375x500)

こちらモランディの作品がモチーフなんです!キャンバス裏に隠された名画のコピー、そしてそこに使われている色彩が表にあふれ出ています。こういう”一捻り系作品”もう大好物!!!何層にも重ねられた支持体も好きな感じ。

IMG_1870 (375x500)

このモチーフを選ぶまでに水谷氏と何度かやり取りをしました。氏の決めたルールはもうすでにこの世にいないアーティストの作品を選ぶこと。そして私の好きな作家を何人か伝え後はお任せしました。実は最初ロスコでいくことになったのですが(氏もちょうどロスコでトライしてみようと思ってらしたとこだったらしく)いろいろあってモランディのこちらの作品になったのです。

IMG_1873 (375x500)

仕上がるまではちょっぴり心配もありました。けれど届いた作品に大満足!とんがってるタイプの作品なのに知的で品があってすごくいい!しかも奥村カラーじゃないですかっ!

梱包の木箱も実にしっかりしており、さらに奥村評価も上がる。そう、梱包のしっかりしてる作家は信用できる気がするんです。しかし取り出すのは結構大変💦私はドライバー使いが上手いのでわりかし簡単に取り出せたけど、、、

IMG_1858 (375x500)

奧村大賞に選ばれても賞金も副賞も当然ながら贈られることはなく、この駄ブログでのご紹介と私からの「これからも頑張ってね!」のメッセージが伝えられるだけ。もしかすると次にお会いする際にごはんくらいはご馳走できるかもしれないけど怖いオバサンと差し向かいじゃ喉につまっちゃうわね(笑)

という訳で水谷さん、「これからも頑張ってね!」






2017.03.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

個人蔵の醍醐味!

秋のイベントでお決め頂いた横溝美由紀氏の作品を今日お届けにあがりました。こちらの作品はイベント後に損保ジャパン日本興亜美術館での出展が決まっており、少し遅れてのお嫁入りとなったのです。お客様にはお待ちいただき申し訳なかったのですが、東京での展覧会で多くの方に観てもらうことができ、さらには図録に「個人蔵」と書かれている栄誉?もついてくるわけですから作品オーナーにとってはちょっぴり嬉しいことではないでしょうか。美術館でたまにタイトルのところに「個人蔵」の文字を見つけることがありますよね。その「個人蔵」の響きったら、、、あ~なんて素敵!だって皆が観ている作品が自分だけのものだって想像してみてください!ねっ?大層素敵でしょ??

IMG_1839 (500x500)

以前にもこちらのお宅はここでご紹介したことがあります。少しずつアートを集めていらしたのですが、いわゆる抽象的な現代アートを初めて購入をなさったのは2年前の私のイベントの時でした。それ以降お手持ちのアートと新しいアートのコーディネートをとても楽しまれています。調度品やアンティークの家具もたくさんお持ちでそれらとの相性やバランスも考慮しながら、お客様とアートの設置をあれこれ考える作業もとても楽しいもの。こんなふうに下に家具を配置すると空間もばっちり決まるんです。

さて同じく横溝作品がもう1点お嫁入りです。長~い廊下の反対側には少し小さめの赤の作品。以前からお持ちの(奥に見えますね)いちごモチーフの具象画ともなんだかいい感じで合っています♡♡

IMG_1840 (500x375)

最近の私はファッションに関しては買い足すのではなく買い替えるをモットーにしています。けれど前にも書きましたが増えていいのはアートだけと信じています。アートは買い足し季節で掛け替え、組み合わせを替えて楽しむことができますから。

段々と春も近づいてきました。お家のアートも掛け替えて(え!アートがお家にない?それは一大事!笑)新たな気持ちで春を迎えてはいかがでしょうか?


2017.03.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

素晴らしき師匠たち♡

このところ私のお稽古熱が止まりません。それはなぜかっていうとどの師匠?も素晴らしいから!

私はいわゆる”アートオタク”にはなりたくないと常々思っています。だって私自身ファッションしか、グルメしか興味ないという人に関心が持てないし、逆に言うとアートだけしか興味のない人から作品を買いたいなんて思わないからです。やはり衣食住・そしてアートと興味の対象をバランスよく持っていたいものです。

そんなこともあって日々いろんなことにアンテナ張っていてそれゆえのお稽古なんですが、この歳になると内容は当然のこと教えていただく先生の人間性というものに関心があります。先生に会いに行きたいと思わせるお稽古か否か、、、

実は私はかなりの”感心しい”(関西風にいうと)なんです。なので常に「すごいな~」とか「やるな~」とか心の底からいろんな人をレスペクトしてます。それは年齢とかステイタスとか全然関係なくて、そう私が思える人に出会ったらその方たちと会って話すことで自分も成長していきたいと考えているのです。

さてまずはフランス語のレッスン。これは頭の体操でもはやライフワーク、そして何度もここで触れているので置いといて、、、

ヨガのレッスンについてもこれも何度かお話しましたが今一度。ヨガの先生、本当に素晴らしくて体育大学を出ておられることもあってレッスン中も骨格や筋肉の話を交えながら教えてくださるんです。なので頭から入ってしまう私としてはいちいち「腑に落ちる」感じがたまらないんです!それにほめ上手だし、、、本当に良い先生に出会えてヨガが好きになれて良かったとレッスンの度に思います。(まだまだピヨピヨヨギーニのままですけどね、苦笑)

そして昨年末から東京の出張時に合わせて通っているのが「なげいれ」のお稽古。この先生が若いのにすごいのなんのって!「なげいれ」の第一人者の先生の元で修業をなさって、お料理や和菓子のみならず洋菓子の腕はプロ級、そんでもって仏像も作られるという「あなたは神ですか!?」級のお方であります。で、ここからが大切なんですがすごく気さくでお稽古の雰囲気を先生自ら盛り上げてくださるんです。毎月は通えないけど本当に先生のお稽古に通えて「私は幸運だわ~」と毎回思います。

さて同じく昨年末から通っているお料理教室。この先生も私より年下だけど勝手に”ロピ師匠”と呼んでいるのです。すごく真摯にお料理の道を歩んでらして、先生もとても魅力的で、ご自宅も素敵で、なにより毎回のお料理レシピが”目から鱗”さらにはすぐに家で作れるもんだから日を置かずして復習してます。こちらの先生も栄養学の話や食物の持つ特性を系統立てて説明してくれるのでまさに「腑に落ちる」お稽古なんです。

お花もお料理もアートの仕事には直接関係ないけれど、私の中ではみ~んなぐるりと繋がっているというか。そして歳を重ねてもいろんな人からいろいろ教えてもらおうという好奇心と心の柔らかさを今のところ持ち合わせている自分にほっとする思いです。

今日ここで出てきた師匠方やお稽古の様子はインスタグラムで是非ご覧になってくださいね!

2017.02.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

「買うての幸い、売っての幸せ」

高田郁氏の新シリーズ「あきない世傳金と銀」(3)が出てすぐに読了。以前もここで私の尊敬するマダムから高田作品の面白さを教えて頂いたこととか、サイン会での高田氏の様子などお話したことがあります。

高田氏の作品の主人公の女性たちはみんな努力家で真が強くてぶれなくて健気で、、、本当に泣けちゃいます。この新シリーズのヒロインも然り。不幸に見舞われながらも類まれなる商才で商いを広げていく(のであろうと思われます、、、まだ3巻だけど。笑)様子に励まされる思いです。

IMG_1423 (500x500)

さてここからは少しインスタグラムでも書いたのですが、かなりはしょっていたので今一度ブログで。本の中で「買うての(こうての)幸い、売っての幸せ」という言葉がでてきます。この言葉私がアートを売る時にいつも思っていることとすごく近いと思わず膝を打ちそうになりました。絵をどこで買っていいかわからない、アートを探している方に作品をお探しし、お客様に幸せになっていただく、お気に入りの作品をお嫁入りさせることで私自身とても幸せになる、、、何を売るので相互に幸せ感を共有することこそがあきない(商売)の基本の基だと思うのです。

本の中では(あまり言ってしまうとこれから読まれる方へのネタバレになっちゃいますが)当時面倒だった既婚女性のお歯黒のための便利グッズ(ざっくり言うと)を思いついて売り出そうとするくだりでてきます。つまり多くの人が必要としている、しかし思いつかないニッチなものを売り出すことにより買う方、売る方それぞれが幸せになるということなんです。

まあ、若干私の思うところと意味合いが違いますが、なんだかこの言葉妙に私にしっくり来たんですね。そう思うと納品の度に満足そうな笑顔を浮かべられるお客様と、アートを納品する度に飽きることなく嬉しくて高揚した気持ちになるワタシはまさに「買うての幸せ、売っての幸い」!!!

さて舞台は大阪天満ですから古い浪花言葉もたくさん出てきます。そうそう”買うて”を”こうて”というのも大阪弁ならではですよね。大阪弁は柄が悪いと全国的に思われているようですが、それってどうなのかな~と思います。NHKの朝ドラ「あさが来た」の新次郎さんの柔らかで品の良い大阪弁、「細雪」の中で使われている得も言われぬはんなりとした美しい船場言葉。本当に大阪弁はとても美しいと思います。あっ!土井善晴氏の大阪弁も最高!

ちょっと話が逸れてしまいましたが本の中に「こぉと(質素で上品)」という言葉がでてきます。祖母がよく使っていましたが、私自身記憶の片隅にかろうじてあった言葉。でも今聞いてみるとこれまたすごく今の自分にしっくりきました。そして久しぶりに目にした言葉をきっかけに私の追い求める永遠のファッションテーマは「こぉとで洗練されている」ことなんだと改めて思ったのです。

その時代その時代新しい言葉や表現が生まれる訳ですが「ヤバイ」なんて表現が「かっこいい」という意味になるなんて10年前に誰が予想したでしょう!?大人の女が使うべき言葉ではないと思いつつ仕方なく場の雰囲気で言っちゃうこともありますけど、、、(苦笑)

とまあ、1冊の本からいろいろ思いめぐらしておりますが、ちょっとご興味のある方は高田氏の「みおつくし料理帖」シリーズから読んでみてくださいね!ハマる人はハマる!!!

2017.02.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ

微妙なさじ加減

先週の日曜に田中秀和氏の作品をお届けにあがりました。前日の大雪(うちの近所だけ??)と打って変わっての良いお天気☀まさにアート日和でした。

先月のSさんに続き今回もとあるお稽古で親しくなったUさんのところへ。もちろん愛知からSさんもやってきて3人で”アート見”です。Uさんがラインでグループを作ってくれたんですがグループ名が「お家でアート」になっていてなんだかとても嬉しかったです☺

今回の田中作品の前にUさんは岩名泰岳・坪田昌之氏の作品を私のイベントで購入してくださっています。けれど小さな作品だったためそのままお持ち帰り頂いてご自身で設置されていました。つまり飾ったところを私は見ていなかったんですね。と~ぜん(笑)奥村チェック入りますよ!

さてまずは田中作品の設置から、、、

IMG_1402 (463x500)

こちらの作品はお家に伺ったとたんに「ここ!」と勝手に私が決めた場所に。あ~なんて素敵!空気が変わります!実はこのスタンド、私がベストと思う位置から微妙にずれていて(後で事情がわかったのですが)Uさんにお願いして場所を20センチほど奥に移動してもらいました。

IMG_1399 (434x500)

本当にそれだけのことで空間が洗練されて作品がより一層輝くから本当に不思議です。

そしてこちらはファーストピースである岩名氏の作品。今の作風とずいぶん違いますが、この優し気な雰囲気も大好きなんです。なによりUさんの内面を表しているみたいに温かくて優しくて、、、そんな感じがします。

IMG_1404 (500x500)

こちらはベストな位置に設置なさってたので合格!(えらい上からやね、、、)

IMG_1409 (500x500)

問題は坪田氏の作品でした。。。

IMG_1403 (500x500)

どうも今飾られているところとは壁のバランスが悪く、もっと良い場所があるはずとお家の中を作品を持ってウロウロ。ありました~!それも玄関正面!ここがベストな位置だったのです!

IMG_1405 (479x500)

玄関の雰囲気ががらりと変わり、作品も光り輝きだしました。

こんな風に現場で作品を動かし、微妙なさじ加減でインテリアの調度品をアレンジしたりする時ににやはりこの飾り方のサービスというのはインテリアを知っている人間だからこそできる即興芸??だなと思います。まさに奥村鬼チェックに奥村マジック、、、(もういいですね、はい、ごめんなさい、、、💦)

アート設置を終えて3人でUさんの用意してくださったお昼をいただきながら大爆笑のランチタイム。そこにはお嫁入りしたばかりの作品も参加しているみたいでした。アートを通じて距離がぐっと縮まっていろんな話ができる間柄になった私たち3人。アートはいつも素敵なご縁を運んできてくれます♡






2017.02.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

新春にふさわしい納品でした

とあるお稽古で出会った素敵な女性たちSマダムとUさん。2人に出会えてそのお稽古に通っていて良かったと思えるくらい深くて優しくて人間力が半端ない方たちなんです。そんなお2人は私がアートセレクション展を3年前に始めて以来遠方にも関らず毎回足を運んでくれ、アートコレクションを増やしてくださってます。

先日のセレクション展でSマダムは西村盛雄氏のブロンズ作品購入され、Uさんと一緒に新年早々お嫁入りの儀式?に伺ってきました。すでにお手持ちの西村氏の平面作品の下に設置。あ~素晴らしい!

IMG_20170107_163212_024 (400x500)

さあ、寄ってみましょう。こちらの作品は最初和室床の間にどうかというお話だったのですが、玄関ホールにもバッチリ。このように和にも洋空間にもOKな作品は、たまに設置場所を換えてみるのも楽しいですね。

IMG_20170107_163813_973 (500x500)

そして坪田昌之氏の作品にも久しぶりに出会いました。こちらは2年前に同じくセレクション展でSマダムのところにお嫁入りした作品。その場でお持ち帰りいただいたため設置したところを観ていなかったのです。でもさすが!ベストな高さに掛けておられました!

IMG_20170107_210007_491 (500x500)

3人でひとしきり盛り上がった後Sマダムの用意してくださったお昼ご飯をいただきました。福島出身のSマダムが用意してくれた郷土料理がオソロシク美味しくてもうお腹いっぱ~い!関西に住んでいると東北のお料理や食材など普段いただくことがないので、Sマダムが教えてくれる数々の品に興味津々。特に皆さん!ご存知です?一升漬けって!私も3年前Sマダムに教えてもらうまでその存在を知らなかった。もうこれね、震えがくるほどの美味しさなんですよ!ググってくださいね、一升漬け、、、(笑)

お料理とは作り手の人間性というものが色濃く反映されるのだと改めて感じた優しいお味のお昼ご飯でした。

ごはんを食べながらお2人がしみじみと「奥村さんに会うことがなければアートを買うなんてことはなかった」「こんなにアートを身近に感じることはなかった」と言ってくれました。じ~んときました。。。ここ最近ささくれていた(?)私の中のアートを広めたい魂(どんな魂なのか、、、)が一気元にもどったような、そんな感じ。

さてUさんの方はセレクション展で田中秀和氏の作品を購入されておりその納品は来月。今から楽しみでなりません!!!

Love & Peace &ART!!!



2017.01.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

アートを選ぶ感性って!?

ここ最近納品の様子もIGに上げていっているのですが、やはりそれにまつわるストーリーというものはそこでは全部伝えられないのでブログでもご紹介させてくださいね。

先月の作品お嫁入りのストーリーは???完成したばかりのご自宅にアートを購入してくださった素敵なファミリーのお話です。

こちらのお客様はIC仲間からご紹介いただきました。なんでも打ち合わせの初期の頃からアートのお話が出ていたそうなんです。なんて素晴らしい!ちょうどタイミング良く秋のセレクション展に足を運んでいただけて横溝美由紀氏の作品と岩名泰岳氏の作品をお決めいただきました。

横溝作品はイベント時大人気でいろんなお客様のところに嫁いでいきました。こちらで設置したのは玄関からリビングに入って正面の壁、そしてダイニングとリビングを繋ぐ場所。1階から見える様子もばっちりだったのですが、2階のファミリールームから見下ろすと「!!!」そこから見える作品も素敵ではありませんか!?

IMG_20161214_193914 (500x500)

10年以上様々なお住まいにアートを設置してきましたが、予想していなかった作品の効果的な見え方みたいなものにハッとさせられることもしばしばです。

ここで情報!その横溝氏のグループ展が損保ジャパン日本興亜美術館で今週末14日から2月9日迄開催されます。5人の実力派女性作家たちの作品が一堂に会するこの展覧会必見ですので是非に!

さてこちらに嫁いだもう一点はなんと中学生のお嬢様が選ばれたんです!以前もそんなことがありましたね~中学生のお嬢様がミヒャエル・テンゲス作品に一目惚れしてしまったというストーリーが、、、

私はこれこそがアートを選ぶ感性の在りようだと思うのです。大人、特に男性は「わからない。」で現代アートを片付けてしまいがち。そう言ってしまうと話はそこでおしまい。そんなわからないものを押し付けた方がいささか居心地の悪い結果に終わってしまう状況に私は何度出くわしたことでしょう。その一方「わからないのですが、、、」と切り出される方は男性、女性問わず感性豊かな方。わからなくても何かを感じ先を知りたいと思われる好奇心旺盛な方でもあります。

子供たち、そして思春期の少年少女たちはそんな大人の厄介な見栄なんか通り越して心で作品を感じ取ってくれる気がします。大人がそれを取り戻すというのは所詮無理な話ではありますが、できたら大人も柔らかな感性で作品を感じてほしいな~と思います。

IMG_20161214_194922 (500x500)

こちらの作品、本当は選ばれたお嬢様のお部屋に飾る予定でしたが、いろんな場所を検討した結果、ファミリールームに設置することになりました。天井が下がっていて、床に座ってくつろぐスペースのため作品の位置もかなり下げています。そしてご主人様が選ばれたアクセントクロスとこちらも予想外にマッチしてご家族と共に驚いてしまいました。

お年賀状にも「アートな生活ワクワクしています。」とのお言葉をいただき新年から感激でした。今年もそんなワクワクを多くの皆様にお届けできますよう。。。

2017.01.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Exhibition

新年あけましておめでとうございます

少し遅くなりましたがこちらでもご挨拶申し上げます。

新年あけましておめでとうございます。
旧年中お世話になった皆様、このブログに立ち寄ってくださった皆様、ありがとうございました。
新たな年が皆様にとって素晴らしい1年になりますようお祈り申し上げます。

IMG_20161228_132259_073 (441x500)


最近は発信のメインをIGにしているためこちらの更新は久方ぶりとなりました。
2009年に始めた前のエキサイトブログから実に8年目、時が過ぎブログからIGという流れは自然なことなのかもしれません。ここでは少し長くなりそうなお話やら、納品時のエピソード、お知らせなどを中心に記事を上げていますが、私の想いは語りつくした感もあります。

発信方法を代えたことにより、私の想いをまた違った方法で伝えることができるIGは大きな意味を持っています。またコメントも気軽に寄せてもらえ皆さんと繋がることができるのもIGの大きな魅力の一つです。ただブログもまだ私にとっては大切なツールですのでぼちぼちと続けていこうと思います。

さて私の昨年を漢字一文字に例えてみるならば「籠」でした。一昨年から引きずっていた問題に加え、義母の介護問題という物理的な問題も発生し、メンタルでも実生活でも「うちに籠る」状態でした。それはあえて自分自身に課した試練のようなものでもあった訳ですが、落ち込んでは浮き上がるというそんな状態。。。

さらには必要最低限は人と会わないようなプチ隠遁生活でもありました。が、一方でIGを通じて発信する、情報を集めるという行為をせっせと続けていたため信じられないような幸運な出会いにも恵まれた1年でした。そしてきっぱりとあることに見切りをつけたとたん年末からは突然いろんな歯車がかみ合い、自分の中ですとんすとんと腑に落ちるといった瞬間が増えてきたように感じます。

これはどこから来ているのかと先日ヨガの先生と話していた時に突然わかったんです。それは「手放すことが大事なのだ」との教えをいただいたときでした。その言葉がすごく私に響いてきたのです。IGをご覧の方ならばよくご存じと思いますが、ワードローブが劇的に減ったことでなんだかとっても楽になったという私の話(ついにリバウンドなしのワードローブダイエット成功!)、、、

それは人間関係も同じなのだと。ここ数年ものすごく無理をしていて辛かったことの原因を手放すという決断をした時にとても楽になったことにきづいたんです。

ヨガってすごい!と改めて私が先生にも誓ったのですことは「2017はヨガをもっとメンタルに取り入れる」でした。ヨガを始めてから姿勢が良くなり体の歪みがだんだんと解消されているのと同様に今度は「心の歪み」を少しずつ直していこうかと。

すごくネガティブな思考になりそうな時にニュートラルに戻す努力、人に対してものすごく悪意を持ってしまいそうなときにも意識的にその思考を打ち消す努力。体よりメンタルな方が歪みを直すのはさらにさらに大変そうです。けれどそう思うことで前に進むことができるのならやってみる価値はありますものね。

という訳で今年の目標標語は「心の歪みを直す」と目標漢字一文字は昨年と一転「出」です!人前に出る、勝負に出る、どんな「出」になるかわかりませんが、久しぶりにそんな気分なんです。

あ~それと忘れちゃいけない私の2大座右の銘「群れない・ブレない・媚びない」と「去る者はどうぞ、来るものはちょとだけ選ばせて」も大切。全部書初めしちゃいたいくらい!(笑)

なんだか久しぶりのブログは決意表明みたいになってしまいましたが、本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます!

インスタグラムも気軽にフォローしてくださいね!




2017.01.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Lifestyle

アートを掛け替えるって楽しい♪

ここ最近ありがたいことにアートの掛け替えのお住まいがとても増えてきています。以前だったらここで「ある時、ない時」をご紹介していましたが、もうすでにベースにアートがあるというお住まいが増えてきていることでもありとても嬉しく思います。

アートが変わるとまるで新築したように雰囲気が一変、、、はい、言い過ぎです(笑)しかしか~なり空気感が変わるのは事実です。昨日もそんなお住まいにアートを納品してきました。アートをインテリアに取り入れられた最初の頃こちらのご主人様がとても気に入られて決めてくださった緑の葉っぱの作品。

20161127_140254 (375x500)

それ以降たくさんの作品がこちらのO様邸に嫁いでいきましたが、こちらの作品に関してはご主人様があまりに気に入ってらしたため不動の場所だったんです。でも今回の秋のイベントで奥様がビビビッとくる作品に出会ってしまい、長年の不動の場所を譲ることになりました。そのさ作品はこの西村雄介氏の写真作品です!こちらかなり大きな作品なんですが、O様邸の大きな玄関ホールだとなんだか普通の大きさに見えちゃう!(笑)

20161127_143514 (375x500)

絵画的に見えますね?でも写真なんです。ある日ある場所での太陽光の色の変化を観察し制作されたこちらの作品は月ごとに色が違います。自然が織りなすその月々の色のグラデーションの見事なこと!秋のイベントでも壁に並んだ作品を前に溜息がでるような美しさでした。最初奥様の誕生月を選ぼうか、なんて話もあったのですが、結局色で決めることになりこの作品をご購入いただいたんです。

木立の木漏れ日を感じる作品から、優しい光の作品へ。玄関ホールの空気も一変しました!西村氏の作品は展示を決めた時からどうしてもどなたかに持って頂きたいと思っていましたが、大好きなO様ご夫妻の元に嫁ぐことができて私も感激ひとしおでした。

さてもう一つ奥様がイベント前からビビッときて狙ってらした作品があります。まずは当初飾っておられた作品から、、、ジョミキム氏のパンプスモチーフの写真作品。

20161127_141827 (375x500)

こちらをフォンタナ作品をモチーフにしたフランク・ゲアリッツ作品にチェンジ!こちらも空気が一変しました!カッコいい!柔らかな雰囲気の空間がシャープな空間へ。これぞアートのマジック(←なんか表現がべた過ぎる、、、)

20161127_143102 (375x500)

今回の2つの作品は私にとっても初めて納品する作家のもの。なのでいつも以上に設置が終わるまでドキドキワクワクでしたが、O様ご夫妻のとても満足そうなお顔を拝見することができてホッとしました。

すでのアートをお持ちの皆様♡どうぞアートを掛け替える楽しみも味わってくださいね!


2016.11.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art selection

«  | ホーム |  »